【旅の計画】大人の休日倶楽部パス 東日本スペシャルで「弘前城の桜」と「不老ふ死温泉」と「いすみ鉄道、小湊鉄道」を乗りに行く! 

大人の休日倶楽部旅行2021
(広告)

50歳以上でJR東日本のクレジットカードを保有することが条件ですが、年に3回ほど「大人の休日倶楽部パス」というJR東日本区間4日間乗り放題パスが発売されます。

過去何回かそれを使って一日中電車に乗り続けているわけですが、好きな人にはとてもお得なパスです。

いつもは旅行の閑散期に発売されるので観光地も少し時期がずれていたりするわけですが、今回はスペシャルということでまさに桜真っ盛りの時期にスペシャルで発売されました。

せっかくなので行ってみたかった「弘前城の桜」を見に行って、日本海側をぐるっと回って「不老ふ死温泉」に浸かり、房総半島に戻ってきて「いすみ鉄道、小湊鉄道」に乗って春を満喫してみよう!という計画を立ててみました。


過去の「大人の休日倶楽部パス」旅行の軌跡

2018年から年一回ペースであちこち行っています。

2018年6月大人の休日倶楽部パスで「北海道を5日間ずーっと電車に乗り続ける旅」

JR東日本とJR北海道5日間乗り放題パスを使って北海道を旅行してきました。

釧路湿原やラベンダー畑、最後は函館の夜景を眺めて北海道まるごと駆け抜けてみました。

2019年6月 「大人の休日倶楽部パス」で4日間日帰りで東北の温泉に行こう!

東北の温泉地を毎日自宅から通ってみました(笑)

青森県・酸ヶ湯温泉、秋田県・玉川温泉、宮城県・鳴子温泉を毎日関東から往復(笑)

こんなこともできるのもフリーパスのおかげです。

2020年10月 GO TO トラベルと大人の休日倶楽部パスを使って東北を旅行してみた

今にも潰れそうな「銚子電鉄」、三陸気仙沼に行ってフカヒレを食べて、三陸鉄道に乗って、「リゾートしらかみ」に乗って、最後は乳頭温泉を楽しんできました。

今年は桜を見に弘前へ!行ってみたかった「不老ふ死温泉」、最後は房総の「いすみ鉄道、小湊鉄道」で春を満喫しよう!

今年は恐らく新コロ騒動でお客さん激減しているからだと思うのですが、桜の時期に特別に大人の休日倶楽部パスが発売されました。

ちなみに2021年度の設定期間は以下の通りです。

【2021年度大人の休日倶楽部パス設定日】

○特別設定 大人の休日倶楽部パスの東日本スペシャル
・利用期間:2021年4月13日(火)~4月22日(木)

○特別設定 大人の休日倶楽部パス 東日本・北海道スペシャル
・利用期間:2022年3月1日(火)~3月10日(木)

○大人の休日倶楽部パス利用期間
第1回 2021年6月24日(木)~7月6日(火)
第2回 2021年11月25日(木)~12月7日(火)
第3回 2022年1月13日(木)~ 1月25日(火)

利用期間の1ヶ月前から販売開始されます。

今回は丁度桜の時期に発売されましたので、せっかくですから弘前まで行ってみることにしました。

ついでに、前回行けなかった青森県の「不老ふ死温泉」になんとか行ってみようと考えています。

最後はこの時期きっと菜の花が綺麗な「いすみ鉄道、小湊鉄道」に乗ってみようかと思っています。

今回は少し電車の乗車時間は短め(笑)

その分少しゆっくり目のスケジュールにしてみました。

1日目は一気に弘前へ!

■新宿
|  埼京線通勤快速(川越行)   27.4km
|  06:50-07:20[30分]
◇大宮(埼玉)
|  はやぶさ3号(E5/H5系)(新青森行)   683.4km
|  07:33-10:15[162分]
◇新青森
|  奥羽本線(秋田行)   33.5km
|  10:45-11:23[38分]
■弘前

まずは弘前城の桜を見に行こうと思っています。

綺麗な桜を見れれば良いなぁ〜

弘前さくらまつり(公式HPより引用)

弘前さくらまつり(公式HPより引用)

きっとこんな感じのが見れるはず!!

目論見では満開のはずなのですが(笑)こればっかりは運ですからねぇ。。

(追記)行ってきました!一日目の旅行記はこちら!

2日目は五能線 リゾートしらかみで深浦へ!

■弘前
|  リゾートしらかみ4号(秋田行)   86.6km
|  14:30-16:39[129分]
|  1,690円( 指定席 530円 )
■深浦

不老ふ死温泉に宿泊したかったのですが、残念なことにおひとりさまは宿泊不可、、、

二人以上から宿泊できるようですが、仕方がないので日帰り入浴で行くことにしました。

ただし、、五能線が本数が少なくてどうやっても近隣の大きな都市から日帰りは難しそう。

仕方がないので、2日目は近くの鍋石温泉まで行って翌朝不老ふ死温泉まで行くことにしました。

宿泊する深浦はどうやらマグロの水揚げで有名らしく、夕食は「深浦マグロステーキ」丼が食べられればいいなぁ〜

(追記)行ってきました!旅行記はこちら

3日目は念願の不老ふ死温泉へ!

■深浦
|  五能線(東能代行)   9.0km
|  07:25-07:36[11分]
|  210円
■艫作

早朝の電車の中で不老ふ死温泉へ向かいます。

不老ふ死温泉(公式HPより引用)

不老ふ死温泉(公式HPより引用)

場所はこの辺です。

東北の日本側に行くことはあまりないのですが、結構有名な温泉で、、

不老ふ死温泉(公式HPより引用)

不老ふ死温泉(公式HPより引用)

こんな海辺の露天風呂が有名なところです。

午前中ゆっくり入浴したのち、午後には五能線のローカル電車に3時間揺られて(笑)青森まで向かい、そこから仙台まで一気に向かうことにしました。

ローカル線の3時間はゆっくりお昼寝タイムか?(笑)

不老不死温泉

海辺の露天風呂
利用時間 8:00~16:00 (受付15:30まで)

不老ふ死の湯 (新館内風呂)
利用時間 10:30~14:00 (受付13:30まで)

黄金の湯 (本館内風呂)
利用時間 8:00~20:00 (受付19:30まで)

■艫作
|  五能線(弘前行)   89.3km
|  12:27-15:05[158分]
◇川部
|  奥羽本線(青森行)   27.2km
|  15:41-16:18[37分]
◇新青森
|  はやぶさ38号(E5/H5系)(東京行)   361.9km
|  16:38-18:29[111分]
■仙台

(追記)行ってきました!3日目の旅行記はこちら!

4日目は仙台から一気に房総半島へ いすみ鉄道と小湊鉄道沿線を満喫しよう

■仙台
|  はやぶさ104号(E5/H5系)(東京行)   351.8km
|  08:45-10:16[91分]
◇東京
|  わかしお7号(安房鴨川行)   96.4km
|  11:00-12:13[73分]
■大原(千葉)

最終日は仙台から一気に房総半島へ。

いすみ鉄道路線図(公式HPより引用)

いすみ鉄道路線図(公式HPより引用)

まだよく調べていないのですが、大原から上総中野までやく27Kmを50分ほどかけて走っていきます。その後は小湊鉄道へ。どうやら養老渓谷駅を降りるとこんな景色を見られるとか、、

小湊鉄道(公式HPより引用)

小湊鉄道(公式HPより引用)

午後はどこかの駅に途中下車してゆっくりしてから帰ろうと思っています。

いすみ鉄道も小湊鉄道も大人の休日倶楽部パスの対象外なので運賃はかかります。

前回の銚子鉄道と同様にのどかなローカル線を見に行ってみるつもりです。

■大原(千葉)
|  いすみ鉄道(上総中野行)   26.8km
|  13:02-13:55[53分]
◇上総中野
|  小湊鐵道(五井行)   39.1km
|  14:00-15:15[75分]
■五井

(追記)行ってきました!4日目の旅行記はこちら!

天気が良いことを祈って

とりあえずざっくりと計画してみましたが、重要なのはお天気。

まぁ雨でも電車の中なので濡れることはないんですけど、せっかくの旅行なので晴れてほしいなぁ。。

いつもの通り実況はTwitterとインスタで(笑)

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 大人の休日倶楽部パス、50超えたら買ってみたいです。
    JR東日本区間4日間乗り放題パスなんですね。青森の先は行ったことないので、綺麗な写真ありがとうございました。

    • ご覧いただきありがというございます。

      普通にJR東日本管内を旅行するにはとってもお得な切符です。
      もちろん鉄道ファンは一日中乗っていられるのでそれだけでも至福かもしれませんが(笑)

      歳をとると得することも少なくなりますが、これは老人の特権かも(笑)
      たまに日本をゆっくり旅行するのも楽しいものです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください