ちょっと大変だった初めてのミャンマー旅行 / Vol.19 タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から簡単に行けて結構楽しい場所だった  

タリンチャン水上マーケット
(広告)

バンコクに戻ってきてのんびりするつもりだったのですが、友人がちょうどバンコクに来ているということなので、観光に連れ出されました(笑)

目的地は「タリンチャン水上マーケット」。

バンコク市内からとても近い場所にあって、ローカル色が強い水上マーケットです。

近くに鉄道が通っているわけではないのでGrabやタクシーで行った方が楽でしょう。

お勧めはなんと言ってもボートツアー。

たいしたことがないんじゃないかとあまり期待せずに乗ってみましたが、これが結構面白い(笑)

おすすめです。

屋台のご飯も現地価格でお財布に優しいので、半日のんびり過ごすにはとても良い場所です。

ただし、休日しかやっていないので注意しましょう。

旅行期間 2019/8月

エリア  那覇、バンコク、ミャンマー

テーマ  街歩き、食べ歩き、お寺巡り

目次

・Vol.1 JALダイヤモンドプレミアラウンジ&日本航空 JAL909 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.2 さぁバンコクに向けて出発!日本航空 JAL900 沖縄 – 羽田 搭乗記〜羽田空港 JALファーストクラスラウンジへ
・Vol.3 日本航空 JL31 羽田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 Samyan Serene Hotel宿泊記
・Vol.5 バンコクの交通網が大きく変わる!?MRT新路線を使ってワットポー&ワットアルン観光をしてみた
・Vol.6 バンコクご飯巡り〜屋台飯からソンブーンまで〜
・Vol.7 スワンナプーム空港 MIRACLEラウンジ体験記
・Vol.8 ミャンマー国際航空 8M336 バンコク – ヤンゴン 搭乗記
・Vol.9 ヤンゴン空港は予想以上に近代的だったけど、外に出るとそこはやっぱりアジアだった
・Vol.10 お、結構お洒落な素敵なホテル「HOTEL G Yangon」 宿泊記
・Vol.11 ヤンゴンの中心「スーレーパゴダ(Sule Pagoda)」に行ってみた〜ヤンゴンって思ってたよりずっと都会だった〜
・Vol.12 スーレーパゴダ周辺をぶらり散歩〜ボージョー アウン サン マーケット、パンドゥラ公園〜
・Vol.13 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 前編
・Vol.14 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 後編
・Vol.15 「シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon pagoda)」は巨大だった〜曇っていたのにめちゃくちゃ暑かった〜
・Vol.16 ミャンマー国際空港の「Mingalar Sky CIP Lounge」は想像を遥かに超える快適さだった
・Vol.17 ミャンマー国際航空 8M331 改 AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗記 スワンナプームイミグレが大騒ぎの巻
・Vol.18 Le Meridian Bangkok 宿泊記
・Vol.19 タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から簡単に行けて結構楽しい場所だった
・Vol.20 日本航空 JL32 バンコク – 羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.21 帰国しても日本の空をまだうろうろ!日本航空 JAL925&994 羽田 – 那覇 往復搭乗記

<往路>
JAL909 HND(10:50) – OKA(13:25)
JAL900 OKA(07:10) – HND(09:40)
JL31 HND(11:20) – BKK(15:40)
8M336 BKK(10:40) – RGN(11:25)
<復路>
K7 831 RGN(16:30) – BKK(18:15)
JL32 BKK(09:45) – HND(17:55)
JAL925 HND(19:40) – OKA(22:10)
JAL994 OKA(10:35) – HND(12:55)


タリンチャン水上マーケットに行ってみた

バンコクは東京と同じで水上交通が発達しています。

まぁ今ではドブ川のようなものなので清水の流れる川を優雅に行き来するというイメージではないのですが(笑)今でも運河は近隣住民の重要な足であり物流の要所として生活に根付いています。

物流の要所ですから、船着場の近くには市場ができて水上マーケットとして生活になくてはならないものになっていると同時に観光地としても人気があるスポットなのです。

ただ、そんな水上マーケットも近代化で巨大ショッピングセンターができる中廃れつつありますが、日本の朝市のようローカル色の強い観光や憩いのスポットとして今なお生活に密着した形で開催されています。

バンコク近郊には大きな水上マーケットとして「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」と「タリンチャン水上マーケット」があります。

「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」は観光ツアーでもよく組み込まれる場所ではあり、観光客が古き良きタイの風景を楽しむ場所として有名です。

今回はもう少しローカル色の強いあまり観光客の行かない「タリンチャン水上マーケット」に行っていることにしました。

タリンチャン水上マーケットに行くには?

バンコク市内から近く、バス、BTSとタクシー,Grabでも気軽に行けるのでアクセス抜群です。

バスでも行けないことはないのですが、なかなかハードルは高いです。

どうやらサイアムセンター前から79番バスに乗って、「タラ-トナーム タリンチャン」で降りるのですが、市街地をクネクネと走っていくのでどこで降りて良いかわからないです(笑)

タイ語わからないし、、(笑)リピーター向けですね。

お勧めはGrabを使っていくことです。

最近はGrabがそこかしこを走っていますので、タクシーよりも便利です、料金もバンコクの中心から200THB前後で行けちゃいますから何人かで行く場合はGrabで行くのがおすすめです。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

東南アジアを旅行するときにはなくてはならないアプリです。

タクシーで料金をもめるよりも明朗会計なので安心できます。

注意点もありますので、気になる方は下記の投稿をご参照ください。

今回はBTSで近くまで行って、そこからGrabを使ってタリンチャン水上マーケットに向かいました。

タリンチャン水上マーケットの場所

基本情報

住所:324 Chakphra Rd. Talingchan
営業時間:8:00-17:00
休業日:平日

場所はここに行けばマーケットが目の前なのですが、Grabだと位置情報がずれているとお隣の幹線道路に着いちゃうこともあります(今回がそうでした)(笑)

幹線道路についちゃうと引き返すのも時間がかかるので、線路を歩いて!マーケットに向かいました。

線路を伝ってタリンチャン水上マーケットへ

幹線道路に着いちゃったので仕方なく線路沿いを伝ってマーケットに向かいました。

線路をちょこっと歩く

線路をちょこっと歩く

地図を見ると水上マーケットは川の向こう側なので、この線路を歩いていきます。

柵なんかは一切ないので出入り自由です(笑)

線路沿いの家のおじさんがマーケットはあそこだよ〜って教えてくれました。(そのように聞こえました(笑))

そもそも電車はほとんど走らない(笑)電車が来たら避けるだけです。

なんかスタンドバイミーの楽曲が頭をよぎります(笑)

水上マーケットに行くのに陸橋を渡る

水上マーケットに行くのに陸橋を渡る

水上マーケットは対岸ですが、ちゃんと歩道があります!若干朽ち果てそうですが、、

朽ち果てそう、、

朽ち果てそう、、

これ本当に大丈夫か!?(笑)

まぁ手すりを持っていれば落ちることはないですけどね、、、

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

到着!

線路を歩くことなんて日本ではないので、まぁ良い経験ではありましたが、基本危ないので(笑)良い子は真似をしないように、、、

Grabを呼ぶときには正確に位置指定をしましょうね(笑)


(スポンサーリンク)

タリンチャン水上マーケットとは?

さて、今回行った「タリンチャン水上マーケット」ですが、運河沿いに果物や野菜、民芸品、軽食の屋台が所狭しと並んでいて、食べ歩きをしながらゆっくり買い物を楽しめます。

オープンエアの足マッサージ屋さんやカラオケをしたりする人もいてなんともゆったりした感じが素敵です(笑)

もちろんこの辺はタイの庶民価格なのでお財布にも優しいです(笑)

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

お、思い描いていた水上マーケットの風景(笑)

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

川の横にはお菓子も売られていてお財布に優しい現地価格です。

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

果物があったり、、

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

ここは青空マッサージ屋さんのようです。

タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット

川から伸びる道には露店が並んでいます。食べ物屋さんだったり、雑貨屋さんだったり、、

屋根があるから雨の日でも大丈夫。

観光客もいないわけではないのですが観光地としては圧倒的に数が少なくてほとんど地元の方のようです。

そのせいか値段表示とかがタイ語だけになっていたりして(笑)まぁ読めなくてもさほど困ることはなかったです。


(スポンサーリンク)
楽天トラベル観光体験でタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

タリンチャン水上マーケットでボートツアーに参加してみた!

このマーケットで有名なのは1時間のボートツアー。

結構人気なので、到着したら屋台を散策する前にチケットを買っておきましょう。

タリンチャン水上マーケット ボートツアーチケット

タリンチャン水上マーケット ボートツアーチケット

川の近くにボートチケットを売っています。

タリンチャン水上マーケット ボートツアーチケット

タリンチャン水上マーケット ボートツアーチケット

1時間のボートツアーで料金69バーツ。

次のツアーは14時出発のようです。

出発時間になったら桟橋の付近に行くと、チケットを手に持ったいかにもツアーのガイドさん風の(笑)人が人集めをしていますから、そこになんとなーく向かいましょう(笑)

何しろ何を言っているのかわかりませんからねぇ、、

とりあえずチケットを見せるとボートに乗るように指示されますからあっという間に乗船。

タリンチャン水上マーケットボートツアー

タリンチャン水上マーケットボートツアー

ガイドさんは簡単な英語、中国語、、そして日本語を交えながら楽しく説明してくれます。

その様子は動画でどうぞ。

ツアーに参加してみるとこれが結構思い白い。 ガイドさんは複数の言葉を操ってツアーを盛り上げてくれます。

水上ボートも予想以上に速い(笑)スリル満点です(笑) まるでジャングルクルーズ気分を味わえますのでお勧めです。

WAT MOR

WAT MOR

途中で魚の餌付けをしてみたりしながら20分ほど進むとお寺に到着して休憩です。

これ全部鳴らしてみた

これ全部鳴らしてみた

静かな誰もいないお寺ですが、とりあえず鐘があったので鳴らしてみました(笑)

ご利益があるかも?

正真正銘のシャム猫(笑)

正真正銘のシャム猫(笑)

飼い猫のようですね。可愛らしい首輪をしています。

10分ほどお寺を散策して、また水上マーケットまで戻ります。

1時間ほどでしたが結構スリリングで楽しいボートツアーでした。

お手軽で安いし楽しめてとってもおすすめです。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください