フィリピン随一の楽園ボラカイ島に行ってきた / Vol.13 フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 搭乗記〜やっぱり美味しい機内食〜

RP-C9917 A321 A321-231 6371 2014/11〜
(広告)

わずか4日でボラカイ島に行ってみましたが、結構良かったなぁ〜

1週間ぐらいのんびり行きたいですねぇ。

アジアっぽいビーチリゾートで落ち着けます。

観光メインに開発されているので観光客がいくようなところは治安は大丈夫。

もっとも、隣接する地元の方の住んでいる家とか商店はガッチリ鉄格子がはめられていますから、泥棒さんも多いのでしょう。

マニラなどの都市部は想像通りかも知れなくて結構大変なのでしょうが、、、

帰りの飛行機は2人がけの狭いエコノミー。

フィリピンって意外と近いのであっという間ですからさほど苦になりません。

タイのビーチリゾートが大好きなのですが、フィリピンも結構良いですね。

旅行期間 2019/1月
エリア  ボラカイ / フィリピン
テーマ  ビーチリゾート、街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 ANA SUITE LOUNGE Dining hで夕食
・Vol.2 ANA SUITE LOUNGE 終了したのでANA LOUNGEへ移動
・Vol.3 フィリピン航空 PR423 羽田 – マニラ エコノミークラス 搭乗記〜予想外に機内食美味しい〜
・Vol.4 マニラ空港 国内線 mabuhay LOUNGE訪問記〜いつ飛ぶかわからない飛行機を待つ〜
・Vol.5 フィリピン航空 PR2041 マニラ – カティクラン(ボラカイ) 搭乗記
・Vol.6 カティクラン空港から船を使ったボラカイ島への行き方
・Vol.7 ボラカイ島 Villa Caemilla (ヴィラ・カエミラ・ビーチ・ブティック・ホテル)宿泊記
・Vol.8 まさに地上の楽園!目の前は美しい白浜 ボラカイビーチを散策
・Vol.9 なんとなく気に入って毎日通ったサニーサイドカフェ(SUNNY SIDE CAFÉ)
・Vol.10 ビーチ沿いのショッピングモール・スーパーマーケットを散策
・Vol.11 フィリピン航空 PR2042 カティクラン(ボラカイ) – マニラ 搭乗記〜え、また遅れるの?〜
・Vol.12 マニラ空港 フィリピン航空 国際線 mabuhay ラウンジ訪問記
・Vol.13 フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 搭乗記〜やっぱり美味しい機内食〜

<往路>
PR423 HND(02:10) – MNL(06:10)
PR2041 MNL(11:55) – MPH(12:50)

<復路>
PR2042 MPH(13:30) MNL(14:20)
PR424 MNL(19:20) – HND(0:40)


フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 ボーディング

さて、ボーディングの時間になりました。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 ボーディング

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 ボーディング

一応 国際線は時間通りに飛ぶようです(笑)

国内線はあれだけ盛大に遅れてくれるんですけどね(笑)

RP-C9917 A321 A321-231 6371 2014/11〜

RP-C9917 A321 A321-231 6371 2014/11〜

帰りもまたちっこいA320。

あくまでイメージなのですが、ちっこい飛行機は国内線で国際線が大型機って勝手に思っているので若干違和感(笑)

まぁあくまで思い込みってことで、、、

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 ビジネスクラス

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 ビジネスクラス

こちらはふかふかシートのビジネスクラス。

わずか4時間ちょっとですから使うことはないかなぁ〜

まぁ値段次第では興味はある(笑)

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 プレミアムエコノミークラス

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 プレミアムエコノミークラス

こんな小型機にもちゃんとプレミアムエコノミーが!

エコノミーとどこが違うんだ??

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス

で、こちらがエコノミークラス。

確かに、、ちょっとだけ足元が狭くなっている(笑)

まぁエコノミークラスですからこんなものでしょう。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス

で、今回も非常口座席前の2人がけのシートを指定しています。

両脇どちらからでも席を立てるので便利なのですが、如何せんこのシート幅が肘掛一つ分狭い!

前の座席とよーく比べてもらうとわかりますが、センターの肘掛の位置が肘掛の幅分狭い。。。

恰幅の良い方はやめたほうが良いシートです。

今回はドアが閉まると同時にCAさんにお願いして通路を挟んで反対側の同じ座席に移動。

他がほぼ満席の中、狭い座席を1人で二席使えたので結構楽ができました。

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

離陸後しばらくすると機内食が配られます。

フィリピン航空は和食か洋食の二択なのですが、和食の方がなんとなく豪華な気がします。

というわけで、帰りも和食のお弁当をチョイス。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

幕の内弁当のような見た目です。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

さて、これは鶏だったか豚だったか、、

馴染みのある味付けで結構良かったです。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

ドレッシングが少しこってり系のサラダ。

フィリピン航空 PR424 マニラ - 羽田 エコノミークラス 機内食

フィリピン航空 PR424 マニラ – 羽田 エコノミークラス 機内食

ちょっと不可思議なフリッターとスイカ。

このフリッターってひょっとして天ぷらをイメージしているのかも知れませんね(笑)

量も十分だしメニューを冒険しないので(笑)それなりに美味しい。

どこぞの量が少なくて美味しくない航空会社、、CXとか、、とは運伝の差です(笑)

もうこれだけ出れば個人的には満足です。

この便の到着は午前1時過ぎ、、

これが唯一の問題なのですが、、ちゃんと車できているので朝まで空港で過ごすことなく到着後はすぐに自宅に戻れます。

というか、、遅くまで発着があるんだからちゃんと公共交通機関を動かしてくれないと困りますよねぇ、、

みんなどうしてるのかなぁ〜電車が動くまで空港で時間を潰すのかな?

次はいつ海外に行けるのか?

まぁ昨年は普通にあちこち行けてましたが、まさかの事態でいつになったらまた海外に出られるかわかりません。

想像するにあと1〜2年は無理なんじゃないでしょうか。。

感染症という特性から今後この騒動が終息することはないのでどっかで折り合いをつける以外にないんですけどね。。

後は人の考え方一つです。

確実に言えるのは、、新型コロナは終息することはありませんし、数年たてば「旧型コロナ」になります(笑)

もっと怖い感染症は世界にたくさんあって、今回の新コロの残してくれた教訓としては「感染症を防ぐ対策はほぼ何であれ変わらない」ということです。

今回日本ではたまたま致死率も1%程度と特に騒ぎ立てるようなものではありませんでしたが、これが将来MARSのような30%を超えるようなものが入ってくる可能性もあるわけで、その時にきっとこの経験が役に立つんじゃないかなぁと思っています。

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください