大人の休日倶楽部パスで「E4系二階建て新幹線」「鳴子温泉 大江戸温泉物語」「リゾートビューふるさと」 / Vol.9 観光列車 リゾートビューふるさとで日本の原風景&日本三大車窓を満喫

新潟、宮城、長野旅行09
(広告)

さて最終日は今回の旅行のメインイベント、リゾートビューふるさとに乗って車窓を楽しむ列車の旅に向かいます。

長野県内の山の中をひた走る列車で日本の原風景が楽しめます。

観光名所では停車時間がゆっくり取られているので観光も楽しめます。

駅だけじゃなくて、通過する湖の近くとか速度を落としてくれたり通常であれば車内でイベントや停車駅での歓迎セレモニーとか盛りだくさんで飽きることがありません。

4日間の大人の休日倶楽部パスでずっと電車を乗り続けていましたが今回も随分楽しめました。

さて次はどこに行こう?

旅行期間 2021/9月
エリア  東北・甲信越(新潟、宮城、長野)
テーマ  食べ歩き、電車

目次
・Vol.1 これで乗り納め!ラストラン間近の二階建てE4系新幹線に乗って新潟へ!
・Vol.2 日本一のモグラ駅「土合駅」へ行ってみた 〜地下世界はひんやりしていた〜
・Vol.3 ジュラクステイ新潟宿泊記 〜朝食ビュッフェが幸せすぎた〜
・Vol.4 新潟から一気に宮城 鳴子温泉へ!ありがとうMAX! 二回目の鳴子温泉も雨だった。
・Vol.5 大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや 宿泊記 part1〜夕食ビュッフェが強烈でノックダウンしてしまった〜
・Vol.6 大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや 宿泊記 part2 〜朝食のビュッフェも強烈すしてすっかり食べすぎてしまった〜
・Vol.7 新幹線「やまびこ」「はやぶさ」「はくたか」を乗り継いで長野へ。長野に来たら善光寺へは行っておかないとね
・Vol.8 天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野宿泊記 〜これぞ至れり尽くせりのサービス!〜
・Vol.9  観光列車 リゾートビューふるさとで日本の原風景&日本三大車窓を満喫


4日目の旅程

本日は朝から晩までずっと電車です(笑)

■長野
|  リゾートビューふるさと(南小谷行)
|  09:46-14:04[258分]
■南小谷

■南小谷
|  あずさ46号(新宿行)   258.1km
|  15:01-18:30[209分]
■八王子

週末に運行しているリゾートビューふるさとの概要はこんな感じです。

昨今の状態で車内イベントは中止、、、駅の歓迎セレモニーも中止(笑)

まぁ仕方がない。

駅の停車時間が少し長めにとってあって列車を降りてプチ観光ができるのが観光列車の醍醐味です。

まるで銀河鉄道999みたい(笑)

長野から松本経由でスキーで有名な白馬村の近くまで3時間近くかけて行きますが、風景の良いところでしばらく停車したり、神社にお参りに行けたり、、電車に乗るだけで沿線を見て回れるので退屈することはありません。

長野駅を出発!

長野駅を出発!

さて、まずは長野駅を出発!

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

窓の大きなリゾート仕様の列車です。

今回は昨今の状況から車内はがらがら(笑)

とっても快適でした(笑)

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

長野県のゆるきゃら「アルクマ」くんがあちこちにあって、、色々な被り物をしているのです。

これはトレッキング姿ですね。

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

座席間隔も広くて座り心地抜群。

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

窓も広くて開放感があって景色がよく見えます。

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

あ、ここには記念撮影用の巨大アルクマくんがいます(笑)

ここではりんごの被り物。

北海道でこんな感じのみたなぁ(笑)

ついつい記念撮影もしちゃいました(笑)

リゾートビューふるさと

リゾートビューふるさと

前方後方にはイベントができる空間もあるのですが、今回は昨今の状況で中止になりました。

本来ならここで地元の方の方言での民話の語り部だったり尺八・太鼓の演奏なんかをしてくれるようですがちょっと残念でした。

おやつも買い込んで、、

おやつも買い込んで、、

せっかくなので駅の売店でおやつも買ってきて準備万端です。

日本三大車窓の一つ姨捨駅に到着。あ、ここってあの有名な場所なんだ

長野駅を出発して30分ほどすると姨捨駅に到着。

この駅はちょっと高台にある為、スイッチバックで駅に到着するというちょっと珍しい駅なのです。

姨捨駅近くになると列車は一旦停止、、しばらくすると、、逆向きに走って行ってホームに入るというちょっと不思議な体験ができます。

だから駅の表示もちょっと変わった表示になっています。

姨捨駅

姨捨駅

で、この駅から見る風景が日本三大車窓の一つと言われているようです。

日本三大車窓 

日本三大車窓

千曲川を望む絶景が広がります。

ここでしばらく列車は停車しているので駅を見学することができます。

天気も良かったので眺望も抜群。

千曲川って、、あ、2年前に氾濫して新幹線が水没しちゃったってのを記憶していました。

この駅の名前「姨捨」ってちょっと気になっていたのですが、楢山節考ですね〜

こんなところにあったとは知りませんでした。

穂高駅では穂高神社参拝もできる

車窓からは日本の原風景の山々や田んぼ(笑)長閑な田園風景を見ることができます。

四季折々で色々な景色を見ることができそうですが、やはり秋が綺麗でしょうね。

そうこうしているうちに電車は穂高駅に到着。

ここでは停車時間が30分ほどあるので近くの穂高神社に参拝することもできます。

穂高駅

穂高駅

普段であれば電車のアテンダントさんが連れて行ってくれる、、はずなのですが、昨今の状況でそれも自粛(笑)(なぜだ?)

代わりに地図をもらったので自分で勝手に参拝です。

 

穂高神社

穂高神社

ここが有名な神社かどうかはわからないのですが、どうやら交通安全、家庭円満、、色々ご利益はあるようです(笑)

穂高神社

穂高神社

境内はほとんど人がいなくて、列車でやってきた数名のみでしたのでこれまたゆっくりと参拝することができました。

やっぱり神社仏閣は静かな雰囲気の方が良いですね〜

人が多いと忙しなくて。

お昼ご飯はお弁当!やっぱり車窓を見ながらの駅弁は旅の醍醐味

お昼ご飯はといえば途中の松本駅での停車時間中に駅の売店で購入した駅弁!

普段は駅弁って食べないけどなぜか列車の旅をする時は食べたくなるんですよね〜(笑)

山賊焼弁当

山賊焼弁当

ここにも長野県のゆるきゃらアルクマくんが(笑)

なんの被り物かなぁ〜と思ったらどうやらこれは「アルプス」の被り物(?)じゃないかと。

山賊焼

山賊焼

見た目すごくシンプル(笑)

いただきまーす

「山賊焼」ってまぁよく聞く名前なのですが、その由来がパッケージに書いてありました。

「鶏肉を揚げる」→「とりあげる」→「取り上げる」→「山賊」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

えーーーそうなの????

ちょっとずっこけてしまいましたが真偽の程はわかりません(笑)

なんか随分とこじつけていますね。。

日本の原風景の中をひた走る

穂高駅を出て外を見ているとそこはアルプスに囲まれた田園風景。

途中で車内アナウンスで北アルプスの「槍ヶ岳」が見えます〜とか、、

信濃富士が見えます!って解説してくれます。

信濃富士(有明山)

信濃富士(有明山)

いろんなところに富士の名前のついた山がありますね。

確かに似ていないわけでもない(笑)

車内には長野県のゆるきゃらがいっぱい!

バスの旅と違って移動中歩き回れるのも列車の旅のいいところ。

車内を見渡すと窓に色々な被り物をした長野県のゆるきゃら「アルクマ」くんのステッカーが貼ってあります。

たぶん善光寺の被り物アルクマくん

たぶん善光寺の被り物アルクマくん

これは、、きっと善光寺の被り物?

レタス?

レタス?

これは??レタスかなぁ?

りんごの被り物のアルクマくん

りんごの被り物のアルクマくん

デフォルトはやっぱりりんごの被り物でしょか(笑)

お昼寝アルクマくん

お昼寝アルクマくん

ゆるキャラに色々被り物を被せて色々なものをPRするってのも他にあまり見たことのないです。

これはこれで面白いなぁとちょっと感心したのでした。

南小谷に到着!駅周辺には、、、なにもなかった(笑)

スキーで有名な白馬駅を後にしてしばらく進むと終着駅南小谷に到着。

おそらくここはトレッキングの起点になるような場所なんでしょうね。

(実はよく知らない(笑))

南小谷駅

南小谷駅

この近辺は冬場にスキーで来るぐらいなのであまりよくわからないのですが、実は山登りをする友人が入れ違いでこの近辺の山に登るらしく、山登りとかトレッキングが盛んな場所のようです。

南小谷駅

南小谷駅

なるほど、初夏とかには高原植物が群生するトレッキングが盛んな場所のようですね。

ちょっと興味ありです。

次は初夏に来てみようかな?

南小谷駅

南小谷駅

ただし、、、ここって電車来るとちょっと困ったことが。

周りに何もないんです(笑)

南小谷駅前の売店?

南小谷駅前の売店?

一応駅前に小さな売店が一つだけ。。。

南小谷駅

南小谷駅

そばには川が流れていて、、

本当になにもない(笑)

この前行ったいすみ鉄道のキャッチフレーズ「”何もない”が有る」を思い出しました。

まぁ、ここに来る時は電車というより車で来ないとちょっと不便かもしれません。

ただ、駅前にはフルサイズのバスがどーんとやってきますので、登山口までのアクセスは良いのかもしれません。

帰りは全席指定のあずさ46号に乗って一気に現実の世界へ!

リゾートビューふるさとに乗って雄大な日本の原風景を見ながら山間の南小谷までやってきましたが、1時間後に出発する特急あずさ46号に乗って一気に都会へ戻ります。

特急あずさ46号

特急あずさ46号

実は南小谷に到着した時点ですでに入線していたのですが、出発時間まで乗り込むことはできません。

それにしても、、特急あずさって全席指定だったんだ(笑)

座席指定しておいてよかった〜。

大人の休日倶楽部パスを使う場合、6回まで指定券を発券できるのですが、どの列車が全席指定なのか調べないとわからないってのがちょっと困ったところです。

特急あずさ46号普通席

特急あずさ46号普通席

こっちは普通席。。

でもってグリーン車は。。

特急あずさ46号 グリーン車

特急あずさ46号 グリーン車

グリーン車はこんな感じ。

シート幅は普通車と変わらないんだ、、

ただシートピッチが19cm程広いということなので居住性は良いらしい。

個人的には三列シートでふかふか椅子ってのがなんか高級感あって良いような気もするけど。。

まぁ個人的には普通車でも十分足元広いから快適です。

なんたって飛行機のエコノミーのせまーーい座席で慣れてますからね〜(笑)

電車の座席の快適なこと(笑)

旅の終わりに

南小谷を出発して3時間ちょっとで一気に八王子に到着です。

八王子に降り立つと、、、げ、人が多い(笑)

三日間ほど閑散としたところをゆっくり歩いていたのですが一気に雑踏の中に戻ってきちゃいました。

一気に現実の世界に戻ってきてしまいました(笑)

さて、次の現実逃避旅はどこに行こうか。。。

4日間でしたが結構色々行ったなぁという感じです。

あ、そうだ!飛行機と組み合わせて北海道の鉄道にでも乗るかなぁ。。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 天気も良く、素敵な旅行日和ですね
    4日間の旅、リフレッシュできたんでしょうね。
    現実逃避・・いつか日常になるといいですね

    • こんにちは!

      ちょっとだけ雨も降りましたが概ね晴天に恵まれて良い旅行になりました。
      急遽決めた突貫工事の予定でしたが意外と面白かったです。

      まだしばらく色々と不自由なこともあるかもしれませんが、それはそれとして楽しめればと思っています。

      GOTOなんとかがまた始まったら頑張って使います!(笑)
      税金で旅行代金を補填してくれるんだから虎視眈々と狙っています(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください