台鐵を使って台湾を鉄道で一周してみた / Vol.6 台東駅で念願の駅弁「台鐵弁当」を食べてみた 

台鐵排骨弁当
(広告)

台湾の鉄道駅でよく売られている「台鐵弁当」。

いつも気にはなっていたのですが、今まで食べたことはありませんでした。

ただ単にご飯の時間が合わなかっただけなのですが、ちょうど売っていたしお腹も空いていたので食べてみることにしました。

日本のように冷めたお弁当ではなくて、台湾のお弁当はほんのり温かい。

台湾の人って冷めたご飯は体を冷やすから食べないとか、、生野菜も食べないし(笑)

見た目は彩りがイマイチですが結構美味しいお弁当です。

旅行期間 2019/3月

エリア  台湾

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL805 成田 – 台北(桃園) ビジネスクラス搭乗記
・Vol.2 高鉄桃園駅から台湾新幹線に乗って一気に高雄へ!〜iPhoneがなぜか暴走した!〜
・Vol.3 台湾・高雄 カインドネス ホテル カオション メイン ステーション (Kindness Hotel – Kaohsiung Main Station)宿泊記〜めちゃくちゃコスパ高!)
・Vol.4 台湾・高雄観光 六合観光夜市から美麗島駅のイルミネーションを見に行ってきた
・Vol.5 高雄から台東まで鈍行で行こうと思ったけど列車の本数少なすぎ!
・Vol.6 台東駅で念願の駅弁「台鐵弁当」を食べてみた 
・Vol.7 台湾・台東 ザ スイーツ タイトン (The Suites Taitung)宿泊記
・Vol.8 台湾・台東観光 台東観光夜市に行ってみた
・Vol.9 台湾・台東観光 旧台東駅に行ってみた 台東観光は休日がオススメ
・Vol.10 台東から花蓮へ 〜花蓮駅は随分と立派だった〜
・Vol.11 台湾・花蓮 カインドネス ホテル フアリエン (Kindness Hotel Hualien)(康橋大飯店花蓮站前館)宿泊記 〜ここもコスパ高すぎるホテルだった〜 
・Vol.12 台湾・花蓮観光 隈研吾氏監修のインスタ映えするスターバックス花蓮へ行ってみた〜行きは良い良い帰りが困る?〜
・Vol.13 台湾・花蓮観光 花蓮東大門国際観光夜市は今まで見た中でも最大規模の夜市だった
・Vol.14 花蓮から台北へ!バスも良いけど鉄道旅も楽しい
・Vol.15 台湾・台北 ヨミホテル(YOMI HOTEL)(優美飯店)宿泊記
・Vol.16 台湾・台北観光 胡椒餅食べ歩き、寧夏路夜市激混み!
・Vol.17 台湾 桃園空港 日本航空桃園空港ラウンジで朝食をがっつり食べる
・Vol.18 日本航空 JL814 台北(桃園) – 関西 ビジネスクラス搭乗記〜久しぶりのゲートでピンポーン〜日本航空 JAL224 関西 – 羽田 搭乗記

<往路>

JL805 NRT (11:15) – TPE(14:35)

<復路>

JL814 TPE (08:55) – KIX(12:25)
JAL224 KIX (14:30) – HND (15:45)


台東駅は予想外に大きくて便利な駅だった

台東駅

台東駅

まだ来たことのなかった台東ですが、駅舎がかなり立派です。

台東駅

台東駅

まぁ、改札は一つでそこはまぁこじんまりとしてはいます。

上下線ともに1時間に2〜3本程度の電車しか停車しないので(笑)まぁそんなもんでしょう。

台東駅 商店

台東駅 商店

スイーツ屋さんがあったり、、

台東駅 コンビニ

台東駅 コンビニ

セブンイレブンもあります。

とても綺麗に整備されていますが、それもそのはずです。

駅横に自転車のステーションもあって、どうやら今流行りの台湾を自転車で一周する「環島」の休憩所のようなスポットになっているのでした。

次の日の切符を購入する〜外国人限定・高鐡・台鐵5日間ジョイントパスを購入する際の注意点〜

台東駅切符売り場

台東駅切符売り場

でもって、今日の失敗に学んで翌日の台東 – 花蓮の切符をここで購入しておきます。

何しろ花蓮に直接行こうとするとほどんどが特急電車ですからねぇ。

でもってふと気がつきました。

今回は東側を回るのでコスパが合わず購入しませんでしたが、実は高鐡(台湾新幹線)と台鐵(特急などを含むローカル線)が乗り放題になる便利なパスが発売されているのですが少し注意が必要です。

外国人向けに鉄道乗り放題パスは2種類あります。

「高鐡・台鐵特急5日間ジョイントバス」

「高鐡・台鐵標準5日間ジョイントパス」

何が違うかといえば、、

「高鐡・台鐵特急5日間ジョイントバス」(15000円)

台鐵の自強号(特急)、普悠瑪号(全席指定特急)、太魯閣号(全席指定特急)に乗車可能。

莒光号(急行)および復興号(準急)の座席指定可能。

「高鐡・台鐵標準5日間ジョイントパス」(11040円)

自強号(特急)、普悠瑪号(全席指定特急)、太魯閣号(全席指定特急)には乗れない。

莒光号(急行)および復興号(準急)には乗れるが座席指定できない。

これで台湾の東側を回ろうと思ったら、そもそも普通列車の本数が少ないので必然的に特急を使わないと動けない(笑)

ですから高い方の「高鐡・台鐵特急5日間ジョイントパス」にしないと不便極まりないのです。

まぁ毎日電車を乗り倒すぐらいの勢いならばパスもお得かもしれませんが、それほど乗らないのであればジョイントパスはいらないかなぁと思います。

ただし、新幹線を乗り倒す場合は圧倒的にお得ですので購入をお勧めします。


(スポンサーリンク)
voyaginで台湾で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(台湾)

名物台鐵弁当を食べてみた

駅舎の中でここでも「台鐵弁当」を売っていました。

ちょうどお腹も空いていることでひとつ食べてみることにしました。

台鐵弁当売り場

台鐵弁当売り場

なんか簡素というか、、なんというか(笑)

台鐵弁当 値段表

台鐵弁当 値段表

全部漢字!まぁ大体わかりますね(笑)

「八角」は中華の臭み消しのハーブで好き嫌いの分かれる味付けです。

「排骨」は豚のあばら肉であとは鶏肉の足の部分のお肉のようです。

「素食」とは質素な食事ではなく「ベジタリアン食」です。

お値段は100元(約350円)程度とリーズナブル。

とりあえず「排骨弁当」を食べてみることにしました。

台鐵排骨弁当

台鐵排骨弁当

じゃーん!

うーん、日本のお弁当と比べてボリューム感満点で彩り今ひとつ(笑)

で、これ暖かくて出来立てです。

左側のお芋はサツマイモですね。

見た目に圧倒されますが、味は美味しいです。

これだけ食べればもう満腹です(笑)

購入してその辺で食べている人がほとんどなので、手軽にご飯が食べられるのでヘルシーなファストフードのような感じでしょう。

さて、ご飯も食べ終わって、ホテルに向かうことにします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください