【改悪】au PAY 残高からApple Pay経由でnanacoチャージする際のポイント付与が11月1日から対象外に!

au pay nanaco
(広告)

まぁあるだろうなとは思っていましたが、改悪の嵐です(笑)

au PAYから電子マネーnanacoへのチャージをするとポイント二重取りで1%〜2%ほどGETできていたのですが、11月1日から改悪されてau PAYからnanacoへのチャージで付与されていた0.5%分のPontaポイントがつかなくなります。

まぁ0.5%分なので影響は少ないですが、、

ポイント付与されなくなるという通知のみですからチャージできなくなってしまうかはまだわかりません。

TOYOTA WALLETのようにチャージすらできなくなってしまわないことを願うのみ。


そもそもなんでnanacoを使うのか?

ズバリ!セブンイレブンで公共料金、税金、健康保険料などを支払うためです。

これらの料金をnanacoで支払ってもnanacoポイントはもらえませんが、nanacoにチャージする時にポイントが還元されるためその分お得ということになるわけです。

nanacoへのチャージは数年来の改悪でほとんどのクレジットカードでポイント付与対象外になっています。

しかし!実はau PAY プリペイドカードを使うとクレジットカードポイントとau PAYのポイントをもらうことができていたのでした。

今回はそれが塞がれちゃった、、、というわけです。

au PAY プリペイドカードでの他社決済サービスチャージご利用時のPontaポイント加算停止

au Payを使っている方はアプリの右上のお知らせマークをタップすると10月7日付けでこのようなメッセージが送信されています。

重要なお知らせ au PAY プリペイドカードでの他社決済サービスチャージご利用時のPontaポイント加算停止について

重要なお知らせ au PAY プリペイドカードでの他社決済サービスチャージご利用時のPontaポイント加算停止について

”2022年11月1日よりau PAYプリペイドカードでの他社決済サービスへのチャージをご利用時のPontaポイント加算(200円で1Pontaポイント)を対象外といたします。

【ポイント加算対象外適用日】
2022年11月1日利用分より

【加算対象外店舗】
他社決済サービスへのチャージ分(Apple Pay、Google Pay経由のチャージ含む)
・モバイルPASMO
・nanaco
・WAON
・Revolut
「モバイルSuica」はポイント加算対象外の適用済店舗です。”

というとで11月1日よりau PAYからnanacoへチャージした時に付与されていた0.5%分が加算されなくなります。

nanacoへau Payからチャージした時のポイント二重取りのカラクリ

公共料金支払いに便利な電子マネーnanaco。

支払いは減らないけれど、支払うんだったら少しでもお得に支払ったほうが良いですよね(笑)

実は今まで”クレジットカード”から”au PAY”にチャージをして、Apple PAYの”au PAYプリペイドカード”からApple PAYの”nanaco”へチャージすることでau PAYのチャージと支払いに対し二重にポイントが付与されているのです。

つまり、、どういうことかというと、

①クレジットカード→au PAYにチャージ(クレジットカードの還元率でのポイント付与)
②Apple PAYのau PAYプリペイドカードからApple Payのnanacoへチャージ(0.5%還元)
③税金、公共料金、健康保険料をApple Payのnanacoで支払う(0%還元)

こんな感じになっていますが、今回はこの中で②の0.5%還元が0%になってしまいます。

ただしまだ①が有効であればまだこの方法は使えます。

通知では「Pontaポイント加算停止」となっているのでチャージ自体ができなくなるとは書いていないのですが、、こればかりはわかりません。

また、そもそも①のクレジットカードからのチャージ時のポイント付与をクレジットカード会社がやめてしまうともうこのルートは意味をなさなくなります。

そうなったら、、限りなくnanacoさようなら〜ということになりますね(笑)

わざわざnanacoを使う価値がないですから。。。あ、7CARDってやつを使うことになるのか。。

nanacoチャージは実は複雑。。Apple Pay nanacoへのチャージ時の注意点

こうなったら仕方がない。

来年の税金分を今月中に移動しておくか、、、と思っても既に遅いかもしれません(笑)

nanacoは意外と色々制限がかかっているので計画的なチャージが必要です。

nanacoへのチャージの上限は、公表されていないため公式見解がありません。

ただしSIGMAさんのブログでご自身がが人柱になって検証した推定結果が(笑)公表されています。

一部仕様として公開されれている内容がありますのでそれについてはそのように記述しました。

その他はあくまで公式見解ではなくやってみたらこんな感じらしい、、という感じです。

Apple Payのnanacoの特徴(1端末当たり)
・8枚まで発行できる (iPhome仕様)
・1枚あたりのチャージ上限は5万円まで。(nanaco仕様)
・1日でチャージできる金額は3万円まで。
・支払える合計は25万円(5枚のフルチャージのnanacoを使用)一回の会計で使用できるnanacoは5枚まで。(nanaco仕様)
・1日でチャージできる金額は3万円まで。(1枚ではなく複数枚合算)
・1ヶ月でチャージできる上限は20万円まで。
・1ヶ月でチャージできる上限回数は1日3回、1ヶ月15回まで。

これからすると、、とりあえず20万円まで(nanacoカード4枚まで)は今月中にチャージしておけそうですね(笑)

来月以降チャージ自体ができなくなる可能性も0ではないので今月中に対策しておくかな。。。

まとめ

nanacoチャージの時にポイント二重取りにできる稀有な方法が11月1日から改悪されてしまいます。

電子マネーやなんとかPayなどが乱立していて、その都度ちょっと面倒だけれどお得な使用方法が考え出されています。

それを使う人が増えるとどうやら運営側も気づき塞ぐ。。

それが繰り返されていますね(笑)

nanacoってセブンイレブンで公共料金を支払う際に便利な電子マネーなのですが、肝はそれにチャージする方法にあるのです。

au PAYからのチャージができなくならないように、、祈るのみです。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください