ちょっと大変だった初めてのミャンマー旅行 / Vol.4 Samyan Serene Hotel宿泊記   

Samyan Serene Hotel
(広告)

今回バンコクで2泊しますが、新しいお宿の開拓として新しくできた「Samyan Serene Hotel」を使ってみました。

キャンペーンで一泊5000円ほどなのでとてもリーズナブル。

MRT Sam Yan駅から徒歩5分ほどと交通至便ですし、最近はサムヤンミッドタウンという巨大商業施設もできて、とても便利になってきています。

肝心のホテルですが、個人的には可もなく不可もなく。

立地もよくコスパに優れたホテルですが、プールがないのとWiFiが今ひとつ繋がりが悪いので個人的にはその点がマイナス点です。

旅行期間 2019/8月

エリア  那覇、バンコク、ミャンマー

テーマ  街歩き、食べ歩き、お寺巡り

目次

・Vol.1 JALダイヤモンドプレミアラウンジ&日本航空 JAL909 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.2 さぁバンコクに向けて出発!日本航空 JAL900 沖縄 – 羽田 搭乗記〜羽田空港 JALファーストクラスラウンジへ
・Vol.3 日本航空 JL31 羽田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 Samyan Serene Hotel宿泊記
・Vol.5 バンコクの交通網が大きく変わる!?MRT新路線を使ってワットポー&ワットアルン観光をしてみた
・Vol.6 バンコクご飯巡り〜屋台飯からソンブーンまで〜
・Vol.7 スワンナプーム空港 MIRACLEラウンジ体験記
・Vol.8 ミャンマー国際航空 8M336 バンコク – ヤンゴン 搭乗記
・Vol.9 ヤンゴン空港は予想以上に近代的だったけど、外に出るとそこはやっぱりアジアだった
・Vol.10 お、結構お洒落な素敵なホテル「HOTEL G Yangon」 宿泊記
・Vol.11 ヤンゴンの中心「スーレーパゴダ(Sule Pagoda)」に行ってみた〜ヤンゴンって思ってたよりずっと都会だった〜
・Vol.12 スーレーパゴダ周辺をぶらり散歩〜ボージョー アウン サン マーケット、パンドゥラ公園〜
・Vol.13 落ちそうで落ちない金の球「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた
・Vol.14 「シュエダゴン・パゴダ」は巨大だった〜曇っていたのにめちゃくちゃ暑かった〜
・Vol.15 ミャンマー国際空港の「Mingalar Sky CIP Lounge」は想像を遥かに超える快適さだった
・Vol.16 ミャンマー国際航空 8M331 ヤンゴン – バンコク 搭乗記 スワンナプームイミグレが大騒ぎの巻
・Vol.17 Le Meridian Bangkok 宿泊記
・Vol.18 タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から簡単に行けて結構楽しい場所だった
・Vol.19 日本航空 JL32 バンコク – 羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.20 帰国してそのまま那覇へ飛ぶ!日本航空 JAL925 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.21 ようやく家に帰ります。日本航空 JAL920 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL909 HND(10:50) – OKA(13:25)
JAL900 OKA(07:10) – HND(09:40)
JL31 HND(11:20) – BKK(15:40)
8M336 BKK(10:40) – RGN(11:25)
<復路>
K7 831 RGN(16:30) – BKK(18:15)
JL32 BKK(09:45) – HND(17:55)
JAL925 HND(19:40) – OKA(22:10)
JAL994 OKA(10:35) – HND(12:55)


意外と重宝するMRT「サムヤーン(Sam Yan駅)」

最近はBTSやMRTなどの鉄道網がどんどん整備されていて、行くたびに新しい駅が増えて戸惑っています(笑)

そんなバンコクの交通事情の中、Sam Yan駅は昔からある駅で、オフィス街シーロム地区に隣接していて本来はもっと知られていて良いはずなのですが、若干マイナー感があります。

というのも、周りの主だった商業施設もなく、乗降客も少なくてとても寂しい駅、、、だったのですが、ここ数年でサービスアパートメントやホテル、商業施設がどんどんできていて急速に利便性が向上しています。

なんと言ってもこの駅の周辺はタイの東大「チュラロンコン大学」のお膝元でもあるのです。

今まで中心街に隣接していているにもかかわらず混雑とは無縁だったのですが、新しく「サムヤンミッドタウン」という24時間眠らない商業施設もできて、コワーキングスペースも完備されていることから一気に注目されるのではないか?と思っています。

個人的には混雑を避けるときによく利用する穴場的な場所だったんですけどねぇ、、人が増えちゃうな(笑)

サムヤン駅はここ!

でもって、新しくできた「サムヤン ミッドタウン」はここ!

Samyan Serene Hotel宿泊記

そんなプチバブルが訪れているSam Yan駅周辺ですが、今回宿泊したSamyan Serene Hotelもその地区に隣接しています。

立地的には申し分ない場所のように見えるのですが、ホテルの前の通りが片側1車線の細い道路の割には交通量が多く、当然のことですが横断歩道なんてあってないようなものですから(笑)その道を越えるのがちょっと難所なのです。

特にスーツケースなんて持っている時はなかなか骨が折れます。

それ以外はここからシーロムの繁華街へも歩いていけますから町歩きという点ではとても便利な場所にあります。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

まだできたばかりのようでとても綺麗です。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

ロビーもこのクラスのホテルにしては広々。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

ロビーからガラスの扉を開けるとちょっとしたカフェになっています。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

ここはホテルの設備なのか隣のカフェの設備なのか、、まぁおそらく使って良いものだと思われます(笑)

Samyan Serene Hotelのお部屋

チェックインを済ませてお部屋へGO!

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

作りはビジネスホテル風です。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

部屋の広さは程よい感じで、奥にこじんまりとした机があります。

机があるとPC作業をするには便利なんですよねぇ。

まさにビジネス向けといった感じのお部屋です。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

クローゼットにはとりあえず金庫もあります。

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

浴室、トイレ、シャワーは一部屋のおまとめです。

まさにビジネスホテル(笑)

難を言えばアメニティー類がほぼない。

シャンプーとボディーソープぐらいはありますが、他はほぼありません。(多分言えばもらえるかも?)

アパホテルのスリッパが重宝しました(笑)

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

Samyan Serene Hotel

冷蔵庫とポットぐらいはあります。

電子レンジがあればこのまま住めそうな感じですが、まぁここはホテルですからね、、まぁないか。

Samyan Serene Hotel雑感

流石にできたばかりで外観、室内ともに綺麗です。

昔からあるタイのホテルやサービスアパートメントはやたらと広いところが多いのですが、ここはなんといましょうか、、良くも悪くも日本のビジネスホテルを広くした感じがします。

快適なんだけどなんとも味気ないというか驚きがないというか、、(笑)

個人的にはプールやジムがないのが運動不足解消ができないので残念なのと、WiFiにうまく接続ができず、結局スマホのデザリングを使ってネット接続することになってしまったのは致命傷でした。

ネット周りはきっとこれらから改善されていくことでしょう。


(スポンサーリンク)

とりあえずマッサージにいく!

バンコクまで直でくれば良いものを、沖縄経由で来るもんだから長旅で疲れてしまいました。

というわけでもないのですが、とりあえずマッサージにいきましょう!

あんまや

あんまや

場所はいつもの「あんまや」さんです。

しかも、BTSに乗ってわざわざトンローまでやってきました(笑)

ここは日式の指圧をメインとしたマッサージのメニューがあるので好きなんです。

誰に当たっても技術が一定しているので安心です。

お値段もまぁバンコクでは普通のお値段。

ここのおばちゃんは職人で、手でほぐせないとわかると肘が出てきて、、それでもだめな場合は足で踏む!という技を繰り広げてくれます(笑)

私は大概最後は足で踏まれます(笑)


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

バンコク到着1日目の夕食はトンローの屋台屋街

マッサージに急行したので、終わった頃にはあたりは真っ暗です。

で、トンローの駅の近くには屋台村のようなところがありますので、今日はそこで夕飯にすることにしましょう。

ここの屋台村は、真ん中にテーブルがまとめてあって、その周りを屋台が取り囲む感じになっています。

屋台で注文して、「その辺りにいるよ〜」と合図して座席で待っていると持ってきてくれてお金と交換になります。

好きなものを選んでいろいろな屋台で注文した後、座っていれば次々と持ってきてくれるんです(笑)

場所などは下記の投稿の最後の方に書いてあるので、ご参照ください。

で、今日の夕食ですが、、

焼き豚

焼き豚

この焼き豚激ウマです。

安いけど幸せを感じる旨さです(笑)

エビの春雨蒸し

エビの春雨蒸し

でもってこれが旨いんだ(笑)エビと春雨の蒸し物。

エビのエキスを春雨が吸って激ウマです。

でもって、デザートは。。

マンゴと餅米のデザート

マンゴと餅米のデザート

定番のどっさりマンゴのデザートです。

というわけで、沖縄から出発して、羽田で乗り継いでバンコクまでやってきた後の長い長い1日が終了したのでした。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください