ANAダイヤモンド修行2017 / Vol.38 最後の修行先は台湾。無事に解脱できました。 羽田の早朝便なら都内の「カプセルイン蒲田」に前泊がオススメ 安くて快適!

カプセルイン蒲田
(広告)

3連休ということで、数名の友人と台湾に行く計画を立てました。ただし、現地集合現地解散。エアーは那覇経由というおかしなチケットを購入してあるので友人を引き入れるにはちょっと無理がありますからね。

ANAダイヤモンド修行2017 最後の修業先は台湾。無事時解脱できました編
Vol.38 羽田の早朝便なら都内の「カプセルイン蒲田」に前泊がオススメ 安くて快適!
Vol.39 羽田空港 JALファーストクラスラウンジでのんびり朝食
Vol.40 日本航空 JL97 羽田 – 台北(松山) ビジネスクラス搭乗記
Vol.41 安くて綺麗で交通至便!西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館) 宿泊記 1
Vol.42 西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館) 宿泊記 2
Vol.43 台北市内観光 総統府、国父記念館、中正記念堂に行って衛兵交代セレモニーをみてきた
Vol.44 台北市内観光2 「龍山寺」、「淡水」を巡る
Vol.45 台湾グルメあれこれ 「松江自助火鍋城」は地元の人も訪れる伝統的な火鍋
Vol.46 台湾グルメあれこれ2 龍山寺周辺「四方阿九魯肉飯」、「龍都冰果専業家」
Vol.47 台湾グルメあれこれ3 やはり鼎泰豊(本店)と思慕昔(スムージー)は行っておきましょう
Vol.48 台湾グルメあれこれ4 中山地区の「新葡苑」で少し豪華にお昼ご飯
Vol.49 電車とバスで九份まで行く方法 時間はかかるけど意外と簡単に行けちゃいます
Vol.50 今日も九份は雨だった。九份ぶらり旅と絶景が見れるの穴場「阿柑姨芋圓 」
Vol.51 九份で人気のお茶屋さん「湯婆婆的湯屋」は激混み。そんな時は「芋仔蕃薯」へ行ってみましょう。落ち着いて絶景とお茶を楽しめます。
Vol.52 台湾の有名なお土産のパイナップルケーキ屋さん巡り「ホテルオークラThe Nine」「微熱山丘」「佳徳糕餅」食べ比べ
Vol.53 台北桃園空港へMRTが開通!早速乗ってみた。
Vol.54 台北桃園空港 EVA AIR 「The INFINITY」 Lounge体験記
Vol.55 全日空 NH824 台北(桃園) – 成田 ビジネスクラス搭乗記
Vol.56 成田空港 ANA ARRIVAL LOUNGEで一息
Vol.57 全日空 ANA 2159 成田 – 那覇 搭乗記
Vol.58 ANAダイヤモンド修行最終フライト 全日空 ANA464 那覇 – 羽田 搭乗記

今年のANAダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

今回は那覇行きではなくて昨年台北発券した台北直行往復便の復路分を使います。

朝8寺55分発で朝が早いのと前日打ち合わせで夜遅くまで都内に居るので、帰宅してからちょっと寝て羽田に向かうよりも都内のどこかに泊まった方が楽!ということで色々と探したところ、3000円ちょっとで蒲田駅近くにカプセルホテルを発見。

学生の頃利用したっきりであまり使ったことはなかったのですが、寝るだけなら問題ないので使ってみることにしました。

経路

第一区間
(JL97 HND(08:55) – TSA(11:40) Y+UPGRADE)
第二区間
NH824 TPE(10:00) – NRT(14:10) H(Y)+UPGRAGE(1396pp)
第三区間
ANA2159 NRT(18:15) – OKA(21:25) M(Y) 国内線乗り継ぎ(1968pp)
第四区間
ANA464 OKA(12:20) – HND(14:40) プレ特28(2860pp)

合計プレミアムポイント 6224pp

2017年総合計プレミアムポイント 100435pp

今回の台湾旅行で無事解脱しました!

スポンサーリンク

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

到着したのは23時半。場所はJR蒲田駅東口から徒歩5分ほどのところにあります。東口を出て右のほうを見ると「サウナ」とでかい看板が出ていますので、そっちに方向に行くとあります。

アクセス

スポンサーリンク

やはり都内に仮眠を取れるところを用意しておいて良かったです。

帰ってから自宅で寝て、また羽田空港へ、、となると数時間しか寝ることができませんから楽です。

最近は羽田空港も早朝、深夜に出発する便が増えてきたので、ちょっと休憩するにはもってこいのロケーションです。

ただし!JRか京急かバスなどの公共交通機関しか利用できませんから、それらが動いている時にしか羽田空港に行けません。(タクシーを使えば行けますが(約3000円)、それなら空港内のカプセルホテルを使った方がお得ですね(笑))

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

今ひとつシステムがわかりません。最近使ったことがないですからねぇ。

今回はじゃらんから予約。若干安いようです。もちろん当日現地に行って空きがあれば泊まれますが、もしなかったらサウナの休憩スペースを使うしかありません。

初めての場合はフロントで説明してくれます。

これって外国人の人にわかるかなぁ、、とちょっと心配になります。初めての時はかなり戸惑います。

宿泊までの手順

1.入り口横の下駄箱に靴を入れてスリッパに履き替えて下駄箱の鍵をかける。
2.フロントに行く(並んでいる場合もあるので、ちょっと周りを見渡して)
3.フロントで宿泊料金を前払い。領収書は翌日のチェックアウトの時に受け取る。
4.チェックインの時に下駄箱の鍵は預ける。
5.エレベーターは2つ。スタンダードタイプのカプセルは右のエレベーターを使います。左のエレベーターはキャビンタイプのカプセル階行きです。ちょっとグレードの高い広めのカプセルのようです。このエレベーターが少しややこしいかもしれません。止まる階が違うんですね。

館内をちょっと探検

明日は朝が早いのに寝ておけば良いものをちょっと気になったのでみて回ります。

館内は意外と広いんです。

ただ主要な設備は2Fに集約されていて、その他は寝る場所になっています。

2Fにはサウナを備えた大浴場とマッサージ処、飲食のできるスペースがあります。

マッサージ処は今流行りの2980円/hour(税抜き)のお店がありますので、疲れを癒すには最適です。

お食事処は簡単な食べ物とビールなどを提供してくれます。

スタンダードタイプのカプセル

今回はスタンダードタイプにしてみました。

フロアーはテレビの置いてあるラウンジエリアとシャワールームとトイレ、それとキャビンスペースに分かれています。

大浴場があるのでシャワーを使っている人はいないですし、若干老朽化しているのでここを使うより大浴場に行った方が良さそうです。

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

それぞれの入り口で4つのカプセルに入れます。ん?なんか病院の四人部屋みたい(笑)一番奥がシャワールームとトイレです。

一応リノベートしているようで予想外に綺麗です。

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

一人づつ大型のロッカーと上下2段のキャビンがあります。

大型のロッカーはそれなりに容量はありますので、機内持ち込み手荷物にできるコロコロぐらいは入りますが、それ以上になるとフロントで預かってもらうしかなさそうです。

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

キャビンの入り口には鍵はありません。ロールカーテンのみですので、貴重品はロッカーに入れましょう。

キャビン内は枕元にコンセントが一つありますので、そこで充電は可能です。WiFiは一応ありますが、よく切れます(笑)しかも中に入ってしまうと電波も弱いので場所によってはちょっと不便かもしれません。

まぁ寝るだけですから気にしません。

カプセルは寝てしまば圧迫感はありませんし寝返りを打てるだけ広々として快適です。寝るだけならこれでいいですね。

よく眠れる人は気にならないかもしれませんが、朝5時ごろからみなさんごそごそと起き出します。神経質な方は耳栓などを用意して置いた方がよいでしょう。

カプセルイン蒲田

カプセルイン蒲田

洗面所は共用です。普通のスパ銭と変わりません。歯ブラシとカミソリはありますが、カミソリに限っては全く切れませんので(笑)自分のものを持って行くか、コンビニで調達して置いた方が良さそうです。

スポンサーリンク

翌朝は京急蒲田から電車で羽田空港へ10分!

翌朝は6時に出発して京急蒲田の駅まで歩きます。およそ10分ほどでしょうか。

そこから羽田空港へ京急線で10分。サクッと到着しますね。

もちろんバスやタクシー(3000円ぐらい)も利用できますが、電車が動いている時間帯は電車が便利で早いです。

JR蒲田駅からだと品川乗り換えで京急線に乗り換えるか、浜松町乗り換えでモノレールを使うことになると思いますが、京急線で直接行く方が便利で早いです。

羽田空港発の早朝便を使う時はここは便利で安くて快適でした。

さて、チェクインを済ませてさっさとJALラウンジで朝食にします。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください