香港・マカオへほぼ無料旅行! / Vol.7 シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記  

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)
(広告)

マカオ日帰りでも良かったのですが(笑)なんとなく久しぶりにマカオに滞在したくなったので一泊することにしました。

ただ、滞在中はあいにくの雨、、、

予定では市内や南の方のフォトジェニックスポットに行ってみようと思っていたのですが、予定変更でほぼショッポングモールの散策だけになりました(笑)

マカオの宿はショッピングセンターに隣接していて程よいお値段の「シェラトン・マカオ・コタイ」にしました。

で、このシェラトンですが、、チェックインの時に久しぶりに、、というか初めて?激怒しました。

昔からあるホテルなんですけどねぇ、、フロントのオペレーションが大混乱で機能不全を起こしています。

なんでこんなことになっちゃってるのかなぁ、、、個人的には懲りたので二度と泊まりません。

同じ価格帯ならお隣の「ホリデイイン」の方がまだマシのように見えました。

旅行期間 2019/6月

エリア  香港、マカオ

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL29 羽田 – 香港 エコノミークラス搭乗記
・Vol.2 Ovolo Southside(オヴォロ サウスサイド) 宿泊記
・Vol.3 フォトジェニックな香港オールドタウンセントラルを散策してみた
・Vol.4 JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記 ディナーはJohn Anthony Hong Kong(荘館)で驚きの中華フュージョンを堪能
・Vol.5 ザハ・ハディド設計「香港理工大学・ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー」を見学しに行ってみた
・Vol.6 世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」をバスで通ってみた
・Vol.7 シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記
・Vol.8 ザハ・ハディド設計のマカオに新名所「モーフィアス(Morpheus)」を見に行ってみた!
・Vol.9 夜のマカオは豪華絢爛!だけどやっぱり落ち着かない
・Vol.10 香港国際空港 キャセイパシフィックファーストクラスラウンジはやはり贅沢な空間だった
・Vol.11 日本航空 JL26 香港 – 羽田 エコノミークラス搭乗記

<往路>
JL29 HND (10:00) – HKG(13:45)
<復路>
JL26 HKG(15:15) – HND(20:25)


バスを降りて迷子になる

香港からバスでマカオまでやってきたわけですが、降りた場所が「MGMコタイ」。

ここはいったいどこだ??(笑)

香港市内から直接ここまで来ることができるのは素晴らしいですが、降りる場所はあらかじめチェックしておかないと私のように迷子になります(笑)

そもそも方向音痴なんですよねぇ、、、(笑)

Googleマップでみると、宿泊先のシェラトンホテルはお隣の区画のようです。

とりあえず大きな通りを渡っていると、、突然の土砂降り!

も〜踏んだり蹴ったりです。

仕方がないので急遽「セントレジス」に駆け込みました。

セントレジスはスターウッドグループがマリオットに吸収されるまでスターウッドの最高峰ホテルでした。

バンコクで一回だけ泊まったことがありますが、それはそれは素晴らしいホテルです。

設備も笑っちゃうぐらいもの凄いのです。逆に落ち着かないぐらいです。

何と言っても素晴らしいのはそこのスタッフです。

もう痒いところにまで手が届くぐらいよく気がきく(笑)

バンコクのセントレジスも宿泊費が高騰してしまったので予算範囲外になってしまいましたが、また機会があったら泊まりたいホテルの一つです。

で、突然の雨に降られて駆け込んだセントレジスですが、内装も落ち着いた感じでロビーも広々。さすが最高級ホテル、、やっぱここはすごいなぁ〜

で、ホテルの立場になってみると、そこにスーツケースをゴロゴロ転がしながら雨に濡れたおじさんが飛び込んできたのですから(私のことです)なんとも場違いです。

そもそもこのホテルを定宿にしているようなお客さんは車で乗り付けるわけですから外を歩いてくること自体がないでしょうね(笑)

そんなみるからに怪しい人が飛び込んできたので流石に警戒モードです(笑)

若いイケメンのドアボーイさんが飛んできました(笑)

シェラトンホテルに行きたいんだけど、、、と説明したところホテルからショッピングモールの入り口まで荷物も運んでくれて、シェラトンホテルまでの道案内を丁寧に案内してくれました。

まぁ妙なお客さんを丁寧に追い出したとも見れなくもないですが(笑)

それにしても手慣れた丁寧な対応でした。さすがセントレジス!

で、この体験をしていたので直後のシェラトンホテルの不手際が更に際立つことになり激怒してしまったわけです。

マカオのショッピングモールはまさに迷路!

さて、ショッピングモールの中をひたすらホテルに向かって歩くわけですが、、

どっちに行ったら良い?

どっちに行ったら良い?

これは、、、わかりにくい(笑)

構造を理解するまで少し時間がかかりましたが、要するに、、

シェラトン、セントレジス、ホリデイイン、コンラッドホテルが同じショッピングモールでつながっています。

フォーシーズンズとベネチアン、パリジャンマカオは大通りを隔てた先にあるのですが、その大きなモールの塊までは全て渡り廊下でつながっているのでエスカレーターマークが付いているのです。

基本この辺り一帯のショッピングモールは全て渡り廊下などでつながって、そもそも道路を渡ることがありません。

ただし!一つ一つが広大すぎて迷子になります。。。(笑)

というか、夜に物見遊山でベネチアンとかに行ったのですが帰り道がわからなくてしばらく迷子になりました、、、、

方向音痴の人にはちょっと辛いです(笑)

特にベネチアンは同じ場所をぐるぐると回ってしまいました(笑)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)のチェックインは一時間待ち?

さて話は戻ってセントレジスからショッピングモールの中の迷路を抜けてようやくシェラトンホテルのレセプションまでたどり着いたのですが、、、

ものすごく人が多い、、、

ん?なんだこれは!

シェラトンホテルマカオの地獄のチェックイン

シェラトンホテルマカオの地獄のチェックイン

冗談抜きでほとんどディズニーランドの乗り物待ち状態です。

広いレセプションなのにそれを上回るお客さんが何重にも列をなしています。

確かに香港のシェラトンも行列になることはありますが、5〜6名待ちぐらい、、、

これチェックインするのにどれだけ時間がかかるのでしょうか。

筆者は一応マリオットライフタイムゴールドなのですが、通常あるゴールド、プラチナ専用チェックインカウンターなんてものもありません。ですから更に上のプラチナを持っていても関係ありません。

唯一あるのはカジノの上級会員様用の専用カウンターのみ。マカオはカジノのお客さんだけは優遇されます。

え、これに並ばなきゃいけないのか、、、

ゴールが見えたところで最難関がやってきた感じで一気に気分が萎えました。。。

諦めて周りを観察すると、傍に「モバイルチェックイン専用カウンター」なるものがあるのを発見!

一応マリオットのアプリは入れてあるので、それを見せると一応このカウンターを使えるみたいです。しかも誰もいない(笑)なぜだ、、、なぜここだけはこんなに空いているんだ、、意味不明です。

とりあえず長蛇の列を一気にスキップして(笑)チェックイン手続きに入ります。

しかーーし!!更に試練は待っていました。

なんとも手際が悪い、、、二人がかりで予約の確認、部屋の準備、デポジットの手続きなどをするのですが、手際が悪くてものすごく時間がかかります。

ほぼ臨時で駆り出された素人のようです。一つの動作をするのに二人で相談しながらやっています。新人教育中??一つの動作ごとに隣の人と相談しながら進めるので遅々として進みません。いやぁこれは予想外です。

なるほどこれならあれほど長蛇の列になることは逆に納得できます。

とにかくチェックイン作業自体が大混乱していて遅いのです。

前日のJWマリオットの淀みない早口の説明で(笑)あっという間にチェックインが終わってしまったのに比べるとスピード感が飛行機と人力車並みに全く違います(笑)

これ毎日こんな感じなんでしょうかねぇ、、

ホテルのチェックインなんてやることは決まっているのになぜかこのホテルは遅いのです。

まぁ、いつもならやれやれ、、と諦めてじっと待つのですが、流石に雨に打たれ、荷物を転がしながら彷徨った直後ですから結構疲れていたわけで、、、「早くしなさい!」と思わずブチギレです。

流石にもう懲りたので私は二度とこのホテルには宿泊しません。

ちなみに、一時間後に再度このレセプションの前を通過しましたが、まだ列は半分ほど残っていました。

これ、いつになったらチェックイン作業が終わることやら、、

同じ価格帯のホリデイインの方もたまたま通りかかりましたが、ほとんど待ちはなかったです。

この事の顛末を自分のフェースブックに投稿したのですが、数時間後になぜか返信がありました(笑)

あ、SNSはちゃんとチェックしているんですね(笑)そんなこと気にするするぐらいだったら現実の大混乱をどうにかしたら良いのに。。

シェラトンホテルって高級ホテル?ビジネスホテル?

シェラトンホテルって一応世界的にも名前の通った高級ホテルのはずなのですが、個人的にはあまり好きではないんです。

5つ星なのですが値段の割にはサービスや部屋が中途半端な感じがします。

だからよほど他が高かったり交通の便が良かったりしない限りはまず選択肢から外しています。

これならもっと安くて快適なホテルもあるし、もう少し高めのところはホスピタリティーが物凄かったりします。

まぁ、、個人的な感想としては、五つ星ホテルなのに気分はアパホテルみたいな感じでしょうか(笑)

こりゃマリオットに吸収されるわけだ、、安ければそれなりの設備なので滞在の選択肢に入りますが、あえてここに泊まりたい!とは思わないです。


(スポンサーリンク)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記

まぁもう二度と泊まりませんが一応備忘録として残しておくと、、、

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

ようやく部屋にたどり着きました、、、もう死にそうです。

巨大ホテルではあるんですけど、マカオの他のホテルに比べればさほど巨大とも言い切れず、以前宿泊したWynn Placeの方が比較にならないぐらい巨大です。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

お部屋の作りは他のシェラトンホテルと同じです。

香港のシェラトンホテルよりも全然広いです。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

ちょっと硬めのベッドもまぁまぁ寝やすいです。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

昔からあるホテルなので設備はそれなりです。

一応リノベートされているようなのでくたびれ感はさほど感じません。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

浴室もまぁまぁかなぁ、、

若干バスタブがくたびれている感じはします。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

この辺に古さを感じますね。。。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトンホテルはアメニティは全世界共通です。

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)

設備は他のシェラトンホテルと変わりません。

まとめ

スターウッドホテルグループの中核ホテルのシェラトンホテルだったのですが、名前は通っているけれど高級ホテルというには今ひとつ感があります。

設備だけはそれなりに良いんですけどね。。

あ、そういえば香港シェラトンはフロントの人が無愛想だしなぁ、、

台北のシェラトンも昔色々とおかしなところが山のようにあって、特に朝食のクロワッサンがしょっぱくて硬いというありえない代物だったので(笑)「これはいままで食べたクロワッサンの中で一番不味い!」ってコメントしたら、マネージャーから丁重なお返事がありました。(笑)

で、その後宿泊した時に朝食会場に行ってみると「シェラトンクロワッサン」としてちゃん改善されていました(笑)で、これが普通に美味しい(笑)

なーんだ、やればできるじゃんって感じでしょうか(笑)というか気が付いていなかった?

まぁ香港も台北も宿泊料金が高騰したのでコスパが合わなくなったのでもう泊まることもないのですが。。

今回のマカオのシェラトンホテルにももう懲りたので来ないだろうなぁ、、、

マリオットに吸収されて正解だったような気がします。

まぁツアーなどで安く泊まれるならロケーションや設備はしっかりしているので選択肢に入りますが、五つ星の快適さを期待するのであれば避けた方が懸命だと思います。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください