東京から南へ350km!絶海の孤島「青ヶ島」へ1泊2日で行ってみた / Vol.6 坂ばかりだった青ヶ島を後に八丈島へ戻る 東方航空 TAL12 青ヶ島 – 八丈島 搭乗記  

AOGASHIMA6
(広告)

駆け足で青ヶ島観光をして翌日には八丈島に戻ります。

青ヶ島にいたのは1泊2日。

小さい島なのでざっと観光するだけならば十分なのですが、それは天気が安定しているという好条件の場合の話。

実際問題翌日のヘリコプターに乗る直前にはさっきまで見えていた山がモヤであっという間に真っ白になって見えなくなってしまいました。

そうか、、これが「真っ白だった」の意味だったのか。。

今回は八丈島一泊をつけて不足の事態に備えていたのですが、奇跡的に全てスケジュール通り(笑)の滞在となりました。

旅行期間 2022/5月
エリア  青ヶ島、八丈島
テーマ  観光&温泉

・Vol.1 絶海の孤島「青ヶ島」へ!東京都内を飛行機で移動?全日空 ANA1891 羽田 – 八丈島 搭乗記
・Vol.2 昨日まで運休中だったヘリコプターに乗って青ヶ島上陸!東方航空 TAL11 八丈島 – 青ヶ島 搭乗記
・Vol.3 ゆるーい島の民宿かいゆう丸宿泊記
・Vol.4 青ヶ島観光Part1 お昼ご飯は地獄釜。蒸している間に三宝港、御富士様参り。
・Vol.5 青ヶ島観光Part2 決死の大里神社登山!青ヶ島と言えばこの景色、大凸部でババロア鑑賞(笑)
・Vol.6 坂ばかりだった青ヶ島を後に八丈島へ戻る 東方航空 TAL12 青ヶ島 – 八丈島 搭乗記
・Vol.7 八丈島でキョンと対面!見てみたかった映画「トリック」のロケ地になった廃墟ホテル「オリエンタルリゾート」へ!目の前に忽然と現れる迫力の廃墟!
・Vol.8 八丈島でバスパで温泉巡り〜見晴らしの湯、足湯きらめき、やすらぎの湯を巡ってみた〜
・Vol.9 八丈島でカフェ巡り〜古民家喫茶中之郷、むかしの富次郎、八丈島ジャージーカフェを巡ってみた〜
・Vol.10 プール・大浴場完備でリゾート気分満喫!空港にも近い「八丈ビューホテル」宿泊記
・Vol.11 強運!振り返れば全て予定通り(笑)全日空 ANA1896 八丈島 – 羽田 搭乗記

<往路>
ANA1891 HND(07:30) – HAC(08:25)
TAL11 HAC(9:20) – 青ヶ島へリポート(9:40)

<復路>
TAL12. 青ヶ島へリポート(9:45) – HAC(10:05)
ANA1896 HAC(17:25) – HND(18:25)


早朝青ヶ島の街中を散策。坂だらけで大変だった

昨日は奇跡的に天気に恵まれて島内観光の全て終了できました。

翌日は昨日青ヶ島にやってきたヘリコプターで八丈島へ向かいます。

せっかくなので朝ごはん前に早朝街をお散歩することにしました。

青ヶ島小中学校

青ヶ島小中学校

ここは高台にある学校。

広いグラウンドがあって快適に過ごせそう。

校舎の向こう側には海を見渡せるプールが!

景色が物凄くよい贅沢なロケーション。。。

のはずなのですが、実はビーチはありません。

青ヶ島は周りが断崖絶壁。。

沖縄の離島のようにそこかしこにビーチがあるわけではなく、結構過酷だったりするわけです。

しかもこの近くは全て坂!

中心部を歩く際には「上る」か「下る」のどちらかの道しかありません(笑)

まぁ極端に言えばそんな感じ。。。

それも急勾配なので結構足のエクササイズになります(笑)

青ヶ島町役場

青ヶ島町役場

役場機能もこの周辺にまとまっていて、その意味では意外と便利なのかも?

診療所とかもこの前にあったりして、、

でもここで対処できないことはヘリで移送する必要があるのでしょうが、そもそも定期航路ですら50%の確率で欠航する場所なので非常に厳しいということだけは確かなようです。

もっとも、、ネット通販は結構便利らしく(笑)みなさんよく使っているご様子。

もちろん翌日配送!なんてことにはならず(笑)いつ来るかわからないと言った感じでしょうが、それでもちゃんとお買い物は出来るのでちょっぴり辛抱すれば家にこもって仕事ができる場合は快適かもしれませんね(笑)

青ヶ島

青ヶ島

道がなんともガタガタで、、(笑)

軽自動車一台で通るのがやっとという坂道がそこかしこにあります。

足が丈夫じゃないと生活が過酷です。。

しかもモヤでも出ようものならどこを通っているのかわからなくなります。

これは大変だ。。

早朝の散歩が個人的には割とハードエクササイズになったのでした(笑)

東邦航空 TAL12 青ヶ島 to 八丈島 搭乗記

さて、昨日乗ってきたヘリコプターの復路便で八丈島まで戻ります。

レンタカーにガソリンを入れて、、返却。

そのままへリポートまで送ってもらいました。

へリポートについてふと街の方を見るとその時点ではまだ朝行った学校とか山とかが見えたのですが、しばらくするとさーーっとモヤがかかり周りが真っ白に!

あっという間に学校も山も白くなってしまいました。

そっか!真っ白だったというレンタカー屋さんのご主人が言っていたのがこのことか〜

こうなったら観光なんてできないですね(笑)

というかヘリはくるのか?(笑)

青ヶ島ヘリポート

青ヶ島ヘリポート

へリポートの脇にあるプレハブ小屋。

小屋と言っても結構綺麗で、左にあるのはトイレ。

この建物はチェックイン〜搭乗待合室が合体した建物なのです。

ふと後ろを見ると。。。

青ヶ島へリポート 旧ターミナル

青ヶ島へリポート 旧ターミナル

なんか古い建物がありますが、どうやらこれが昔のターミナルだった模様です。

基本的な構造は変わらず(笑)

でも確かに新しい方がほんのちょっと大きいかもしれません。

あくまでほんのちょっと。。(笑)

青ヶ島ヘリポート チェックイン

青ヶ島ヘリポート チェックイン

新しい方の建物を入ると、左手にチェックインカウンターがあって、そこでチェックインと荷物の計量。

で、その奥には搭乗待合室があって、そこに入るにはもちろん金属探知機での身体検査もあるのでした。

青ヶ島ヘリポート 搭乗口

青ヶ島ヘリポート 搭乗口

搭乗待室からはこちら側から出る必要があって、ロープで制限された通路をヘリコプターまで行くという動線になります。

なんたって九名しか乗りませんから(笑)そんな感じで誘導されます。

青ヶ島へリポート→青ヶ島 フライトレポート

 

今回の青ヶ島に滞在中、お天気が奇跡的に良くてとてもラッキーでした。

帰りもヘリコプターで八丈島まで戻りますが、山の方は霧がかかってきていてさっきまで見えていた山が隠れてしまいました。

なるほどこれは確かにヘリコプターだと欠航するかもしれませんねぇ。。

まさに運しだい(笑)

これに乗れなかったら船に乗るしかない(笑)

帰りのヘリコプターも無事に青ヶ島に到着。

ボーディング時間になるとそのまま誘導されてヘリに乗り込みます。

座席は自由!

帰りは窓際の良い席に陣取りました(笑)

離陸して青ヶ島を見ると、、霧に隠れ始めています。。

ミステリアスな島でした(笑)

20分のフライトで八丈島までやってきて、島の東側から滑走路に侵入!

そのまま着陸しました。

青ヶ島に行く機会はなかなか無いのですが、今回は全て予定通り無事にこなすことができました。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください