チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだった / Vol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ – バンコク エコノミークラス搭乗記

チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだったVol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ - バンコク エコノミークラス搭乗記
(広告)

当分海外には出られそうにないので、思い出旅行中。

3泊4日チェンマイでロイクラトン祭りに参加してバンコクに帰ります。

帰りもタイ国際航空を使います。

ラウンジでコーヒーをもらったのは良いのですが、なんとそれを全部カバンの上にぶちまけてしまうという大失態をやらかしてしまいました。

パスポートにちょこっとコーヒーシミがついてしまったり、カバンをバンコクのホテルであわらなければならなかったりで大変だったことを思い出しました!(笑)

エコノミークラスの機内食が昨年からランチボックスタイプからコンビニ弁当タイプに変更になっていて、これってプラスチックに変更して今の風潮と逆行するんですが、、と感じながらバンコクに向かうのでした。

旅行期間 2018/11月
エリア  バンコク・チェンマイ ・沖縄
テーマ  街歩き、食べ歩き、お祭り

目次
・Vol.1 成田空港 キャセイパシフィック ラウンジとカンタス航空ラウンジをハシゴしてみた
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記 〜念願のA380でクアラルンプールへ!〜
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 aloft BANGKOK Sukhumvit Soi 11宿泊記〜安くてお洒落なホテルだった〜
・Vol.5 タイ航空ロイヤルシルクラウンジ(国内線)〜タイ航空 TG110 バンコク – チェンマイ エコノミークラス搭乗記
・Vol.6 チェンマイ VIENG MANTRA 宿泊記〜コスパの良い居心地の良いミニホテルだった〜
・Vol.7 旧友のお店「Kiat Num」 レストランに寄ってチェンマイ市内をバイクで散策
・Vol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった
・Vol.9 今年はお寺の境内でランタン揚げて煩悩が少し減ったかな?
・Vol.10 チェンマイのロイクラトンパレードも賑やかに開催されました
・Vol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ – バンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.12 エグゼクティブ クラブ アット ウインザー(Executive Club at Windsor)に泊まってみた〜建物は豪華だけどホテルマンイマイチ、WiFi激遅だった〜
・Vol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワットパクナム」に行ってみた
・Vol.14 ワットパクナムよりも面白い?「ワットクンチャン(ワット・クンジャン)」はシュールなお寺だった
・Vol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!
・Vol.16 キャセイパシフィックラウンジで軽食。あれ、、いきなりのディレイ。MIRACLEラウンジで暇をつぶす
・Vol.17 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.18 久しぶりのクアラルンプール空港マレーシア航空ゴールデンラウンジ。優雅に夕食を食べてみた
・Vol.19 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記〜A380はやっぱり快適だった〜
・Vol.20 日本航空 JAL919 羽田 – 沖縄 & JAL904 沖縄 – 羽田 搭乗記〜わざわざ羽田空港に移動して一泊二日で沖縄を往復してみた〜

<往路>
MH89 NRT(10:10)- KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
TG110 BKK(13:15) – CNX(14:25)

<復路>
TG105 CNX(10:40) – BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(07:15)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL904 OKA(11:20) – HND(13:35)



(スポンサーリンク)

タイ国際航空 ロイヤルオーキッドラウンジ@チェンマイ空港

さて、3泊4日でチェンマイのロイクラトン祭りを楽しんでバンコクに戻ります。

とりあず国内専用のタイ航空のラウンジへ。

ちなみに、チェンマイからバンコク経由で国際線に乗り継ぐ場合は別の同線とラウンジがあります。

チェンマイ空港からバンコクを経由経由で国際線に乗り継ぐ場合と国内線としてバンコクに向かう乗客は同じ飛行機に乗るのだけれど空港ターミナル内の動線が全く違います。

同じ飛行機に乗るのですが、飛行機の入り口で一緒になり、降りる時は別の通路に振り分けられます。

それを知っておかないと友達と一緒に行ったとしても飛行機の中だけで一緒になるだけで、後は別々なので注意が必要です。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

国内線ラウンジは搭乗ゲート付近の待合室の近くにあります。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

レセプションにはタイ国際航空のシンボルカラーと同じ色の欄がかざってあります。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

こじんまりしていますが、一応一通りコーヒー紅茶などがあります。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

あ!思い出した!!

ここでコーヒーを作って座席に持っていった時に、不注意でコーヒー1杯分をナイロン製の鞄の上にぶちまけたんだった!!

そのせいで今でもパスポートには少しコーヒーのシミがついています(笑)

その時の悲劇のおかげでバンコクに着いてからホテルでカバンを洗うということをしなければならなくなりました。。。。

コーヒーってシミにもなるしコーヒーの匂いがなかなか取れないので意外と厄介なんですよね〜

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

サラダとかフルーツ類もあるし。。。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

ここは温かい食事はなくてサンドイッチとかだけかな。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

こちらはお菓子。

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

ちょっと小洒落たサンドイッチ(笑)

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

チェンマイ空港 国内線 ロイヤルオーキッドラウンジ

コーヒーぶちまけ事件があったので時間が取られてしまってとりあえず簡単にパンだけ食べて搭乗口に向かいます。


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク搭乗記

気を取り直してボーディングです。

タイ国際航空 TG105 チェンマイ - バンコク ボーディング

タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク ボーディング

HS-TKD B777-300 Boeing777-3D7 29212/260 1999/12〜

HS-TKD B777-300 Boeing777-3D7 29212/260 1999/12〜

搭乗する飛行機はボーイング777。

これでもロイクラトンの影響か満席です。

タイ国際航空 TG105 チェンマイ - バンコク 機内食

タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク 機内食

離陸してまた機内食が配られます。

ランチパックのような感じではなくてまるでコンビニ弁当のようなパッケージ。

うーーん、これって昨今のプラスチックを使わない風潮に逆行してないか?(笑)

タイはプラスチック大好きですからね〜

ただ、2020年年初から一斉にコンビニ袋が廃止されたりしたのでこれから変わっていくんでしょうね。

タイ国際航空 TG105 チェンマイ - バンコク 機内食

タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク 機内食

中身はクロワッサンサンドとポテサラ、フルーツ。。。

以前はクロワッサンサンドとフルーツジュースと水が入ったパッケージだったから、サラダがついた分少し良くなったかも?

タイも健康志向なんでしょう(笑)

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港に到着!

中庭が綺麗なのですが、実際に見るとちょっとみすぼらしい。。

写真に撮ってちょこっと加工するとなんかすごく綺麗に見えますね。

これは国内線の手荷物受け取り所の窓から見た風景。

国際線からは見えず、一瞬「あれ?こんなところあったっけ?」と思ったのですが国内線の手荷物受け取り場所が違うんですよね〜

まぁそうですよね、税関ないし(笑)

さて、手荷物を受け取った後はバンコク市内で5日間程過ごします。

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください