チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだった / Vol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった

チェンマイ イーペン・ロイクラトン祭り2018は華やかだったVol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった
(広告)

当分海外には出られそうにないので、思い出旅行中。

チェンマイ観光といえばお寺巡りとかエレファントライドとかが有名ですが、既に行ったしなぁ、、

現地の友人に聞いたところここに勧められました。

今回は車で20分ぐらいのところにあるラーチャプルック花博記念公園に行ってみました。

観光地かされていない広大な公園なのですが、無料のバスが周遊しているので割と楽にまわれます。

植物がとてもよく手入れされていて、特にランの花がすばらしく美しいです。

ロイヤルパビリオンは荘厳でキラキラの装飾に目を奪われます。

まぁ名所旧跡ではないのですが、涼しい時期に散策するには良いところです。

旅行期間 2018/11月
エリア  バンコク・チェンマイ ・沖縄
テーマ  街歩き、食べ歩き、お祭り

目次
・Vol.1 成田空港 キャセイパシフィック ラウンジとカンタス航空ラウンジをハシゴしてみた
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記 〜念願のA380でクアラルンプールへ!〜
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 aloft BANGKOK Sukhumvit Soi 11宿泊記〜安くてお洒落なホテルだった〜
・Vol.5 タイ航空ロイヤルシルクラウンジ(国内線)〜タイ航空 TG110 バンコク – チェンマイ エコノミークラス搭乗記
・Vol.6 チェンマイ VIENG MANTRA 宿泊記〜コスパの良い居心地の良いミニホテルだった〜
・Vol.7 旧友のお店「Kiat Num」 レストランに寄ってチェンマイ市内をバイクで散策
・Vol.8 ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)が素晴らしかった
・Vol.9 今年はお寺の境内でランタン揚げて煩悩が少し減ったかな?
・Vol.10 チェンマイのロイクラトンパレードも賑やかに開催されました
・Vol.11 タイ航空 TG105 チェンマイ – バンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.12 エグゼクティブ クラブ アット ウインザー(Executive Club at Windsor)に泊まってみた〜建物は豪華だけどホテルマンイマイチ、WiFi激遅だった〜
・Vol.13 インスタ映えする日本人に大人気のスポット「ワットパクナム」に行ってみた
・Vol.14 ワットパクナムよりも面白い?「ワットクンチャン(ワット・クンジャン)」はシュールなお寺だった
・Vol.15 「ラチャダー鉄道市場(タラート・ナット・ロット・ファイ・ラチャダー)」をめぐってインスタ映えスポット巡り終了!
・Vol.16 キャセイパシフィックラウンジで軽食。あれ、、いきなりのディレイ。MIRACLEラウンジで暇をつぶす
・Vol.17 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.18 久しぶりのクアラルンプール空港マレーシア航空ゴールデンラウンジ。優雅に夕食を食べてみた
・Vol.19 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記〜A380はやっぱり快適だった〜
・Vol.20 日本航空 JAL919 羽田 – 沖縄 & JAL904 沖縄 – 羽田 搭乗記〜わざわざ羽田空港に移動して一泊二日で沖縄を往復してみた〜

<往路>
MH89 NRT(10:10)- KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
TG110 BKK(13:15) – CNX(14:25)

<復路>
TG105 CNX(10:40) – BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(07:15)
JAL919 HND(14:55) – OKA(17:40)
JAL904 OKA(11:20) – HND(13:35)


ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)に行ってみた

お寺じゃなくてどっか良いところない?

と、現地の友人に無茶振りしてみたところ、ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)に行ってみると良いよ〜と教えてもらいました。

チェンマイの旧市街地からチェンマイ空港と反対側にあります。

車で20分ほど。

今回もGrabを使って行きました。

この公園は2006年にプミポン前国王の在位60周年および80歳の誕生日の祝賀行事の一環として開催された花博の跡地に造られました。

その広さなんと80万平方メートル!とにかくタイは国土が広大なのでこんなこともできるわけです。

2000種の植物や花が集められた広大な公園で、園内は巡回バスやレンタル自転車などで回ることができます。

とにかく敷地が広大なので涼しい時期に行くことをお勧めします。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

到着!なんか入り口も立派です。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

チケット売り場でチケットを購入。

入場料金は大人200バーツ、子供150バーツです。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

園内に入るとレンタル自転車などありますが、巡回無料バスが走っているのでまぁこれに乗れば大丈夫でしょう。

15分ごとにバスがくるのか、、、時刻表にするにはちょっと無理があるほど頻繁に走っていますね(笑)

でも、今回行った日もされほど混み合うこともなく快適でした。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

園内を走っている巡回バスはこんな感じのバスです。

オーキッドパークは蘭の花であふれていた!

まずやってきたのは「オーキッドパーク」。

その名の通りランの花のパビリオンです。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

タイ風のデコレーションが綺麗です。

以前行ったことのある観光地のオーキッドファームよりも全然こっちの方が良いです。

まぁなんたって王様の公園ですからね〜

金のかけ方が半端ありません。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

これに乗って写真を撮ることもできます。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

フォトスポットですね。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ものすごく手入れがよく行き届いていてランの花が咲き誇っています。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ふと上を見ると色とりどりの傘の装飾が。

全体的に見事にデザインされていてとても美しい場所です。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

パークの中には池があったり小さな滝もあったりしてまさに植物園といった感じです。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ここだけでも見る価値はありますねぇ。。

素晴らしかったです。


(スポンサーリンク)

ロイヤルパビリオンは荘厳でキラキラだった!

オーキッドファームを抜けてちょっと開けた場所にやってきました。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

昔のタイの農機具もオブジェになっています。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

が、これはなんでしょうねぇ。。。だれか解説してくれないとわからん(笑)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

周りはいろとりどりのお花が咲き乱れます。

まさに天国かも(笑)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

奥の方に参道と立派な建物があります。

ちょっと行ってみましょう。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

これは素晴らしい。。

しかも誰もいない(笑)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ここはロイヤルパビリオン。

王室の展示のようです。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

タイ北部伝統のラーンナー建築様式をモダンにアレンジしたデザインになっています。

チーク材を基調とした重厚な色調の寺院建築になっていて、絵に書かれたような美しさです。

ずっと気になっていたのが参道を通る時からずっと聞こえてくる鈴の音。。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

建物の軒先には無数の風鈴があって、それが幾重にも美しい音色を奏でているのです。

素晴らしい。。。しばし建物を見とれてしまいます。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

さらに中に入ってみてびっくり!

眩いばかりの金ピカです!

タイのお寺はどこもキラキラなのですが、ここまでキラキラの寺院は今まで見たことがありません。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

巨大なプミポン前国王の肖像画の背後には国王の9つの徳を表しているという蓮の花の造形物もあって圧巻です。

すごいなぁ〜

しばらく見とれてしまいまいました。

なぜここが有名な観光地にならないんだ?と不思議に思ってしましたが、まぁ静かな方がゆっくり楽しめてこれはこれで良い感じです。

観光客が大挙して押し寄せても風情がなくなっちゃいますからね。

チェンマイにこんな良いところがあったなんて今まで知りませんでした。


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

shaded paradiseで緑に囲まれる

さて、巡回バスに乗って「Shaded Paradise」というところにやっていました。

日陰の楽園?

なんでしょうね。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

中に入ってみると確かにあちこちに木陰が。。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

鬱蒼と茂った木々の中を木漏れ日を浴びながらゆっくり散策できるようになっています。

花が咲き乱れるといった派手さはないですが、木の香りと時折流れる風が心地よい場所です。

まぁ若干蒸し暑い、、(笑)これは個人差かも。

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

ラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)

このラーチャプルック花博記念公園(Royal Park Rajapruek)って観光バスがバンバンやってくるようなメジャーな観光地ではないですが、地元の学生さんが遠足で来ていたりしてとても雰囲気の良い場所です。

ただ、敷地が広大なので暑い時期だとちょっと厳しいかもしれません。

ちょうどロイクラトンの時期は気候も穏やかなので絶好の観光日和だったのかもしれません。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください