【旅の準備】「2度目のバンコク」で紹介されたオールドバンコクの「パクナム寺院」で瞑想、「B級グルメ」を食べてみたい! 

ワットパクナム(WAT PAKNAM)(NHK 二度目のバンコクから引用)

明日からのバンコク行きを控えて行きたいところのリストアップをしています。

(え、遅すぎやしないかい?(笑))

まぁいつもこんな調子です。

明日は到着後「鉄道市場」に行ってみようと思っているのですが、あと丸2日ありますので、日中は2〜3時間ほどいつもの通りSIAMや伊勢丹前で水遊びをする予定ですが、それ以外はちょっと観光してみたいと思います。

ちょっと前に見た「二度目のバンコク ちょっとディープな海外旅行」で紹介されたところをリストアップして行けるだけ行ってみたいと思っています。


ルンピニ公園近くの地元の食堂「Chua Jua Huat」でピンク色のスープ麺を食べよう!

ルンピニ公園からシーロム通りの近くにある創業53年の地元の食堂「Chua Jua Huat」。朝8時から営業しているようなので、朝食にはちょうど良いので行って見たいです。

ただし、、場所が今ひとつ不明なのです(笑)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

手がかりはこの3枚の写真。

おそらくシーロム通りの入り口と思われますが、一番の目印は「セブンイレブン」

テレビ画面のざっくりした地図を見ると大体の場所はわかるのですが、、、セブンイレブンはたくさんあるのでどこかなぁ、、

BTSの高架が見えますので、大体の位置を頼りに探して見ます。

Chua Jua Huat場所

Chua Jua Huat場所

経験上おそらくこの辺りにあると思われます。

シーロム通りの方は何度となく通ったことがあるのですがあったかなぁ、、、

ここで食べることができるのが、、

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

Chua Jua Huat (NHK 二度目のバンコクから引用)

スープがピンク色のセンミー。

紅腐乳入りのスペシャル麺がオススメだそうで、いつも食べているセンミーとどのように違うか楽しみです。

鴨肉を使ったガパオを食べたい!鴨料理の老舗「Soi 6 Pochana」で鴨肉ガパオを食べたい!

今回宿泊する「Le Meridian」の裏手のサムヤーン地区にある鴨肉料理専門の老舗があるようなので、お昼にでも行ってみたいと思っています

「Soi 6 Pochana」への行き方

ここは大体の位置がわかりますから楽勝でしょう。

Soi 6 Pochana (NHK 二度目のバンコクから引用)

Soi 6 Pochana (NHK 二度目のバンコクから引用)

外観はこんな感じらしい。

普通は豚肉や鶏肉をつかうのですが、鴨肉になるとどうなるのか楽しみです。

 

「ワット・ウォラチャンヤワート」でマッサージを体験したい!

1798年建立の「ワット・ウォラチャンヤワート」。

タクシーでも行けますが、渋滞に巻き込まれないためにも船で行くのがオススメです。

ちょうど船着場がお寺の入り口なので楽々です。

BTSで「タクシン駅」まで行って、そこからボートに乗れば「アジアンティーク」の少し先のようなので近いです。

ワット・ウォラチャンヤワート(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワット・ウォラチャンヤワート(NHK 二度目のバンコクから引用)

船を降りる目印は巨大な涅槃像。

ワット・ウォラチャンヤワート(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワット・ウォラチャンヤワート(NHK 二度目のバンコクから引用)

船を降りて左側の建物がオススメのようです。

ここは二日目かなぁ。

オールドバンコクの「パースリージャルーンエリア」の「ワットパクナム(WAT PAKNAM)」で瞑想をしてみたい!

最近タイの若い人の間で人気のスポット「パースリージャルーンエリア」。

ここにあるパクナム寺院には2012年に完成した高さ80mの仏塔があって、その最上階には極彩色のブッダの生涯図が描かれた空間があるそうで、そこで瞑想をするのがブーム

になっているようです。

ワットパクナム(WAT PAKNAM)(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワットパクナム(WAT PAKNAM)(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワットパクナム(WAT PAKNAM)(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワットパクナム(WAT PAKNAM)(NHK 二度目のバンコクから引用)

ワットパクナム(WAT PAKNAM)の行き方

ただこの場所が結構遠い、、、

番組で最寄駅は「ウォンウェイヤイ」駅になってたんですが、おそらくBTSが延伸する前の情報なのでしょう。

今ではもう少しBTSがもう少し伸びていますのでBTSウタカート・BTSタラートプルーが良いようです。

BTSウタカートからは歩いて20分ほど。

拝観料は無料、開いている時間は8:00〜18:00です。

仏舎利塔の5Fまで行くとそれはそれは素晴らしい天井画を見ることができます。

ここは2日目の早朝にでも行ってみようかと。

オールドバンコクの裏路地の散歩「クローン・バン・ルアン」に行ってみたい!

今回はちょっと無理かもしれませんが、オールドバンコクの様子が色濃く残る場所です。

ここはトンブリー王朝が開かれた200年以上昔の街で、運河沿いに昔ながらのタイ住居が再現された場所です。

クローン・バン・ルアン(NHK 二度目のバンコクから引用)

クローン・バン・ルアン(NHK 二度目のバンコクから引用)

「クローン・バン・ルアン」への行き方

少し骨が折れそうです。

最寄り駅はBTSバーンワー駅。

そこからタクシーに乗り、「パイ・ティー・チャランサニッウォン・ソイ・サーム(チャランサニットウォン通りソイ3に行ってください)」と言うと大体の場所まで連れて行ってくれるようです。

そこから、チャランサニッットウォン通りソイ3の入り口にあるセブンイレブンの角を入って、まっすぐ走ると突き当たりにまたセブンイレブンがあって、そこでタクシーを降りれば到着です。

セブンイレブンの奥に細道があって、そこを進んで行くとアーチ状の橋がかかっていて、そこを渡った先がクローン・バーン・ルアンになります。

運河沿いには食堂や土産物屋さん、マッサージ店などが並び昔のタイの生活を垣間見ることができるようですが、、、

クローン・バン・ルアン(NHK 二度目のバンコクから引用)

クローン・バン・ルアン(NHK 二度目のバンコクから引用)

さて、ここには行くことができるでしょうか(笑)

また次回にでも(笑)

B級グルメ「Somsak Pu Op」で「カニの蒸し春雨」が食べたい!

「Somsak Pu Op」への行き方

Somsak Pu Op (NHK 二度目のバンコクから引用)

Somsak Pu Op (NHK 二度目のバンコクから引用)

ここも昔からこの地区にある老舗の食堂です。

ここの名物は地元で採れたノコギリガザミを使った「カニの蒸し春雨」です。

Somsak Pu Opのカニの蒸し春雨 (NHK 二度目のバンコクから引用)

Somsak Pu Opのカニの蒸し春雨 (NHK 二度目のバンコクから引用)

エビを使った「クンオッブウンセン(エビの蒸し春雨)」は大好きなのですが、カニは食べたことがありません。

お値段はちょっとお高めですが、美味しいのでしょうか、、興味津々です。

BTS「ウォンウェイヤイ」駅から徒歩15分ほどのようなので、時間があれば行ってみたいと思います。

プミポン国王が召し上がった同じレシピの料理が食べられるタイ宮廷料理カジュアルレストラン「At-Ta-Rote」に行ってみたい!

「At-Ta-Rote」への行き方

BTSプロムポン駅から徒歩15分ほど。

スクンビットsoi39をずっとまっすぐ歩いて行くとバイオハウスの横にあるらしい。

基本情報

Tel: 06 4249 4244

住所 59/3 ソイ39 スクンビット

時間 11:30〜22:00

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

なんか上品さが漂います

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

At-Ta-Rote (NHK 二度目のバンコクから引用)

高級ホテルほど高いわけでもなく、上品な多々づまいのカジュアルなレストランのようです。

駅から歩いて距離があるようなのですが、ちょっとリサーチしに行ってみようかな。

あとは、、一緒に行ってくれる友人が了承してくれればですが。

うーん、これだけ全部行くのは結構難しそうなので、半分ぐらいは今回行ってみたいと思っています。

あ、これから荷物のパッキングしなきゃ!

関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です