マレーシア航空でジャカルタ&クアラルンプールを周遊してみた ジャカルタ編 / Vol.5 ちょっと怪しいBlok M Plazaはカルフールも入っていてアジアっぽいショッピングセンターだった

ジャカルタ5
(広告)

トランスジャカルタのルート1の終点は「Blok M」という日本人街がある場所です。

ここには日本食レストランや日本食スーパー、ショッピングモールなどがあって多くの日本人が訪れるエリアです。

ちょこっと怪しげな通りもあるという噂を聞いていたのですが、結局のところどこなのかわかりませんでした(笑)

このエリアにあるショッピングモールは最新の巨大モールと比べるとローカル感が満載の場所なのですが、カルフールがあって安いお土産を買えたり、不思議な服が激安で売られていたり(品質保証なし!)で歩いているとちょっと楽しい場所でした。

現地の雰囲気を味わいながら探検できる場所でした。

旅行期間 2018/6月
エリア  ジャカルタ・クアラルンプール
テーマ  街歩き、食べ歩き

目次〜Part.2 ジャカルタ編~
・Vol.1 ジャカルタに到着!ジャカルタ空港はとっても立派だったけど初めての場所はやっぱり迷う
・Vol.2 アロフト ジャカルタ ワヒド ハシム (Aloft Jakarta Wahid Hasyim) 宿泊記〜出来たばかりで快適だった〜
・Vol.3 トランスジャカルタを乗りこなせばジャカルタ市内はスイスイ!?でもなんか少し人が少なくないか?
・Vol.4 グランドインドネシアは巨大なショッピングセンターだった
・Vol.5 ちょっと怪しいBlok M Plazaはカルフールも入っていてアジアっぽいショッピングセンターだった
・Vol.6 日本の電車に乗ってボゴールへ!まさにアジアのカオスそのものだった!
・Vol.7 ジャカルタ動物園”Ragunan Zoo”へコモドドラゴンを見に行ってみた〜広大な敷地はジャカルタっ子の憩いの場だった〜
・Vol.8  町の中心にそびえる”モナス”は巨大で広大で、、バテバテになった
・Vol.9 初めからこっちに来るべきだった(笑)セントラルパークモール(CENTRAL PARK MALL JAKARTA)は快適だった
・Vol.10 スカルノ・ハッタ国際空港のサファイア・プラザプレミアムラウンジ(saphire Plaza Premium lounge)は豪華だった
・Vol.11 マレーシア航空 MH726 ジャカルタ – クアラルンプール搭乗記
・Vol.12 マレーシア航空 MH70 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記

<往路>
MH89 NRT(10:20) – KUL(16:45)
MH721 KUL(14:00)- CGK(15:05)→MH723 KUL(16:30) – CGK(17:35)
<復路>
MH726 CGK(4:25) – KUL(7:25)
MH70 KUL(9:50) – NRT(18:00)

クアラルンプール編はこちら


ジャカルタってでかい!

トランスジャカルタのルート1に乗ってジャカルタ市街を北から南に移動していると中心街は巨大なビル群が立ち並んでいて、景色はほぼ東京郊外のちょっとした街とあまり変わりません。

ただ、、ちょっと中心からちょっと外れた川沿いにはスラムが広がっていたりして観光客は行っては行けないような場所もちょこちょこと垣間見れる訳です。

ジャカルタ

ジャカルタ

高層ビルがニョキニョキ建っていますが、そこを外れると、、怪しい一角が見えるわけで、やはりこの場所は下手に歩き回らない方がよい感じがします。

観光客はトランスジャカルタやバス網、タクシー、Grabなどを使ってポイント移動が基本です。

ブロックM(Blok M)は日本人の憩いの場?

ジャカルタの南には日本人街(?)と言われている日本食レストランや日本食スーパー、ショッピングモールが集中するエリアがあって、トランスジャカルタのターミナル駅や最近では地下鉄の駅ができてますます賑やかになりつつあるようです。

まぁ2018年当時はまだ地下鉄はなかったので、トランスジャカルタのでかい駅はありましたがごく普通のアジアのバス停って感じでした(笑)

Blok M

Blok M

トランスジャカルタの停留所で降りるとそこはあちこちのバス路線の発着場所になっているのでちょっとしたバスセンターのようです。

で、なぜかだだっ広い空間が空いていたのですが、ひょっとしたらこの下に地下鉄が来たのかもしれません。

Blok M

Blok M

地上に出ると、小さなコンビニとか商店とかが点在しています。

まぁアジアチックと言いますか、、若干怪しい(笑)

決して危ないということではないのですが、夜になると急に寂しくなりますので行くなら昼間がベターです。

Blok M

Blok M

これなんでしょうね。。少なくとも展望台ではなかったようで、おそらくトランスジャカルタのコントロールセンターじゃなかろうかと?

この下がバス停ですからね。

停留所前にもデパートのようなものがあったのですが、中に入ってみると、、寂れていました(笑)

日本でも地方都市に行くと1Fのスーパーマーケットは盛況なのに2Fの洋服売り場とかゲームセンターとかあって閑散としていたりしていますよね、あんな感じでした(笑)

Blok M Square(ブロックMスクエア)は現地の人も訪れるローカル感満載のショッピングセンター

トランスジャカルタのBlok Mバス停からまっすぐ道を進むとそこには割と大きめでちょっと賑わっているショッピングセンターがありました。

どうやらカルフールとかも入っているようで、ちょっと行ってみるとにしました。

Blok M Square

Blok M Square

ん?なんだろうここは?

割と個性的な洋服がずらり。

確かにイスラムの国なのでアラビア風の女性用の衣装とか(笑)ちょっと体型に合わないシャツ、ジーンズとか、、(笑)

それでも結構安いのです。

やたらと安いんだけどどれもいまひとつしっくりこない、、あの感じです(笑)

そうですね、、10年ぐらい前のバンコクのMBKとかがこんな感じだった気がします。

タイもここ10年ぐらいで随分小綺麗になってしまって以前の怪しい感じが薄れてきたのですがまだここにはありました(笑)

でも最近こんな風景は見なくなったので見ていると結構楽しかったりします。

Blok M Square

Blok M Square

Blok M Square

Blok M Square

ファーストフードやちょこっと食べるところもあるのでこれが意外と便利でした。

逆に高級レストランはありません(笑)

個人的にはこれぐらいが安心して過ごせます。

Blok M Square

Blok M Square

小さなゲーセンとかもあって若い子とかお子様で賑わっています。

やっぱりこういうのって大切ですよね。

カルフールも入っていて買い出しにはとっても便利だった

で、この中にはカルフールが入っているので超便利なのです。

街中には小さな商店もあってちょっとした飲み物とかお菓子とか買えますが、日本で便利なコンビニ生活に慣れている身にはなんかちょっと怪しい(笑)

そんな時にカルフールは超便利なのです。

Blok M Squareカルフール

Blok M Squareカルフール

日本で暮らしている時は近くにないこともあってほとんど行くことのないカルフール。

ところが海外に滞在するとこのありがたみがとってもわかります。

台北でお土産を買うのは最近カルフールが多いしなぁ〜

世界標準でできているのでどこのお店もカルフールクオリティですし安い(笑)

ということで、現地でお土産を買うならば迷わずここでしょう。

街角の小さな商店でちょっとした食料品を買ったりするよりも全然安心できます(笑)

ちょっと怪しい街だけどBlok Mは面白いところだった

治安がちょっと悪いという噂も聞いていましたが昼間は特に危ないとは感じませんでした。

ただ日が落ちてくるにつれて人通りがまばらになってちょっと雰囲気が変わるので慣れるまでは夜ウロウロするのは避けた方が良さそうです。

高級ショップを求める方は素直にジャカルタ中心のグランドインドネシアのようなモールに行く方がベターですが、アジアっぽい雰囲気を味わいながら面白いものを探検するにはおすすめの場所です。

なんたってトランスジャカルタとか地下鉄で簡単にアクセスできますから利便性抜群です。

 

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください