台鐵を使って台湾を鉄道で一周してみた / Vol.2 高鉄桃園駅から台湾新幹線に乗って一気に高雄へ!〜iPhoneがなぜか暴走した!〜 

高鐡左謍駅
(広告)

今回はたまたま台北桃園空港から入国したわけですが、台湾一周するには好都合でした。

台北桃園空港から地下鉄で高鐡桃園駅まで行ってそこから台湾新幹線で一気に高雄まで行きます。

以前台湾新幹線で台中、台南、高雄は日帰りで行ったこともあるので今回はパスして高雄から東海岸を目指していきます。

高雄駅についてホテルはどの辺だったっけ?とgoogleマップで経路案内を動作させると、、急にiphoneが今までにない動作を始めてしまってどうしようもない状態に!

SIMを抜いてバックアップのアンドロイド端末に差し替えて無事にたどり着くことができましたが、デジモノに頼りすぎるとこんなときとっても困るということがよくわかりました(笑)

旅行期間 2019/3月

エリア  台湾

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL805 成田 – 台北(桃園) ビジネスクラス搭乗記
・Vol.2 高鉄桃園駅から台湾新幹線に乗って一気に高雄へ!〜iPhoneがなぜか暴走した!〜
・Vol.3 台湾・高雄 カインドネス ホテル カオション メイン ステーション (Kindness Hotel – Kaohsiung Main Station)宿泊記〜めちゃくちゃコスパ高!)
・Vol.4 台湾・高雄観光 六合観光夜市から美麗島駅のイルミネーションを見に行ってきた
・Vol.5 高雄から台東まで鈍行で行こうと思ったけど列車の本数少なすぎ!
・Vol.6 台東駅で念願の駅弁「台鐵弁当」を食べてみた 
・Vol.7 台湾・台東 ザ スイーツ タイトン (The Suites Taitung)宿泊記
・Vol.8 台湾・台東観光 台東観光夜市に行ってみた
・Vol.9 台湾・台東観光 旧台東駅に行ってみた 台東観光は休日がオススメ
・Vol.10 台東から花蓮へ 〜花蓮駅は随分と立派だった〜
・Vol.11 台湾・花蓮 カインドネス ホテル フアリエン (Kindness Hotel Hualien)宿泊記
・Vol.12 台湾・花蓮観光 隈研吾氏監修のスターバックス花蓮へ行ってみた〜いきは良い良い帰りが困る?〜
・Vol.13 台湾・花蓮観光 花蓮東大門夜市は今まで見た中でも最大規模の夜市だった
・Vol.14 花蓮から台北へ!バスも良いけど鉄道旅も楽しい
・Vol.15 台湾・台北 ヨミホテル(YOMI HOTEL)宿泊記
・Vol.16 台湾・台北観光 胡椒餅食べ歩き、寧夏路夜市激混み!
・Vol.17 日本航空 JL814 台北(桃園) – 関西 ビジネスクラス搭乗記〜久しぶりのゲートでピンポーン〜
・Vol.18 日本航空 JAL224 関西 – 羽田 搭乗記

<往路>

JL805 NRT (11:15) – TPE(14:35)

<復路>

JL814 TPE (08:55) – KIX(12:25)
JAL224 KIX (14:30) – HND (15:45)


今回の鉄道で台湾一周の経路

台湾東部の街に行ったことがなかったので、今回は鉄道で行ってみることにしました。

経路はこんな感じです。

台湾一周の経路

台湾一周の経路

1日目:成田から台北桃園空港へ→台湾新幹線で高鉄桃園駅から高雄へ(高雄泊)

2日目:高雄から台鐵で台東へ(台東泊)

3日目:台東から台鐵で花蓮へ(花蓮泊)

4日目:花蓮から台鐵で台北へ(台北泊)

5日目:台北桃園空港から帰国

それぞれの場所で一泊づつして5日で回ってみました。

日式台灣鉄道路線図がとっても便利

台湾はほぼ九州ほどの大きさで、鉄道もバスも路線が張り巡らされていてとても便利なのですが、土地勘がないとどこに向かう列車なのかわからない時がよくあります。

漢字で書かれているのでわからないわけでもないのですが、読み方もわからないし土地勘がない!

そんなときには日本の鉄道マニアの「久留里さん」の作った「日式台湾鉄道路線図」が大活躍します。

日式台灣鉄道路線図

2017-03 Ver.1.0.1

これはとっても便利で、A3に印刷して使うことを想定していますが、漢字、英語、そして「読み方がカタカナで表示」されているので駅員さんに聞いたりするときにとっても便利なんです。

高鐵桃園駅へのアクセス方法

さて、台北桃園国際空港から高鐡桃園駅に向かいますが、行き方は2通りあります。

桃園捷運もしくは空港から通聯客運(U-bus)シャトルバスを利用するルートです。

種類

所要時間

料金

桃園捷運(MRT)

20分

36TWD

通聯客運(U-bus)シャトルバス

30分

30TWD

地下鉄桃園線が開通したので今更バスに乗ることもないので、素直にMRTを利用するのが良いでしょう。

台北桃園空港に着いた後は、最初の宿泊地「高雄」へ。

本当は台鐵でコトコト行こうと思ったのですが、桃園空港からだと一旦台北駅まで行かないとちょっと経路がややこしくなってしまうことが判明。

台北駅まで行って台鐵でもよかったのですが、高雄到着がやたらと遅くなってしまうので今回は断念して新幹線で一気に高雄を目指します。

台北桃園空港から高鐡桃園駅までは空港ターミナル下のMRTに乗って5駅ほどなのですぐにつきます。

ここで台湾新幹線に乗り継ぎます。

高鐵(台湾新幹線)

路線

所要時間

料金

桃園-高雄(左營)

1時間35分~1時間51分

自由席1290TWD(こども645TWD)

普通指定席1330TWD(こども665TWD)

商務座(グリーン車)1760TWD(こども1100TWD)

台湾新幹線チケット

台湾新幹線チケット

窓口で次の高雄行きのチケットを購入。

まぁこんな時間だから自由席でも問題ないだろう、、と思ったのですが、実際には結構込み合っていて、桃園駅から新竹駅までは座れませんでした、、、

やはり指定席を購入しておくことをお勧めします。

高雄は高鉄では「左謍」駅という名前なのでちょっと注意です。

そこから在来線で高尾駅を目指します。

まぁ日本で言うところの「横浜駅」と新幹線の「新横浜駅」のような関係ですね。

新しくできた新幹線は従来の町の中心から若干離れているのです。

台湾新幹線を乗りまくるなら外国人専用のパスがお得

台湾新幹線には外国人観光客向けにめちゃくちゃお得なパスを販売しています。

台北から高雄を1往復するだけで元が取れちゃうという優れもの(笑)

以前このパスを使って台北を起点に3日間台中・台南・高雄を日帰りで訪れましたがとっても便利でお得でした。

購入方法や利用方法などは下記の投稿を参照ください。

今回も台鐵の他の区間も含めてパスを利用しようと思ったのですが、台湾新幹線を使うのは桃園ー高雄区間のみで後は台鐵のみ。

計算してみると、台鐵は非常に料金が安いのでパスを買っちゃうと赤字になっちゃうことが判明したので、今回はパスは使わないことにしました。

ただ、台湾新幹線を2区間以上乗り回す予定のある場合はちょっと手間はかかりますがパスを使った方が絶対的にお得です。

高雄に到着

台湾新幹線車内

台湾新幹線車内

台湾新幹線に乗って約2時間程揺られて高雄へ向かいます。

車内は、、うーん、東海道新幹線とほとんど同じ(笑)台湾に来た気がしません。

高鐡左謍駅

高鐡左謍駅

左謍駅に到着しました。

ここは新幹線の起点となる場所ですからプラットホームには新幹線がずらずらと並んでいて圧巻です。

高鐡左謍駅

高鐡左謍駅

台湾新幹線の駅はどこも作りが似ているのですが、天井が高くてとっても雰囲気の良い駅です。

高鐡弁当

高鐡弁当

駅舎内にはお弁当屋さんもあります。

台鐵弁当に対抗して高鐡弁当?

高鐡弁当

高鐡弁当

台湾は日本と違って温かくないとご飯じゃない!というところなので、販売時間もお昼時と夕食時のようです。

駅の構内でお弁当を広げる人も結構います。

高鐡弁当売店

高鐡弁当売店

でもって、こんな凝ったお店もあります(笑)

お値段も売ってるものも同じです(笑)

在来線に乗り換えて高雄駅へ

さて、ここで在来線に乗り換えて台鐵の高雄駅に向かいます。

台鐵乗り換え口

台鐵乗り換え口

駅の改札は日本の改札と同じですね。

ここでは台北のバス・地下鉄でおなじみの台湾のSUICAとも言える「悠々カード」が使えます。

わざわざ切符を買わなくても「ピッ」とかざせば乗れますからとっても便利(笑)

台湾の鉄道の旅では「悠々カード」は必須です。

台鐵「新左謍」駅

台鐵「新左謍」駅

高鐡左謍駅と接続しているのは台鐵「新左謍」駅。

プラットフォームはお客さん少なめの(笑)ちょっと暗めの駅です。

台鐵「新左謍」駅

台鐵「新左謍」駅

うーん、ここから高雄駅に行きたいんだけどどれに乗ればいいのかなぁ

一応漢字なので言わんとすることはわかるのですが、何しろ土地勘がありません。

で、ここで活躍するのが「日式台湾鉄道路線図」です。

日式台湾鉄道路線図 高雄周辺

日式台湾鉄道路線図 高雄周辺

新左謍から高雄へは「屏東」か「潮州」行きにのれば良いので「月台」(プラットフォーム)3Aか1Aのどれかに乗れば良いと言うことのようです。

ただし!注意しなけれないけないのが「自強」です。

これって特急電車なので追加料金と停車駅を気にしなければならないので乗らないようにしましょう。

とてつもなく遠いところまで止まらないかも?(笑)まぁ高雄ならどれでも止まるんですが、、

台鐵電車

台鐵電車

これで高雄まで向かいます。

台鐵電車

台鐵電車

車内はまぁ日本とあまり変わらず、、座席は少し少なめですね。

台鐵電車

台鐵電車

しかもトイレ付き。

ちょっと新し目の電車です。

台鐵 高雄駅

台鐵 高雄駅

高尾駅に到着です。

先ほどの新左謍駅の暗さとはガラッと変わってかなりでかい駅舎です。

高雄駅はただいまリニューアル中で完成したら更に立派で機能的な駅になりそうです。

iPhoneが異常動作を始めた!

さて、本日の宿は駅前なので、どっちに行ったらいいんだろう、、とgoogle mapの保存している宿の情報をみていると、、iPhoneが操作を受け付けなくなってしまいました!

こりゃ困った、、こんなときは困った時の再起動!と思ったのですが、電源すら切れない状態に!

いやぁこれは困りました。

しかもどこに行ったらいいかわからない(笑)

でもってこんなときはバックアップスマホが役に立ちます

スマホが盗難や故障の際に途方にくれるのを避けるためいつも持ち歩いている予備のスマホに現地のSIMを入れ替えてことなきを得ました。

いやぁ、今まで盗難でスマホがなくなったことは何度かあるのですが’(笑)異常動作は初めてです。

ちなみに盗難の際はさらにパニックになるので手続きについて以前まとめたのでちょっと見ておくと少しは役に立つと思います。

iPhone8はリセット方法が違っていた〜iPhone8/8 plus の強制再起動する方法〜

デジモノが言うことを聞かなくなったときは強制再起動をすると意外と直ったりするものです。

最近のスマホは高機能化のせいでこの強制再起動方法が機種によって微妙に異なるようです。

自分の使っている機種の強制再起動方法も事前に調べておくと良いでしょう。

さて、ホテルに無事に着いた後、改めてiphone8の強制リセット方法を調べてみました。

iPod Touchなどは「ホームボタン+電源ボタンの長押し」で再起動できたのですが、最近のiPhoneは少しやり方が変わったようです。

iPhone7, iPhone7 plus の強制再起動手順

「音量を下げるボタン+サイドボタン電源ボタンの長押し」

これはシンプルだけど知らなきゃわからないですね。


(スポンサーリンク)
voyaginで台湾で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(台湾)

iPhone X , iPhone8 iPhone 8 plusの強制再起動手順

「音量(大)→音量(小)→サイドボタン(電源ボタン)」

1. 音量(大)ボタンを押してすぐに離す。
2. 音量(小)ボタンを押してすぐに離す。
3. サイドボタン(電源ボタン)を10秒ほど押し続ける。

これで再起動ができるのですが、こりゃ知らなきゃわからんですね(笑)

無事にホテルにも着いたし、スマホも復活したのでとりあえず一安心です。

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください