2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.1 (目次リンク) 安いチケットで取得できるマイルも無駄にはしない!SPGアメックスでマイルを余すところなく利用しよう!

(広告)

2018年はほとんどワンワールド系に集中して乗って、今年もJMBダイヤモンド獲得を目指します。

JALダイヤモンド修行をする必要があるかと計算してみたのですが、、実は現在計画している旅行でほぼ普通に達成してしまいそうなので、無理はしないことにしました。

スターアライアンスの方は、、来年年初に集中してANAダイヤモンドを取得予定です。

今年一発目は「香港」「ホーチミン」「台湾」をキャセイパシフィック 航空を使って周遊することにしました。

過去二度ほど行っているホーチミンですが、同行する友人がどうしても「ホーチミン」に行ってみたい!ということで組み入れてみました。

調べてみると2週間の旅行期間で3都市滞在で周遊しても一つのチケットで発券できてチケットのお値段も6万円前後とかなりリーズナブル。

今回は長期の旅行なので、旅行記も3部作でお届けします。

旅行期間 2018/1月
エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

今回も少し長いので目次リンクを作りました。

書き終えた順にリンクを貼っていきますので、リンクされていないところはまだ書き終えていない記事ですのでご容赦ください。

目次 第二部 「ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻
・Vol.12 3度目のホーチミンに到着!ベトナムSIM事情&乗合バスでも意外と簡単に市内に行けますが、荷物は別料金なので注意
・Vol.13 市内観光にとても便利な”REX HOTEL”は伝統ある高級ホテル〜REX HOTEL宿泊記〜
・Vol.14 REX HOTEL宿泊記 part2 朝食編
・Vol.15 ホーチミンでチップ込みの明朗会計でマッサージが受けられる”健之家”はオススメ
・Vol.16 激安ステーキが食べられる地元の人しか行かない”Steak Nam Son”に行ってみた!確かに安いがお味は微妙
・Vol.17 不覚!白昼堂々と歩道でスマホをスられた!海外で盗難にあったら慌てず3つの手続きを大至急行いましょう
・Vol.18 町のシンボルのベンタイン市場に再来。以前と同様に”チェ”を食べる
・Vol.19 ベトナムといえばバインミー。ホーチミンで一番のお店は”Huynh Hoa Bakery”他のお店より高いけどそれだけの価値はある
・Vol.20 ”Phuc Long Coffee & Tea Express”のミルクティーがめちゃくちゃ美味しい。カフェオレは、、やめた方がよいです
・Vol.21 週末の夜はベンタイン市場横に夜市が出現!少し散策してみた
・Vol.22 洋菓子屋”Banh Su Que”に地元の人に人気という噂のシュークリームを買いに行く
・Vol.23 “PHO HA”で地元の人に混じってとっても美味しい焼きフォーを食べてみよう!
・Vol.24 要注意!”NHU LAN”には絶対行ってはいけません!バインミー販売拒否にあって久しぶりに激怒!
・Vol.25 夜のオベラ座や人民委員会庁舎はライトアップされていてとても綺麗
・Vol.26 ホーチミンのAEONモール Tan Phu Celadonにシャトルバスで行ってみた!ちょっと高めだけど安心して買い物ができる
・Vol.27 “Xôi chè”の”おこわ”が予想外に美味しかった!本当はチェ専門店のようなんだけど
・Vol.28 ホーチミンでフレンチ?”Cocotte”でランチを食べる、美味しいけど若干重い(笑)
・Vol.29 最後の晩餐は小泉元首相や著名人が訪れた高級レストラン「マンダリン」へ。雰囲気良いし料理も美味しいけど、一歩外に出ると、、
・Vol.30 ホーチミン空港 アプリコット(APRICOT)ラウンジ訪問記
・Vol.31 キャセイパシフィック CX766 ホーチミン – 香港搭乗記〜ベトナム脱出!やはり機内食は不味かった(笑)〜
目次 第3部 「台北に到着してホッとした」の巻
・Vol.32 香港国際空港 キャセイパシフィック ファーストクラスラウンジ「The Wing」で美味しいお食事を堪能
・Vol.33 キャセイパシフィック CX460 香港 – 台北 搭乗記〜この路線も機内食が美味しくない!〜あ、スーツケースの足がとれちゃった!
・Vol.34 台北のホテルは西門駅近くのビジネスホテル、内江商旅(ネイ ジャン ホテル(Nei Jiang Hotel)宿泊記
・Vol.35 これを食べないと台湾に来た気がしない!屋台の「臭豆腐」と「幸春三兄妹豆花」の「豆花」を食べて一息つく
・Vol.36 台北でも人気の牛肉麺のお店「富宏牛肉麺」。ここの牛肉麺は麺が決めて!
・Vol.37 寒い時にはやはり温泉?暑い時も温泉?「皇池温泉」でゆっくり旅の疲れを癒す
・Vol.38 士林夜市は裏通りの屋台がオススメ。
・Vol.39 初めて寧夏路夜市に行ってみた。「蚵仔煎大王」の蚵仔煎、「古早味」の豆花がめちゃくちゃうまい
・Vol.40 西門のデパートの地下にある「金園排骨」はボリューム、味、値段の3拍子揃ってコスパが良い
・Vol.41 高速バスに乗って台湾東部「礁渓温泉」に行ってみた
・Vol.42 台北最後の夜はちょっと豪華に「Shin Yeh Main Restaurant(欣葉台菜創始店)」へ。でも、ちょっと期待はずれでした
・Vol.43 台北桃園空港 キャセイパシフィック ラウンジ訪問記
・Vol.44 キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田搭乗記

これだけ書くと1ヶ月はかかりそうです(笑)

<旅程>
CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE) – 成田(NRT)(16:55)


今回の航空券はキャセイパシフィック 航空の一番安いエコノミーチケットで約6万円!

今回は友人と一緒ですし、旅行日程もFIXされていて、それぞれがそれほど長く乗るわけではないのでエコノミークラスで十分!というわけで、一番安いチケットにしました。

正確には一番安いチケットから二番目に安いチケットです。

一番安いチケットは座席指定も不可で経路変更や払い戻しもできません。

一番長く乗っている時間は香港ー成田間で4時間程度ですから、まぁエコノミークラスでも苦になりません。

私はキャセイパシフィックのホームページでチケットを購入したのですが、二番目に安いチケットでした。それでも全行程周遊で6万円でお釣りがくるぐらい。

航空券も随分安くなりました。

友人は某大手の旅行代理店で同じ日程のチケットを取ったのですが、同じ値段でシートの事前指定不可のチケットです。

キャセイパシフィック のホームページから取得するとシートの事前指定不可のチケットは私が購入したチケットより約1万円ほど安く買えます。

ということは、、、その一万円分って旅行会社のマージンなのでしょうかねぇ、、

旅行業界の人間ではないのでよくわかりませんが、おそらくそんなところで旅行代理店は利益を出しているのでしょうね。

昔は旅行代理店でパッケージツアー用に旅行会社が仕入れたチケットをバラ売りする格安チケットが一番安く購入できたのですが、近年はネットが発達していますので、航空会社の自社サイトから格安航空券を買うのが一番お得じゃないかと思います。

キャセイパシフィック で付与されたマイルはSPGポイントでカサ増しして特典航空券GETで活用しよう!

今回は一番安いクラスの航空券なので、マイル加算に関しては同じワンワールドのJALに付けると、加算率が0%になってしまいます。

JMBダイヤモンド修行の足しにすらなりません(笑)

しかし、キャセイパシフィック航空のアジアマイルには100%加算されるということで、急遽アカウントを作って加算してもらうことにしました。

まぁこれだけ回っても5000マイルほどです。

ほとんどキャセイパシフィックには乗らないので、もらっても失効するだけです。

しかし!もったいないので最近旅行好きの間で流行している最強のポイント「SPG スターポイント」(8月からはポイントと名称変更)を使うことで多少活かすことができます。

昨年から陸マイラーの方々も気がついてにわかに話題に上ることが多くなりましたが、ホテルグループSPG(プリファードプリファードゲスト)のスターポイント(2018年からはマリオットのプログラムとの統合で名称が「ポイント」に統一)が航空会社のマイルと非常に相性が良いのです。

ほぼ等価でポイント移行が可能ですから、アジアマイルを使って日本から香港往復で30000マイル必要ですが、今回もらった5000マイルとSPGポイントから20000ポイント+5000マイルボーナスを移行すると丁度30000マイルになって香港までタダで行けてしまうわけです(正確には諸税が必要です)

キャセイパシフィック アジアマイル フライト特典一覧表

SPGプログラムについては下記の投稿をご参照ください。

キャセイパシフィック のアジアマイルに加算するときにJALのステータスは使えるの?

問題なく加算されますし、各空港でワンワールドステータスに応じた特典を受けることができます。

もちろんその大前提は「ステータスカードを携帯すること」です。

詳しくは下記の投稿をご参照ください。

それではキャセイパシフィック 航空で行く香港・ホーチミン・台北ドタバタ旅行の開幕です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください