今年も水遊びに行ってきました!ソンクラン2018@バンコク Vol.3 ソンクランの時の定宿 Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク) 宿泊記

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋3
(広告)

ソンクランの時はシーロムのLe Meridian Bangkok にいつも宿泊しています。

シーロム通りでは毎年盛大に水遊びができて、濡れてもそのままホテルに帰れるので便利だと言うのがその理由です。

全身ずぶ濡れになった後、BTSやMRTに乗ると冷房で体がめちゃくちゃ冷えますので、主に遊ぶ場所の近くにホテルを取ることが懸命です。

とは言うものの、シーロム通りも規制が厳しくなってきていて、訪れる人も若干少なくなった気がします。

数年前は夕方になるとBTSの駅から通りに出られないぐらいの大混雑でしたが、今年はそれほどでもありませんでした。

旅行期間 2018/4月

エリア  バンコク(タイ)

テーマ  観光、街歩き、食べ歩き

目次 今年も水遊びに行ってきました!ソンクラン2018@バンコク

<旅程>
JL031 羽田(11:20) – バンコク(15:40)
JL034 バンコク(21:55) – 羽田(06:05)
JAL907 羽田(8:55) – 沖縄(11:35)
JAL908 沖縄(13:20) – 羽田(15:40)


ソンクランの期間のホテル選びのポイント

ソンクランの時期の最適なホテルの立地条件は通常の時と若干異なります。

人によって駅から近いとか繁華街から近いなど条件があると思いますが、私にとってソンクランの時期に限って「濡れたくない時に最寄駅まで濡れずに行けること」という条件がもう一つ加わります。

とにかく町中どこに行っても水をかけられる可能性があるので、濡れたくない時が困ります。

濡れたくない時って外にご飯を食べに行く時や買い物に行きたい時なのですが、水をかける人はそんな都合はわかりませんから自衛するしかないんです。

全てタクシーを利用してしまえば良いのですが、実はこの時期はぼったくりタクシーの稼ぎ時でもあります(笑)

どこに行くにしてもあまりメーターを使いたがらず料金交渉をしてくるタクシーが増える傾向です。

また、バスは一番危険な乗り物で(笑)冷房のないバスなどは窓全開で走っているわけですが、それをめがけて大量の水が飛んでくるので(笑)安心できません。

ですから、できればBTSやMRTを使って移動するのが安全ですし、大きな商業施設は駅から直結していますから濡れないのです。

問題はホテルから駅までの間です。

ここで濡れてしまうとBTSやMRT、デパートの中で冷房で凍えてしまいます。

ですから、この時期はできれば鉄道の駅に近くて濡れずに移動ができる場所を選ぶことが重要なポイントになるのです。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)

Le Meridian Bangkokはパッポンナイトマーケットの入り口にある5つ星ホテルです。

若干部屋が狭めですが、ソンクランの時期は立地が良いのでよく利用しています。

ソンクランの時期によくこのホテルの泊まるのですが、繁華街にあって水遊びも盛大にできるのですが、実はこの時期のポイントである「駅まで濡れずに移動できる」という点でも優れているのです。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)の場所

このホテルはBTSサラデーン駅とMRT SamYan駅が最寄駅になります。

BTSサラデーン駅までの道は絶好の水遊びスポットになっていますので(笑)歩くだけでずぶ濡れになります。

しかし、MRT SamYan駅まではホテルの裏口から出て、裏通りを歩くと濡れる危険性がかなり少ないのです。

まぁたまーに地元の子供が居てかけられちゃう場合もありますが(笑)それでも表通りよりは全然マシです。

繁華街に近くて水遊びもできて、しかも濡れずに駅まで行ける、、ということで毎年ここに宿泊しているのです。

お部屋

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋1

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋1

ごく風通のお部屋ですが、窓が大きく取られているので開放感はあります。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋2

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋2

今回はツインルームでした。

空いてたらキングサイズベッドにしてねぇ〜と頼んでおいたのですが、残念ながら空きはなかったようです。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋3

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)お部屋3

机も広いのでちょっとした作業するにも便利に使っています。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)浴室

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)浴室

浴室は深いバスタブとシャワーが独立になっていて、ちゃんとメンテナンスされているのでとっても綺麗です。

タイのホテルは水周りが弱いことが多いのですが、ここはちゃんとしています。

バスタブが深いのでゆっくりとお湯に浸かることができて、特にソンクランの時期は外で水を浴びると体がめちゃくちゃ冷えますので(笑)とっても重宝します。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)浴室2

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)浴室2

最近のホテルはほとんど浴室とお部屋の壁が可動式になっています。

バスタブに浸かりながらテレビを見ることもできますし、そのまま夜景を楽しむこともできます。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)アメニティ

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)アメニティ

アメニティも昨年から一新されました。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)トイレ

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)トイレ

まぁトイレの写真はいらないんですが(笑)特筆すべきはタイのトイレには珍しく「ウォシュレット」が付いてます(笑)

便座の脇に手動のシャワーがついていたのですが、ようやくウォシュレットが標準でつくようになりました。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)クローゼット

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)クローゼット

クローゼットの中にセキュリティーボックスがあります。

ただこのクローゼット奥行きがあまりなく、見ての通り洋服を正面に向けてハンガーにかけるタイプになります。

要はその分部屋の面積を削っているわけですね。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)無料アメニティ

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)無料アメニティ

水は毎日二本もらえますが、問題は環境配慮型で「瓶」なのです。

持ち歩きには適さないのでちょっと工夫が必要です。

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)冷蔵庫の中

Le Meridian Bangkok(ル・メリディアン バンコク)冷蔵庫の中

冷蔵庫にはドリンクがいっぱい!でももちろん有料です。

それもとても高い!(笑)

仕方がないので一部外に出して(笑)セブンイレブンで買ってきた飲み物を入れておきます。

周辺のコンビニ事情

以前はホテルの隣に小さなセブンイレブンがあったのですが、モンティエンホテルの再開発で無くなってしまいました。

その代わり通りを挟んで向かい側にファミマがあります。

ただ交通量が多い通りなので道を渡るのがちょっと大変です。

しかもソンクラン時期は大体コンビニの近くで水を持って待ち構えている人たちがいますので(笑)時間を選ばないとコンビニで買い物もできません(笑)

基本的に午前中はどこでも安全ですが、お昼を過ぎた頃からあちこちで水が飛び交って、夕方から夜中までは濡れずに外を歩くことが困難になります(笑)

コンビニでの買い物は深夜か午前中をお勧めします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください