チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだった / Vol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワット・パクナム」に行ってみた

チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだったVol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワット・パクナム」に行ってみた
(広告)

当分海外には出られそうにないので、思い出旅行中。

2018年当時インスタ映えするスポットとして有名だったのが「ワット・パクナム」です。

仏塔の最上階にある仏陀の生涯図の天井画と緑のガラスでできたエメラルドの仏塔(仏舎利奉安塔)がただひたすらに美しく幻想的な雰囲気に圧倒されるのです。

何度か行っているのですが、日本の友人がタイに来ると「ワットパークナム行きたい!」とリクエストがあるので、観光ガイドとして(笑)お連れするわけです。

今回も丁度日本から友人御一行様がやってきたのでいってみることにしました。

ただ、個人的にはその裏のお寺に興味があって、、私は「ワットパクナム」は適当に流して(笑)そちらの寺院を裏目的で行くことにしたのでした。

旅行期間 2018/11月
エリア  バンコク・チェンマイ ・沖縄
テーマ  街歩き、食べ歩き、お祭り

目次
・Vol.1 成田空港 キャセイパシフィック ラウンジとカンタス航空ラウンジをハシゴしてみた
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記 〜念願のA380でクアラルンプールへ!〜
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 aloft BANGKOK Sukhumvit Soi 11宿泊記〜安くてお洒落なホテルだった〜
・Vol.5 タイ航空ロイヤルシルクラウンジ(国内線)〜タイ航空 TG110 バンコク – チェンマイ エコノミークラス搭乗記
・Vol.6 チェンマイ VIENG MANTRA 宿泊記〜コスパの良い居心地の良いミニホテルだった〜
・Vol.7 旧友のお店「Kiat Num」 レストランに寄ってチェンマイ市内をバイクで散策
・Vol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった
・Vol.9 今年はお寺の境内でランタン揚げて煩悩が少し減ったかな?
・Vol.10 チェンマイのロイクラトンパレードも賑やかに開催されました
・Vol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ – バンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.12 エグゼクティブ クラブ アット ウインザー(Executive Club at Windsor)に泊まってみた〜建物は豪華だけどホテルマンイマイチ、WiFi激遅だった〜
・Vol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワットパクナム」に行ってみた
・Vol.14 ワットパクナムよりも面白い?「ワットクンチャン(ワット・クンジャン)」はシュールなお寺だった
・Vol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!
・Vol.16 キャセイパシフィックラウンジで軽食。あれ、、いきなりのディレイ。MIRACLEラウンジで暇をつぶす
・Vol.17 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.18 久しぶりのクアラルンプール空港マレーシア航空ゴールデンラウンジ。優雅に夕食を食べてみた
・Vol.19 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記〜A380はやっぱり快適だった〜
・Vol.20 日本航空 JAL919 羽田 – 沖縄 & JAL904 沖縄 – 羽田 搭乗記〜わざわざ羽田空港に移動して一泊二日で沖縄を往復してみた〜

<往路>
MH89 NRT(10:10)- KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
TG110 BKK(13:15) – CNX(14:25)

<復路>
TG105 CNX(10:40) – BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(07:15)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL904 OKA(11:20) – HND(13:35)



(スポンサーリンク)

インスタ映えで大人気「ワット・パクナム」へ まずは本堂に軽くお参り

何度も行っていますから、、こんな感じのところです(笑)

行き方などは上記の投稿を参照してください。

今回はBTSの駅からタクシーを使って行くことに。

距離的には大したことはないのでほぼ40THBぐらいで行くなぁ、、と思ったら、なんとこのタクシー遠回りをしやがる!

観光地だといるんですね、、こんな奴が。

最近取締りが厳しいのでちょっと気を抜いていて、「100バーツで行くよ」と言われたけど「いや、メーターで」と拒否したのですが、回り回って丁度100バーツで到着(笑)

うーん、そうきたか(笑)

まぁタイのタクシーなんてこんなもの(笑)

油断もスキもあったもんじゃない。

まぁ40THBで行けるって言ってもちょっとチップも入れて確かに100THBぐらいは渡すんですけどね、、チップ前提の社会はこれがめんどくさい(笑)

まぁここでもめるのも気分悪いのでさっさと降りて寺院に向かいました。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

この仏様はみなさんが金箔を貼り付けるのでとうとう顔がわからなくなってきました(笑)

貼り付ける時フニャってへこむんですよね〜

相当量の金が付着していると思うんですけど、これってこの後どうするんだろう??

タイのお寺で花輪とかを購入してお供えするんだけど、それって良くみていると溜まってくると係の人が抱えて持っていって、それをまた売り出す、、というエコシステムが稼働しているのですが(笑)金箔もどこかで剥がすんでしょうかね、、

そこはわかりませんが、確かに薄い金箔があれだけの厚さなのできっとしばらくそのままなのでしょう。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

こちらのゾウさんも随分キンキラキンです。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

タイの仏像って本当にキラキラしていますよね〜

日本の仏像は結構質素ですが。。

バンコクには「黄金仏寺院(ワット・トライミット)(The Golden Buddha Temple Tri Mit Road Bangkok Thailand)」というお寺がファランポーン駅の近くにありますが、そこの仏像は材料だけで5.5tの純金が使われているという時価100億円とも言われている純金の仏像もあります。

そこも見応えありますよ〜


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

エメラルドの仏塔(仏舎利奉安塔)へ

本堂と仏舎利奉安塔は道を挟んで1〜2分歩いたところにあります。

地図があるので確認しておきましょう。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

さて!登ろう!

ワット・パクナム

ワット・パクナム

日本語で「静かに、、、」と書かれています。

読めますねぇ、、お分かりですね。

静かにして欲しいのは日本人に対してなのです。

ここは仏教寺院で、特に最上階の天井画のあるところは瞑想している人もたくさんいますからとにかく静かにみましょう。

せっかくご好意でタダで見ることができるのですからそれこそマナーというものです。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

最上階の緑ガラスのエメラルドの仏塔に到着しました。

細部まで綺麗に作り込まれていてとても綺麗です。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

その上には仏陀の生涯図の天井画がまるで宇宙のように描かれています。

周りは窓際で瞑想をしている人もいて厳かの気分。

記念撮影でワイワイと写真を撮るのはやめましょう。

ワット・パクナムから見る仏像の後ろ姿

ワット・パクナムから見る仏像の後ろ姿

さて、ワットパークナムの次は個人的に行きたいと思っている裏目的の場所に向かいます。

仏塔の上から周りを見ると、、

これ!これです。

なんか巨大な仏像の後ろ姿がみえます。

次にそこに行ってみることにします。

ワット・パクナム

ワット・パクナム

仏塔の横に何やら骨組みが、、

あれ??これって4月に来た時には気がつかなかったぞ??確かに工事をしていた記憶はあるけれど。

実はこれ、、「巨大仏像」なのです。

台座込みで69メートルの高さになる予定で、タイでは3番目に大きな仏像になるということです。

仏塔の真横に仏像か、、、随分立派になるなぁ。

確かに骨組みだけですが頭の部分がよくわかりますね。

というか、結構大工事なんですね(笑)

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください