「大人の休日倶楽部パス」で4日間日帰りで東北の温泉に行こう! / Vol.1 旅の計画 〜毎日自宅に帰る!時刻表とにらめっこ これ本当に行けるのかな?〜

大人の休日倶楽部パス旅行
(広告)

今週末の6月20日から2019年第一回大人の休日倶楽部パスの利用期間が始まります。

「大人の休日倶楽部パス」とは50歳以上限定で発行できる「大人の休日倶楽部カード(View Card)」を保有している人がJR東日本全路線を4日間乗り放題15000円、新幹線も使えて指定席も6回まで取れるという夢のようなチケットなのです。

今回は「日帰り」で温泉地を巡る旅にしよう!ということで計画してみました。

毎日自宅に戻るわけですね(笑)

旅行期間 2019/6月
エリア  東北・関東
テーマ  街歩き、食べ歩き、温泉、鉄道

目次
・Vol.1 旅の計画 〜毎日自宅に帰る!時刻表とにらめっこ これ本当に行けるのかな?〜
・Vol.2 1日目 青森県・酸ヶ湯温泉へ 〜秘湯感満載の混浴風呂〜
・Vol.3 2日目 秋田県・玉川温泉へ行こう!
・Vol.4 3日目 静岡県・伊豆クレイル(IZU CRAILE)に乗りに行こう!帰りはスーパービュー踊り子号!
・Vol.5 4日目 宮城県・鳴子温泉へ行こう!


大人の休日倶楽部パスでJR東日本の電車を乗りまくろう!

大人の休日倶楽部パスとは「大人の休日倶楽部」会員のみが買うことのできるとってもお得なパスです。

大人の休日倶楽部とはJR東日本が発行するクレジットカードなのですが、一つだけ大きな条件があります。

それは、、満50歳以上しか発行できない!ことです。

大人の休日倶楽部とは?(JR東日本公式HP)

大人の休日倶楽部会員

大人の休日倶楽部会員

会員には2種類あって、男性で満50歳〜64歳までの「大人の休日倶楽部ミドル」、満65歳以上の「大人の休日倶楽部」があります。

クレジットカードですから入会審査はありますが、「満50歳以上」でないと発行できない特殊なクレジットカードです。

入会すると色々な特典がありますが、発行した一番大きな理由はこれが購入できるからなんです。

大人の休日倶楽部パス 4日間15000円

大人の休日倶楽部パス 4日間15000円

今回購入したのはこれです。

このパスは、JR東日本全線(新幹線を含む)に加え、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線およびえちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)の特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席およびJR東日本のBRT(バス高速輸送システム)が4日間乗り降り自由になるパスなのです。

また、新幹線も利用できて、新幹線・特急を合わせて6回分の指定券が無料で発券できます。

しかし!!!そもそも東北新幹線は「はやぶさ」も「こまち」も「全席指定」です(笑)

指定券が取れなかったら自由席のある「やまびこ」しか乗れなくなるので確かに不便きわまりありませんよね(笑)

日本だからできる「時刻表とにらめっこ」の技

事前にどこに行こうか、、と思案しながら指定券を発券するわけなのですが、結構めんどくさい(笑)

ところが現代はネット社会で、時刻表の検索なんかはネットで簡単にできてしまいます。

しかも、ここは日本。

時刻表に正確に列車が運行されますからかなりの精度で計画が立てられるんです。

これがタイだったらタイ国鉄のタイムテーブルなんてあてになりませんかかねぇ〜数時間なんて普通に遅れます(笑)

色々と考えて、今回は青森、岩手、秋田の温泉と伊豆クレールに乗る旅にしました。

今週末からですから、旅行記は終わってからですが、状況は逐次TwitterとInstagramで流しますのでよろしければフォローしてください。

1日目は青森県の酸ヶ湯温泉へ

1日目は国内屈指の酸性度を誇る青森県の酸ヶ湯温泉に行ってみることにします。

今回最長の電車乗車になります。

しかし、、朝一番のはやぶさ1号が全部満席!

この時期は取れないんですね、、きっと大人の休日倶楽部のせいでしょう(笑)

というわけで臨時列車が運行されていて、ハヤブサ1号の30分前にはやぶさ45号というのが臨時で出ていますので、それを使うことにします。

ただ、、自宅からは間に合わないんですよねぇ〜

早すぎて、、仕方がないので大宮のカプセルホテルに前泊を余儀なくされました。

1日フルでこんな感じの予定にしてみました。

●大宮(埼玉)
|6:26発
|    はやぶさ45号(指定席)[新函館北斗行]2時間51分
|9:17着
■新青森

●新青森駅
|10時10分発
|    バス1時間時間13分
|11時23分着
■酸ヶ湯温泉

●酸ヶ湯温泉
|14時53分発
|    バス1時間時間20分
|16時14分着
■青森駅

●青森
|17:23発
|    青い森鉄道(普通)[八戸行]1時間33分
|18:56着
■八戸

●八戸
|19:06発
|    はやぶさ40号(指定席)[東京行]2時間32分
|21:38着
○大宮(埼玉)
|21:53発
|    JR湘南新宿ライン(普通)[大船行]30分
|22:23着
■新宿

結構ハードです。

二日目は東北の名湯と言われる玉川温泉へ。

温泉地を散策する時間が3時間ほどしかありませんが(笑)まぁなんとかなるでしょう。

問題は「バス」。状況がわからないのでどうなるかわかりませんが、ネットにあった時刻表が正確なことを祈りつつ、、

●新宿
|7:24発
|    JR埼京線(快速)[川越行]32分
|7:56着
○大宮(埼玉)
|8:06発
|    こまち49号(指定席)[秋田行]2時間51分
|10:57着
■田沢湖

●田沢湖
|11:40発
|    バス1時間時間15分
|12:55着
■玉川温泉

●玉川温泉
|15:59発
|    バス1時間時間20分
|17:19着
■田沢湖

●田沢湖
|17:34発
|    こまち34号(指定席)[東京行]2時間32分
|20:06着

○大宮(埼玉)
|20:21発
|    JR埼京線(普通)[新木場行]39分
|21:00着
■新宿

3日目は静岡県・伊豆クレイルに乗りに行こう

土日にしか運行していない観光列車「伊豆クレイル」。

伊豆急行運行ですが実はこれにも乗れます。

しかし!!乗車運賃のみで指定券は発券できません。それもグリーン券、、

というわけで、小田原から伊豆急下田までは別にグリーン席特急券を購入しました(1280円)

帰りはスーパービュー踊り子号!

伊豆急下田では温泉にでも入って少しゆっくりして帰ってきます。

●小田原
|11:40発
|伊豆クレイル(全車禁煙)1号 2時間29分
|      グリーン特急券(1280円)
|14:09着
■伊豆急下田

●伊豆急下田
|  16:07発
|    スーパービュー踊り子10号 2時間29分

|18時25分着
■横浜

4日目は宮城県・鳴子温泉へ行こう!

毎日往復していると6回分の指定券は全て発行してしまいます。

ですので、4日目は指定券のいらない「やまびこ」の自由席で宮城へ向かいます。

これ東京駅からのった方が良いかもしれませんね。

●新宿
|8:30発
|    JR埼京線(通勤快速)[川越行]30分
|9:00着
○大宮(埼玉)
|9:14発
|    やまびこ43号(自由席)[盛岡行]1時間49分
|11:03着
○古川
|11:15発
|    JR陸羽東線(普通)[鳴子温泉行]47分
|12:02着
■鳴子温泉

●鳴子温泉
|15:39発
|    JR陸羽東線(普通)[小牛田行]47分
|16:26着
○古川
|17:06発
|    はやぶさ110号(指定席)[東京行]1時間24分
|18:30着
○大宮(埼玉)
|18:50発
|    JR埼京線(通勤快速)[新宿行]30分
|19:20着
■新宿

さて、これは本当に実行可能なのでしょうか?(笑)
マイルがたまるわけでもないのですがまるで修行のようですね。

状況は逐次TwitterとInstagtramで流しますのでよろしければフォローをお願いします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください