ミラーレス一眼カメラのバッテリーの保ちは悪い!予備バッテリーパックは必須。SONY α NEX用 Newmowa NP-FW50互換USB給電式の予備バッテリーパックを購入・評価してみた

Newmowa NP-FW50 互換バッテリー
(広告)

ミラーレス一眼カメラを使っているのですが、従来の一眼レフカメラと比較して電池の保ちが悪いのは周知の事実になっています。

これは従来の一眼レフのように光学式のファインダーを使う際には外光をミラーで反射して光学的に被写体を確認するのに対して、ミラーレス一眼カメラの場合は、その時点で撮像素子やその信号を処理する信号系、更にその情報を表示する液晶モニターやEVFに電気を使うので当然といえば当然です。

各社省電力化に余念がありませんが、そうはいうものの構造上仕方のないことです。

電池の保ちを良くするために電池を巨大化させるとミラーレス一眼カメラ本来の小型計量が損なわれますので本末転倒です。

そうなるとユーザー的には予備バッテリーを複数個用意する必要があるのですが、これが純正だとめちゃくちゃ高いのです、、、これなんとかならないのかなぁ、、

仕方がないので互換バッテリーを購入してみました。

実際に動画撮影時間で比較してみると、今回購入した互換バッテリーは純正バッテリーと比較して約86%程度の撮影時間なのでまずまずの製品だと思います。


APS-C機のNEX-7とオールドレンズを使って「フルサイズもどき撮影」遊びをしています。

現在旅行に行くときにはオリンパス OM-D EM-1を持ち出すことが多いのですが、たまにオールドレンズ遊びをするときにはSONY NEX-7を使っています。

先日フォーカルレデューサーマウントアダプターを購入したので、オールドレンズがほぼそのままの焦点距離で使えるので、APS-C機がなんと憧れの「フルサイズ機」になるという技を使ってちょこちょこと遊んでいます。

ただし、マニュアルでピントを合わせたり、設定をマニュアルでいじらなければならないので、撮影している時間よりも設定をあれこれといじる時間が多いのでバッテリーの消費が多くなってしまいます。

となると、やはり予備バッテリーが欲しいわけです。

予備バッテリーの純正品は高い!

やはり純正品の方がなんとなく安心感があってできればそちらを購入したいのですが、いかんせん高い!

SONY NEX-7用の純正バッテリーパック「NP-FW50」はアマゾンで購入しても約7000円もします!

いくら純正品とはいえ、お遊びにこんな値段だせません。

というわけで、今回購入したのはこれです。

(スポンサーリンク)

私が購入した時は充電器付きで2本でなんと2215円!一本あたり1000円です!

(現在はセット売りがないようです)

予備バッテリーが2本もあればたくさん撮り歩いたとしても1日十分持ち歩けます。

電池切れを気にする必要も無くなります。

対応カメラ一覧

BC-QM1 / BC-TRW / BC-VW1 / DSC-RX10M2 / DSC-RX10M3 / DSC-RX10 / ILCE-5000L / ILCE-5000Y / ILCE-5100L / ILCE-5100Y / ILCE-5100 / ILCE-6000L / ILCE-6000Y / ILCE-6000 / ILCE-6300L / ILCE-6300 / ILCE-6500 / ILCE-7K / ILCE-7M2K / ILCE-7M2 / ILCE-7RM2 / ILCE-7R / ILCE-7SM2 / ILCE-7S / ILCE-7 / ILCE-QX1L / ILCE-QX1 / NEX-3A / NEX-3A JE / NEX-3D / NEX-3D JE / NEX-3K / NEX-3NL / NEX-3NY / NEX-5A / NEX-5D / NEX-5D JE / NEX-5K / NEX-5ND / NEX-5ND JE / NEX-5NK / NEX-5NY / NEX-5N / NEX-5RL / NEX-5RY / NEX-5R / NEX-5TL / NEX-5TY / NEX-5T / NEX-6L / NEX-6Y / NEX-6 / NEX-7K / NEX-7K JE / NEX-7 / NEX-C3D / NEX-C3K / NEX-C3K JE / NEX-F3K / NEX-F3Y / SLT-A33L / SLT-A33L JE / SLT-A33Y / SLT-A33 / / SLT-A37K / SLT-A37Y / SLT-A37 / SLT-A55VL / SLT-A55VY / SLT-A55V /

昔は機種ごとにバッテリーの形状が違っていてなんと悪どい商売をしているんだろう!と嘆いていましたが、最近はようやく心を入れ替えて(?)統一してくれています(笑)

最近までのSONYのミラーレス一眼カメラのほとんどに使えます。ただし、最新のα9のシステムには使えません。

α9には今回購入した「NP-FW50」の2.2倍の容量のあるバッテリーパックを使っているようです。

まぁ定価で50万円もするプロ用の機種ですから仕方がないのでしょう。

Newmowa NP-FW50 互換バッテリーが到着

Newmowa NP-FW50 互換バッテリー

Newmowa NP-FW50 互換バッテリー

Newmowa NP-FW50 互換バッテリー

Newmowa NP-FW50 互換バッテリー

バッテリー2個と専用の充電機が付いています。

購入するときは気にしていなかったのですが、これUSB給電なんです。

ということは、モバイルバッテリーからでもカメラのバッテリーに充電できるので、いざという時には便利です。

最近はスマホ用に大容量のモバイルバッテリーは常に携帯していますからね。

充電器の仕様

Input::5V2A

OutPut:4.2V/4.35V-800mA(×2)、8.4V-600mA(×2)

一応5V2A出るUSBであれば大丈夫のようです。最近のモバイルバッテリーやスマホの充電器はほぼこの仕様になっているはずです。

ただし、PCに接続する場合は要注意です。

USBの規格は以下のようになります。

規格名

給電能力(5V

USB2.0

500mA

USB3.0

900mA

USB3.1

1000mA

USB3.1でも入力仕様を満たしません。

しかし、心配は無用です。

基本的にはみなさんがお持ちの最近のスマホ、特にiPhone,iPad対応の充電器はだいたいOutputが5V2.4Aになっているはずですので、それを使えば問題なく使えます。

純正バッテリーとの違い

Newmowa NP-FW50 互換バッテリーと純正バッテリー

Newmowa NP-FW50 互換バッテリーと純正バッテリー

純正バッテリー:7.2V 7.3Wh 1020mAh

Newmowa互換バッテリー:7.2V 7.8Wh 1080mAh

純正品はNEXシリーズが出て来た数年前からのバッテリーセルを使っているからでしょうか、互換品の方が若干電力が大きいです。技術が進んで蓄電量もアップしたのでしょう。

使用雑感

特に問題ありません。

手持ちのアンカーのUSB急速充電器に接続して充電して見ましたが問題ないですし、バッテリー自体もNEX-7に入れて問題なく使えています。

あとはバッテリーの保ちですが、これから使ってみないとわかりません、、

品質は未知数。

信用するしかありません。最近はリチウムイオンバッテリーの発火事故も報道されていますから心配ではありますが、基本的に電池のセルを作っているメーカーは限られていますので、重要部品の大元は同じですから問題ないのではないかと思っています。

なにせ、SONY Xpediaのバッテリー交換をしてもらったときに中の膨れたバッテリーパックを見ると、よくわからない中国のメーカー製だったし(笑)

外側は日本メーカーでも最近はほとんどが中国製ですから、そこは純正品と変わらないと思っています。

実際の使用可能容量を評価してみると大体純正バッテリーの8割ぐらい

実際に動画の撮影時間で比べてみました。

条件
使用機材:NEX-9
記録方法:AVCHD記録
フォーカス:C-AF

実験結果
2012年3月購入バッテリー:108分
互換バッテリー:93分

約86%程度のバッテリーの保ちのようです。

メーカーカタログ値(動画撮影時間)

ファインダー使用時:約90分
液晶モニター使用時:約100分

カタログ値は下記の通りなので、純正バッテリーはそれほど劣化していないようですね。

(それほど激しく充放電をしていませんので、それほど劣化はしていないと思います)

互換バッテリーは約86%なのでまずまずでしょう。互換バッテリーは純正の8割~9割ぐらいと言われていますので、目安としては正しいようです。あとは劣化の進み方がどの程度かが心配ですが、なんといっても安いのでそこは目をつぶれます。

若干気になったのは、付属のバッテリー充電器のインジケーターです。

これがわかりにくい(笑)

説明書(英語)を読むと、、、

「一つのバッテリーを充電しているときは、赤く点灯します、もう片方は消灯しています。」(え、1本の場合は充電終了はわからないの?)

「2つのバッテリーを充電しているときは赤く点灯して、終了するとグリーンに変わります」(え、2つあるLEDランプのどっちのことを言ってるの?)

とかなり不親切ですが(笑)それは安いのでご愛嬌。

適当に充電してそろそろかなぁと思ったらカメラに入れて確認してしまえば良いかと(笑)

せめて終わったら消灯するとか、点滅するとか、、分かりやすくして欲しかったです。

まとめ

ソニーのミラーレス一眼カメラ用のバッテリーパック「NP-FW50」は純正品だと7千円近くしますが、互換バッテリーが1/7の一本1000円で購入できます。

最近のバッテリーは互換メーカーが安く売っていますので予備バッテリーとしてお守りがわりに使う分にはこれで十分です。

もっとも、プロが仕事用に使うという場合には購入後の劣化の問題もありますのでお勧めしませんし、ましてプロであれば寒冷地など過酷な条件での撮影もあるでしょう。

そういったバッテリーにとって過酷な条件下で使用する場合はやはり純正品が安心です。

私の場合は寒冷地でNEX-7を使う予定もありませんし、カメラ自体がそのような仕様ではありませんので、お遊び用にこの互換バッテリーで十分です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください