今年二度目の台湾へ。初めての烏来・十份・宜蘭は素晴らしかった Vol.18 初めての烏来(ウーライ)part1 トロッコ列車はアミューズメントパークの乗り物のようで楽しい

烏来 トロッコ列車
(広告)

台北でも十分楽しめるのですが、今回は台北の郊外に行ってみたかったので前から行ってみたかった「烏来(ウーライ)」に行ってみることにします。

何回か行こうとしたのですが、以前行こうとした時は台風の影響で烏来(ウーライ)まで行く道が土砂崩れで不通になってしまい断念。

今回は大丈夫そうなので日帰りで行ってみることにしました。

山の中のど田舎を想像して行ったのですが、、、意外と観光地(笑)

もちろん観光客もたくさんいて活気があります。温泉の泉質も美人の湯でとっても良いですし、トロッコ列車に乗って滝を見に行ったりロープーウエイで山の頂上まで行ったり、、まるで箱根のようですね。

「烏来(ウーライ)」は台北から東南へ29Kmほどの位置にあって、台北市内から簡単に行けますので、日帰りで温泉旅行に行く感覚で行けます。

東京都内から箱根に遊びに行く感覚とほぼ同じです。

旅行期間 2018/5月
エリア  台北(台湾)
テーマ  観光、街歩き、食べ歩き

目次 今年二度目の台湾へ。初めての烏来・十份・宜蘭は素晴らしかった
・Vol.1 旅の初めはダイヤモンドプレミアラウンジから〜日本航空 JAL915 羽田 – 那覇搭乗記
・Vol.2 本日の宿泊もいつもと同じアパホテル那覇
・Vol.3 沖縄から羽田経由で台北へ!那覇空港ANA SUITE LOUNGE〜全日空ANA460 那覇 – 羽田搭乗記
・Vol.4 羽田空港国際線 ANA SUITE LOUNGEでたっぷりとお昼ご飯
・Vol.5 全日空 NH853 羽田 – 台北(松山)ビジネスクラス搭乗記
・Vol.6 台湾リピーターなら「常客証」を申請しておこう!入国審査が飛躍的にスムーズになります
・Vol.7 快適だけど室内の雰囲気はラブホテル?Burgary Hotel 宿泊記
・Vol.8 やっぱり美味しい「富宏牛肉麺」はおすすめです
・Vol.9 実は日本語はかなり複雑。間違いがあったら丁寧に直してあげよう
・Vol.10 今回もやってきました「皇池温泉」。え、停電!?
・Vol.11 夕食を食べに寧夏路夜市へ!デザートは「豆花荘」で台湾スイーツを楽しむ
・Vol.12 初めての十份へローカル列車の旅 part.1 そうだ!ランタンを飛ばしに十份へ行こう!十份の楽しみ方と行き方、電車が十份老街を走り抜ける
・Vol.13 初めての十份へローカル列車の旅 part.2 「台湾のナイアガラ」と言われる「十份瀑布」へ行ってマイナスイオンをいっぱい浴びよう
・Vol.14 初めての十份へローカル列車の旅 part.3 最後のお楽しみ「天燈上げ」をしよう!欲張ってたくさんのお願いをしちゃいました
・Vol.15 初めての十份へローカル列車の旅 part.4 日本が作った菁桐駅駅舎〜猫村で有名な猴硐まで平渓線(ピンシーシエン)(Ping Xi Xian)沿線列車の旅
・Vol.16 台北市内で焼き小籠包、巨大餃子、かき氷や排骨飯を食べ歩き 「素食」が予想外に美味しい
・Vol.17 三大夜市の一つ「饒河街観光夜市」へ行ってみた
・Vol.18 初めての烏来(ウーライ)part1 トロッコ列車はアミューズメントパークの乗り物のようで楽しい
・Vol.19 初めての烏来(ウーライ)part2 「烏来温泉」といえば美人の湯。烏来名湯温泉会館に行こう!
・Vol.20 「礁渓温泉」でトマトジュースリベンジ。台鐵に乗って宜蘭へ
・Vol.21 宜蘭の東門夜市で宜蘭名物B級グルメ「葱油餅」「糕渣」「卜肉」を食べる。これってなんだ?
・Vol.22 台北から羽田経由で沖縄へ!?日本航空 JL96 台北(松山)ー羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.23 羽田空港ダイアモンドプレミアラウンジでちょっと休憩して那覇へ。那覇の夜はジャッキーステーキで終了
・Vol.24 那覇空港でポークたまごおにぎり本店、JAL ダイアモンドプレミアラウンジでお食事。 日本航空 JAL906 那覇 – 羽田 「ファーストクラス」搭乗記

<旅程>
JAL915 羽田(12:25) – 那覇(15:00)
ANA460 那覇(8:00)-羽田(10:20)
NH853 羽田(13:20) – 台北(松山)(15:45)
JL096 台北(松山)(9:10) – 羽田(13:10)
JAL919 羽田(15:00) – 那覇(17:35)
JAL906 那覇(12:35)- 羽田(14:55)


烏来(ウーライ)の行き方

台北から山を越えて東側の山間に位置する烏来(ウーライ)ですが、行くためにはMRTと市バスを使って行きます。

てっきり市バスは台北バスセンターから出ていると思ったのですが、、そこからではなくMRT「新店」駅から出ています。

でもってそのバス停が少しややこしい、、わかればなんてことはないんですけど、何回かインフォメーションに立ち寄って探しました(笑)

というわけで、今回若干さまよいましたが(笑)一番わかりやすい行き方をご紹介します。

烏来へはMRT「新店(Xindian Station)」駅から市バスで約1時間

MRT新店駅から市バス849番のバスに乗れば「烏来」まで行くことができます。

この市バスですが、台北駅から新店駅を経由して烏来まで行くのですが、始発の台北駅で乗れば座って行ける、、と思ったので、まずは台北バスセンターへ。

しかし、、台北バスセンターからはこの849番のバスはありません。

インフォメーションで聞いてみると、「「新店駅」に行ってください」と言われてしまいました。

おそらくですが、バスセンターからではなくて、外の路線バスのバス停から発着するようです。

市バス乗り場を探すのも面倒なので素直にMRT「新店」駅に向かいます。

新店駅に到着

新店駅に到着

新店駅に着くと、目の前が行き先別のバス停です。

新店駅

新店駅

ここで849番のバスは、、、ん?ない(笑)

どこだろう、、、ここのはずなんだけどなぁ、、、仕方なくインフォメーションに立ち寄って聞いてみると、、

新店駅 インフォメーション

新店駅 インフォメーション

「この裏です」とのこと。

そりゃ見つかりません(笑)バスがいっぱい並んでいるところじゃなくて、このインフォメーションのちょうど真裏に市バスのバス停がありました。

新店駅 849番バス停

新店駅 849番バス停

あ、こんなところにバス停が(笑)こりゃみつからないわけだ。

本当に地元の路線バスなんですねぇ。

新店駅 849番バス

新店駅 849番バス

バスがやってきました。台北と烏来を繋ぐバスですが、道路脇の通常の路線バスです。

849番バス 路線図

849番バス 路線図

路線図を見ると、、こりゃまた随分長旅です(笑)

ただし、実際には交通事情にもよるのでしょうが、この時は新店駅から烏来まで山道をゴトゴト行って30分ほどで到着しました。

意外と近いんですね。

烏来

烏来

烏来に到着です。終点なのでみんなが降りる場所で降りれば大丈夫なので安心です。

同じ場所が帰りのバス停になっていますので、わかりやすい。

烏来

烏来

バス停の前には巨大な駐車場があります。

地元の人たちは車で気軽にやってくるようです。

烏来

烏来

駐車場脇の烏来老街入り口にあるインフォメーションにはちゃんと日本語マップも用意されて居るので一応立ち寄っておいた方が無難です。

烏来老街

烏来老街

バスでわずが30分ほどの距離なのに一気に山の中へトリップです。

烏来老街

烏来老街

ここからは烏来老街で、昔ながらの商店街が軒を連ねます。

ここを抜けて行くと、、、

烏来 トロッコ列車乗り場

烏来 トロッコ列車乗り場

トロッコ列車乗り場発見!

ちなみにもっと登るとロープーウエイ乗り場もありますが、そこまで行く脚力がなかったのでやめておきました(笑)

このトロッコ列車乗ってみたかったんですよねぇ(笑)

烏来 トロッコ列車

烏来 トロッコ列車

このトロッコ列車ですが、元々は木材運搬用のものだったようですが、今では観光客用になっています。

全長約1.5kmの距離なので乗っている時間は5分ほど。終点は台湾名滝の一つである「烏来の滝」です。

それほどの距離でもないので、帰りは歩きで15分ほどで元のところに戻れますが、トロッコ列車は片道50元ですので遊園地のアトラクションだと思えば往復乗っても結構楽しいものです。

大きさ的には遊園地の子供用の列車のような感じですので若干不安、、(笑)

車両が小さいので実際の速度以上に早い感じがしますし、最後のトンネルに突っ込むところはまさに遊園地のアトラクション(笑)これ結構ハマるんです。

烏来 トロッコ列車

烏来 トロッコ列車

烏来 トロッコ列車

烏来 トロッコ列車

駅舎は結構立派。もっとぼろっちいかと思っていたのですが、整備し直したようです。

烏来 トロッコ列車 運賃と時刻表

烏来 トロッコ列車 運賃と時刻表

片道運賃は50元、決まった時刻表はなくて、お客さんが集まったら適当に出発します。

さて、トロッコ列車に乗ってみましょう!

ガタガタ音を立てながら民家の横スレスレを通って登っていきます。

結構揺れる、、(笑)脱線しないか心配、、(笑)

外の風景が綺麗です。終点近くになると滝が見え始めます。

しかしその瞬間視界が真っ暗に!

何が起こったのかしばらくびっくりしましたが、折り返しのトンネルに入ったようです。

帰りも楽しかったので乗ってみました。

運転手さんのお隣の席でまさに展望座席です(笑)

自然の中の烏来瀑布で癒される

烏来瀑布駅

烏来瀑布駅

終点の烏来瀑布駅に到着するとそこは食べ物屋さんやお土産やさんが立ち並ぶ商店街。

自然の中でゆっくりできます。

烏来瀑布

烏来瀑布

遊歩道を少し進むと滝が綺麗に見える場所があります。

今日も水量は少し少なめですが、自然の中でマイナスイオンたっぷり浴びながら滝鑑賞ができます。

烏来瀑布

烏来瀑布

真上にはロープウエイが通っていてさらに上に行けるようです。

ロープーウエイの乗り場は烏来瀑布駅横を上がって行けば良いのですが、、脚力が衰えているのでやめておきます。今回は温泉にも行かなきゃ行けないですからね。(笑)

念願の烏来トロッコ列車に乗ったので目的の一つは達成できました。

結構ハマるかもしれません。楽しいですよ。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ランキングから来ましたtakeshi です。
    台北には何度か行きました。仕事の出張
    でしたので観光する時間が無く、一度
    烏来に行きたいと思っていました。
    トロッコ列車も素敵ですね。
    また訪問させて頂きます。

  • takashiさんいらっしゃいませ。
    トロッコ列車はもう少しボロいものだと思っていたのですが、再整備されているようでとっても面白かったです。
    トロッコ列車、ロープウェイ、温泉、、、まるで箱根をぎゅーっと凝縮したようなコンパクトな観光地でした。
    行き帰りでそれほど時間がかかる場所でもないので行ってみるととっても面白いですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください