2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.20 ”Phuc Long Coffee & Tea Express”のミルクティーがめちゃくちゃ美味しい。カフェオレは、、やめた方がよいです

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”
(広告)

ベトナムといえば「ベトナムコーヒー」が有名です。

確かに有名ではあるのですが、個人的にはあまり好きではありません。

なんというか、、コーヒー牛乳を煮詰めて無理やり甘くしたような、、、なんかそんな感じがする味が合わないのでしょう。

そうはいうものの、フランスの食文化が入っている町ですからコーヒー紅茶の文化はしっかりしています。

無理にベトナムコーヒーを飲まなくてもあちこちにカフェがあって美味しいコーヒー、紅茶を飲むことができます。

もちろんスタバもありますが、お値段は日本円換算で同じです。

つまり現地の人にとってはむちゃくちゃ高い飲み物なのです。

そんな中で意外と美味しいお店の噂を聞いたので立ち寄ってみました。

旅行期間 2018/1月

エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

第一部 「旅の始まりは香港から」の巻こちらからどうぞ。
第三部 「台北に到着してホッとした」の巻こちらからどうぞ。

目次 第二部 「ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻
・Vol.12 3度目のホーチミンに到着!ベトナムSIM事情&乗合バスでも意外と簡単に市内に行けますが、荷物は別料金なので注意
・Vol.13 市内観光にとても便利な”REX HOTEL”は伝統ある高級ホテル〜REX HOTEL宿泊記〜
・Vol.14 REX HOTEL宿泊記 part2 朝食編
・Vol.15 ホーチミンでチップ込みの明朗会計でマッサージが受けられる”健之家”はオススメ
・Vol.16 激安ステーキが食べられる地元の人しか行かない”Steak Nam Son”に行ってみた!確かに安いがお味は微妙
・Vol.17 不覚!白昼堂々と歩道でスマホをスられた!海外で盗難にあったら慌てず3つの手続きを大至急行いましょう
・Vol.18 町のシンボルのベンタイン市場に再来。以前と同様に”チェ”を食べる
・Vol.19 ベトナムといえばバインミー。ホーチミンで一番のお店は”Huynh Hoa Bakery”他のお店より高いけどそれだけの価値はある
・Vol.20 ”Phuc Long Coffee & Tea Express”のミルクティーがめちゃくちゃ美味しい。カフェオレは、、やめた方がよいです
・Vol.21 週末の夜はベンタイン市場横に夜市が出現!少し散策してみた
・Vol.22 洋菓子屋”Banh Su Que”に地元の人に人気という噂のシュークリームを買いに行く
・Vol.23 “PHO HA”で地元の人に混じってとっても美味しい焼きフォーを食べてみよう!
・Vol.24 要注意!”NHU LAN”には絶対行ってはいけません!バインミー販売拒否にあって久しぶりに激怒!
・Vol.25 夜のオベラ座や人民委員会庁舎はライトアップされていてとても綺麗
・Vol.26 ホーチミンのAEONモール Tan Phu Celadonにシャトルバスで行ってみた!ちょっと高めだけど安心して買い物ができる
・Vol.27 “Xôi chè”の”おこわ”が予想外に美味しかった!本当はチェ専門店のようなんだけど
・Vol.28 ホーチミンでフレンチ?”Cocotte”でランチを食べる、美味しいけど若干重い(笑)
・Vol.29 最後の晩餐は小泉元首相や著名人が訪れた高級レストラン「マンダリン」へ。雰囲気良いし料理も美味しいけど、一歩外に出ると、、
・Vol.30 ホーチミン空港 アプリコット(APRICOT)ラウンジ訪問記
・Vol.31 キャセイパシフィック CX766 ホーチミン – 香港搭乗記〜ベトナム脱出!やはり機内食は不味かった(笑)〜

<旅程>
CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


ミルクティが美味しい”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

このお店の売りは「紅茶」です。

1968年創業の老舗カフェチェーン店で2013年頃から新店舗が続々オープンし続け、今ではホーチミン市内に10店舗以上展開する人気店です。

どのお店もおしゃれな内装で連日大盛況。

値段もお手頃なのでスタバよりはやっているんじゃないでしょうか。

スタバは外国人向けですね。高すぎます。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”のロケーション

筆者が滞在中数回行ったのは、ニューサイゴンホテル近くのお店です。

目の前はロータリーになっていて、6本の通りが交差する交通量の多い場所ですが、このロータリーには今回ご紹介する”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”や道を挟んで目の前にはスタバ、その横には別のコーヒーチェーン、、、喫茶店だらけになっています。

現地の人はもちろんバイクで訪れますから周りはバイクだらけです。

この近くには前回ご紹介したバインミーの美味しいお店”Huynh Hoa Bakery”もありますので、バインミーを買ってお茶はこのお店で買って食べていました。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

注文はレジで行なって、しばらく待っていると呼ばれます。

スタバと同じスタイルです。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

メニューは普通のコーヒーもありますが、2割程度でその他はお茶やジュース類になります。

お茶はスモールサイズで30000VND(約120円)からビッグサイズ52000VND(約250円)とリーズナブル。スタバより人気なのがわかります。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

店内は落ち着いた雰囲気です。若い人が多い感じがします。

二階席まで混み合っていて混雑時は席を探すのが大変かもしれません。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

お店の中にはお茶を売っていますので気に入ったお茶があったらお土産にも良いでしょう。

オススメはミルクティーとピーチティー

知り合いからオススメはミルクティーとピーチティーだよ〜と聞いていたのでとりあえず飲んでみました。

確かにアイスミルクティは美味しかったです。

ちょっと濃いめのお茶とミルクが丁度良いです。

アイスピーチティーはというと、まぁ美味しいです。確かに桃の香りがしてさっぱりした飲みごこち。

ん?最後まで飲むとまだ中に何か入っているようです。蓋を開けてみると、、、角切りの桃のシロップ漬けは入っています。

そのまんまじゃん!(笑)と少しびっくりしましたが、要はスタンダードのお茶に桃缶のシロップと桃の角切りを入れてあるという代物です。

まぁこれもありかなぁ、、うちでも作れるかな?(笑)

コーヒーは、、、飲まない方が良いです。

ここはお茶のお店だというのに、友人がどうしてもカフェラテが飲みたい!というので頼んでいましたが、これがはっきり言ってまずい!

私も少し飲ませてもらいましたが、コーヒーの出がらしのような感じの薄めのコーヒーにミルクが混ぜてあってなんとも中途半端なお味です。

暑いベトナムですから少し薄めに抽出した方が好まれるのかもしれませんが、お茶とコーヒーの中間のようななんとも微妙なお味です。

コーヒー好きな人はやめておいた方が良いでしょう。

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

”Phuc Long(フックロン) Coffee & Tea Express”

というわけで、この写真は”Huynh Hoa Bakery”でバインミーを購入して、お店の二階でお茶と一緒に食べている途中の写真でした。

友人のホテルがこの近くなので、ちょくちょくこのお店には足を運びましたが、なかなか居心地が良いお店です。

歩き疲れた時や待ち合わせにちょっと休憩するのに良い場所です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください