S7(シベリア航空)に乗って2時間半で行けるリトルヨーロッパ!ウラジオストクへ行ってみた / Vol.10 ウラジオストクの週末限定市場が面白かった!野菜からロシア版ファストフードまでなんでもあるぞ! 

ウラジオストク中央広場マーケット
(広告)

今回はたまたま週末に行ったわけですが、週末限定の「中央広場マーケット」に行くことができました。

ロシアのローカルな雰囲気やお土産も激安ですし結構楽しめます。

スーパーやお土産やさんを見ていると「蜂蜜」が売られていますが結構良いお値段します。

ところがこの市場では激安価格で売られていたので思わずゲット!

うちでは当分蜂蜜を買う必要がなくなりました(笑)

ウラジオストク観光に行くときは週末を絡めて予定を組むと良いですよ。

旅行期間 2019/7月

エリア  ロシア(ウラジオストク)

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 ソビエト連邦時代のモスクワは大変だった
・Vol.2 旅の準備 e-Visa申請は結構手こずった。写真を貼り付けるのが一苦労
・Vol.3 新しくなった成田空港JAL ファーストクラスラウンジへ行ってみた
・Vol.4 S7航空(シベリア航空) S7 6282 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記
・Vol.5 ウラジオストク空港からウラジオストク市内へは電車が便利〜空港から市内への電車の乗り方〜
・Vol.6 階段は怖いけど、町歩きに便利で激安、高コスパなお勧めホステル”Vladstar inn (VladStar Inn Hostel)”
・Vol.7 JALもANAもウラジオストクを目指す!これからロシアも旅行しやすくなるか?
・Vol.8 ヨーロッパの風情が漂うウラジオストクを歩いて観光してみた。ショッピングモール”Clover House”は寂しかった
・Vol.9 ロシア料理「ペリメニ」は見た目は水餃子だけどバラエティー豊かでとっても旨い!ロシアってボルシチとピロシキだけじゃないんだ(笑)
・Vol.10 ウラジオストクの週末限定市場が面白かった!野菜からロシア版ファストフードまでなんでもあるぞ!
・Vol.11 グム百貨店の裏手の路地がインスタ映えするフォトジェニックスポットになっていた
・Vol.12 ロシア版遊園地で遊んで海沿いの洒落たレストランで海鮮料理を食べてみた
・Vol.13 100年を超える歴史あるウラジオストック駅舎は必見〜シベリア鉄道東の起点の標識とSLを間近で見るにはガイドが必要〜
・Vol.14 ロシアの猫カフェ・ヴァレリヤニチ(Валерьяныч)に行ってみた!夕食はなぜか本格インド料理屋へ
Vol.15 エアロエクスプレスのビジネスクラスでウラジオストク空港まで行ってみた
Vol.16 ウラジオストク空港にはプライオリティパスラウンジがあった! S7航空(シベリア航空) S7 6281 成田 – ウラジオストク エコノミークラス搭乗記

<往路>
S7 6282 NRT (12:55) – VVO(16:55)
<復路>
S7 6281 VVO(13:20) – NRT(14:40)


週末限定「ウラジオストク中央広場マーケット」に行ってみた

4月から11月の間、中央市場では毎週末(金、土、日)に近郊の農家や水産会社が集まって青空市場が開催されています。

この場所はウラジオストクの中心的な広場なのですが、普段の日はただのだだっ広い広場で巨大な像以外は何もないのでが週末になると賑わいます。

ウラジオストク中央広場マーケット

ウラジオストク中央広場マーケット

基本的に食料品がメインで、魚の燻製、いくら、缶詰、肉、乳製品、パン、パーブ、野菜、果物、飲料などがたくさん売られています。

直接運んでくるので新鮮そのもののですし安いです。

色々なものを売っているのでみているだけで楽しいです。

また、ピロシキやパン、乳製品、屋台飯など様々なものを近くの生産者さんがトラックで運んできて売っていて、外国人向けではない庶民の味を楽しむことができます。

Стела "Город воинской славы"

Стела “Город воинской славы”

隣にはロシア正教会の巨大な教会を改修中?なので完成した時にはこの辺一帯が観光客で随分と賑わうことでしょう。

銅像が目印のウラジオストク中央広場マーケットへの場所

青空マーケットが開催されるのはでかい銅像があつウラジオストク中央広場です。

パーミャトニク・ボルツァム・ザ・ヴラスチ・ソヴェトフ・ナ・ダリネム・ヴォストケ 1917-1922

パーミャトニク・ボルツァム・ザ・ヴラスチ・ソヴェトフ・ナ・ダリネム・ヴォストケ 1917-1922

この銅像はロシア革命の際にソビエト連邦政府樹立のために戦った兵士の像だとか。

繁華街からも近いので徒歩で行けますからアクセス良好です。

ウラジオストク中央広場マーケットを散策

うーん、お天気はイマイチ(笑) ちょっと怪しい雲行きでしたが雨にも会わず散策できました。

歩いていると長蛇の列があって、何かと思えば卵売り場。

きっと生みたて新鮮卵なんでしょうねぇ。

まさに庶民の台所って感じです。

一つ注目しておくと面白いのが「自動車」

日本車が多いのですが、おそらく業務用車だったと思われるトラックもあって、塗装はそのまま使われていますから、それはそれで観察していると楽しめます。

巨大トレーラーのお肉屋さん

お肉屋さんはさすがに保冷されていて、トレーラーの横がガポッと開いてフリーザーが現れています。

ウラジオストク 中央広場マーケット

ウラジオストク 中央広場マーケット

ウラジオストク 中央広場マーケット

ウラジオストク 中央広場マーケット

お肉屋さんはソーセージなどの加工品が多いですね。お酒のおつまみ用?

色とりどりの野菜やフルーツもてんこ盛り

フルーツや野菜、香草なども地元の農家さんが運んできて売られています。

ウラジオストク 中央広場マーケット ベリー売り場

ウラジオストク 中央広場マーケット ベリー売り場

ブルーベリーや木苺などもたくさん売られています。

やすかったので小さいのを一つお買い上げしてみましたが、、ちょっと酸っぱかった(笑)

生産者ごとに出店しているので、出品されているものはお店によってバラバラです。

足で見て回るしかありません。

ウラジオストク 中央広場マーケット 野菜売り場

ウラジオストク 中央広場マーケット 野菜売り場

これはノビルかなぁ、、酢味噌和えにしたい、、(笑)

ウラジオストク 中央広場マーケット 野菜売り場

ウラジオストク 中央広場マーケット 野菜売り場

豪快に並べられた魚介類

カチカチに干からびた魚(干物?燻製?)やイカ、貝などが豪快に並びます。

ウラジオストク 中央広場マーケット 魚売り場

ウラジオストク 中央広場マーケット 魚売り場

魚はなかなか豪快に売られています。基本的に鮮魚はないんですね。

さすがにこれは持ち帰れませんねぇ、、(笑)

ロシアのファーストフード「ピロシキ」も山盛り

移動式のパン屋さんはトラック丸ごとパン屋さんになっていてかなり豪快です。

ウラジオストク 中央広場マーケット パン屋さん

ウラジオストク 中央広場マーケット パン屋さん

ク/2019-07-06 10.49.40.jpg ウラジオストク 中央広場マーケット ピロシキ屋さん

ク/2019-07-06 10.49.40.jpg
ウラジオストク 中央広場マーケット ピロシキ屋さん

日本で「ピロシキ」というと揚げパンの中にひき肉が入っているものが定番ですが、本場では中の具材も様々です。

ここではロシア語の他に英語も併記されているところもあるので意外とわかりやすいです。

中には中国語の表記もあって、意外とそれの方がわかりやすかったりもします。

ウラジオストク 中央広場マーケット 屋台ご飯

ウラジオストク 中央広場マーケット 屋台ご飯

近くには良い匂いのする屋台も発見。

ロシア語と中国語併記なんですね、、英語がどっかに行っちゃってますがまぁなんとなくわかります。

パエリヤのようなご飯が美味しそう。


(スポンサーリンク)

蜂蜜は自宅用におすすめ

この市場は生鮮食料品がメインなのでお土産にするにはちょっと難がありますが、自分用の蜂蜜を買うなら激安です。

季節にもよるのだと思いますが、歩いているとあちこちで蜂蜜が売られています。

広大なロシアの大地ですから養蜂業も盛んなのでしょう。

花の種類によって色が違って、味や香りも全く違います。

ウラジオストク 中央広場マーケット 蜂蜜

ウラジオストク 中央広場マーケット 蜂蜜

でかいバケツにたっぷり入った蜂蜜ですねぇ。。

お店のおばちゃんは当然のことながらロシア語しかわかりません。

英語も全くわからないのですが、またそれが楽しくもあります。

これは「ハニー?」と聞いてもロシアのおばちゃんには英語は通じません。

おそらくおばちゃんは「美味しいの?」と聞かれたと思ったのでしょう。

おもむろにナイフでガシガシと蓋を開けてくれて味見をさせてくれました。

うーん、ロシアのおばちゃん豪快!(笑)

最近はスマホがあるので「蜂蜜」をロシア語変換して「мед」の文字を見せると「ダー、ダー(yes,yes)」と一応通じたし。(笑)

というわけで小さめのバケツ蜂蜜をお買い上げ。

220ルーブルですから約350円程で激安です。

ロシアのお土産が集まっている”ヴラドギフツ(ВладГифтс)”

中央広場から海の方に少し歩くと”ヴラドギフツ(ВладГифтс)”というザ・ロシア!って感じのお土産やさんがあります。

中央広場のマーケットは地元の人がお買い物するというイメージですが、こちらは完全に観光客用です。

中央広場市場からはこの”ヴラドギフツ(ВладГифтс)”の三階部分に直接アクセスできるようになっているので、市場帰りにちょこっと立ち寄ってみると面白いです。

まぁお値段はそれなりにしますが、ロシアっぽいおみあげがたくさんありますので、ちょっとみるには良いでしょう。

ここで少し見て回ってお目当のものが見つかったら、、スーパーやコンビニに行ってみると同じものがもう少し安く買える場合があるのであちこち見て回ると良いでしょう。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください