2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.39 初めて寧夏路夜市に行ってみた。「蚵仔煎大王」の蚵仔煎、「古早味」の豆花がめちゃくちゃうまい

「蚵仔煎大王」
(広告)

「士林観光夜市」と並んで三大夜市の一つとして有名な「寧夏路夜市」があります。

昔から知ってはいたのですが、MRTの駅から徒歩10分〜15分ほどかかって面倒だったので(笑)実は行ったことがありませんでした。

やはり色々な夜市に行ってみたい!ということで、MRT中山駅から歩いて行ってみることにしました。

夜市も全て一緒ではなくて、それぞれの場所で独特な雰囲気があります。

行ってみると、、結構広いスペースに飲食系の屋台がずらっと並んでいます。

どれも美味しそうで目移りしそう、、、

一つ目の目的はこの夜市の中にある「蚵仔煎大王」で美味しい牡蠣オムレツ「蚵仔煎(オアジェン)」を食べること。

二つ目の目的はすぐ近くにある「豆花」専門店「古早味豆花」で美味しい豆花を食べることです。

なんか食べ物ばかりですが、有名どころならば行って確かめてみないといけません(笑)

というわけで、今回は「寧夏路夜市」をブラブラとあるいてみました。

旅行期間 2018/1月

エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

第一部 「旅の始まりは香港から」の巻こちらからどうぞ。

第二部 ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻こちらからどうぞ。

目次 第3部 「台北に到着してホッとした」の巻
・Vol.32 香港国際空港 キャセイパシフィック ファーストクラスラウンジ「The Wing」で美味しいお食事を堪能
・Vol.33 キャセイパシフィック CX460 香港 – 台北 搭乗記〜この路線も機内食が美味しくない!〜あ、スーツケースの足がとれちゃった!
・Vol.34 台北のホテルは西門駅近くのビジネスホテル、内江商旅(ネイ ジャン ホテル(Nei Jiang Hotel)宿泊記
・Vol.35 これを食べないと台湾に来た気がしない!屋台の「臭豆腐」と「幸春三兄妹豆花」の「豆花」を食べて一息つく
・Vol.36 台北でも人気の牛肉麺のお店「富宏牛肉麺」。ここの牛肉麺は麺が決めて!
・Vol.37 寒い時にはやはり温泉?暑い時も温泉?「皇池温泉」でゆっくり旅の疲れを癒す
・Vol.38 士林夜市は裏通りの屋台がオススメ。
・Vol.39 初めて寧夏路夜市に行ってみた。「蚵仔煎大王」の蚵仔煎、「古早味」の豆花がめちゃくちゃうまい
・Vol.40 西門のデパートの地下にある「金園排骨」はボリューム、味、値段の3拍子揃ってコスパが良い
・Vol.41 高速バスに乗って台湾東部「礁渓温泉」に行ってみた
・Vol.42 台北最後の夜はちょっと豪華に「Shin Yeh Main Restaurant(欣葉台菜創始店)」へ。でも、ちょっと期待はずれでした
・Vol.43 台北桃園空港 キャセイパシフィック ラウンジ訪問記
・Vol.44 キャセイパシフィック CX450 台北 – 成田搭乗記

CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG)(17:40) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE)(12:50) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


「寧夏路夜市」に行こう!

今まで何度も行こうと思っていたのですがついつい行きそびれていました。

というのも、MRTの駅から少し離れているんですよねぇ、、つい便利さに慣れてしまって10分ちょっとの距離も億劫になってしまいます。

面倒ならばタクシーで行っちゃえばいいんですけどね、、今までなかなか行く機会に恵まれませんでしたが、今回は意を決して行ってみました(そんなたいそうなことでもないんですけど)

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」へのアクセス

丁度MRT「中山駅」もしくは「雙連站」から歩いて10分〜15分のところにあります。

この微妙な距離感が今までネックになっていたのですが、行ってみるとすぐにつきます(笑)

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」

ここは常設の屋根があって雨の日も大丈夫。屋根の下にはずらりと屋台が並んでいます。

この時期はどこも春節飾りですね。

「寧夏路夜市」

「寧夏路夜市」

その両隣には普通のお店がずらりと並びます。

まさにここは「お食事ストリート」です。

もちろん屋台の食べ物もとても美味いのですが、なぜここまで来たかというとちょっと目的があったんです。

それは、、、

「美味しい牡蠣オムレツを食べる!」です。

実は牡蠣オムレツ「蚵仔煎(オアジェン)」を食べたことがなかった、、

実は台北に何度となく足を運んでいるのですが食べたことがなかったんです(笑)

理由は明快で「牡蠣ってあたるんじゃないの、、、」の一言につきます、、

日本のお寿司屋さんでは生牡蠣なんてじゃんじゃん食べちゃうんですけどね、、、

台湾ではちょっとご遠慮していました(笑)

とはいうものの、夜市にも普通のお店にも専門店があちこちにあってまさに国民食のような感じで売られていますのでまずあたることもないようです。

初チャレンジということで、美味しいお店で食べたい!ということで知り合いに連れられてやってきました。

牡蠣オムレツ「蚵仔煎(オアジェン)」とは?

台湾ではどこでもみることができる「蚵仔煎(オアジェン)」ですが、小ぶりの牡蠣と青菜などを鉄板で炒めた後、水溶き片栗粉でオムレツ状に固めて甘辛ソースをかけていただく食べ物です。

見た目は平たいオムレツ?のような感じです。

「蚵仔煎(オアジェン)」で有名な「蚵仔煎大王」へ行ってみた

寧夏路夜市の中にも屋台や専門店を含めて数件あります。

寧夏夜市で蚵仔煎の3大人気店というと圓環邊蚵仔煎、頼記鶏蛋蚵仔煎、蚵仔煎大王と聞いていましたが、その中でも今回行ったのは「蚵仔煎大王」。

さすが人気店ということもあって結構混み合っています。

「蚵仔煎大王」

「蚵仔煎大王」

黄色いでかい看板が目印です。

「蚵仔煎大王」へのアクセス

通りに面した調理場でおじちゃんが大きな鉄板で焼いてくれます。

「蚵仔煎大王」

「蚵仔煎大王」

「蚵仔煎大王」

「蚵仔煎大王」

お値段はというと、牡蠣オムレツ60台湾ドルですから約200円ぐらい。

そのほかエビチャーハンだったりあまり読めないですが(笑)スープだったり、、、

「蚵仔煎大王」

「蚵仔煎大王」

とりあえず店内に写真がどーんとあるものを頼んでおけば間違いない!ということで、エビチャーハンと牡蠣オムレツを頼んで見ました。

「蚵仔煎大王」の「蚵仔煎(オアジェン)」

「蚵仔煎大王」の「蚵仔煎(オアジェン)」

盛りが若干雑なのはご愛嬌。

あ、なるほどこんな味だったんだ、、生地は外側こんがり中はもっちりしています。

甘酸っぱいソースは甘さ控えめ。

小ぶりの牡蠣もたっぷり入っていて牡蠣のエキスがジュワーっと出る感じです。

あ、これは美味しい(笑)今まで意識的に避けていたけど(笑)美味しいです。

「蚵仔煎大王」のエビチャーハン

「蚵仔煎大王」のエビチャーハン

ついでに頼んだエビチャーハンは味付け若干薄めですが、牡蠣オムレツと一緒に食べると丁度良いです。

お、これは良い組み合わせです。

他にも蛤のスープもあるのでこれだけで一食美味しくご飯が食べられます。

今までの食わず嫌いを反省。

毎日長蛇の列、豆花専門店「古早味豆花」の絶品「豆花」を食べに行こう

さて、ご飯の後はデザートです(笑)

「寧夏路夜市」まで来たのはすぐ近くにある豆花専門店「古早味豆花」にも行ってみたかったからなのです。

豆花専門店「古早味豆花」

豆花専門店「古早味豆花」

さすが人気店、お客さんがいっぱいです。

「古早味豆花」へのアクセス

営業時間

年中無休

10:00〜深夜1:00

豆花専門店「古早味豆花」

豆花専門店「古早味豆花」

お店は意外とこじんまりとしています。

有名人?の来店も多数あるようですね。

豆花専門店「古早味豆花」

豆花専門店「古早味豆花」

孤高のグルメにも登場したお店です。

日本のテレビでも紹介されたようですが、ざっと見た感じだと地元の人が大多数のようです。

観光スポットから少し離れていますから観光客が押し寄せるということもないようです。

それでも地元の人でいっぱいですから人気の高さがよくわかります。

豆花専門店「古早味豆花」メニュー

豆花専門店「古早味豆花」メニュー

メニューは日本語の表記もありです。

わかりやすいですが、何しろ色々とあるので何を頼んで良いのかわかりません。

適当にオーダーします(笑)

一押しは何と言っても「豆花」。

追加でトッピングもできますので、具材のある場所で指差しでお願いしましょう。

店内はこじんまりしているので満席ですが、回転が良いのでちょっと待っていればすぐに空きます。

のんびり長居をする場所ではありません。

豆花専門店「古早味豆花」

豆花専門店「古早味豆花」

今回は暖かい豆花にタロイモをトッピング。

豆腐は豆の味が濃厚なつるっとした食感で美味です。

甘く煮た芋も結構ボリュームがあります。

スープはほんのり甘くて丁度良いです。これは体に優しくて美味しい。

夜市の後の〆には丁度良いです。

まとめ

台北の三大夜市の一つ「寧夏路夜市」ですが、まさにフードストリートです。

色々と食べたいものはあったのですが、いかんせん店が多すぎて何回か通うしかなさそうです。

昔から地元の人に愛されている夜市ですから味はピカイチです。

地元の人を中心に観光客もたくさんいます。

ですので悪い人もたまーにいるようですのでスリには注意です。

というのも、台湾人の友人がここでスリにあって結構大変なことになってしまいました、、、

観光客だけでなくて現地の人でもそうですから十分にご注意ください。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください