2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.44 キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田搭乗記

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食
(広告)

ボーディングの時間になりました。

ラウンジである程度お食事をしたので、エコ飯がまずくても大丈夫(笑)

ちょっと雨模様の台北桃園空港を離陸後注目のエコ飯ですが、、意外に大丈夫でした(笑)

香港ーホーチミン線や香港ー台北線ではあまりのマズさに一口で終了してしまったキャセイパシフィック エコノミークラス機内食ですが、台北ー成田線は大丈夫でした。

日本発着線はそれなりのものを出しているのでしょうかね。

とはいうものの、他の路線と比べてもそれほど違うわけではなく、日本線の機内食をそのまま他の路線に使えばいいのに、、と不思議でなりません。

約2週間の旅行もこれで終了です。

旅行期間 2018/1月

エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

第一部 「旅の始まりは香港から」の巻こちらからどうぞ。
第二部 「ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻こちらからどうぞ。

目次 第3部 「台北に到着してホッとした」の巻
・Vol.32 香港国際空港 キャセイパシフィック ファーストクラスラウンジ「The Wing」で美味しいお食事を堪能
・Vol.33 キャセイパシフィック CX460 香港 – 台北 搭乗記〜この路線も機内食が美味しくない!〜あ、スーツケースの足がとれちゃった!
・Vol.34 台北のホテルは西門駅近くのビジネスホテル、内江商旅(ネイ ジャン ホテル(Nei Jiang Hotel)宿泊記
・Vol.35 これを食べないと台湾に来た気がしない!屋台の「臭豆腐」と「幸春三兄妹豆花」の「豆花」を食べて一息つく
・Vol.36 台北でも人気の牛肉麺のお店「富宏牛肉麺」。ここの牛肉麺は麺が決めて!
・Vol.37 寒い時にはやはり温泉?暑い時も温泉?「皇池温泉」でゆっくり旅の疲れを癒す
・Vol.38 士林夜市は裏通りの屋台がオススメ。
・Vol.39 初めて寧夏路夜市に行ってみた。「蚵仔煎大王」の蚵仔煎、「古早味」の豆花がめちゃくちゃうまい
・Vol.40 西門のデパートの地下にある「金園排骨」はボリューム、味、値段の3拍子揃ってコスパが良い
・Vol.41 高速バスに乗って台湾東部「礁渓温泉」に行ってみた
・Vol.42 台北最後の夜はちょっと豪華に「Shin Yeh Main Restaurant(欣葉台菜創始店)」へ。でも、ちょっと期待はずれでした
・Vol.43 台北桃園空港 キャセイパシフィック ラウンジ訪問記
・Vol.44 キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田搭乗記

CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG)(17:40) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE)(12:50) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


キャセイパシフィック  CX450 台北 – 成田 ボーディング

ゲートはB4か、、、この空港も広いなぁ、、、

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 ボーディング

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 ボーディング

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 B-KQL B777-300 Boeing777-367/ER 41431/1164 2013/12

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 B-KQL B777-300 Boeing777-367/ER 41431/1164 2013/12

成田まではボーイング777です。この飛行機は折り返し香港行きにでもなるのかな?

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 ボーディング

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 ボーディング

さて、ボーディング時間になりました。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 ビジネスクラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 ビジネスクラス

この辺はビジネスクラスエリアですね。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 ビジネスクラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 ビジネスクラス

JALの東南アジア路線と同じシート配置です。

フルフラットになるのはいいんですけどねぇ、、圧迫感が若干あります。

今回はこちらではないので関係ないです(笑)

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 プレミアムエコノミークラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 プレミアムエコノミークラス

この機材は3クラス制なのでプレミアムエコノミークラスがついています。

肘掛けが少し広いので肘掛け争奪戦争が起こりにくい(笑)全体的にゆとりがりますねぇ。

全席こうだといいのに、、、

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 プレミアムエコノミークラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 プレミアムエコノミークラス

足元は少し広いぐらいでしょうか?

でもってさらにずずいと後ろへ、、

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス

本日はエコノミークラス。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス

足元はLCCより広めですし、必要十分ということで。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス

前の座席との間隔はこのぐらい。普通に座って少し余裕があるぐらいです。

今回は割と座席が埋まっていたので一番後ろの2名がけの座席にしました。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田

ほぼ満席に近いです。こんな時期なのに、、

成田に向けて台北桃園空港離陸!

さて最後のフライトです。2時間ちょっと飛行機に乗れば東京に戻ります。

今回のフライトは台北桃園空港を若干遅れて出発です。

どうやらこの便は香港から台北経由成田行きの便らしく、香港の空港が混んでいて出発が遅れた為、台北からの出発も遅れたとのアナウンスがありました。

LCCも含めてやたらと飛行機が増えたので、どこの空港も混雑してしまうんですね。

特に香港の空港は混み方が尋常ではありません。

キャセイパシフィック  CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

さて!お待ちかねの機内食の時間になりました。

東南アジアの短距離路線の機内食は好き嫌いのほとんどない私も結構食べれないものがありましたから(笑)ちょっと帰国便が心配です。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

お昼なのでコーラとピーナッツ。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

帰りはシーフードパスタにしてみました。

よく見るとパスタに蕎麦か、、なんか麺類だらけですね(笑)

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

あ、これは食べられる!!(笑)

若干甘みが強いけど不味いわけでもなく普通に食べることができます。

あの香港ーホーチミン線や香港ー台北線の機内食のマズさとは違って食べられることに感動ものです(笑)

東南アジア短距離線はそちらの人の味覚に合わせてる??それにしてもあれはひどいと思うけど、、(笑)

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

お蕎麦は、まぁ普通のお味です。というかめんつゆさえおかしなものでなければ一応たべれますからね。

キャセイパシフィック CX450 台北 - 成田 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田 エコノミークラス機内食

デザートのアイスクリームはハーゲンダッツ。

やはりハーゲンダッツ美味しいですからねぇ、、できればチョコレート以外が良いんですけど(笑)妙なメーカーのアイスクリームより全然美味しいですからね。

成田空港に着陸!

とうとう成田に到着してしまいました。

今回の長い旅行も終了です。

成田付近の天候もなんだかすっきりしない曇りです。

去年の今頃はANAマイレージランをやっていたので毎週のように成田の上空を飛んでいましたが、この時期は強風が吹くことが多くて怖い思いをしましたが、今年は割と穏やかなようです。

いつもならばこのまま那覇まで行くところですが(笑)今回はここで旅行日程の全行程が終了です。

手荷物受取場でキャセイパシフィック の係員さんと合流

忘れちゃいけないのが台北到着時に破損したスーツケースの修理の依頼です。

手荷物検査場では既に係に人が私を探していました。

ちゃんと連絡が入っているのですね。というわけで、台北で受け取った書類を提出して、後日成田のリペアセンターにスーツケースを送るということで手続きは終了です。

役1週間ほどで車輪の部分は直ってきました。

ついでに動きの悪かったもう一つの車輪も直してくれて至れり尽くせり。

機内食はまずかったけど(笑)さすがフルサービスキャリアですね。

今回のシリーズはこれで終了!

香港に始まり、ホーチミン、台湾と周遊した記録がようやく終了しました。

書いている間に3回ほど旅行に出ていまして、まだそれもまとまりきれていない、、困りました(笑)

ともあれ、長々とお付き合いいただきありがとうございました!

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください