今年二度目の台湾へ。初めての烏来・十份・宜蘭は素晴らしかった Vol.12 初めての十份へローカル電車の旅 part.1 そうだ!ランタンを飛ばしに十份へ行こう!十份の楽しみ方と行き方、電車が十份老街を走り抜ける

十份(シーフェン)(Shifen)
(広告)

そうだ!ランタンを飛ばしに十份へ行こう!

急に思いつきました(笑)

ランタン挙げで有名なタイのイーペン祭りを見る為に毎年11月にチェンマイに行っていますが、どうやら台湾にもランタンを飛ばす文化があって盛大にランタンが飛ぶらしいのです。

調べてみるとイーペン祭りのような盛大なランタン飛ばしは旧正月の平渓天燈節の時だけ。。

まぁそうですよね。毎日バンバン飛ばしていたらゴミを撒き散らしているようなものですし危ないし(笑)

ただし、通常の時でもランタンを飛ばすことはできる!ということでとりあえず行ってみることにしました。

九份の近く、、と漠然とした情報しかなかったので早速グーグルさんに聞いてみました(笑)いやはや便利便利。

早速先達の資産を参考に十份へ行ってみることにしました。

旅行期間 2018/5月
エリア  台北(台湾)
テーマ  観光、街歩き、食べ歩き

目次 今年二度目の台湾へ。初めての烏来・十份・宜蘭は素晴らしかった
・Vol.1 旅の初めはダイヤモンドプレミアラウンジから〜日本航空 JAL915 羽田 – 那覇搭乗記
・Vol.2 本日の宿泊もいつもと同じアパホテル那覇
・Vol.3 沖縄から羽田経由で台北へ!那覇空港ANA SUITE LOUNGE〜全日空ANA460 那覇 – 羽田搭乗記
・Vol.4 羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGEでたっぷりとお昼ご飯
・Vol.5 全日空 NH853 羽田 – 台北(松山)ビジネスクラス搭乗記
・Vol.6 台湾リピーターなら「常客証」を申請しておこう!入国審査が飛躍的にスムーズになります
・Vol.7 快適だけど室内の雰囲気はラブホテル?Burgary Hotel 宿泊記
・Vol.8 やっぱり美味しい「富宏牛肉麺」はおすすめです
・Vol.9 実は日本語はかなり複雑。間違いがあったら丁寧に直してあげよう
・Vol.10 今回もやってきました「皇池温泉」。え、停電!?
・Vol.11 夕食を食べに寧夏路夜市へ!デザートは「豆花荘」で台湾スイーツを楽しむ
・Vol.12 初めての十份へローカル列車の旅 part.1 そうだ!ランタンを飛ばしに十份へ行こう!十份の楽しみ方と行き方、電車が十份老街を走り抜ける
・Vol.13 初めての十份へローカル列車の旅 part.2 「台湾のナイアガラ」と言われる「十份瀑布」へ行ってマイナスイオンをいっぱい浴びよう
・Vol.14 初めての十份へローカル列車の旅 part.3 最後のお楽しみ「天燈上げ」をしよう!欲張ってたくさんのお願いをしちゃいました
・Vol.15 初めての十份へローカル列車の旅 part.4 日本が作った菁桐駅駅舎〜猫村で有名な猴硐まで平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)沿線列車の旅
・Vol.16 台北市内で焼き小籠包、巨大餃子、かき氷や排骨飯を食べ歩き 「素食」が予想外に美味しい
・Vol.17 三大夜市の一つ「饒河街観光夜市」へ行ってみた
・Vol.18 初めての烏来(ウーライ)part1 トロッコ列車はアミューズメントパークの乗り物のようで楽しい
・Vol.19 初めての烏来(ウーライ)part2 「烏来温泉」といえば美人の湯。烏来名湯温泉会館に行こう!
・Vol.20 「礁渓温泉」でトマトジュースリベンジ。台鐵に乗って宜蘭へ
・Vol.21 宜蘭の東門夜市で宜蘭名物B級グルメ「葱油餅」「糕渣」「卜肉」を食べる。これってなんだ?
・Vol.22 台北から羽田経由で沖縄へ!?日本航空 JL96 台北(松山)ー羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.23 羽田空港ダイアモンドプレミアラウンジでちょっと休憩して那覇へ。那覇の夜はジャッキーステーキで終了
・Vol.24 那覇空港でポークたまごおにぎり本店、JAL ダイアモンドプレミアラウンジでお食事。 日本航空 JAL906 那覇 – 羽田 「ファーストクラス」搭乗記

<旅程>
JAL915 羽田(12:25) – 那覇(15:00)
ANA460 那覇(8:00)-羽田(10:20)
NH853 羽田(13:20) – 台北(松山)(15:45)
JL096 台北(松山)(9:10) – 羽田(13:10)
JAL919 羽田(15:00) – 那覇(17:35)
JAL906 那覇(12:35)- 羽田(14:55)


十份(シーフェン)(Shifen)とは?

台北から台鐵で約一時間半で行くことができる山間の静かな街「十份(シーフェン)(Shifen)」。

このどこかのどかな町に毎日のように観光客が押し寄せます。

「十份(シーフェン)(Shifen)」へは台北から台鐵に乗って一時間、乗り換え駅から一時間に一本のローカル線の平渓線(ピンシーシエン)に乗って30分程で到着します。

こんな田舎になぜ観光客が大挙して来るかと言うといくつか目玉があります。

それは、、

1.天燈上げがいつでも体験できる

毎年旧正月に願うごとを書いた「天燈(ランタン)」を一斉に夜空に放つ「天燈上げ」の行事が一番有名で、旧正月でなくてもいつでも天燈上げを体験できるのです。

タイ・チェンマイのランタン上げはこんな感じでした。それと同じ感じでしょうか?

ランタンが空に舞う様子の動画はこちらをご参照ください。

2.市街地を電車が走り抜けるので、鉄道が通過する時の迫力が味わえる!

ほぼ江ノ電のような感じでしょうか?

電車が間際を通過するのはタイのバンコク郊外メークロンの線路上市場と同じ感じかなぁ、、

その時の内容は下記をご参照ください。

3.台湾最大の「十份瀑布」がまるでナイアガラのよう?

駅から徒歩15分ほどのところに巨大な滝があるようで、なんでも「台湾のナイアガラ」だそうです(笑)

ラオスでも「クアンシーの滝」という天然のアミューズメントパークのようなところがありましたがそんな感じでしょうか?

なんと「十份(シーフェン)(Shifen)」に行けばあちこちで体験したことがいっぺんに楽しめるのかも??

と期待に胸を膨らまして行ってみることにしました。

十份(シーフェン)(Shifen)への行き方

十份へは台北駅から台鐵で「瑞芳」まで行きます。台北駅から瑞芳駅までおおよそ一時間。

普通列車(區間車)、特急列車(自強号)などありますが、特急を使うとちょっぴり早く着きます。

時刻表を見て間に合いそうなものをチョイスしましょう。

台鐵窓口

台鐵窓口

自販機もありますが、これが日本の昔の国鉄時代の券売機のような複雑さ、、よくわからないので、「○時○分発△号 瑞芳駅」と書いたメモを窓口に出せば簡単に買えます。

もしくは「悠遊カード」も瑞芳駅まで使えますからSUICAのようにピピッとタッチしても良いでしょう。

台鐵時刻表

台鐵時刻表

少し面倒ですが、駅に時刻表がありますので「瑞芳駅」に停車する列車を確認しておきましょう。

十份までの台鐵切符

十份までの台鐵切符

ちなみに十份まで行く場合は台北駅で通しで購入できます。

平渓線の他の駅にも行きたい場合は瑞芳駅まで購入して、瑞芳駅で「平渓線1日乗車券」を購入した方が良いです。

日式台鐵路線図

台湾は鉄道王国なので九州ほどの大きさの国土に鉄道網が敷き詰められています。

これがまるで東京の地下鉄網のようで複雑すぎて結構わからない、、

と思ったらなんと台湾の鉄道をまるでJRの路線図のように「趣味で」作っちゃった鉄道マニアの日本人がいるのです。

それがこちらです。

日式台鐵路線図

日式台鐵路線図

このマップの良いところは、台鐵の在来線、台湾新幹線(高鉄)、地下鉄まで完全網羅していることで、台湾表記の他に英語表記、カタカナでの読み仮名まで記入されていることなのです。

これ一枚あれば乗り換え場所や行き先で迷うこともありません。

これはとても素晴らしいので是非ご紹介しておきたいと思います。

元の引用リンクは下記の投稿の中にありますのでご参照ください。

この路線図を使って説明しますと、、

十份への行き方

十份への行き方

台北駅から宜蘭、花蓮行きもしくは瑞芳行きの列車に乗ります。

基隆行きや七堵行きは結局七堵か八堵で乗り換えることになりますので面倒です。

瑞芳駅でローカル線「平渓線」(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)に乗り換え

瑞芳駅

瑞芳駅

電車に揺られて瑞芳駅に到着です。

ここからはローカル線「平渓線」に乗り換えます。

瑞芳駅

瑞芳駅

電車を降りたら3番線の方へ向かいます。

そこから平渓線が出発します。

瑞芳駅

瑞芳駅

なんと同じプラットフォームから逆行きの列車が出発します。

それもそのはず一時間に一本の単線ですからねぇ、、

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)

平渓線沿線は瑞芳から十份を経由して菁桐駅まで一時間程ですが意外と見所満載です。

ゆっくりと進む電車に揺られて1日かけて途中下車をしながら楽しめます。

そんな時は1日パスがオススメです。

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)時刻表

電車は一時間に一本しかありません。

それもそのはず。単線ですからそんなにたくさんの電車は走っていないのです。

乗客でいっぱいになるのは瑞芳〜十份の間ぐらい(笑)

あとは乗客もまばらでのんびりとした列車の旅が味わえます。

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)時刻表 瑞芳→十份→菁桐 2018年5月現在

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)時刻表 瑞芳→十份→菁桐 2018年5月現在

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)時刻表 菁桐→十份→瑞芳 2018年5月現在

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)時刻表 菁桐→十份→瑞芳 2018年5月現在

瑞芳で一日乗車券を買おう!

今回は十份までの通しの切符を買ってしまいましたが、時間もあることですのでここで一日乗車券を買っておきます。

瑞芳駅 チケット売り場

瑞芳駅 チケット売り場

プラットフォームの外側にチケット売り場があります。

ここでone day passを購入できます。

瑞芳駅

瑞芳駅

台北駅などで悠遊カードで入場した場合はここにタッチをお忘れなく。

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)一日乗車券

平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)一日乗車券

1日乗り放題で80元(約300円)。

1日電車遊びができて300円ですから激安です。

ただし、、、これを購入したあと、どこでもこれを見せる場所がなくてずっと財布の中にあっただけでした、、、(笑)

でもちゃんと購入しましょうね。

この一日乗車券ですが、ウィキペディアによると

「2013年5月1日から江ノ電と共同で一日乗車券の交流を始めていて、相手側で使用済みの一日乗車券を持参すると自線の一日乗車券が無償でもらえるサービスを開始した」

と書かれているので、これを持って帰ると江ノ電に1日乗れるのかな??

交換できるか試してみようかな(笑)


(スポンサーリンク)

十份(シーフェン)(Shifen)に到着!

十份(シーフェン)(Shifen)

十份(シーフェン)(Shifen)

わずか4両の電車に揺られること約30分。十份に到着です。

十份(シーフェン)(Shifen)

十份(シーフェン)(Shifen)

十份(シーフェン)(Shifen)

十份(シーフェン)(Shifen)

駅舎の並びにはお土産やさんがずらり。

観光客もいっぱいいます。到着したのは午前10時35分。まだこれは少ない方です。

午後になるともっと人がやってきます。

十份(シーフェン)(Shifen)

十份(シーフェン)(Shifen)

もう少し線路沿いに行くと、線路が一本になり両脇にお待ちかね「ランタン屋さん」がずらり。

呼び込みが激しいです(笑)

購入したランタンは線路上で飛ばします。電車は一時間に一本しか来ませんから大丈夫なんですね。

日本だと線路上にいると怒られます、、電車が来ないことがわかってるなら細かいことを気にしなくても良いと思うんですけどねぇ(笑)


(スポンサーリンク)
voyaginで台湾で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(台湾)

十份老街を電車が走り抜ける

電車が通る時間になるとこの風景が一変します。

もう少し余裕があると思ったのですが、意外と目の前ギリギリを電車が通っていきます。

それも結構な速度で(笑)

一時間に上り下り各一本ですから時刻を確かめておくと電車が通る様子を体験することができます。

十份老街を電車が走り抜ける様子は下記の動画でどうぞ!

おー、なるほどタイのメークロンと同じだ(笑)

メークロンの電車が市場を駆け抜ける動画は下記をご覧ください。

これで目的を一つ達成できました(笑)

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください