S7(シベリア航空)に乗って2時間半で行けるリトルヨーロッパ!ウラジオストクへ行ってみた / Vol.14 ロシアの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)に行ってみた!夕食はなぜか本格インド料理屋へ 

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内
(広告)

街を歩いていると色々な看板が出ているわけですが、文字はキリル文字なのでなんと書かれているのかさっぱりわかりません。

イラストが頼りなのですが、猫なのか狸なのか微妙なイラストが描かれたところを発見。

実はここはいわゆる「猫カフェ」です。

「猫カフェ」と言ってもここは捨てられたり病気になったりして猫保護センターで保護された猫を扱っているカフェになります。

カフェと言っても全てセルフサービス(笑)

猫の扱いには慣れていないのでどうやって触れ合ったら良いかわからなかったので、なかなか触れ合ってくれない(笑)

旅行期間 2019/7月

エリア  ロシア(ウラジオストク)

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 ソビエト連邦時代のモスクワは大変だった
・Vol.2 旅の準備 e-Visa申請は結構手こずった。写真を貼り付けるのが一苦労
・Vol.3 新しくなった成田空港JAL ファーストクラスラウンジへ行ってみた
・Vol.4 S7航空(シベリア航空) S7 6282 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記
・Vol.5 ウラジオストク空港からウラジオストク市内へは電車が便利〜空港から市内への電車の乗り方〜
・Vol.6 階段は怖いけど、町歩きに便利で激安、高コスパなお勧めホステル”Vladstar inn (VladStar Inn Hostel)”
・Vol.7 JALもANAもウラジオストクを目指す!これからロシアも旅行しやすくなるか?
・Vol.8 ヨーロッパの風情が漂うウラジオストクを歩いて観光してみた。ショッピングモール”Clover House”は寂しかった
・Vol.9 ロシア料理「ペリメニ」は見た目は水餃子だけどバラエティー豊かでとっても旨い!ロシアってボルシチとピロシキだけじゃないんだ(笑)
・Vol.10 ウラジオストクの週末限定市場が面白かった!野菜からロシア版ファストフードまでなんでもあるぞ!
・Vol.11 グム百貨店の裏手の路地がインスタ映えするフォトジェニックスポットになっていた
・Vol.12 ロシア版遊園地で遊んで海沿いの洒落たレストランで海鮮料理を食べてみた
・Vol.13 100年を超える歴史あるウラジオストック駅舎は必見〜シベリア鉄道東の起点の標識とSLを間近で見るにはガイドが必要〜
・Vol.14 ロシアの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)に行ってみた!夕食はなぜか本格インド料理屋へ
Vol.15 エアロエクスプレスのビジネスクラスでウラジオストク空港まで行ってみた
Vol.16 ウラジオストク空港にはプライオリティパスラウンジがあった! S7航空(シベリア航空) S7 6281 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記

<往路>
S7 6282 NRT (12:55) – VVO(16:55)
<復路>
S7 6281 VVO(13:20) – NRT(14:40)


ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)に行ってみた!

日本でも猫カフェは大人気ですが、実はウラジオストクにもあります。

この猫カフェは捨て猫や病気の猫を猫保護センターから引き取ってきてオープンしたカフェです。

猫シェルターのようなものでしょうかね。

ワンコと遊ぶことはよくあるのですが、猫と遊ぶのは実は初めて、、、

相手をしてもらえるかどうか不安です、、(笑)

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)への行き方はとてもわかりにくい!

ウラジオストクの猫カフェの場所はここです。

猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)公式インスタグラム:https://www.instagram.com/catcafevl/

噴水通りから海辺に出る付け根ぐらいにあるので実は非常に行きやすい場所にあります。

しかし!!大体の場所はわかるのですが、場所が本当にわからない(笑)

それはロシアの建物の構造に由来していて、通りに面したお店はわかりやすいのですが、ほとんどの店が通りから怪しい小道を入ったところの中庭のような場所から建物の中に入るような構造になっているからなのです。

さらにさらに!セキュリティが厳重で建物の中に入るのもお店の中に入るのもインターフォンのボタンを押して解錠してもらわないといけないという徹底ぶり。

お気軽にふらっと入るということができない構造になっているのです。

そんなわけで、猫カフェに行くのも多分このビルなんだよなぁ〜ということはわかるものの入り方がわからないのでした(笑)

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

まずは大通りに面したところに「粋」というでかでかと描かれたこの壁がまず第一の目印です。

ここはラーメン屋さんらしいです。

でもって、ここの小道を入ると10mほどで中庭に入ることができます。

でもって右後ろをみると、、

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

猫カフェの看板がある建物の入り口を発見!

さてここからまだ難所が続きます(笑)

看板のあるドアから中に入ると、、

そこは行き止まりでドアが二つほどあります。

左側のドアを開けてみます、、本当にここでいいのかなぁ、、とちょっと不安になります。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

あ、また猫カフェの看板を発見!

うーん、怪しい、、怪しすぎる(笑)

ここから入るのかな?とジャカン不安を覚えながら階段を上がります。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

階段を上がっていくとまたドアが!

え、ここ?入っていいんだよね??

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

一番奥の扉が猫カフェになっています。

でもって、最後の難関があります!

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の行き方

入るための説明書きがあります。

 

1.ドアベルを押してください

2.ドアを押してください

3.ドアハンドルを回して、ドアを手前に引いてください

 

まぁわからずにガチャガチャやっていると中から開けてくれます(笑)

階段も廊下もなんだか薄暗くて結構ドキドキものでした。

猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の料金表

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の料金表

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)の料金表

キリル文字と英語で書かれています。

1時間300ルーブルで、次の1時間は240ルーブル、、つまり2時間居ると540ルーブルで、MAX 3時間で750ルーブルということです。

ちょっと書き方がわかりにくいですねぇ、、

料金は後払い制で、入場時にカードが渡されますので、それを帰りに受付に渡すと滞在時間がわかってチャージされます。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)営業時間

猫は夜行性からかどうかわかりませんがお昼から深夜まで営業しています。

夏の間は夜21時でもまだ明るいので夕食後ゆっくり行っても良さそうですね。

月曜日・火曜日 休業

水曜日〜金曜日 12:00〜21:00

土曜日、日曜日 11:00〜22:00


(スポンサーリンク)

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)で猫と戯れる?

さてようやくお店の中に入れました。

お店の中は階段の薄暗さに反して明るく綺麗な店内です。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)フリードリンク

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)フリードリンク

コーヒー紅茶はセルフサービスで飲み放題です。

少しだけクッキーなどのお菓子も置かれていますからお茶受けにどうぞ。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)お土産

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)お土産

猫ちゃんグッズも売られているのでお土産にいかがでしょうか。

店内はいくつかのお部屋に分かれていてそれぞれコンセプトが違っています。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

クッションかと思ったら猫ちゃんでした。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

自宅のような感覚で楽しめる場所や、、

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ドアの下に猫用の通路がありますが、その奥は猫ちゃん専用の部屋なので入れません。

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

物思いに耽る猫、、

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

ウラジオストクの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)店内

猫じゃらしとかでお友達になろうと努力したのですがなかなかお友達になれず(笑)猫パンチを食らっていました(笑)

最近旅行先で猫と戯れる時が多いのですがなかなか懐いてくれませんねぇ(笑)

台湾では猫村に行ってみましたがこんな感じでした。

旅先で猫ちゃんと戯れるのも結構楽しいものでした。

懐いてくれなかったけど、、新しいおもちゃを持っていけばもしかしたらお友達になってくれたかもしれませんね。

本格的インド料理店「Jimmy! Jimmy!」で夕食

ロシア家庭料理も食べたし、海鮮料理も食べたしなぁ、、夕食を何にしよう、、ということで、町歩き中に気になっていたインド料理店に行くことにしました。

場所はここです。

前日に遊んだ遊園地の真横にある結構しっかりとた店構えのレストランです。

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

リキシャーが店の前にあったり、、

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストクなのにここだけ「インド!」って感じです。

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

結構しっかりしたレストランです。

店内が広いので大人数でも十分入ることができます。

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

定番のナンとカレーを2品。

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

ウラジオストク「Jimmy! Jimmy!」

タンドリーチキンを頼んであとはビールでお腹いっぱいです。

味はまさに本格派。

ロシアでインド料理か、、インド料理ってどこで食べても美味しく食べられるからいいですよね〜

ウラジオストクには宿の近くにタイ料理屋さんもあったし世界各国の料理が楽しめてとても良いです。

しかもクオリティーが結構高い。

ロシアのイメージがかなり変わりました。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください