台北・台中旅行と修行で那覇をうろうろ / Vol.8 kkdayで行く台中日帰りバスツアーpart3 旅のハイライト”高美湿地”と添乗員さんオススメ台北グルメ

高美湿地
(広告)

台湾のウユニ塩湖と言われる高美湿地が今回のバスツアーのハイライトです。

ウユニ塩湖のような鏡張りの景観はありませんでしたが、広大な風景とダイナミックなサンセットを鑑賞できて1日の締め括りとしては大変満足できました。

バスツアーですから駆け足で大変でしたが、いろいろなところを短時間で見て回れて良かったです。

今回時間が足りなかったところは次回重点的に来れば良いだけの話です。

今日はいつもになく密度の濃い1日となりました。

旅行期間 2019/10月

エリア  那覇、台北、台中
テーマ  街歩き、食べ歩き、修行

目次
・Vol.1 JALダイヤモンドプレミアラウンジ&日本航空 JAL921 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.2 日本航空 JAL906 那覇 – 羽田 搭乗記&改装前最後のJALファーストクラスラウンジ
・Vol.3 日本航空JL99 羽田 – 台北 搭乗記
・Vol.4 イーストドラゴン(EAST DRAGON)(東龍大飯店)ホテル宿泊記
・Vol.5 台湾名物グルメの定番を食べ歩く “金峰魯肉飯(チンフォンルゥロウファン)””正好精肉小籠湯包””
・Vol.6 kkdayで行く台中日帰りバスツアーpart1  台中国家歌劇院、山東餃子牛肉麺館でお昼ご飯
・Vol.7 kkdayで行く台中日帰りバスツアーpart2 インスタ映えすること間違いなし!”宮原眼科”、”彩虹眷村(虹の村)”
・Vol.8 kkdayで行く台中日帰りバスツアーpart3 旅のハイライト”高美湿地”と添乗員さんオススメ台北グルメ
・Vol.9 日本航空 JL96 台北 – 羽田 搭乗記 そのままJAL919 (羽田 – 那覇)に乗り継ぐ 戦闘機のアフターバーナーが凄かった!
・Vol.10 同日に同じ空港から出発するときは要注意!「国内線保安検査場特別通過証」が必要。日本航空 JAL902 那覇 -羽田 搭乗記
・Vol.11 初めての「ステーキハウス88」。日本航空 JAL919羽田→那覇、JAL920 那覇→羽田搭乗記

<往路>
JAL921 HND(16:10) – OKA(18:50)
JAL906 OKA(12:40) – HND(15:00)
JL99 HND(18:15) – TSA(20:55)

<復路>
JL96 TSA(09:30) – HND(13:20)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL902 OKA(10:10) – HND(12:10)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL920 OKA(20:05) – HND(22:15)


「台湾のウユニ塩湖」”高美湿地”とは

今回のバス旅行のハイライトは「台湾のウユニ塩湖」として最近注目されている有名なスポットです。

その名の通り湿地なのですが、元々はバードウオッチングスポットとして有名でした。

生息している鳥類は120種類以上!

最近は広大な湿地が条件が合えばウユニ塩湖のような鏡張りの水面に映し出される風景やダイナミックなサンセットを見ることができるということで人気急上昇中です。

まぁ、「実物はインスタを超えるものはない」(笑)と言われるように、鏡張りの水面に映し出される幻想的な光景を想像していくと正直がっかりします。。。

実際のウユニ塩湖も干潟に薄らと水があって、しかも風がないという条件付きで広い湖のごく一部を写真で切り取った写真ですから、インスタ映えする写真を撮るために数々の幸運とテクニックが必要になるのです。

今回の”高美湿地”もまさに同じです。

風力発電の風車があることからわかるように非常に風の強い場所です(笑)

しかも、湿地ですから草があったり水も湖のようにいつもあるわけではありません。

それでもなお人が訪れるのは、視界を遮るものが何もない広大な湿地そのものと、その先にゆっくりとダイナミックに太陽が沈んで行く様子を見ることができるからだと思います。

鏡張りの幻想的な様子を見ることは稀だと思いますが、それでもラッキーを念じていくならば条件があります。

高美湿地を楽しむ三つの条件

条件1:3月〜10月がベストシーズン

(11月〜2月は水位が上がるので湿地に入れず、そもそも寒い(笑))

条件2:干潮の時間に現地にいること。

(干潮でないと干潟に降りることはできませんが、桟橋から写真を撮るだけならむしろ満潮の方が好都合かもしれません)

下記のHPから満潮情報と日没時間をチェックしていきましょう。

台湾気象庁干 潮満潮情報(台中市清水の場所をチェック)
台湾気象庁 日没時刻

条件3:晴れた日没

(ダイナミックな日没を鑑賞することができます)

今回は10月に行ったわけですが、日没後は結構体が冷えます。

ここは夏に来るのがベストシーズンですね、、、


(スポンサーリンク)

KKday日帰り台中バスツアーのハイライトは”高美湿地”へ

最近人気急上昇中のスポットということで夕日を眺めるためのたくさんの人が来ています。

観光バスが何台も来ていることからも人気の高さが伺えます。

高美湿地

高美湿地

桟橋は大混雑だ、、

高美湿地

高美湿地

本当はこの先端まで行けるはずなんですけどね。。

今回はなんと今回は桟橋の改修工事で1/3ほどしか行くことができません!残念。。。

そうこうしているうちに日没です。

高美湿地

高美湿地

太陽がゆっくりと地平線に落ちていきます。

意外と早いということがわかります(笑)水平線に差し掛かったかと思ったらすーっと落ちていきます(笑)

これで今回のバスツアーのハイライトが終了です。


(スポンサーリンク)
台湾のツアー会社”kkday”で台湾の人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・決済ができるオプショナルツアー(台湾)

台湾人ガイドが推薦する台北の美食!名付けて”Amyミシュラン”

さて、後は台北まで帰るだけです。

到着まで寝てれば良いので楽チンです(笑)

帰りのバスの中で今回の台湾人ガイドのAmyさんが、御自身のお勧めする台北市内の美味しいご飯が食べれる場所を教えてくれました。

名付けて”Amyミシュラン”(笑)

B級グルメからレストランまで色々と網羅しています。

食べ物は評価が人によって異なりますが、とりあえずこれから先に台北に来るたびに巡ってみようかなと思います。

というわけで、備忘録用にまとめておきます。

(店名と大体の場所が書かれたメモだけだったので検索して整理し直しました)

行ったことのあるお店は「旅行記」としてリンクを貼っておきますので、詳細はそちらをご参照ください。


台湾料理

「欣葉台菜創始店」

メモ:以前行ったことがあったのですが、あまり印象がよくなかった、、

旅行記

「丸林魯肉飯」


魯肉飯

「雲鼎阿二麻辣食堂南勢角店」

「金峰魯肉飯(チンフォンルゥロウファン)」

メモ:魯肉飯のスタンダード。

基本情報

金峰魯肉飯(ジンフォンルーローファン)
住所:台北市中正區羅斯福路一段10號
電話:02-2396-0808
営業時間:8:00~1:00

MRT中正記念堂駅2番出口から地上に出ると直ぐ目の前なのでわかりやすいです。

旅行記


台湾ハンバーグ

「藍家割包(ランジアグァバオ)」


小籠包

「鼎泰豊(ディンタイフォン)信義本店」

メモ:定番中の定番。何度行っても混んでいるけど避ける方法はあり!

旅行記

「杭州小篭湯包(ハンゾウシャオロンタンバオ)」

メモ:ビブグルマンにも認定されているコスパ最高の点心屋さん

基本情報

住所:106台北市大安區杭州南路二段19號
電話番号:+886 2 2393 1757
営業時間:11:00〜22:00
最寄駅:MRT 東門駅

旅行記

「盛園絲瓜小籠湯包」

メモ:へちまと豚肉、エビの柔らかい味の小籠包は必食!

基本情報

住所:106台北市大安區杭州南路二段25巷1號
電話番号:02-23973522
営業時間:11:00〜21:30
最寄駅:MRT 東門駅

旅行記


火鍋

「鼎王麻辣火鍋」

「不老麻鍋物」

「無老鍋(西門町店)」

「雲鼎阿二麻辣食堂南勢角店」

メモ:魯肉飯の分類でも出てきたけど、総合的に美味しいのかな?


台湾かき氷

「冰讃」

メモ:ここはマンゴの時期しか開店しないと言う噂。

「ICE MONSTER 永康創始店 永康氷館」

「思慕昔二館」

メモ:台湾に初めて来た時もここに来た。デカ盛りです。

旅行記

鼎泰豊とセットで梯子することもあります。


胡椒餅

「南港老張胡椒餅(士林夜市店)」

「福州世祖胡椒餅(饒河街観光夜市)」

メモ:こちらが本家

「福州世祖胡椒餅(北門店)」

メモ:台北駅からも近くて便利。胡椒が効いていて美味しい。

旅行記

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください