S7(シベリア航空)に乗って2時間半で行けるリトルヨーロッパ!ウラジオストクへ行ってみた / Vol.11 グム百貨店の裏手の路地がインスタ映えするフォトジェニックスポットになっていた 

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)
(広告)

ウラジオストクの繁華街は観光客や地元の人たちで割と賑わっています。

と言っても人がわんさかいるわけでもなく、程よい人通りでゆっくり散歩するにはちょうど良い感じです。

そもそも各店舗が小さいので観光客が大挙して押し寄せたらすぐキャパオーバーになってしまいます(笑)

そんな中でも一応デパートらしきものもあって、前回紹介した「Clover House」は小規模店舗の集合体ですし、ロシアでいちばんの百貨店(?)であるグム百貨店もウラジオストクにはあります。

モスクワでは赤の広場にそって建っている由緒ある百貨店ですが、ウラジオストクでは規模はさほど大きくなくてClover Houseよりもちょっと小さいぐらいです。

ただし品揃えは若干高級っぽかったりしますので、まぁ観光客向けなのかもしれません。

お土産を見に行くとすると楽しいのでしょうが、できればその「裏手」に行ってみるとフォトジェニックな通りに整備されていますので結構楽しめます。

旅行期間 2019/7月

エリア  ロシア(ウラジオストク)

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 ソビエト連邦時代のモスクワは大変だった
・Vol.2 旅の準備 e-Visa申請は結構手こずった。写真を貼り付けるのが一苦労
・Vol.3 新しくなった成田空港JAL ファーストクラスラウンジへ行ってみた
・Vol.4 S7航空(シベリア航空) S7 6282 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記
・Vol.5 ウラジオストク空港からウラジオストク市内へは電車が便利〜空港から市内への電車の乗り方〜
・Vol.6 階段は怖いけど、町歩きに便利で激安、高コスパなお勧めホステル”Vladstar inn (VladStar Inn Hostel)”
・Vol.7 JALもANAもウラジオストクを目指す!これからロシアも旅行しやすくなるか?
・Vol.8 ヨーロッパの風情が漂うウラジオストクを歩いて観光してみた。ショッピングモール”Clover House”は寂しかった
・Vol.9 ロシア料理「ペリメニ」は見た目は水餃子だけどバラエティー豊かでとっても旨い!ロシアってボルシチとピロシキだけじゃないんだ(笑)
・Vol.10 ウラジオストクの週末限定市場が面白かった!野菜からロシア版ファストフードまでなんでもあるぞ!
・Vol.11 グム百貨店の裏手の路地がインスタ映えするフォトジェニックスポットになっていた
・Vol.12 ロシア版遊園地で遊んで海沿いの洒落たレストランで海鮮料理を食べてみた
・Vol.13 100年を超える歴史あるウラジオストック駅舎は必見〜シベリア鉄道東の起点の標識とSLを間近で見るにはガイドが必要〜
・Vol.14 ロシアの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)に行ってみた!夕食はなぜか本格インド料理屋へ
Vol.15 エアロエクスプレスのビジネスクラスでウラジオストク空港まで行ってみた
Vol.16 ウラジオストク空港にはプライオリティパスラウンジがあった! S7航空(シベリア航空) S7 6281 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記

<往路>
S7 6282 NRT (12:55) – VVO(16:55)
<復路>
S7 6281 VVO(13:20) – NRT(14:40)


グム百貨店裏の「グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)」はフォトジェニックな場所だった

ウラジオストク中央広場からほど近いスヴェトランスカヤ通り沿いに「グム百貨店」はあります。

ひょっとして25年前にモスクワに行った時に入ったデパートが「グム百貨店」だったのかもしれません。

「グム百貨店」にはZARAとかが入っていてまぁ普通のデパートなのですがさほど規模は大きくなく大したことはないのです(笑)

外観は石造りで結構立派なんですけどねぇ、、

で、実はその裏手がフォトジェニックなスポットとして再開発されていておしゃれスポットになっています。

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)」の場所

場所はこの辺です。

グム百貨店の裏手に回るとちょっとオシャレな路地が現れます。

まさにグム百貨店の裏側です。

ここは元々レンガ造りの倉庫群だったところを再開発して2016年から営業を開始しています。

規模は小さいですが、この中にカフェやパブ、美容室などがあってなかなか雰囲気のある場所です。

横浜赤レンガ倉庫とか小樽運河の赤レンガ倉庫のような感じです。(規模は全く違いますが、、、)


(スポンサーリンク)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)」を歩いてみた

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

右の1、2の部分がGUM百貨店(今ではZARAなどのテナントが入っています)で、その裏手ですからそれほど広くはないことがわかります。

そこに小さなお店があって、結構オシャレなんです。

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

小さいお店があってレンガ作りの壁やちょっとポップな感じのカフェやエクレア専門店などがあります。

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

今ひとつコンセプトがわかりません(笑)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

さほど大きくないことはお分かりだと思いますが、観光客が大挙してくると大変なことになりそうですね、、

それぞれのお店が小さいのでちょっと座ってお茶をしようにも結構満席でした。

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

外観はレトロでお店の入り口は狭くて、、中も想像通りこじんまりとしています(笑)

アイスクリームなどを外で食べている人も多かったです。

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

グム オールド コートヤード(GUM OLD COURTYARD)

でっかいガネーシャのウォールペイントもあって、ここで記念撮影もできます。

で、わかりにくいと思いますが、足の部分が立体的になっていて、あぐらをかいている足の部分と壁の間に入れるようになっていて写真を撮ることもできます。

これなに屋さんなのかはインスタグラムで「big_budda_vl」をみるとわかりますが、実はレストランのようですね。

ウラジオストク町歩きでおすすめ場所です

今回たまたま歩いていて入り込んだわけですが、綺麗に整備されているので全体的に統一感があってなかなか良い場所です。

規模は小さいのでちょっと立ち寄って写真を撮るだけでも楽しめます。

アイスクリームやエクレア専門店などが有名なのですが、お店が小さいので混み合ってしまいますからちょっと時間をずらして散策すると良いです。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください