香港・マカオへほぼ無料旅行! / Vol.6 世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」をバスで通ってみた  

「港珠澳大橋」香港政府観光局より引用
(広告)

「香港とマカオをつなぐ橋が開通したよ〜」

香港の友人が東京に遊びにきた時にそんな話をしてくれたのがそもそものきっかけでした。

建設途中の状況は香港に到着間際に上空から眺めていましたがとうとう世界最長の橋が完成したようです。

その名も「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」。

東京湾アクアラインのように誰でも自由に香港から車でマカオに行けるようになったのかと思ったのですが、自由にはいけないらしい(笑)

そりゃそうですよねぇ、、香港の車がマカオに押し寄せたらただでさえ狭いマカオの道路に車が溢れて動けなくなっちゃいます(笑)

今回の旅のもう一つの目的「港珠澳大橋」をバスで渡ってみる!をやってみることにしました。

旅行期間 2019/6月

エリア  香港、マカオ

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL29 羽田 – 香港 エコノミークラス搭乗記
・Vol.2 Ovolo Southside(オヴォロ サウスサイド) 宿泊記
・Vol.3 フォトジェニックな香港オールドタウンセントラルを散策してみた
・Vol.4 JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記 ディナーはJohn Anthony Hong Kong(荘館)で驚きの中華フュージョンを堪能
・Vol.5 ザハ・ハディド設計「香港理工大学・ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー」を見学しに行ってみた
・Vol.6 世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」をバスで通ってみた
・Vol.7 シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記
・Vol.8 ザハ・ハディド設計のマカオに新名所「モーフィアス(Morpheus)」を見に行ってみた!
・Vol.9 夜のマカオは豪華絢爛!だけどやっぱり落ち着かない
・Vol.10 香港国際空港 キャセイパシフィックファーストクラスラウンジはやはり贅沢な空間だった
・Vol.11 日本航空 JL26 香港 – 羽田 エコノミークラス搭乗記

<往路>
JL29 HND (10:00) – HKG(13:45)
<復路>
JL26 HKG(15:15) – HND(20:25)


港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)開通!

昨年2018年10月にとうとう香港とマカオを結ぶ橋が開通しました。

港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)

港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)(ウイキペディアより引用)

これまではフェリーでマカオに行くしかありませんでしたが、「バス」という選択肢が増えました。

船が苦手で、、という人には朗報かもしれません?

この港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)は海上橋としては世界最長の長さ(全長55km)です。

その内訳は、香港側=香港接線(Hong Kong Link Road)が約12キロ、海底トンネルが約7キロ、マカオ側(海底トンネルの西側)の海上橋が約23キロになっています。

構想から30余年、総工費約一兆六千億円の大事業が完成したわけですから凄いことです。

海の上の長い橋ですからサビの問題もあると思いますが、一応120年大丈夫、、、だそうです(笑)

あまりに長くてなかなかピンときませんが、日本最長の橋の「東京湾アクアライン」のほぼ13倍、建設のために使われた鉄鋼は42万トンでエッフェル塔60個分、道路の表面積は70万平方メートルでサッカーフィールド98個分です。

うーん、スケールが違います。

この橋を通行するのにかかる時間は約30分〜40分ですが、香港側、マカオ側でそれぞれ越境手続きがありますから、市内からは2時間ほどかかります。

香港からマカオへのバス移動は色々なルートがあって、結構ややこしいのですが、下記に詳細がまとめられていたのでリンクを貼っておきます。

で、一番単純な行き方としては、香港市内からマカオの大型ホテルまで直行で行けるバスに乗ると、料金も最初に払ってしまえば途中でバスチケットを追加購入することなくそのままマカオまで連れて行ってくれます。

今回はそれを使ってみました。

香港市内からマカオへ!

香港からマカオへの直通バスはMTRとエアポートエクスプレスの乗り入れている「九龍駅直結のElements(エレメンツ)ショッピングモールから出発します。

乗り入れているのは2種類で「港澳一號 (通称: ワンバス)」と「港澳快線 (通称: 赤バス)」です。

◎港澳一號 (ワンバス)

料金

平日 18時まで

平日 18時以降

土・日・祝

大人

HK$160

(約2,400円)

HK$180

(約2,700円)

HK$180

(約2,700円)

子供 (3歳未満)

HK$60

(約900円)

HK$80

(約1,200円)

HK$80

(約1,200円)

※片道運賃
※日中は30分に1本、早朝・夕方は1時間に1本の運行。
※九龍~サンズマカオまで約110分、ヴェネチアン・マカオまで約125分、
パリジャン・マカオまで約130分。
港澳一號は出発の2週間前から公式HPで購入可能。

中国語だけなので、ブラウザの翻訳機能を使いましょう。

◎港澳快線 (赤バス)

料金

平日 (7時~19時)

土・日・祝

大人

HK$160

(約2,400円)

HK$180

(約2,700円)

子供 (3歳未満)

HK$60

(約900円)

HK$80

(約1,200円)

※片道運賃
※日中は30分に1本、早朝・夕方は1時間に1本の運行
※九龍~ギャラクシーマカオまで約120分

マカオ半島側ホテルにはグランド・リスボア、MGMマカオ、サンズマカオ、スターワールドホテル
コタイ側のホテルはヴェネチアンマカオ、ギャラクシーマカオ、MGMコタイホテルに停車。

港澳快線は1か月前から公式HPで購入可能。

英語の切り替えもできますからまずはそれで試してみましょう。

香港市内からマカオへ行ってみた!

確かに九龍駅はずっと工事中でしたが、完成したようです。

MTRで九龍駅まで行って、Elementsショッピングモールへ向かいます。

Elements案内表示

Elements案内表示

直結なので案内板をたどっていけば大丈夫です。

ここからはメインランドへの高速鉄道も乗り入れているようです。

気になるのは「Ice Rink」ですが、案内通りに歩いていくと、、、

Elements Ice Rink

Elements Ice Rink

げ、本当にあった!(笑)

ショッピングモールの中にスケートリンクか、、、なんかバブリーな気がします。

アイススケート場の手前に「Mainland Coaches」と書かれたちょっと高級感のある入り口があるので、そこから中に入りましょう。

Mainland Coaches

Mainland Coaches

ここを入ると切符売り場があってその奥にバス乗り場があります。

バスチケット

バスチケット

とりあえずチケットカウンターで「マカオに行きたい!」というとこれを購入できました。

港澳快線 (赤バス)の切符です。

真ん中のシールを胸に貼っておくと、迷子になった時に見つけてくれます(笑)

購入の際、「どこのホテル?」と聞かれて、「シェラトン」と答えたのですが、どうも位置がわからないらしく若干混乱していたようです

後から調べてみると、実は運行時間によって到着ホテルの順番が変わるようで、あらかじめチェックしておくことを強くお勧めします。

港澳快線 (赤バス) マカオホテル巡回ルート

港澳快線 (赤バス) マカオホテル巡回ルート

自分の泊まるホテルがこの中になくても、実は大型ホテルはショッピングモールでくっついているので到着後はタクシーを使ったり、ショッピングモールの中を移動して自分の宿泊しているホテルに向かうことになります。

バスに乗ってマカオへ!

時間になったのでバス乗り場に向かいます。

マカオ行きバス乗り場

マカオ行きバス乗り場

出発時間になったらチケットカウンターの奥のエスカレーターでバス乗り場に向かいます。

あ、地下にこんなバス乗り場があるんですね。

港澳快線 (赤バス) 車内

港澳快線 (赤バス) 車内

ふかふかシートでなかなか快適です。

自由席なので今回はとりあえず最前列の座席に座ってみました(笑)

さーて、マカオに向かって出発です!

香港口岸に到着したら全ての荷物を持ってイミグレに向かいます。

アナウンスがカントン語なので何を言っているのかわからないんですよねぇ(笑)

まぁ同じバスに乗っている人と同じ行動をすれば大丈夫です(笑)

香港口岸

香港口岸

香港口岸

香港口岸

うーん、、無駄に広い(笑)

随分巨大な設備を作っちゃいましたねぇ。

香港口岸出口

香港口岸出口

手続きが終わったらまた先ほどのバスに乗車します。

とりあえずみんなについていけば間違い無い、、(笑)

港澳快線 (赤バス)

港澳快線 (赤バス)

あ、バスがあった(笑)

取ってつけたような看板が出ています。

広大なバス停ですが、さほどバスが多いわけでは無いです(笑)

まぁこれからですね。


(スポンサーリンク)

マカオへ入国!

さて、橋を渡ること40分。

マカオまでやってきました。

ここでもまた全ての荷物を持って入境事務所へ向かいます。

マカオ口岸

マカオ口岸

香港側より少し小ぶりかな(笑)

マカオ口岸

マカオ口岸

おっと、ここまでくると少しバスの種類が多くなりました。

こりゃどっちに良いんだ?

というわけで、他力本願でなんとなく人の流れについていきます(笑)

マカオ口岸 バス乗り場

マカオ口岸 バス乗り場

とりあえずみんなの後をなんとなくついていくと目の前に赤いバスを発見!

あれですね(笑)

とりあえずチケットを買った時のシールを付けておけば迷っても係りの人に聞けばきっと教えてくれるはずです。


(スポンサーリンク)
voyaginで香港で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(香港)

降車場所がわからない(笑)

事前情報でシェラトンホテルの前にバスは停まると聞いていたのですが、シェラトンホテルの前は素通りで(笑)結局最後のバス停MGMコタイまで行ってしまいました(笑)

実は今回バスに乗ってマカオに行く事前情報をほとんど集めていなくて、とりあえず香港の友人からは「エレメンツに行けばシェラトンホテルの前まで行くバスに乗れる」という情報のみをもらっていただけなのでした(笑)

今思えば、確かにその通りなのですが、実は微妙に違っているのでした。

まず、バスは今回ご紹介下通り2社あることを知らずに適当に購入しましたし、シェラトンホテルまで行くというの違っていて、その近くのMGMコタイかベネチアンで降りて歩く必要があるということが後になってわかりました(笑)

やはり事前の情報収拾は必要ですねぇ(笑)

コタイ地区はホテルとショッピングセンターが連結されていて、とりあえず渡り廊下などでつながっていますから、自分の宿泊するホテル、もしくは目的のショッピングセンターの近くのバス停をチェックしておくことをお勧めします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください