サッポロ冬割+福島空港キャッシュバック+UA特典航空券+おときゅうパスを組み合わせたこうなった! / Vol.1 とっても楽しいマイルの世界、ユナイテッド航空のマイルはこう使え!

2021hokkaido-01
(広告)

昨年2021年最後の旅行はさっぽろ冬割+大人の休日倶楽部パス北海道+福島空港キャッシュバックキャンペーンをすべてフル活用するプランを実行してみました。

使用する航空券はユナイテッド航空の特典航空券!

ユナイテッド航空の国内線特典航空券はこう使わなきゃ!といつも思っている使い方で北から南の果てまでぐるっと一周してみました!

そのついでに福島空港にも立ち寄ってキャッシュバックキャンペーンの補助金をGET!

一週間の旅行の後しばらくしてANAから「50万LTマイル達成おめでとうございます!」とメールが来て、、今回どうやら達成したようです(笑)

旅行期間 2021/11月
エリア  北海道、福島、大阪、沖縄
テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 とっても楽しいマイルの世界、ユナイテッド航空のマイルはこう使え!
・Vol.2 さぁ出発!東急EXイン京急川崎駅前 宿泊記〜え、京急止まっちゃった?想定外の展開、さぁどうする?〜
・Vol.3 UAマイルで羽田から福岡経由で札幌へ 全日空 ANA241 羽田 – 福岡, ANA289 福岡 – 札幌搭乗記
・Vol.4 さっぽろ冬割フル活用!ドーミーインPREMIUM札幌 宿泊記
・Vol.5 北海道美味しいもの巡り〜回転寿司「根室 はなまる」〜成吉思汗「だるま」、そして久しぶりの小樽は雨だった
・Vol.6 札幌から日帰りで稚内!最北端宗谷岬はやっぱり寒かった!ノシャップ岬は、、あれ?(笑)
・Vol.7 暴風の中札幌から日帰りで道東の秘湯川湯温泉!のつもりが、、
・Vol.8 え、暴風雨で電車が運休??釧路から帰れなくなった〜LASTING HOTEL(ラスティングホテル)宿泊記〜
・Vol.9 苫小牧のマルトマ食堂に行ってみた!結構ハードなお昼ご飯だった
・Vol.10 札幌から日帰りで旭山動物園へ!~雨の動物園は結構ハードだった〜
・Vol.11 福島空港キャンペーンで1万円GET!全日空 ANA1114 新千歳 – 福島、ANA3182 福島 – 伊丹搭乗記
・Vol.12 UAマイルはこう使う!大阪から那覇経由へ 全日空 ANA763 伊丹 – 那覇 搭乗記
・Vol.13 那覇で6時間小旅行。ステーキと新しくできた豆花屋さんを食べ歩く
・Vol.14 旅の終わりに〜全日空 474 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
ANA241 HND(07:25) – FUK(09:25)
ANA289 FUK(10:05) – CTS(12:20)

<復路>
ANA1114 CTS(15:05) – FKS(16:40)
ANA3182 FKS(18:25) – ITM(19:40)
ANA763 ITM(09:55) – OKA(12:15)
ANA474 OKA(18:25) – HND(20:40)


サッポロ冬割、福島空港キャッシュバックキャンペーン、、目移りするお得なキャンペーン

新コロが少し落ち着いてきた昨年後半、落ち込んだ経済を立て直す為に各自治体が旗を振って大盤振る舞いを始めました。

せっかくだから乗らないとね(笑)

やっぱり一番贅沢なのは札幌!

2020年夏には「さっぽろ夏割」ってのがありまして、今回はその冬バージョン。

さっぽろ夏割の時期はちょうど非難轟々のGOTOトラベルが開始された時で、なんと宿泊すると逆にお金がもらえる!という珍事件が発生していました(笑)

今回はその第二弾冬バージョンです。

前回経験を活かしてホテルの予約システムがダウンするのを堪えつつ規定いっぱいいっぱいの「ドーミーインPREMIUM札幌」に5泊予約することができました!

なんたって毎日5000円の補助金が入って5泊分の宿泊費が13000円!

更に毎日2000円のお買い物クーポンももらえたので10000円分のクーポンを考慮すると実質一週間のホテル代が3000円!

お得以外の何物でもありません(笑)

更に目を疑ったのは「福島空港キャッシュバックキャンペーン」。

なんとこれって福島空港に到着して5000円、出発して5000円現金をくれるという何とも素敵なキャンペーン(笑)

うまく乗っかることできないかなぁ〜と色々と思案しましたが、結局のところ首都圏からではうまく繋ぐことができず、一旦諦めたのでした。

ところが、、、、、です。

ふと気がつきました。

そっか、、この「さっぽろ冬割」とくっつけちゃえばうまく繋げるんじゃない?

悪魔の囁きです(笑)

全てをつなげるのはユナイテッド特典航空券と大人の休日倶楽部パス

「さっぽろ冬割」と「福島空港キャッシュバックキャンペーン」。

それをつなぐのは言わずと知れた「ユナイテッド航空特典航空券」!(笑)

福島空港キャッシュバックキャンペーンの旅程を考えている時に札幌発福島空港経由伊丹行きとか色々と試算していましたからそれを完全にお流用しました。

札幌で5泊分時間があるわけですが、ここは必殺「大人の休日倶楽部パス」

通称「おときゅうパス」と呼ばれているものですが、50歳以上でJR東日本のクレカを保有することが条件で年に3回ほど乗り放題パスが発売されるのです。

本来は東京から電車で繋ぐのが一般的なのですが、今回は「JR北海道全線5日間乗り放題パス」17400円を使うことにしました。

つまり、、北海道まではユナイテッド航空の特典航空券でANA国内線を使って往復して、北海道内は乗り放題パスで移動しまくり、、そんなプランが出来上がったのでした。

SDGs完全無視の日本全国を無駄に回るツアー完成!

さて、ここまでパーツが揃えば後はつなげるだけ(笑)

ということで以下のようになりました。

1日目:地元割で「東急EXイン京急川崎駅前」に半額で前泊。
2日目:羽田発福岡経由新千歳行きのチケットでぐるっと本州を一周して北海道へ!
3日目:おときゅうパスで「日帰り 稚内」!
4日目:おときゅうパスで「日帰り 川湯温泉(釧路)」!
5日目:おときゅうパスで「日帰り 登別温泉」!
6日目:おときゅうパスで「日帰り 旭山動物園(旭川)」!
7日目:札幌発福島経由伊丹行きチケットで福島空港キャッシュバックキャンペーンGET!
8日目:伊丹発沖縄経由羽田行きチケットで南の島をぐるっと回って帰宅!

ざっくりこんな感じのスケジュールができました(笑)

当初計画したスケジュールの詳細は下記にあるのでよろしければご参照ください。

トラブル発生で二箇所ほど修正を余儀なくされましたがほとんど元のスケジュール通りに終わることができました。

旅の予算が激安だった

今回は7日間の旅行で日本全国隈無く(笑)飛び回ったわけですが、交通費と宿泊費が激安だったのでほとんどお金を使いませんでした。

大人の休日クラブパス JR北海道5日間フリーパス  17400円
宿泊代金(5泊分)13000円
UA マイレージ 5500マイル×3=16000マイル
福島空港キャンペーン -10000円
さっぽろスマイルクーポン -10000円

総額10400円+16000mile

ベースが一万円+16000マイルほどで骨格ができていて、後は2日分のレンタカー(約7000円)と毎日のお食事代ぐらい、、

実際には総額50000円ほどで済みました。

結構豪華バージョンだったはずなのですが意外と使っていない(笑)

やっぱり交通費と宿泊費が激安だったのが効いたのだと思います。

札幌市補助金、福島空港補助金、神奈川県補助金、、それとユナイテッド航空、JR北海道協賛(笑)こんな豪華に揃う旅行は滅多にないんじゃなかろうか(笑)

とても楽しいマイルの世界〜ユナイテッド航空特典航空券を国内線で使う〜

今回重要な役割を果たすのが「ユナイテッド航空 特典航空券」です。

マイルを貯めると飛行機に乗れる。これは当たり前の話なのですが、マイレージで提携しているユナイテッド航空のマイルで日本国内ではANAの飛行機にのることができます。

しかもANAのマイルで乗るよりもお得に、、面白く乗ることができるということがひっそりと存在していたりするのです。

ユナイテッド航空のマイルは有効期限なし!

2019年にユナイテッド航空のマイルの有効期限は撤廃されました。

従って、今まさに頭を悩ましている「ANAのマイル期限切れ問題」が生じません(笑)

ANAとJALは上級会員にならないとマイルの期限が撤廃されないのですが、ユナイテッド航空はそもそもマイル期限がないということで貯めやすいですし、使いやすいのです。(まぁ突然改悪ってのも日常茶飯事ですが、、)

ユナイテッド航空のマイルは少ないマイルでANAの国内線を利用できる

ユナイテッド航空のマイルはスターアライアンスとしてANAの特典航空券を発券することができます。

特に日本国内では必要マイル数も少なくてANAのマイルで直接特典航空券を発券するよりお得なのです。

・距離800マイル以内:5500マイル(東京-札幌、東京-福岡、大阪-札幌、大阪-那覇など)
・距離800マイル以上:8800マイル(東京 – 那覇、大阪-石垣など)

ANAのマイルより少ないわずか5500マイルで日本国内大体のところには飛ぶことができます。

ユナイテッドマイルの使い方の真骨頂「経由便」が楽しい

直線距離で少ないマイルで日本国内を飛ぶことができるのは確かにメリットなのですが、実は経由便でも同じマイルで済むのです。

ユナイテッド航空のHPで特典航空券使用で羽田ー新千歳を検索してみます。

羽田-新千歳直行便

羽田-新千歳直行便

直行便も普通に取れるのですが、所要時間でソートして行程が長い方をみてみると、、

羽田-新千歳経由便

羽田-新千歳経由便

羽田から新千歳へ19時間55分かけていく旅程とは、、秋田空港で17時間45分のトランジットがあるのです!

もちろん空港にずっといる必要はないので秋田観光できるわけです。

このように調べるとえ、なんでこんなところが経由地なの?と思われるところがあったりして、そこで十分トランジット時間を確保できればちょっと立ち寄って観光できるわけです。

これをうまく使って今回は福島空港を経由地にする為に新千歳発「福島空港経由」伊丹着を組み入れてキャッシュバックキャンペーンをGETしたのです。

ついでに行きも羽田から直行で新千歳まで飛ぶのは面白くないので(笑)わざわざ福岡経由にして本州を縦断してみたり、、、伊丹から羽田にわずか1時間ちょっとで戻れるのにわざわざ沖縄を経由地にしてちょっと那覇の街歩きをしてみたりしたわけです。

飛行機が苦痛、、という方にはお勧めできませんが、一度に色々楽しめて一度に2度も3度も美味しい使い方だと思います。

今回なんと!ANA ライフタイム 50万LTマイル達成してしまった!〜特典航空券でもLTマイルが加算される!〜

実はこれ今回初めて知ったのですが、、実はユナイテッド航空の特典航空券を使って「ANAのライフタイムマイル」を貯めることができるのです。

ユナイテッド航空のHPでANAの特典航空券を発券する時にANAのマイレージ番号を登録しておくとLTマイルが加算されます。

筆者は発券時にANAのマイレージ番号を登録していなかったのですが、空港でラウンジに入る為に必ず専用カウンターでマイレージ登録をしていたのでLTマイルが加算されていました。

ミリオンマイラーってのは要するに「どれだけANAの飛行機に乗ったか」の証明です。

飛行機に乗ると「マイル」が加算されてそれを貯めると飛行機に乗れたりしますし、毎年リセットされる「プレミアムポイント」も加算されて「ダイヤモンド」とか「プラチナ」とか特別扱いしてくれるステータスが付与されたりします。

それとは全く別に「ライフタイムマイル」(LTマイル)ってのがずっと積算されていて、一定基準を超えると「ミリオンマイラー」になってANAのお得意様となって色々な特典をもらうことができるのです。

で、この「ライフタイムマイル」ってのは純粋に飛行機にのって飛んだ「距離」のみがカウントされていて、搭乗クラスやチケットの高い、安いは一切関係なし。

区間基本マイレージのみが積算されて行って、100万LTマイルを到達しようとすれば東京-ニューヨークを75往復!東京-沖縄を508往復しなければ到達しないことになります。

従ってあまりに過酷なのでほぼ忘れいて気にしていない(笑)ってのが普通じゃないかと思います。

このミリオンマイラーになるとどのような良いことがあるのか!

まずタグがもらえる(笑)

ANA ライフタイム マイル

ANA ライフタイム マイル

100万LTマイル以上だとマイルがずっと失効しなくなったり、200万LTマイル以上だと一生ANA SUITE LOUNGEを使えるって特典も付いています(笑)

まぁそんな人本当にいるのかって話ですが、、きっといるんでしょうね〜

いつかはミリオンマイラー!?いつの間にかANA50万LTマイル達成していた!

最近ANAに乗らなくなっていたのでLTマイルのことはほとんど忘れていたのですが、今回の日本中をユナイテッド航空のマイルで飛び回って翌月に一通のメールが。。

「50万LTマイル達成おめでとうございます!」

ANA ライフタイムマイル

ANA ライフタイムマイル

ANA ライフタイムマイル

ANA ライフタイムマイル

送られてくるそうです(笑)

確かに確認してみると、、

ANAライフタイム確認

ANAライフタイム確認

確かに超えている(笑)

いつの間に!

まぁここから100万LTまではしんどいですね〜

ちなみにJALは、、

JAL生涯マイル

JAL生涯マイル

結構乗っていて、一昨年国際線搭乗15万マイルを記念して1スターのタグが送られてきました。

1スタータグ

1スタータグ

次の段階の国際線25万マイルになると通称「緑亀』タグになって、その次は茶色、ワインレッド、、とランクが上がっていみます(笑)

ランクが上がって5スター国際線100万ライフタイムマイルを達成すると、、素敵な特典をくださるそうですが、それまではタグだけです(笑)

JALは国際線だけで100万マイルか国内線は搭乗回数ですからANAよりもハードルは高いです。

しかもJALは今までの搭乗記録が全て見ることができて、筆者の場合は1997年からの記録がありました。

ANAはその記録がないのだけど、まぁちゃんと記録してくれているのでしょう。

いつの間にかJALもANAも一番最初の初心者ライフタイムマイラーになりましたが(笑)これ以上のものが送られてくることはもうないでしょうね〜

SDGs完全無視の無駄だらけの旅程、やっぱり人生無駄がないと面白くありません

今回はかなり無駄をやらかして飛行機で飛びまくり、電車を乗りまくりしてきました。

計画段階でもすごい無駄な動きをするなぁ〜と思っていましたが、やってみるとあっという間です(笑)

5時間も電車に乗り続けて暇じゃないんだろうか??腰が痛くならない??と思っていましたが、そこは日本の電車です。

乗り心地抜群(笑)

ご飯を食べたりおやつを食べたり、、スマホに保存してあるテレビ録画を片っ端から見ているとあっという間に電車の時間は過ぎていきました。

こんな時間もたまにあると結構楽しいもので、時間が余るというよりも、むしろ時間が足りないぐらい(笑)

これぐらい盛大な無駄な時間がないと人生楽しくないですよね〜

北海道をこれだけ長距離移動するので吹雪になったりしないだろうか、、と心配しましたが、やっぱり釧路で嵐の為に札幌に戻れなくなってしまったりしました(笑)

というわけで、ぼちぼちその様子の記録をまとめていこうと思います。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください