ちょっと大変だった初めてのミャンマー旅行 / Vol.9 ヤンゴン空港は予想以上に近代的だったけど、外に出るとそこはやっぱりアジアだった   

ヤンゴン空港 空港バス
(広告)

初ミャンマーにやってきて、ヤンゴン空港に降り立ちましたが、空港が妙に立派です。

予想では小さな地方空港並だと思っていたのですが、、(笑)まだあちこちで改修工事中ですが、とても綺麗な機能的な空港です。

随分と想像と違っていたのですが、到着ロビーに出るとそこは、、アジアでした(笑)

もうタクシーの客引きがあっという間に群がってきます。20年前のバンコクのようです(笑)

で、ここで足を止めてしまってはさらに事態を悪化させてしまうので、立ち止まらずに振り切ってとりあえずなぜか出発ロビー方面へ(笑)

まぁとりあえず空港を一周して様子を確認してから両替とかバスの確認とかをすることにしました。

両替所では新たなる展開が!ここはとっといつもの常識と違う。。。

市内に向かう空港バスも綺麗なのですが、お金のやり取りが前近代的(笑)

お客さん同士でお釣りを融通し合うのどかな状況でした。

旅行期間 2019/8月

エリア  那覇、バンコク、ミャンマー

テーマ  街歩き、食べ歩き、お寺巡り

目次

・Vol.1 JALダイヤモンドプレミアラウンジ&日本航空 JAL909 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.2 さぁバンコクに向けて出発!日本航空 JAL900 沖縄 – 羽田 搭乗記〜羽田空港 JALファーストクラスラウンジへ
・Vol.3 日本航空 JL31 羽田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 Samyan Serene Hotel宿泊記
・Vol.5 バンコクの交通網が大きく変わる!?MRT新路線を使ってワットポー&ワットアルン観光をしてみた
・Vol.6 バンコクご飯巡り〜屋台飯からソンブーンまで〜
・Vol.7 スワンナプーム空港 MIRACLEラウンジ体験記
・Vol.8 ミャンマー国際航空 8M336 バンコク – ヤンゴン 搭乗記
・Vol.9 ヤンゴン空港は予想以上に近代的だったけど、外に出るとそこはやっぱりアジアだった
・Vol.10 お、結構お洒落な素敵なホテル「HOTEL G Yangon」 宿泊記
・Vol.11 ヤンゴンの中心「スーレーパゴダ(Sule Pagoda)」に行ってみた〜ヤンゴンって思ってたよりずっと都会だった〜
・Vol.12 スーレーパゴダ周辺をぶらり散歩〜ボージョー アウン サン マーケット、パンドゥラ公園〜
・Vol.13 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 前編
・Vol.14 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 後編
・Vol.15 「シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon pagoda)」は巨大だった〜曇っていたのにめちゃくちゃ暑かった〜
・Vol.16 ミャンマー国際空港の「Mingalar Sky CIP Lounge」は想像を遥かに超える快適さだった
・Vol.17 ミャンマー国際航空 8M331 改 AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗記 スワンナプームイミグレが大騒ぎの巻
・Vol.18 Le Meridian Bangkok 宿泊記
・Vol.19 タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から簡単に行けて結構楽しい場所だった
・Vol.20 日本航空 JL32 バンコク – 羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.21 帰国してそのまま那覇へ飛ぶ!日本航空 JAL925 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.22 ようやく家に帰ります。日本航空 JAL920 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL909 HND(10:50) – OKA(13:25)
JAL900 OKA(07:10) – HND(09:40)
JL31 HND(11:20) – BKK(15:40)
8M336 BKK(10:40) – RGN(11:25)
<復路>
K7 831 RGN(16:30) – BKK(18:15)
JL32 BKK(09:45) – HND(17:55)
JAL925 HND(19:40) – OKA(22:10)
JAL994 OKA(10:35) – HND(12:55)


ミャンマー ヤンゴン国際空港に到着

さて、バンコクから1時間ほどで到着しました。

ミャンマー ヤンゴン国際空港

ミャンマー ヤンゴン国際空港

ミャンマー ヤンゴン国際空港

ミャンマー ヤンゴン国際空港

あれ?予想よりも綺麗(笑)なんか人はいないけど。。。

まだあちこちで工事をしているようですが、ほぼ出来上がっていてとても綺麗な空港です。

ミャンマーは2018年10月から日本のパスポートで入国時の観光ビザ免除

ミャンマーはパスポートだけで入国できるので楽々です。

以前はビザを取得するために50ドル必要で入国カードも必要でしたが、2018年10月から免除になりました。

さらに、現時点で2020年9月30日までビザ免除プログラムが延長されています。

恒久化されると良いですね〜

ミャンマーのビザ免除プログラムの条件

パスポートの有効期間が入国時6ヶ月以上、30日以内の滞在までに気をつければ問題なさそうです。

無査証滞在の要件
(1)旅券の残存期間:入国時6ヵ月以上
(2)旅券の未使用査証欄:入国時2ページ以上
(3)1ヵ月以内に出国するための有効な航空券を所持していること。
(4)観光目的での30日以内の滞在に限る。パッケージツアー、個人旅行いずれでも可。添乗員、マスコミ関係者が観光目的で渡航する場合も査証免除対象となる。
(5)入国は次のいずれかの地点に限る。 ・国際空港:ヤンゴン国際空港、マンダレー国際空港、ネーピードー国際空港 ・国際港:ヤンゴン港 ・タイとの陸路国境地点:Tachileik、Mayawaddy、Kawthaung、Hteekee
(6)ミャンマー政府が定める旅行制限区域(外国人立入禁止区域)への訪問は不可。
(7)ミャンマー政府が定める法律、規則、命令、指令を厳格に遵守すること。

到着ロビーに出るとそこは混沌としたアジアだった

飛行機を降りて、さほど混んでいない綺麗なターミナルの中を通ってイミグレーションを通るまでは快適なのですが、到着ロビーに出ると一転!

もうそこは混沌としたアジアでした(笑)

もうタクシーの呼び込みが無秩序で、、、(笑)これがまたしつこいんだ、、、

久しぶりに混沌とした呼び込みに嫌気がさしてとりあえずその場を離脱!

空港を少しぶらつくことにしました。

ヤンゴン 国際空港

ヤンゴン 国際空港

到着ロビーにはタピオカ屋さんが(笑)世界に進出していますねぇ。。(笑)

ヤンゴン 国際空港 

ヤンゴン 国際空港

まぁ普通の巨大空港です。

もう少しオンボロを想像していたのですが、かなり近代的で快適な空港です。

さて、ボチボチ到着ロビーも落ち着いたかなぁ〜

ということで、両替をしにもう一度到着ロビー近くに戻ります。

ヤンゴン 国際空港 SIM売り場

ヤンゴン 国際空港 SIM売り場

もちろんミャンマーもネット環境はありますので、SIMのカウンターもあります。

既に日本で購入済みでしたからここで買いませんでしたが、あのロゴはタイのDTACのロゴだなぁ、、グループ企業かな?

とりあえず両替してミャンマーチャットを手に入れないと。

ミャンマー国際空港 

ミャンマー国際空港

両替所は何軒かあります。

レートをざっとみてみましたが、まぁほぼ同じですねぇ。

3日しかいないからさほど現金は必要ありませんので小額だけを手に入れることにしました。

現金の両替が非常に独特で要注意!ATMで出金した方が楽!

今回両替で驚いたことが2点ほど。

ヤンゴン 国際空港両替所 レート

ヤンゴン 国際空港両替所 レート

今回は米ドルを持ってきたので、米ドルから両替しようと思っていました。

レートを見ると、、、なんか3種類に分かれている。

これは??

タイだと例えば1万円未満の少額両替の買取レートと1万円以上の両替レートが違うこともあるのですが、ここは3種類か、、、

と勘違いしていたのですが、この意味するところは、「お札ごとの買取レート」なのです。

つまり、10ドル札10枚で100ドル両替するよりも、100ドル札1枚で両替した方がレートが良いということなのです。

タイバーツはどれでも良いのか、、

ヤンゴン国際空港 お札の種類による両替レート

ヤンゴン国際空港 お札の種類による両替レート

うーん、、、そうだったのか!

でもって、今回米ドル札を変えようと思ったのですが、両替するお札は「新品のお札」しか受け取ってくれません!

ちょっと端が切れていたり、、少しでも汚れていたりすると途端に受け取ってくれないんです。

これにはびっくりです。

アメリカとかだと新品の100ドル札なんて怪しくて、、(笑)ちょっと使用感があった方が安心されるようですが、ミャンマーではダメのようです。

これだけあってどこも受け取ってくれませんでしたが、たまたま一件だけ渋々両替してくれるところがあったので(笑)そこで無事に両替できました。

現金ってめんどくさい!やっぱりキャッシュレスですね(笑)

ちょっと見渡すと、ホテルでもデパートでもATMはそこかしこにありますから、現金を両替するよりも少額ならばクレジットカードや海外で使えるキャッシュカードを使ってATMで出金した方が便利だと思います。

バスでヤンゴン国際空港から市内へ!

到着ロビーのタクシー呼び込みを蹴散らして、バスで市内に向かいます。

タクシー料金の相場がわからないのと、まだ金銭感覚が慣れていないので、いつも慣れるまで少し慎重にしておきます。。

ヤンゴン空港 空港バス

ヤンゴン空港 空港バス

バスは大型バスで、これまた想定外の綺麗さです(笑)

空港バス運行ルート

空港バス運行ルート

空港バス運行ルート

空港バス運行ルート

メジャーなホテルを回ってくれるようですね。

今回宿泊するホテルはメジャーではないので、仕方がないので「アウンサンマーケット」に行くかどうかを聞いて乗り込みます。

空港バスの中

空港バスの中

空港バスの中

空港バスの中

硬めの椅子だけど綺麗だからよしとしましょう。

運賃は先払いですが、ここで大問題が!

市内まで500チャット(約40円)なのですが、着いたばかりなのでそんな小額紙幣はありません。

しかも、両替なんてできないのです!

で、どうするかというと、、出発までしばらく待っていると現地の方と思われる別のお客さんが、、

運転手とちょっと会話をしていましたが、手招きして呼ばれました。

そう、お客さんがやってきて小銭ができたから両替をしてくれるそうな(笑)

お客さんとお釣りのやりとりをして二人分を料金箱の中へ(笑)

バスに乗る時はお釣りはないので、両替時にこまかーくしてもらった方が良いです。

帰りは市内からタクシーを使いましたが、大体10000万チャット(750円)ぐらいだったかな?

市内まで30〜40分かかりますから、荷物が多い場合は素直にタクシーでも楽で良いかもしれません。

ちょっとした冒険をするならバスも面白いですし快適です。Google マップで位置情報がわかれば困ることもないですからね。

(いざとなれば適当なところで降りてGrabで車を呼べば良いし〜)

最近の旅行はネットが発達したので格段に楽になりました。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください