2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.3 キャセイパシフィック CX509 成田ー香港 搭乗記

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス機内食
(広告)

キャセイパシフィック は空港ラウンジはよく利用するのですが、実際に飛行機に乗るのは初めてなのです。

香港も国土が狭いのでキャセイパシフィック ももちろん国際線だけの運行ですから、シンガポール航空とほぼ同じ位置付けになります。

シンガポール航空は評判がとても良いのですが、記憶を辿って見てもキャセイパシフィック がエアラインランキングの上位になっているのを見たことをがありません。

個人的にはラウンジの印象が強いので、割と好印象なのですが実際に乗ってみるとどう感じるか興味津々です。

旅行期間 2018/1月
エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

<旅程>
CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港ボーディング

さて、JALラウンジでゆっくりしたのでそろそろボーディングです。

本館側とはいえ、JALラウンジとは反対側です。もっとも、成田空港は他の巨大空港と違って歩く距離は少ないのですけどね。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港ボーディング

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港ボーディング

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港ボーディング

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港ボーディング

キャセイパシフィック CX509 機体番号B-HLD シリーズA330-300 型式A330-342 製造番号102 登録1997/11

キャセイパシフィック CX509 機体番号B-HLD シリーズA330-300 型式A330-342 製造番号102 登録1997/11

本日の機材はA330-300。

20年前の機体ですから結構使い倒しています(笑)なるほど、、、道理でなんとなく機内もあちこちくたびれているわけです。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス

本日はエコノミークラスで行きます。

何と言っても周遊券で6万円でお釣りがくるので贅沢は言って要られません。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス

でも、座席はしっかりとバルクヘッドの席を確保したので、5時間程度の搭乗も楽々です。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス

20年の歳月を思わせる一昔前のモニター(笑)

小さい!液晶も経年劣化で少し暗いし不鮮明(笑)

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス

肘掛にあるコントローラーも文字がかすれていて何処と無く古さを感じます。

ただし、座席の前後間隔は中距離国際線用なので意外に広いようです。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス

成田ー香港はバルクヘッドの席でしたが、その他の路線でも窮屈さはあまり感じませんでした。

意外とキャセイパシフィック も頑張っているようです。

ビジネスクラスも古い!

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 ビジネスクラスシート

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 ビジネスクラスシート

降機時にビジネスクラスも覗いてみましたが、、古い、、、飛行機全体が全て古めかしい(笑)

もしかしてこの飛行機ってそろそろ退役して売り払われるんじゃないでしょうか(笑)

成田空港を出発!

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港

富士山は見ることはできませんでしたが、南アルプス(?)だと思われる山々を眺めながら一路香港へむアイマス。

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス機内食

噂には「量が少ない」「マズイ」と聞いていたので、一体どのようなものが出てくるか興味津々です。

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス機内食

意外とまともです(笑)

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス機内食

まぁメインは牛肉あんかけ焼きそばのようなものです。

味付けも特に変わったこともなく美味しくいただけました。(え、あれだけラウンジで食べていたのにまだ食べる??)

キャセイパシフィック CX509 成田 - 香港 エコノミークラス機内食

キャセイパシフィック CX509 成田 – 香港 エコノミークラス機内食

フルーツにヨーグルトと水!

まぁ、確かに量が少ないというのはなんとなくわかりますが、特に「マズイ」とは感じませんでした。

ラウンジでたくさん食べてきているので、これでもう十分です。

しかし!!!本当にマズイ機内食はこれから先の路線でたくさん出てくるのでした、、、

間も無く香港到着、、ん?蛇行してる?

間も無く香港到着、、ですが、なぜか蛇行しています。

どうやら香港空港混雑のため少し時間稼ぎをしているようです。

香港国際空港もめちゃくちゃ混み合いますから、上空待機も日常茶飯事なのです。

香港国際空港到着

香港国際空港到着

香港国際空港到着

香港国際空港到着

香港国際空港到着

香港国際空港到着

モニターには接続便の案内が出てきます。

これってあまり見たことがないのですが便利ですよね。

香港国際空港到着

香港国際空港到着

続いて到着ゲートと手荷物検査台の番号も出てきます。

これも親切!

最近はコードシェアが多すぎて、手荷物検査場のところのモニターで自分の乗ってきた飛行機の番号を探すのが一苦労なのです。

ちゃんと到着前にわかっているんですねぇ、、当たり前ですが(笑)

香港国際空港に到着!

ここからが長い!

降機してからがが結構距離があります。

イミグレーションのあるメインターミナルまで長い廊下を歩いて、、、

香港国際空港

香港国際空港

香港国際空港

香港国際空港

電車に乗ってメインターミナルまで行きます。

香港国際空港

香港国際空港

ようやくイミグレーションまで到着です。

地下に電車もあって、それなりに工夫されていますが、やはり香港国際空港も巨大空港です。

ここから香港に入国もできますし、そのままマカオ行きのフェリーにも接続できます。

マカオで出国したのちに直接香港国際空港のこの場所(出発階)にくることもできますのでとっても便利です。

詳細は下記の投稿をご参照ください。

これでもすでに手狭なのでさらに拡張工事の真っ最中、、、

日本の空港なんて比ではないです。

香港入国は混んでいる?SFCメンバーなら「e道(e-channel)」を取得しておきましょう!

さて、イミグレーションは長蛇の列ですが、香港はANAのSFCメンバーであれば「e道」が申請できて、パスポートの後ろにバーコードを貼ってくれますので、それを使えば長蛇の列に並ばなくてもバーコードと指紋認証だけで入国できます。

「e道」に関しては諸先輩方がブログにまとめてくださっていますのでそちらを参考にして見てくださいね。

一度取得してしまえばパスポートの期限が切れるまで有効ですから香港になんどもくる人はオススメです。

パスポートを切り替えの際も古いパスポートと新しいパスポートを持っていけば切り替えてくれます。

私もANAのSFCを持っていますので数年前にパスポートの後ろにバーコードを貼ってもらっていますので、長蛇の列に並ばずにするっとイミグレーションを通過できました。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください