【旅の計画】GOTOトラベル復活しないから大人の休日パスで東京から毎日日帰りでスキー場に通おう! 

GALA湯沢 山頂からの風景
(広告)

2022年1月下旬に復活するかも?と言われていたGOTOトラベルですが、復活しませんねぇ。。。

スキー旅行にでも行こうかと思っていましたが諦めました。

その代わり、、大人の休日倶楽部パスを使って「毎日自宅から日帰りで」スキー場へ行くことにしました(笑)

新幹線を使えばこれが意外と行けそうなんです(笑)

片道2時間ちょっとでゲレンデに到着できそうなので、早起きすれば大丈夫!?


GOTOトラベル2.0は延期

1月下旬に再開される予定だったGOTOトラベル2.0。

ちょっと期待していたのですがダメでしたね〜

色々と小手先の改良がされていましたが、使い方次第では前回を上回る還元率になりそうな勢いだったので残念です。

ちょうどスキーシーズンですから、昨年予約して結局キャンセルしてしまったGOTOトラベルを使った札幌スキー旅行とか、苗場プリンスホテルスキー合宿とか、、復活できるかな?と思っていたのですが、幻になりそうです。

仕方がないので今年も日帰りでスキー場に行くことにしました。

昨年は平日限定!新幹線自由席往復+リフト一日券+お食事券500円で9400円!というGALA湯沢日帰りツアーを使ってガラ空きのスキー場を満喫してきました(笑)

意外と日帰りで楽しめるんだ、、と味をしめ(笑)もう一回行ってみようと思ったら、、、

新宿駅に行く途中の電車内でガーラが閉鎖されちゃったというお知らせに気がつき急遽中止になってしまいました。。

ただ、日帰りでも十分楽しめることはわかったので、今年は最強の武器「大人の休日倶楽部パス」を使って規模を拡大!(笑)4日間毎日日帰りでスキー場に通ったらどうなるか試してみることにしました(笑)

大人の休日倶楽部パスはこんな風に使える!!(良い子はマネしないように)

海外に行けなくなったので気持ちを切り替えて国内旅行をしていますがそこで活躍してくれているのが「大人の休日倶楽部パス」

50歳以上が入ることが出来るJR東日本の「大人の休日倶楽部」。

残念ながら若い方は入ることが出来ませんが、年に数回JR東日本管内4日間乗り放題15270円!とかJR東日本・JR北海道5日間乗り放題26620円!で売り出されるフリーパスが激烈にお得なのです。

JRとしては行った先でゆっくり旅行をしてほしい、、という目論見なのでしょうが、意外と無茶な使い方をしています(笑)

毎日日帰りで東北の温泉地をめぐってみたり、、

5日間延々と電車に乗り続けたり、、

おとなの休日倶楽部パスと2020年に開催されていたGOTOトラベルを組み合わせて豪華な(?)旅行を激安価格でやってみたり(笑)

果てまた最近では「大人の休日倶楽部パス」+「サッポロ冬割」+「福島空港キャッシュバックキャンペーン」+「UA特典航空券」を駆使するとこうなる!というおかしなことをしてみたり。。(笑)

色々と楽しいことが出来ます(笑)

今回は、、毎日自宅からスキー場に通ってみようと思います!

東京から日帰りで通いやすくて雪質が快適なスキー場はどこだ?

新幹線を使えば東京から雪国までのアクセスは格段に良くなりました。

ガーラ湯沢は駅舎自体がスキーセンターになっているので利便性は最強です。

毎日通っても良いのですが流石に飽きる(笑)

スキー場って基本は山の中ですから、最寄駅からスキー場までの公共交通機関が便利じゃないと行き帰りの時間ばかりかかって大変です。

とはいうものの、駅に近すぎるてのは標高が低すぎて雪質がイマイチ。。

日帰りでも雪質が良いスキー場で滑りたい!というわがままな希望が叶えられるところはあるんだろうか?ということで調べてみることにしました。

そんなわけで、首都圏(自宅)から3時間以内(東京から2時間以内)で到着できて、比較的標高が高くて雪質が良いスキー場をピックアップしてみました。

上越方面のスキー場はアクセス良好!雪質の良いスキー場をピックアップ

上越方面は越後湯沢まで行けば周りはスキー場だらけ(笑)

駅直結の「中里スキー場」とか新幹線ホームとスキーセンターが合体した「ガーラ湯沢」があってアクセス抜群です。

ただ、雪は多いのだけど標高が低くて雪質がいまひとつ。。

雪遊びをするにはそれでも楽しいでのファミリー向けには最適だと思うのですが、滑りやすいところに行きたい!ということで選んだのは以下の3箇所。

・ガーラ湯沢スキー場

なんたって自宅から2時間(東京駅から74分)でゲレンデに到着!

新幹線降りればそこはゲレンデなので利便性抜群!

スキーセンターからゴンドラで一気に山を登るので雪質は上越地区ではかなり良いです。

・かぐらスキー場

コースが若干狭めなのでスノーボーダーにとってはちょっぴり大変かもしれないけど、雪質は抜群。

春スキーまで十分楽しめるほどの山奥なのに越後湯沢駅からバスで20分ほど乗ればスキーセンターまで到着できて利便性もOK。

ここも自宅から2時間(東京駅から90分ほど)で到着するので日帰りできそうです(笑)

・苗場スキー場

言わずしれた超有名なスキー場(笑)

チャラチャラしたスキー場の印象ですが実はかなり硬派なスキー場です。

30年程前に一度行ったっきり(笑)でなかなか行く機会がなかったのですが、調べてみると自宅から2時間半(東京駅から2時間)程で到着できるらしい、、意外とアクセスは良いようです。

北陸新幹線方面は駅からのアクセスの悪さがネック、駅から比較的近いスキー場をピックアップ

北陸新幹線を使った首都圏からの日帰りスキーは結構きつい。。

長野駅を起点に白馬など名だたるスキー場があるのですが駅を降りてからのアクセスが非常にわるい。。

日帰りだと片道5時間!とかなっちゃってあまり現実的じゃないんです。

その分どこに行っても雪室は抜群(笑)

そんななかで2つほど先ほどと同じように首都圏(自宅)から3時間以内(東京から2時間以内)で到着できそうなスキー場を探してみました。

・北信州・戸狩温泉スキー場

ここは行ったことがないので未知数、、広大なスキー場ではなさそうだけど近くに温泉がたくさんあってなんか惹かれる(笑)

自宅からは4時間!東京駅からは2時間半ほどかかるけど、ぎりぎり許容範囲かな?

・軽井沢プリンスホテルスキー場

東京駅から1時間!

首都圏から行けるお手軽スキーリゾートの筆頭の軽井沢プリンスホテルスキー場。

まぁ人工雪でこしらえた中規模のスキー場だけど、行った友達の話だと割とパウダーっぽくてよかったよ〜ってことらしいです。

大人の休日パスを使って東京から毎日日帰りでスキー場に通ってみよう!

さて、どのスキー場に行こうか、、

選んだ4日間は以下の通りです。

4日間スキー場に通う!
1日目:ガーラ湯沢スキー場
2日目:かぐらスキー場
3日目:苗場スキー場
4日目:北信州戸狩温泉スキー場
[/su_box]

ざっと時間を調べてみると往復こんな感じになります。

1日目:ガーラ湯沢スキー場

1日目は友人数名とガーラで合流して滑ります。

4日間付き合ってくれる人はいませんでした(笑)

■新宿
|  中央線快速(東京行)
|  06:10-06:24[14分]
|  3,740円
◇東京
|  たにがわ73号(E7系)(ガーラ湯沢行)   201.0km
|  06:44-07:58[74分]
|   ↓ ( 指定席 3,480円 )
◇ガーラ湯沢

■GALA湯沢スキー場

■GALA湯沢スキー場

◇ガーラ湯沢
|  たにがわ92号(東京行)
|  17:59-19:24[85分]
|  3,740円( 指定席 3,480円 )
◇東京
|  中央線快速(高尾行)   10.3km   5号車
|  19:34-19:48[14分]
|   ↓
■新宿

朝から最後まで滑れますね。

往復電車料金(通常料金):14440円

2日目:かぐらスキー場

■新宿
|  中央線快速(東京行)
|  06:10-06:24[13分]
|  3,410円
◇東京
|  たにがわ73号(E7系)(ガーラ湯沢行)
|  06:44-07:53[69分]
|   ↓ ( 指定席 3,380円 )
◇越後湯沢/湯沢駅前
|  [南越後観光バス]浅貝線(西武クリスタル前行)
|  08:00-08:18[18分]
|  390円
◇かぐら三俣スキー場前
|  徒歩
|  (08:18)-(08:19)[1分]

■かぐらスキー場

■かぐら三俣スキー場前
|  [南越後観光バス]浅貝線(湯沢駅前行)
|  16:54-17:18[24分]
|  390円
◇湯沢駅前/越後湯沢
|  とき336号(E7系)(東京行)
|  17:38-19:00[82分]
|  3,410円( 指定席 3,380円 )
◇東京
|  中央線中央特快(河口湖行)
|  19:12-19:26[14分]
|   ↓
■新宿

往復電車料金(通常料金):13580円

二日目も朝から晩までみっちりと(笑)

まぁ新幹線の中では寝れますから(笑)そこで休むしかないですね。

3日目:苗場スキー場

三日目は憧れの苗場!

◇新宿
|  中央線快速(東京行)
|  05:48-06:01[13分]
|  3,410円
◇東京
|  たにがわ73号(E7系)(ガーラ湯沢行)   199.2km
|  06:44-07:53[69分]
|   ↓ ( 指定席 3,380円 )
◇越後湯沢/湯沢駅前
|  [南越後観光バス]浅貝線(西武クリスタル前行)
|  08:00-08:36[36分]
|  650円
◇白樺口
|  徒歩   0.5km
|  (08:36)-(08:44)[8分]

■苗場スキー場

■苗場スキー場
|  (17:11)-(17:15)[4分]

◇苗場プリンスホテル前
|  [南越後観光バス]三俣・苗場シャトル(急行)(湯沢駅前行)
|  17:15-18:00[45分]
|  670円
◇湯沢駅前/越後湯沢
|  とき338号(東京行)
|  18:10-19:36[86分]
|  3,410円( 指定席 3,180円 )
◇東京
|  中央線快速(豊田行)
|  19:46-20:01[15分]
|   ↓
■新宿

往復電車料金(通常料金):13180円

4日目:北信州戸狩温泉スキー場

さて、最終日は一番遠くへ、、

■新宿
|  中央線快速(東京行)
|  05:48-06:01[13分]
|  4,510円
◇東京
|  はくたか551号(E7/W7系)(金沢行)
|  06:28-08:18[110分]
|   ↓ ( 指定席 4,270円 )
◇飯山/飯山駅
|  [長電バス]急行戸狩温泉スキー場線(二ツ宮行)
|  08:55-09:14[19分]
|  500円
◇戸狩温泉スキー場
|  徒歩   0.9km
|  (09:14)-(09:29)[15分]
■戸狩温泉スキー場

お昼過ぎには滑り終わって近くの温泉に行きたいなぁ~

飯山駅行きのバスが17:05がラストなのでこれしか選びようがないんですよね~

■戸狩温泉スキー場
|  徒歩   0.9km
|  (16:50)-(17:05)[15分]
◇戸狩温泉スキー場
|  [長電バス]急行戸狩温泉スキー場線(飯山駅行)
|  17:05-17:35[30分]
|  500円
◇飯山駅/飯山
|  はくたか572号(E7/W7系)(東京行)
|  18:10-20:00[110分]
|  4,510円( 指定席 4,270円 )
◇東京
|  中央線中央特快(高尾行)   10.3km   5号車
|  20:10-20:24[14分]
|   ↓
■新宿

往復電車料金(通常料金):17560円

まとめ

新幹線を使えば時間的には首都圏から日帰りでちょっと滑りに行くことはできるのですが、いかんせん毎日スキー場に通うと交通費がものすごいです(笑)

しかし!今回4日間の大人の休日倶楽部パスを使うと、通常料金58570円が15270円でできます!

いやぁありがたいですね~(笑)

というわけで、スキー場通いを始めたらTwitterとインスタで逐次報告いたします(笑)

宿泊でゆっくりスキー宿に泊まって滑ることが出来ない状況でもウインターシーズンを楽しんでいこうと思います。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • こんにちは
    いつも楽しく拝見させていただいております(^^)

    日帰りで毎日スキー場って凄い企画ですね

    しかもこの格安感は最高です!!
    こういったプランを提案してくれる
    旅行会社とかがあればいいですね(*^^*)

    ただ4日間毎日滑るだけの
    体力が私には・・・( ̄▽ ̄)

    • こんばんは!

      いつもご覧いただきありがとうございます。

      日帰りスキー4日間結構体に堪えました(笑)
      若い時ならいざ知らず老体には結構大変です(笑)

      その分朝早起きして3時ぐらいには終了して帰る、、ってのを繰り返すと意外と出来ちゃうものです(笑)
      青天の絶好のコンディションから小雪ちらつくコンディション、そして前がほとんど見えない程の吹雪の中という本当にいろいろな状況をまとめて体験できたのでなかなか楽しかったです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください