香港・マカオへほぼ無料旅行! / Vol.9 夜のマカオは豪華絢爛!だけどやっぱり落ち着かない  

Parisian macau
(広告)

夜のマカオはやっぱり落ち着きません。

そりゃそうですよね、イルミネーションをギラギラさせてショッピングやショー、カジノで遊んでもらうのが目的の街ですからね。

逆にいうとショッピングもショーもカジノも興味がないととてつもなく疲れるだけの街になります(笑)

ショッピングセンターの装飾も絢爛豪華なのだけど、よく考えるとこれって大昔の王宮の中を再現しているだけなんですよねぇ、、、あまり斬新さはない。

行き着いた人類の「夢」っていうのは豪華な王宮のようなところで王様のように飲み食いしてお金を使うってことなんでしょうかねぇ。

昔とは比べものにならないぐらいの速度で世の中が移り変わる中で、人類の夢って太古の昔からあまり変わらないんだなというギャップが少し面白かったです。

旅行期間 2019/6月

エリア  香港、マカオ

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL29 羽田 – 香港 エコノミークラス搭乗記
・Vol.2 Ovolo Southside(オヴォロ サウスサイド) 宿泊記
・Vol.3 フォトジェニックな香港オールドタウンセントラルを散策してみた
・Vol.4 JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記 ディナーはJohn Anthony Hong Kong(荘館)で驚きの中華フュージョンを堪能
・Vol.5 ザハ・ハディド設計「香港理工大学・ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー」を見学しに行ってみた
・Vol.6 世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」をバスで通ってみた
・Vol.7 シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記
・Vol.8 ザハ・ハディド設計のマカオに新名所「モーフィアス(Morpheus)」を見に行ってみた!
・Vol.9 夜のマカオは豪華絢爛!だけどやっぱり落ち着かない
・Vol.10 香港国際空港 キャセイパシフィックファーストクラスラウンジはやはり贅沢な空間だった
・Vol.11 日本航空 JL26 香港 – 羽田 エコノミークラス搭乗記

<往路>
JL29 HND (10:00) – HKG(13:45)
<復路>
JL26 HKG(15:15) – HND(20:25)


夜のマカオは絢爛豪華というか落ち着かない

マカオといえばカジノやショーをメインとした夜のエンターテーメントが有名ですし、実際に夜になると街の様子が一変します。

マカオ コタイ地区

マカオ コタイ地区

それぞれのビルがイルミネーションでデコレーションされてキラキラし始めました。

まぁなんでしょうか、、街全体が大人のゲームセンターという感じでしょうかねぇ。。

目が痛い(笑)

ここまで叡智の限りを尽くして娯楽だけの街をつくってしまったのですから本当にこれで良いのかと思ってしまいます。

個人的には何度もここに足を運ぼうというモチベーションが湧きません。。。

人類の英知を結集した無駄の最たるものはこれですかねぇ、、、(笑)

これはもう笑うしかないというかびっくりでした。

人類の夢は王侯貴族のような生活?

今更ながらに気がつきましたが、どこもかしこも絢爛豪華なのですが、これってベルサイユ宮殿とかのコピーなんですよねぇ。。

凱旋門とエッフェル塔

凱旋門とエッフェル塔

凱旋門とエッッフェル塔の1/2サイズのレプリカが再現されています。

これだけだったら東武ワールドスクエアで良いんじゃない?と思っちゃいます(笑)

まぁスケールは違いますが。

Parisian macau

Parisian macau

エッフェル塔や凱旋門があるのはその名の通り「Parisian」というホテルにあります。

この辺り一帯が中世のフランスの雰囲気を再現したテーマパークのような感じになっています。

このエッフェル塔は定時になると装飾がピカピカとひかり出します(笑)

Parisian macau

Parisian macau

ホテルの中はショッピングセンターも併設されている絢爛豪華な内装です。

まさにベルサイユ宮殿のような感じです。

とはいうものの、本物と比べると若干作り物っぽさがぬぐえません。

Parisian macau

Parisian macau

これをテーマパークと見るか人類の夢の集大成と見るかは人それぞれですが、まぁ大人のディズニーランドで中世の気分を感じているとすれば確かにその通りでしょう。

で、ちょうど入り口付近にマカオ名物のエッグタルトを売っている屋台を発見したので一つ買ってみました。

エッグタルト

エッグタルト

外側が持てるぐらいの熱さでも、中身はアッチッチ〜ですから食べる時にはご注意を。

熱々の小籠包を食べる時のような惨状になります(笑)

危うく火傷するところだった(笑)


(スポンサーリンク)

ベネチアンに行けばベネチアに行った気分に浸れる

初めてマカオに来た時にベネチアンまで来て、ショーを見て日帰りで香港に戻ったのですが、やはり規模がものすごいです。

ザ・ベネチアン・マカオ

ザ・ベネチアン・マカオ

イタリアに行かなくてもイタリア気分が味わえる(笑)

これって、、、お台場のビーナスフォートもこんな感じかな(笑)

みなさんこんな雰囲気に浸るのが万国共通で好きなんですね。

ザ・ベネチアン・マカオ

ザ・ベネチアン・マカオ

もちろん運河があってゴンドラも行き交います。

これって、、、シンガポールで同じような施設を見た!(笑)

人類の豪華絢爛のイメージってやはりフランスの宮殿とベニスの街並みなんでしょうかねぇ。

ただこのベネチアン・マカオは規模がでかくて本当に一つの街を一つ屋根の下に作っちゃったという感じなのです。

ですから、、、迷子になります(笑)

しばらく同じ場所をウロウロと迷ってしまいました。。

歩くだけで結構体力を消費します(笑)

マカオという街

夜のイルミネーションも綺麗なのでテーマパークにやってきたと思えば確かに楽しいところではあります。

ただ、コタイ地区に来てしまうとショッピングやカジノに興味がない人は少し物足りないかもしれません。

なにか名所旧跡などの別の楽しみでもあれば良いんですけどね、、、それがない(笑)

交通も不便なのであちこち見て回ることができません。

雨で身動きが取れなかったこともあるのですが、「早く香港に戻りたい!」と切に願ってしまいました(笑)

香港の方が交通が便利なので自由にウロウロできるし、安くて美味しいご飯も食べられるし、、、

ただ、今は香港市内はかなりもめていますから、早く平和が戻ってくることを願うのみです。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください