台湾ランタンフェスティバル2020に行ってきた / Vol.10 プチ観光で昔の台湾が感じられる「剝皮寮歴史街区」に行ってみた

剝皮寮歴史街区
(広告)

只今新コロ騒動中ですので「STAY HOME」ですし旅行にもいけません!

というわけで、今は思い出バーチャルに旅行中(笑)

帰国便の出発まで時間があったので、「剝皮寮歴史街区」に行ってみることにしました。

場所はいつも行っている龍山寺の隣!

そんなところに観光スポットがあったんだ、、気がつかなかった(笑)

台湾にはふるーい建物をちゃんと保存してあって、この地区も約200年前の清朝時代の建物を歴史資料知地区として保存しています。

台湾最強の御利益のある龍山寺のすぐ近くですから、セットで立ち寄ってみることをお勧めします。

インスタ映えしますよ(笑)

旅行期間 2020/2月
エリア  台北、台中
テーマ  街歩き、食べ歩き、イベント

目次
・Vol.1 久しぶりの羽田空港 ANAラウンジへ行ってみた
・Vol.2 全日空 NH853 羽田 – 台北(松山) 搭乗記
・Vol.3 スマイルイン 台北(smile inn TAIPEI)宿泊記
・Vol.4 ヘチマ小籠包が有名な「盛園絲瓜小籠湯包」に行ってみた
・Vol.5 連日長蛇の列「永康牛肉麵」はちょっぴりピリ辛が癖になる
・Vol.6 台中まで台湾ランタンフェスティバル(TAIWAN Lantarn Festival 2020)に行ってみた
・Vol.7 2020 新北市 平渓天燈節(Pingxi Sky Lantarn Festival)十份のランタン上げイベントチケットの入手方法
・Vol.8 2020 新北市 平渓天燈節(Pingxi Sky Lantarn Festival)(十份)でランタンを上げてきた
・Vol.9 リーズナブルな値段で美味しい点心が食べられる「杭州小籠包」
・Vol.10 プチ観光で昔の台湾が感じられる「剝皮寮歴史街区」に行ってみた
・Vol.11 全日空 NH854 台北 – 羽田 搭乗記

<往路>
NH853 HND(12:40) – TSA(15:50)

<復路>
NH854 TSA(16:50) – HND(20:40)


まずは定番の龍山寺へ

帰国前にお参りをしておきましょう。

「剝皮寮歴史街区」に行く通り道ですし(笑)

龍山寺

龍山寺

龍山寺もランタン祭りバージョンです。

龍山寺

龍山寺

境内にはこんな置き物が、、みなさん巨大ネズミ像の下手お祈りをしていますので、とりあえず真似をして拝んでおきました。。。

これ何だったんだろう、、他にもいろいろなバージョンがあるんです。

龍山寺

龍山寺

以前のような煙たさはなく、、環境保護のためお線香を禁止にしたようです(笑)

確かに以前はとっても煙かった(笑)

意外と知られていない「剝皮寮歴史街区」に行ってみた

さて、お参りを軽く済ませてその隣の「剝皮寮歴史街区」に行ってみましょう。

龍山寺からは歩いて5分かからない場所にあります。

何度となく龍山寺にお参りに来ていますが、隣にこんなところがあったとは、、知りませんでした。

友人が昔の街並みがすごく素敵な所があるよ〜と言っていたのはここだったのか。。。

基本情報

住所:台北市廣州街101号
入場料:無料
開放時間:
街並みの散策   9時~21時
歴史街館     9時~18時
郷土教育センター 9時~17時
休館日:月曜・台湾の祝日

「剝皮寮歴史街区」

「剝皮寮歴史街区」

龍山寺から1区画お隣、、こんなところにあったとは気がつきませんでした。。。

剝皮寮歴史街区とは?

剝皮寮歴史街区

剝皮寮歴史街区

ここは約200年前の清朝時代に作られた建物を歴史博物館として保存・公開している場所です。

この辺一帯は川に隣接していて港町として栄えた所で、その当時のレンガ壁や窓の装飾が印象的な建物が残る場所です。

「剝皮寮」とは文字通り「皮を剥ぐ所」で、当時中国から運ばれてきた「木材」の皮を剥いで紙に加工していたことからついた名前だと言われています。

1988年から台湾政府が保護に着手し、台湾の伝統的な建築様式とバロック建築が一体となった建物がほぼ完全な形で保存されています。

今では歴史資料地区として保存されていて、そのノスタルジーが溢れかえる(笑)場所は映画のロケやインスタ映えスポットとして観光客が訪れています。

赤レンガの歩道が何ともノスタルジック

剝皮寮歴史街区

剝皮寮歴史街区

龍山寺からやってきてすぐ目を奪われるのはこの回廊。

通りに面したこの赤煉瓦を積み重ねたアーチ状の「騎楼」と言う歩道を歩いていると何となく映画のワンシーンの中に入ったような感じがします。


(スポンサーリンク)

剝皮寮歴史街区ギャラリー

割とコンパクトな場所なので30分もあればゆっくり見て回れるでしょう。

平日が空いていて雰囲気に浸れます。

ちょっとノスタルジック風のフィルターをかけてみました(笑)


(スポンサーリンク)
台湾のツアー会社”kkday”で台湾の人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・決済ができるオプショナルツアー(台湾)

まとめ

龍山寺の隣にこんな場所があったとはびっくりです。

龍山寺は台湾最強の御利益があるというお寺ですから、ちょっと足を伸ばして剝皮寮歴史街区に立ち寄られることをお勧めします。

こじんまりとしたノスタルジックな建物の中を散策すると一瞬タイムスリップした感じに陥ります。

自撮りしている人もいて、インスタ映え間違いなし(笑)

とってもお勧めです。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください