今年最後の旅行は全国旅行支援×大人の休日倶楽部パスで東北の温泉へ / Vol.6 特急つがるに乗って青森を縦断!山形 湯野浜温泉まで5時間 電車の旅

Tohoku onsen 2022_6
(広告)

リンゴに囲まれて過ごしたホテルアップルランドを後にして次に向かうのは山形!

あれ?1日目にも山形だったけど(笑)

本日は日本海側をぐるっと回る「特急つがる」を使います。

以前から乗ろうと思っていたのだけどなかなかタイミングが合わなくて、、、

この辺は以前五能線をリゾートしらかみで何回か往復しましたがどうやら不通区間があるらしく運休していますねぇ。。。

そっか、、今回はそっちに行かなかったので難を逃れました。

旅行期間 2022/12月
エリア  東北(青森、山形)
テーマ  食べ歩き、電車、温泉

目次
・Vol.1 急遽行くことにした東北温泉旅行。げ!1日ずれちゃった!
・Vol.2 まさかの大露天風呂今季営業終了?蔵王温泉街が閑散としていた、、
・Vol.3 山形蔵王温泉 ホテルオークヒル宿泊記 露天風呂が充実のスキー宿 樹氷ロマンと雷鳥の里は同じもの?
・Vol.4 蔵王から仙台経由で雪の舞い散るりんごの街弘前へ!
・Vol.5 青森南田温泉 温泉にりんごがプカプカ りんご尽くしのお宿「ホテルアップルランド」宿泊記
・Vol.6 特急つがるに乗って青森を縦断!山形 湯野浜温泉まで5時間 電車の旅
・Vol.7 湯野浜温泉 源泉かけ流しの温泉民宿 真砂子屋 宿泊記〜絶景の夕日は見れなかった〜
・Vol.8 圧巻のクラゲ・クラゲ・クラゲ!加茂水族館で癒される〜特急いなほで新潟へ〜


三日目は「特急つがる」に乗って秋田経由で鶴岡まで日本海側を爆走!

ホテルの送迎バスでリンゴ尽くしの宿を後にして弘前駅へ向かいます。

本日の予定はこんな感じ。

■弘前
|  つがる2号
|  09:40-11:45[125分]
◇秋田
|  羽越本線
|  12:08-13:58[110分]
◇酒田
|  羽越本線
|  14:00-14:34[34分]
■鶴岡

秋田までは白神山地の東側を下っていきます。

日本海側を走っている五能線はどうやら不通区間があるようで、以前も乗ったリゾートしらかみは運休していますねぇ。

今回はそっちには行かないのでスケジュール続行です。

2時間特急つがるに乗って秋田まで行って、その後ローカル線でガタゴトと2時間揺られます(笑)

電車って意外と長時間乗れるんですよね〜

あの揺れがひょっとして心地よいのかも?

今日は弘前駅の美味しいアップルパイは買えるかな?

以前弘前駅から徒歩圏内のアップルパイを食べ歩いてみました。

その時個人的に一番美味しかったのは弘前駅改札口前にあるお店でした。

弘前駅 BRICK

弘前駅 BRICK

ここもリンゴ尽くしのお土産がたくさんあります。

弘前駅 BRICK

弘前駅 BRICK

あ、今日はあった!

しかも残り2つ(笑)

弘前駅 BRICK

弘前駅 BRICK

そっか、、限定50個なんだ。。

通りでお昼過ぎには買えないわけだ。

というわけで、ここで電車の中で食べるおやつを確保!

電車へ向かいます。

特急つがるで青森を縦断して秋田へ向かう

さて出発です。

弘前駅 特急つがる2号

弘前駅 特急つがる2号

特急つがる2号

特急つがる2号

さて乗り込みます。

特急つがる2号 普通席

特急つがる2号 普通席

お客さんは、、そんなにいない(笑)

特急つがる2号 グリーン席

特急つがる2号 グリーン席

グリーン席の方は普通席とさほど変わらず。。。

座席が少しふかふかなのかも?

こちらは乗っていないのでわからず。

今日のおやつはアップルパイ。

今日のおやつはアップルパイ。

さて、先ほど買ったアップルパイをいただきます。

甘く煮たリンゴがドーンと入っていて食べ応えありです。

電車はバスと違って頻繁に止まることもないので意外と乗り心地は良いですね。

体の負担も少なくて意外と長く乗っていられます。

特急つがる2号

特急つがる2号

2時間があっという間に終了して秋田駅に到着です。

秋田駅

秋田駅

そういえば去年も秋田駅きたっけ。。

ただ周りにあまり目立ったものがないので観光しないんですよね(笑)。

秋田駅

秋田駅

構内にはナマハゲ。

夜見たら確かに大人でも怖い(笑)

秋田駅 巨大な秋田県のぬいぐるみ

秋田駅 巨大な秋田県のぬいぐるみ

こちらは巨大な秋田県のぬいぐるみ(笑)

前はこれはなかったなぁ。

秋田駅 巨大な秋田県のぬいぐるみ

秋田駅 巨大な秋田県のぬいぐるみ

なんかお尻がキュート(笑)

羽越本線のローカル線に2時間乗ります

さて、ここからはローカル線に揺られて日本海側を進みます。

羽越本線

羽越本線

えーっと、ここからは羽越本線。

新潟まで行くやつですね。

羽越本線

羽越本線

ここからは普通のローカル線。

割とお客さんは多いので先ほどのようにガラガラってことはありません。

まぁゆっくり座って行ける感じですが。

羽越本線

羽越本線

周りには、、田んぼが広がっていて何もありません!

まっすぐな線路をひたはしります。

酒田駅

酒田駅

約2時間後酒田駅に到着。

さてここであつみ温泉行きの電車に乗り換えます。

羽越本線

羽越本線

羽越本線

羽越本線

なんか随分綺麗な電車。

中身が新しいだけじゃない!

走行中ガタガタしない!異様にスムーズに走ります。

なんか最先端の電車って感じで乗り心地がとても良いです。

羽越本線

羽越本線

地方路線によくあるワンマン電車ですね。

まるでバスみたいに車内で料金を支払うので無人駅で停車する場合は運転手さんのいる一番前しか扉が開きません。

鶴岡駅

鶴岡駅

鶴岡駅に到着!

さて、、、ここからは今度はバスに揺られ(笑)1時間ほどで本日の目的地「湯野浜温泉」に到着する、、予定です。

電車旅は長時間でも考えているほど疲れない理由の考察

なんか今日はずっと移動。。。

まぁ初めからわかっていたんだけど(笑)

鉄道にずっと乗っているとお尻痛くなるんじゃない?とか暇じゃない?って思うんだけどこれが意外と疲れないしお尻も痛くならない。

疲れない理由はバスや車と違って頻繁に停車したり曲がったりしないので体に妙な力がかからないからじゃないかな?

電車の揺れはなんとなーく眠くなるし(笑)リラックス効果抜群。

地方路線はさほど混まないので詰め込まれる圧迫感がないし自由に動き回れるので体がどこかに固定されることもない。

乗っている間はご飯やおやつを食べたりスマホで動画見たり、、、意外とあっという間に時間が過ぎるのです。

何もせずにずーっと電車に揺られていると、、時間の流れが変わって面白いですよ。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください