【ガジェット】おサイフケータイのNFC/FeliCaが反応しない?裏蓋を押したら解決!反応の悪いフェリカは配線の接触不要かも?

(広告)

昭和の時代(笑)「テレビの調子が悪くなって映像がうまく映らなくなったら、斜め45°から叩くと直る!」というのが漫画やコントで冗談のように語られてきました。

まぁ実際にはそんなことで直ることはないはずなのですが、ホコリなどで接触不良が起きていたりするとあながち間違いではない可能性もありました。

でもって今は平成最後の年。

電子機器は進化してちょっとホコリが入ろうが水にぬれようが故障しないデバイスに進化を遂げました。

その代表格が現代の必需品「スマートフォン」。

超精密部品の塊をポケットやカバンに気軽に入れて歩ける時代が来るなんて素晴らしいです。

しかし、今回昔使っていた「Xperia Z3」のおサイフケータイ機能(NFC/FeliCa)が突然反応しなくなるというトラブルに見舞われました。

修理に出すのも馬鹿らしいので、なんか手立てはないかと早速「検索」です。

すると、、、「配線が外れかけているかもしれないので押すと直るかも?」という不思議な言葉がヒット!

まぁ試すのはタダだしなぁ、、ということで押してみると、、「なんと直った!(笑)」

スマホの裏側を押しただけでちゃんとおサイフケータイを認識できました。

昭和ならともかく、平成最後の年にこんなことってあるんですねぇ。


突然昨日まで使えていたXperia Z3のおサイフケータイ(NFC/FeliCa)が使えなくなった

メインのスマホはiPhone 8plusにしてしまったのですが、Iphoneになくてアンドロイドスマホにあるもの、それは「おサイフケータイ」です。

iPhone8に変えるまでずっとアンドロイド端末を使っていたので、おサイフケータイでEdyやnanaco、WAONを便利に使っていました。

財布を忘れても気がつかないけど、スマホを忘れるともう何も買えない、電車に乗れない、飛行機に乗れない、、ともう散々なことになります。(笑)

諸事情でiPhoneに変更することにしたのですが、困るのがおサイフケータイ機能です。

iPhone8ではSUICAが使えるので、それにまとめてしまうというのが真っ当な考え方なのですが、EdyもnanacoもWAONも使いたいしなぁ、、ということで止む無く昔使っていた「Xperia Z3」を復活させておサイフケータイを使うことにしました。

始めは快適に使えていたのですが、最近決済時に認識されないことが多くなり、時間もかかるようになってとっても不便になってしまいました。

わざわざこれを直すのに修理に出すのはばからしい、、でも使えないのも困る、、まさかこんなことになるとは想定外でした。

不安定な動作状況症

EdyとかnanacoとかWAONを使う環境や場所で決済できたりできなかったり、、、

レジでの認識で時間がかかってずっとタッチしたままにしていると急に決済できたり(笑)

お隣のレジではダメで、レジを変えると決済できたり(笑)もうよくわかりません。

NFC/FeliCa(おサイフケータイ)が使えなくなる原因

とっても不便なのですが、修理に出すつもりはさらさらないので、とりあえず故障原因を誰か調べている人がいないか検索。

やはり同様の症状で悩んでいる人は結構いました(笑)

主な原因は設定の仕方や使い方に問題があることが多いようで、以下の点が原因と対策です。

1.初期設定をしてアプリが正常動作するかどうか確認する

2.スマホを再起動する

3.NFCがONになっているか確認する。

私の場合は、そもそも使えたり使えなかったりするわけですから一応動作はしているようです。

しかもアプリからはちゃんとEDYもnanacoもWAONも認識していて残金やチャージもできるのです。

お店の端末で決済の時に認識されないだけ、、結構厄介です。

最後の手段「スマホの裏を押す」で直った

色々と検索してみると興味深い記事を発見しました。

どうやら「FeliCaの配線はちょっとした衝撃で外れてしまう」らしく、これが故障の原因にもなっているようです。

これを見てふと気がつきました。

そうか!使えたり使えなくなったりするのは「接触不良」かもしれない!

接触不良ならば押してみれば直るかも?というわけで、、

Xperia Z3 NFC場所

Xperia Z3 NFC場所

フェリカマークを中心に裏からギューっと押してみました。すると、、

直った!(笑)

手持ちの楽天カードに付帯しているEDYをXperia Z3で読めるようになりましたし(押す前は読み込みができなかった)、お店でも使う前に裏蓋をギューっと押してタッチするとなんとすんなり使えます(笑)

まさかこんなことってあるんだ、、

今回の真の原因は裏蓋の浮きかもしれない

不具合のあったXperia Z3ですが、Xperiaの中ではバランスの取れた名機なのですがいかんせん古い。

電池も一回交換していますし、落として少し本体に凹みもあります。

本体の変形のせいで裏蓋が少し浮いてしまっているようで、そのために本来FeliCaの配線を押さえつけているはずの裏蓋の力が弱くなって配線が外れかけているのかもしれません。

本当に認識しなくなったら意を決して開けようかと思いますが、今はとりあえずテープで裏蓋を固定して使います。

開けるときはこれを買わないと、、

(広告)

ただし、素人が行うのはリスクがありますので、もし試したいと思う方はご自身の判断でお願いいたします。

私の場合は既に保証の切れた端末ですので壊れてもどうってことないのでダメ元でやるかもしれませんね。

まとめ

ホーチミンで盗難にあったXperia Z5もおサイフケータイ機能が不安定でしたが、もしかしたら同じ原因だったのかもしれません。

一度ドコモショップでみてもらったのですが「異常なし」でした。今となっては端末が手元にないので試せませんが。

端末は古くなるとバッテリーの膨張なので裏蓋が浮いてくることもありますし、そうなるとちょっとした衝撃で配線が接触不良になってしまうかもしれません。

特にXperiaシリーズは薄く作ることに執念を燃やしているようで、筐体に詰め込みすぎているのでバッテリーの膨張ですぐに裏蓋が浮きます。(これって設計ミスだと思うんだけどなぁ。)

そのまま修理に出しても「異常なし」で戻って来ると思いますので、一度押してみて」復活するかを確認してから判断しても良いのではないでしょうか。

押すだけはタダですしね(笑)

まるで指圧のような、、人間も古くなると体を押して復活させますしね(笑)

ちなみに、本体の表面を下にして置いて上から押すのは危険です。ちょっとしたゴミでディスプレーが割れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください