ANAダイヤモンド修行2017 / Vol.41 最後の修行先は台湾。無事に解脱できました。 安くて綺麗で交通至便!西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館) 宿泊記 1

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)
(広告)

台北に来る時はSPG(スターウッドプリファードゲスト)系列のホテルで台北市内から川を渡った中和市にあるホテルに泊まるのですが、今回は友人達が泊まっているホテルに近い場所に宿泊します。

宿泊したのは「HEDO HOTEL」

なぜここにしたかというと、、友人から「反吐ホテルって」のがある、、と聞いてまさにネーイングと立地だけで決めたという、なんともいい加減な理由からです。

ANAダイヤモンド修行2017 最後の修業先は台湾。無事時解脱できました編
Vol.38 羽田の早朝便なら都内の「カプセルイン蒲田」に前泊がオススメ 安くて快適!
Vol.39 羽田空港 JALファーストクラスラウンジでのんびり朝食
Vol.40 日本航空 JL97 羽田 – 台北(松山) ビジネスクラス搭乗記
Vol.41 安くて綺麗で交通至便!西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館) 宿泊記 1
Vol.42 西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館) 宿泊記 2
Vol.43 台北市内観光 総統府、国父記念館、中正記念堂に行って衛兵交代セレモニーをみてきた
Vol.44 台北市内観光2 「龍山寺」、「淡水」を巡る
Vol.45 台湾グルメあれこれ 「松江自助火鍋城」は地元の人も訪れる伝統的な火鍋
Vol.46 台湾グルメあれこれ2 龍山寺周辺「四方阿九魯肉飯」、「龍都冰果専業家」
Vol.47 台湾グルメあれこれ3 やはり鼎泰豊(本店)と思慕昔(スムージー)は行っておきましょう
Vol.48 台湾グルメあれこれ4 中山地区の「新葡苑」で少し豪華にお昼ご飯
Vol.49 電車とバスで九份まで行く方法 時間はかかるけど意外と簡単に行けちゃいます
Vol.50 今日も九份は雨だった。九份ぶらり旅と絶景が見れるの穴場「阿柑姨芋圓 」
Vol.51 九份で人気のお茶屋さん「湯婆婆的湯屋」は激混み。そんな時は「芋仔蕃薯」へ行ってみましょう。落ち着いて絶景とお茶を楽しめます。
Vol.52 台湾の有名なお土産のパイナップルケーキ屋さん巡り「ホテルオークラThe Nine」「微熱山丘」「佳徳糕餅」食べ比べ
Vol.53 台北桃園空港へMRTが開通!早速乗ってみた。
Vol.54 台北桃園空港 EVA AIR 「The INFINITY」 Lounge体験記
Vol.55 全日空 NH824 台北(桃園) – 成田 ビジネスクラス搭乗記
Vol.56 成田空港 ANA ARRIVAL LOUNGEで一息
Vol.57 全日空 ANA 2159 成田 – 那覇 搭乗記
Vol.58 ANAダイヤモンド修行最終フライト 全日空 ANA464 那覇 – 羽田 搭乗記
今年のANAダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

大体の位置はわかっていたつもりなんですが、いやぁ結構迷いました。

GOOGLE MAPは便利なのですが、建物が密集したりするとGPSがよく誤作動を起こすんです。しかもホテルが思っていたよりも小さくてお店が密集しているところなので看板が見づらい。

仕方がないので最終的には通りの名前と番地から探し当てました。

一度見つけてしまうと大通りからちょっと入ったわかりやすい場所にあるのですが、初めて行く時は周りに紛れて見つけにくいんです。

経路

第一区間
(JL97 HND(08:55) – TSA(11:40) Y+UPGRADE)
第二区間
NH824 TPE(10:00) – NRT(14:10) H(Y)+UPGRAGE(1396pp)
第三区間
ANA2159 NRT(18:15) – OKA(21:25) M(Y) 国内線乗り継ぎ(1968pp)
第四区間
ANA464 OKA(12:20) – HND(14:40) プレ特28(2860pp)

合計プレミアムポイント 6224pp

2017年総合計プレミアムポイント 100435pp

今回の台湾旅行で無事解脱しました!

スポンサーリンク

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

場所は台北駅まで徒歩5分、西門まで10分程の場所にあります。この一帯は小さなホテルがたくさんあり便利です。

俗に言う5つ星の高級ホテルというのはないのですが、一泊一部屋1万円以下で宿泊できます。この一泊一部屋の料金設定なので、2〜3人で宿泊すれば一人当たりは数千円で泊まれます。

もっとも海外ではそれが半ば常識で、日本が特殊で一人当たりの料金なんですね。この辺は昔の豪華なお食事込みの旅館のシステムが慣例的に使われて少しややこしくなってしまっているのかもしれません。

今回宿泊した「西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)」も一部屋一泊5〜6千円なのですが、ダブルとシングルベッドが備えられている三人部屋を一人で使用しました。ここに三人で泊まると一人当たり2000円ですね。

アクセス

スポンサーリンク
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をagodaで見る
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をHotels.comで見る
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をBooking.comで見る

ホテルのフロントがなんともポップな感じです

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

入り口を入ると、、

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

な、なんとキティーちゃんの車が(笑)これ置物じゃなくて、フロントなんです。

よーく見てもらうと、フロントガラス越しに女性の姿が見えますが、ここでチェックインとチェックアウトをするんです。

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

著作権云々は言わないにせよ、どう見てもキティーちゃんですね(笑)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

フロントの前がエレベーターになっていて、ここから客室絵上がります。エレベーターはこれ一つだけなんですよねぇ、、なので朝、夕のお客さんが多い時は若干混みます。

到着が早かった場合は荷物を預けて出かけられます。トイレは2F。英語のできるフロントのお兄さんが丁寧に教えてくれます。フロントのお姉さんは中国語だけだったので何を言っているのかさっぱりわかりませんでした(笑)

お部屋

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

最近リノベートしたのでしょうか、テレビの下には充電してください!と言わんばかりにコンセントとUSBの充電ポートがあります。

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

これが問題のドアの横にあるタッチパネル。タッチするだけでLED照明のON OFFできるのですが、、なぜか誤作動が多いんです。そんな時は一番右側のルームキーで主電源からボン!と落としてもう一回入れ直すと直ったりします。

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

水は1日一本くれるようですが、この部屋はなぜか一人で予約したはずなのに三人分用意されています。この下には簡易的な冷蔵庫もあります。

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

珍しくこのクラスにしてはちゃんとしたバスタブがあります。大きさは日本のビジネスホテルのユニットバスレベルです。バスタブもまだ新しい。

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)

歯ブラシ、カミソリ、綿棒などはちゃんとあります。安いのに設備充実といった感じです。

リノベートしたばかりなのかもしれませんが非常に綺麗です。WiFiも完備されていますが、夜などはみんな使い始めるのでしょう、速度が出ません。むしろ持って行ったスマホをデザリングして使った方が快適でした。

スポンサーリンク
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をagodaで見る
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をHotels.comで見る
西門ヘド ホテル カイフェン台北 (台北西門享樂文旅 開封館)をBooking.comで見る



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください