かながわ旅割で1泊2日で箱根へ!あれ?ユネッサンってこんなに狭かったっけ? 箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス宿泊記

yunessan
(広告)

9月に入ってふらっと箱根へ行って来ました。

自宅から約1時間半ほど。

気軽に行けるのでたまーにお出かけします。

ただやはり有名な観光地なので色々高め(笑)

しかーし、今回は貰い物のユネッサンの無料入場券があり、かながわ旅割の補助金を使ったのでほとんどお金を使うことなく箱根を満喫できました(笑)

お天気も最高。

豪勢な旅行ではないけれどほとんどタダで遊んだって感じで楽しかったです。

旅行期間 2022/9
エリア  箱根
テーマ  温泉


旅の予算は4000円?無料チケットと助成金で安上がりだった爆安で箱根を満喫

さて今回ふと思い立って箱根に行ったわけですが、そのきっかけとなったのが、、貰い物の「ユネッサン」の無料チケット(笑)

ユネッサンにはずっと前に行ったっきりで久しく行っていない。。

チケットもらったし日帰りで行ってみるか!

と、思ったのですが、そういえば「かながわ旅割」で一泊しても良いかも?と思いつき色々と検索。

条件はといえば、

①1人1泊10000円以上→5000円割引+2000円クーポン

②1人1泊6000円以上→3000円割引+2000円クーポン

③1人1泊3000円以上→1500円割引+1000円クーポン

なのですが、割引率とお得度を考えれば当然②(笑)

そりゃそうですよね、、実質1000円になっちゃいますから。

ただ、そうなるとさすがは箱根、なかなか良さそうなところがありません。

できれば二食付きでゆっくりご飯を食べて帰って来たいんだけど〜

ちーさい字で書かれている箱根地区の「かながわ旅割クーポン」が使用できるお店リストを眺めていた時ふと目に止まったのが今回宿泊した「箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス」。

泊まったことはないけれど、どこかで見て頭の片隅に気になっていたのでした。

宿泊プランを見てみると、、、

和洋中のバイキング
自家製ローストビーフ
お酒飲み放題付き!

なかなか魅力的です(笑)

でもって値段を確認すると。。

1泊2食で

一泊10990円/一人

かながわ旅割 -5000円/一人

かながわ旅割クーポン -2000円/一人

そっか〜実質4000円ほどで2食付きで泊まれるのか〜

まぁ結局6000円は支払うわけですが(笑)クーポン分は帰ってから自宅で食べるお菓子とかかまぼことかを買ってくれば良いので(笑)結局翌日からの食費に使われるわけですのでなかなかお得。

これに決めた!

というわけでポチッと公式HPから予約したのでした。

箱根小涌園ユネッサンってこんなに小さかったっけ?

久しぶりにのユネッサン。

昔行ったのはいつだったんだろう。。。きっと10年以上は行っていない。

ユネッサンに到着!

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサン

あ、だーれもいない(笑)

え、大丈夫ユネッサン?

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサン

昔はロビーも人でいっぱいだった気がするのに。。。

本当に人がいないってのがどうなることかと思ったのですが、、

中に入っていると意外と人がいっぱい(笑)

激混みというわけではなく、まぁ寂しくない程度に(笑)程よくお客さんがいました。

気になったのは海外の方が意外に多いってこと。

おそらく旅行ではなく在住の方かなぁ〜

それにしても、、なんかユネッサンのお風呂エリアが狭くなった?

なんかそんな感じがしました。

ワイン風呂とか日本酒風呂、コーヒー風呂など変わり種のお風呂って昔は外にあったような気がしたのですが全て室内に移動。

エリアがギューっと圧縮された感じになっていました。

こんなだったかなぁ〜と思って検索してみると、、「ユネッサン 小さくなった」で色々ヒット(笑)

やっぱりみんな考えることが一緒でした。

小さくなった分効率も良くなって(笑)意外とすぐに回れちゃう。

これなら変わり種風呂と普通のお風呂をささっと回って2時間ほどで遊べちゃうかも?

車の場合は駐車場料金が2時間までは無料、それ以上は1300円!

だったら2時間フルに遊んでささっと帰るってのもありかなぁ。。

特に今回はもらった入場券だったので駐車料金が随分高く感じました。

箱根小涌園ユネッサン

箱根小涌園ユネッサン

こちらにはユネッサンから渡り廊下を通ってアクセスができる「森の湯」の入り口もあるのですが、、「森の湯」だけっていうチケットがないのでこれは飾り?(笑)

久しぶりのユネッサンでしたが、まぁ久しぶりに楽しかったです。

ただ、なんか狭くなっちゃったのが残念、、

昔はもっと広かったのに〜

もっとも、、雨とか冬場とか外の温泉は結構厳しいかも(笑)

強羅駅前を散策

今日は久しぶりに箱根で一泊。

強羅近辺はあまり来ないのである意味新鮮です。

箱根湯本みたいに人で溢れていないし軽く散策できますね。

強羅駅

強羅駅

それにしても、、観光客いない(笑)

まだここまで人が戻って来ていないんですかねぇ。

駅前のお土産屋さんでクーポンを使って蒲鉾を仕入れたりお菓子を仕入れたり、、

いろいろお買い物も楽しめて楽しかったです。

強羅駅

強羅駅

強羅駅は箱根登山鉄道とケーブルカーの乗り換え駅でもあります。

ケーブルカーで登っていった先にはロープウエイが。。

なんか乗り物だらけですね(笑)

ケーブルカーってこんなに新しかったっけ??

箱根にはちょくちょく来るのですがほとんど車で来るのである結構新鮮です。

それにしても強羅周辺は坂が多い。

企業の保養所とか大学の研修所が坂の両脇に点在しています。

あまり見るものもないけれどちょっと散策してみました。

雰囲気はまさに昭和レトロ!箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス宿泊記

本日のお泊まりは急に決めた「箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス」。

なんでここが気になったのか、なぜ記憶の中にあったのかは不明(笑)

でも強羅駅の目の前にあるという立地は超便利な場所です。

その割に宿泊料金はリーズナブル。

まぁ強羅の超高級旅館地は違って若干古い、、まぁ昭和のホテルって感じ(笑)なので立地は抜群だけどまぁそれなりに(笑)って感じです。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

到着!

ホテルの前に駐車場があるので車でも超便利(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

入り口を入ってえっと、、フロントは、、あれ?地下?

不思議な作りです(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

地下一階にフロントと広いロビーがあるのですが、ここがなんとなく、、昭和!

最近昭和レトロが流行っているようですが、まさにここは昭和の佇まい。

これはこれで良い(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

なんでしょうねぇ、、作りは確かにしっかりしている。

ただし古い(笑)

きっと企業の保養所とかだったのかもしれないですね。

お部屋も昭和を感じるインテリア

さてお部屋はといえばここも昭和(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

まぁ古さは仕方がない。

窓からの眺望は、、あ、目の前がさっき停めた駐車場(笑)

眺望を楽しむ感じではありません。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

お風呂は大浴場があるので別にそちらでも良い感じですね。

ビジネスホテルのユニットバスは取り合えずお部屋にはありました。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

お部屋にはポットとお茶。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

一応その他の冷蔵庫を含めたアメニティはまとめて机の上に。

まぁ過不足ない感じです。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

でもって大浴場もあって、、ちょっと小さいですが一応露天風呂もあります。

手作り感満載でしたが(笑)

夕食は想像以上に色々食べられて満足度は高かった

チェックインの時にちょっと聞いたら本日宿泊しているのは20名ほど。

最近の夕食・朝食ビュッフェは人が殺到して大混雑ってのが多いのですが、まぁ20名ならばさほど混雑はしないかな。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

お酒は飲み放題!

ワインや日本酒は飲み放題。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

ビールサーバーと酎ハイ・炭酸水サーバーもあってサワーとかも作り放題(笑)

若目のグループの人たちは延々飲んでましたね(笑)

飲み放題付きでこの料金ってのは結構ありなのかもしれません。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

このホテルの売りの一つであるローストビーフは切り分けられています。

何皿も持っていくことになるのですが結構美味しい(笑)

お酒のおつまみにもなるので、なるほどお酒の飲み放題にした時点でこれはアリかも、、と思います。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

確かに若干品数が少ない感じもするけれど、全部食べようと思ったら食べきれない(笑)

個人的にはこれぐらいがバランスも取れて過不足ないギリギリの線かなぁ〜って感じます。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

流石に北海道の豪華なお刺身には見劣りするかもしれませんが、ちゃんと出せるってところは素晴らしい。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

今日はお客さんが少ないので(笑)盛りも少し少なめ?(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

ハンバーグだったり、、

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

揚げ物とかも割と色々あってビールのお供にも子供にも受けそうなメニューがずらり。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

個人的には意外とこのうどんが大好きで(笑)しめのうどんがなかなかいい味出しています。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

ちゃんとデザートもあるし。。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

ソフトドリンクも飲み放題だし。。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

なんとアイスクリームマシーンもある!

ただし自分で作るので綺麗に作れるかどうかは未知数(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

というわけでどさっと持って来てカンパーイ(笑)

意外とビールのおつまみにもなるおかずがいっぱい。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

牛タンカレーなんかもあったりして、、これだけ食べればお腹もいっぱい。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

最後はスイーツ。

まぁ確かに高級ホテルや有名チェーンホテルの名物朝食ビュッフェのような派手さはないけれど、大きく外れているわけでもなくご飯を楽しむことができました。

ホテルの予約サイトとかで「品数が少ない」というコメントもありましたが、、個人的には言われるほど少なくもなくバランス良くなんでもある感じで満足でした。

朝食はクロワッサンが激うまだった

さて翌朝の朝食もビュッフェです。

温泉に入ってスッキリしてから朝食会場へ。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

ん?昨日はワンピースだったかなぁ、、今日は鬼滅か。

以前バイトで入っていた大学生のバイトの子が書いたようでなかなかお上手です(笑)

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

さーて朝ごはんはというと、、

種類的にはチェーンのビジネスホテルの朝食並みって感じです。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

卵料理があったり和惣菜があったりして美味しいです。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

まぁお客さん20人しかいませんからねぇ(笑)

量は少なめになるのは当然かな。

意外と種類は工夫してあります。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

納豆と海苔とふりかけがあればあとは生卵があれば完璧!(笑)

生卵と期待していた岩のりがなかったのが個人的には残念ポイントでした。。。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

なんとここにはお茶漬けがスタンバイ。

昨夜の飲み過ぎた〜って人はお茶漬けが胃に染みるかもしれませんね。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

個人的に一番びっくりしたのがクロワッサンの美味しさ。

ビジネスホテルの朝食でパンはあまり食べないのです。

理由はあまり美味しくないから。。。

今回はたまたま手に取ってみたのですが、、、これがめちゃくちゃうまい!

なんだこれは??

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

と思ったらやっぱり力を入れているようです。

通りで美味しいわけだ。

気がつくと3つほど食べていました。。(笑)

クロワッサンが美味しいってなかなかないですよね。

あれをバターの風味たっぷりにパリッと焼くのは相当コストがかかる。

こんなところに意外な感動ポイントがあったとは正直びっくりしました。

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

箱根強羅ホテルパイプのけむりプラス

というわけで、、やっぱり気になったお茶漬けと和惣菜、それとクロワッサンをおかわりを含めて3つほど(笑)

正直朝食はあまり期待していなかったのですが豪華さはないけれど意外と口にあうということがわかりました(笑)

2食付いて箱根に宿泊するとなるとやはりそれなりのお値段になるのですが、ここはリーズナブルで交通至便、なかなかお値段の割に考えられているホテルでした。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください