JAL JGC ダイヤモンド修行 久しぶりに福岡まで日帰りで行ってきた。福岡空港は大改装中 / Vol.4 福岡空港は大改装中。日本航空 JAL324 福岡 – 羽田搭乗記

日本航空 JAL324 ボーディング JA339J B737-800 Boeing737-846 40354/3687 2011/06〜 2014/10〜JAL
(広告)

新しくなった福岡空港のJALダイヤモンドラウンジが居心地が良くて(笑)ずっと居たかったのですが、ボーディングの時間になったので搭乗口に向かいます。

が、あちこちが工事中で上に行ったり下に行ったりゲートまでが長いこと、、

まずはラウンジからゲートへの出口がわからずにレセプションに逆戻りして見たりして右往左往してしまいました(笑)

しかも、ゲート60とゲート6が混在していたりして複雑になっています。

空港ターミナルの大規模な建て替え工事ですから仕方がないですね、、、

旅行期間 2017/11月
エリア  福岡
テーマ  街歩き、食べ歩き、JAL修行

<往路>
JAL307 HND(8:15) – FUK(10:10)
<復路>
JAL324 FUK(17:25) – HND(19:00)

合計 1814FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

福岡空港新国内線ターミナル工事概要

戦前から使われている福岡空港(板付空港)ですが、よくあることですが増築に次ぐ増築で非常にいびつな空港でした。

2800mという非常に短い滑走路1本しかないのに、第二ターミナルを作り、国際線用に第3ターミナルを作りましたがすぐに手狭になり、国内線ターミナルから滑走路をはさんで逆側に新しく国際線ターミナルを建築。

もうその時点で建物自体が難解な作りになってしまいました。

博多駅からバス便しかなかったのですが、いつの間にか地下鉄も開業し、都市の中心からのアクセスは抜群なのですが、国内線側のターミナルがあまりに使いにくということで大改造に踏み切ったようです。

しかし、周りを住宅地に囲まれ面積を広げることもできません。

その為、通常ならどこか別のところに作ってできた段階で引っ越しますが、なんと運用しながら建て替えを進めるという暴挙にでています(笑)

国土交通省発行 福岡空港改造の全貌((公式文書)

滑走路を一本増設!

なんと現行の滑走路(2800m)と国際線ターミナルビルの間に2本目の滑走と(2500m)を増設するようです。(2024年運用開始予定)

滑走路を増設

滑走路を増設

国内線側の誘導路を二重化

更に飛行機の出発と到着を効率化するために、出発機がプッシュバック時も到着機が通れるように誘導路を2重化します。

誘導路を2重化

誘導路を2重化

誘導路を2重化公式文書

2重化後の運用

2重化後の運用

2重化後の運用公式文書

どこにそんな用地が、、、とよく見ると、急第一ターミナルと第二ターミナルの外側にあった駐車場がなくなっています。

そうなんです、駐車場を取り潰してそこにターミナルビルを移動させるのです(笑)

元々第一、第二、第三ターミナルがありましたが、第3ターミナルの一部のみ残してあとは全て建て替えなんですね(笑)

これはほとんど新しく建てるのと同じことです。

それにしても効率化しても年間4000回(1日10回程度)しか処理能力が増えないのか、、

どうせやるなら徹底的に!

福岡空港公式サイト内再整備記事

どうせ全部取り壊して新しくするんだから快適にしましょう!というわけで、いくつか改善点があります。

・空港ターミナルの集約

ターミナルビルを一つにまとめてわかりやすく!

(そりゃ建て替えるんだから当たり前ですね)

・地下鉄からの動線改善

地下鉄から1階の航空カウンター行きと2階の出発口直通のエスカレーターで動線が整備されます。

確かに行き先によって分かれている現在までの動線は非常に分かりにくかったですから大歓迎です。

・出発・到着旅客の動線完全分離

ついでに到着客が空港内セキュリティエリアを通って国際線まで行ける動線を作ってくれるかどうかで本気度がわかります。是非そうしてもらいたいです。

・展望デッキなど送迎施設の展開

設計図面の国内線ターミナルの中央にボコッと出っ張ったところがありますが、どうやら展望デッキになるようです。

福岡空港の展望デッキはお世辞にも良いとは言えませんでしたからとっても期待しています。

ちゃんと航空ファンも楽しめるようにあちこちにレンズが出せる穴を作ってくれるととてもありがたいです。

福岡空港新ターミナルビル完成予定:平成 31年 3月(平成は30年までですので、2019年3月ですね)

完成が楽しみです。

現在の福岡空港ターミナルは建設現場にいるような感じ

そんな状態の福岡空港ですから、旧第1ターミナルは取り壊されていますし、旧第2ターミナルはボーディングブリッジの部分だけ使用していますのでなかなか複雑です。

福岡空港搭乗口

福岡空港搭乗口

運用しながらの建設ですから、ボーディングブリッジも少しづつ作り変えています。

現在の第3ターミナル側のGATE1〜5は完成していて、順番に作っています。

その為、GATE6とGATE60がありますが、どうやら新しくした後はGATE60がGATE6に変更になり、順次GATE7とGATE70が出来てボーディングブリッジを作って、、、を繰り返すようです。

現在工事中のGATE6

現在工事中のGATE6

まさに工事現場さながらです。

福岡空港 

福岡空港

制限区域内になんと有名な「一蘭」がオープンしています。お店もほとんど営業していないのですが、できたところから開業を始めているようです。

スポンサーリンク

日本航空 JAL324 ボーディング

福岡空港 新搭乗口

福岡空港 新搭乗口

新しくなった搭乗口はでかい文字でわかりやすい。

今流行りのデザインですね。

日本航空 JAL324 ボーディング JA339J B737-800 Boeing737-846 40354/3687 2011/06〜 2014/10〜JAL

日本航空 JAL324 ボーディング
JA339J B737-800 Boeing737-846 40354/3687 2011/06〜 2014/10〜JAL

JALエクスプレスの機材でしたが、その後転用したボーイング737です。

日本航空 JAL324 クラスJ

日本航空 JAL324 クラスJ

本日はクラスJが取れたのでそれで帰ります。

福岡空港離陸!

外はあいにくの雨、、

滑走路ももう一本新設されるので2本体制になれば、福岡空港の渋滞緩和にも役に立つのかもしれません。

離陸直前には窓の水滴が丁度いい具合に光に照らされてきらきらと前ボケになってきれいです。

雨でもこんな風な面白い映像になると、たまには雨の日もいいかなぁなんて思ったりします。

羽田空港着陸!

羽田空港到着はいつもの通り千葉県上空から東京湾を横切って着陸するルートです。

雲の切れ間から街の明かりが見え隠れします。

羽田空港へはD滑走路を右に見ながらA滑走路へ着陸です。

こちらも雨模様です。

海外の巨大空港は滑走路上が真っ暗ですが、羽田空港はターミナル間が隣接しているからでしょうか、羽田空港は誘導灯の明かりが煌々とついていてきれいです。

まとめ

今回は福岡空港が建て替えられている最中でびっくりしましたが、あと1年ちょっとで素晴らしい空港になると期待して楽しみにしていようと思います。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください