チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだった / Vol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!

チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだったVol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!
(広告)

当分海外には出られそうにないので、思い出旅行中。

色とりどりのテントがまるで宝石の海のようだとインスタ映え必至のスポットとして人気が沸騰していた「ラチャダー鉄道市場」。

年々観光客人気が沸騰して中国人ツアーがやってきた頃から市場は激混み(笑)

日用雑貨から飲食店、バーまでなんでも揃っていたので楽しい場所だったのですが、昨今の新コロ騒動でしばらくは賑わいは戻ってこないでしょうね、、、

相当密でしたから(笑)

同行した方々のリクエストで行くことになりました。

行くたびに少しづつトレンドが変わるのがわかるので、何度行っても楽しい場所です。

旅行期間 2018/11月
エリア  バンコク・チェンマイ ・沖縄
テーマ  街歩き、食べ歩き、お祭り

目次
・Vol.1 成田空港 キャセイパシフィック ラウンジとカンタス航空ラウンジをハシゴしてみた
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記 〜念願のA380でクアラルンプールへ!〜
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 aloft BANGKOK Sukhumvit Soi 11宿泊記〜安くてお洒落なホテルだった〜
・Vol.5 タイ航空ロイヤルシルクラウンジ(国内線)〜タイ航空 TG110 バンコク – チェンマイ エコノミークラス搭乗記
・Vol.6 チェンマイ VIENG MANTRA 宿泊記〜コスパの良い居心地の良いミニホテルだった〜
・Vol.7 旧友のお店「Kiat Num」 レストランに寄ってチェンマイ市内をバイクで散策
・Vol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった
・Vol.9 今年はお寺の境内でランタン揚げて煩悩が少し減ったかな?
・Vol.10 チェンマイのロイクラトンパレードも賑やかに開催されました
・Vol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ – バンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.12 エグゼクティブ クラブ アット ウインザー(Executive Club at Windsor)に泊まってみた〜建物は豪華だけどホテルマンイマイチ、WiFi激遅だった〜
・Vol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワットパクナム」に行ってみた
・Vol.14 ワットパクナムよりも面白い?「ワットクンチャン(ワット・クンジャン)」はシュールなお寺だった
・Vol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!
・Vol.16 キャセイパシフィックラウンジで軽食。あれ、、いきなりのディレイ。MIRACLEラウンジで暇をつぶす
・Vol.17 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.18 久しぶりのクアラルンプール空港マレーシア航空ゴールデンラウンジ。優雅に夕食を食べてみた
・Vol.19 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記〜A380はやっぱり快適だった〜
・Vol.20 日本航空 JAL919 羽田 – 沖縄 & JAL904 沖縄 – 羽田 搭乗記〜わざわざ羽田空港に移動して一泊二日で沖縄を往復してみた〜

<往路>
MH89 NRT(10:10)- KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
TG110 BKK(13:15) – CNX(14:25)

<復路>
TG105 CNX(10:40) – BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(07:15)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL904 OKA(11:20) – HND(13:35)



(スポンサーリンク)

ラチャダー鉄道市場の夕暮れ時からの夜景

バンコクに初めて来たという友人を引率して最後のインスタ映えスポット「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」にやってきました。

ラチャダー鉄道市場はタイ国鉄の昔の操車場跡地にオープンしたナイトマーケットです。

夕方しか空いていないですが、夜遅くまでやっていて観光スポットとして定着していました。

まぁ、、コロナで今は臨時休業中で寂しい限りですが、2、3年後にはまた盛り返してくれると期待しています。

なんたってこの雑多感がタイの魅力の一つでもあるわけですからね。

2018年4月のソンクランの時に初めて行きましたが、行き方はこちらの投稿をご参照ください。

まだ明るいうちに到着したのでとりあえず市場が見渡せる駐車場の上に登ってみます。

ラチャダー鉄道市場を見渡せる立体駐車場

ラチャダー鉄道市場を見渡せる立体駐車場

場所はここです。

隣接するエスプラネード(ESPLANADE)ショッピングモールの駐車場の4F〜6Fから丁度市場が見渡せます。

それぞれの階からちょっとづつ風景が変わるのですが、やはりお勧めは一番高い場所からでしょう。

駐車場の1Fから登るのは結構しんどいので(笑)エスプラネード4Fまでショッピングセンターの中のエスカレーターで上がって、そこから立体駐車場に抜けるとちょっと楽できます(笑)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

Oラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

まだ明るいうちはこんな感じ。

屋台のテントの明かりが徐々に点灯し始めています。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

日没後は次第に市場の明かりが色とりどりになってきます。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

18時頃になると、、このぐらいが写真撮影には一番丁度いい明るさかもしれません。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

日が落ちると、市場だけが煌々と光を放ち、まさに宝石箱のようになります。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

真ん中がテントが立ち並ぶエリアで、右側と奥の方には櫓が組まれて2F建てのバーや飲食店が開店しています。

そこから市場を見下ろしながら飲食するってのも景色が良くて楽しいです。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

パノラマにするとこんな感じ。

歪んでいるのは画像処理の問題なので、実際は横一直線に並んでいてなかなか壮観な眺めです。


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

市場を散策。げ、昆虫食もある!食べてみる勇気はなかった、、

とりあえず市場のパノラマを堪能したら実際に行ってみましょう。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

市場のバーの2Fから見渡すとこんな感じです。

ちょっとだけ高い場所で市場を見ながらとりあえずお食事。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

市場を歩いていると、、、げ、タガメの唐揚げが!

これは食べる勇気がないなぁ〜と思ったら、友人が興味津々でちょっと食べることに!

これどうやって食べるんだろう??と思ったら、お店の人が串に差して羽と足をチョンチョンとハサミで切ってくれて食べやすくして渡してくれます。

お味は、、、私は食べませんでしたが(笑)食べた人の感想はなんかエビみたい、、ただ足とかが歯に挟まって食べにくい(笑)って言ってました。

筆者は食べ物の好き嫌いはほぼないのですが、虫だけはちょっと、、、

イナゴの佃煮も食べたことはありますが、確かに歯に挟まって食べにくかったのと、基本は佃煮の味なので、わざわざイナゴを食べなくても良いかな〜って感じでした(笑)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

芋虫なんかも普通に売られています。

ただし広い市場の中でこのお店だけで売られていたので日常的に食べられているというわけでもなさそうです。

ただ、、チェンマイ出身の友人は「これ美味しいよ〜」って芋虫を勧めてくれて(笑)丁重にお断りした、、といことがありましたから、ひょっとしたらおやつ感覚なのかもしれないですね。

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)

市場のテントの脇にはしっかりとした櫓が組まれたバーもあって、2F席が雰囲気もあって良い感じです。

この辺は煌びやかでちょっとしたナイトライフ的な雰囲気も楽しめる場所です。

怪しいお姉さんやお兄さんがいる場所では、、ありません(笑)

現在新コロ警戒中ということでこの市場も臨時休業状態です。

確かにテントの狭くて、人を避けながら歩くぐらい「密」状態なのでその点はこれから変わっていくことでしょう。

個人的には、市場という場所は少し密の方が雰囲気が出て面白いのですが、時代の流れには逆らえないですからね、、

きっとこの場所も時代に応じて少しづつ形を変えていくのでしょう。

今はタイにすらいけませんが、数年後また以前の賑わいが戻ってくれることを切に願っています。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください