【Information】やってきましたマレーシア航空のキャンペーンセール販売中。JGC修行にもってこいの「秋割りディール」キャンペーン9月30日日まで!東南アジアへビジネスクラスで約10万円  

マレーシア航空2018秋ディール
(広告)

マレーシア航空はちょくちょくキャンペーン価格でビジネスクラスを安く販売するのですが、今年は年初のキャンペーン以降は「二人で予約の場合、東南アジアお一人様10万円」とか一人で修行をするために使うには今ひとつのキャンペーンしかありませんでした。

どうしちゃったのかなぁ〜と思っていたらようやく出てきました。

その名も「秋割りディール」。

なんかもう少し気の利いたキャンペーン名を思いつかなかったのかな(笑)

JGC修行をしていてもうちょっとで到達するんだけどなぁ〜という方にはオススメのキャンペーンです。

JGC修行にもFOP獲得に比較的効率が良いので私も使っています。

今回は成田発バンコク行きのビジネスクラスが往復11万円+諸税。

バンコクまでビジネスクラスで往復して税込価格で115420円です。

適用期間が12月30日までですから、クリスマスを東南アジアで過ごす方にはもってこいかもしれません(座席が残っていたらですが)

私は残念ながら今年分のチケット発券は全て終わっていて、計算上JALダイヤモンド達成見込みなのでこのプロモーションでは購入しません。

しかも!11月にマレーシア航空でバンコク往復ビジネスクラス14万円で発券しちゃっているのでちょっと悔しい思いをしています(笑)

いつセールをやるかわからないのでセールをあてにして日程を組むわけにもいかないので仕方がないんですけどね。


マレーシア航空ビジネスクラスキャンペーン

概要

販売期間:〜9月30日(日)

適用期間:2018年9月13日(木)〜 12月30日(金)

最短ステイ:2日

予約クラス:D/Z

公式サイトはこちらから

ビジネスクラスの予約クラスはD/ZですからJALに125%で積算可能です。

主な運賃

東京ーバンコク、シンガポール、デンパサール等でのビジネスクラスで110,000円から(別途諸税)。

成田発でFOP単価が良いのはやはり航空運賃が110000円のチケットですので、それをまとめてみると以下のようになります。

FOPが10をきっているのはデンパサール。

バリ島でのんびりってのも良いですねぇ。

行き先

航空運賃

諸税

合計

FOP往復

FOP単価

ジャカルタ

110000

3850

113850

10213

11.1

デンパサール

110000

4260

114260

11500

9.9

バンコク

110000

5370

115370

10233

11.3

ヤンゴン

110000

5580

115580

10900

10.6

シンガポール

110000

5440

115440

8908

13.0

プーケット

110000

5370

115370

9385

12.3

コタキナバル

140000

4710

144710

10925

13.2

エコノミークラスもセールをしていますが、年初は成田発バンコク、クアラルンプールなどが往復30000円だったのが47000円になっていますからあまり安さは感じられません。

関西発でもバンコク、クアラルンプールは40000円。

年初のセールの1.5倍の値段になっちゃってますね。エコノミークラスはさほど激安感はないです。

成田発

バンコク、ジャカルタ、デンパサール、ペナン、クアラルンプール、コタキナバル行きエコノミークラス往復

往復47000円

これはあまりお得感がないですねぇ。

シドニー行きエコノミークラス往復63000円

年初はシドニー行きが往復59000円でしたからかろうじてこの辺までなら許容範囲かなぁ。

マレーシア航空ビジネスクラスがJGC修行に適している理由

予約クラスがD/ZなのでJALのマイレージは125%加算です。

JAL便だと東南アジアはFOPが1.5倍とチケットによっては搭乗ボーナスが加算される場合がありますがそれはありません。

しかし、ビジネスクラスなので基本マイルの1.25倍ですし、成田ークアラルンプール間はフルフラットの最新シートですから寝ている間に修行が完了します(笑)

ただし、最短ステイが2日なので、バンコクタッチやクアラルンプールタッチのような使い方はできません(笑)

また、JGC LIFE Mileageへの加算はありませんので、それを目的にしている人には不向きです。

このチケットで成田からクアラルンプール経由でバンコクを往復すると11312FOP獲得できますので、年末にかけてもう少しFOPが足りない、、という方には一気に稼げるチャンスでしょう。

マレーシア航空について

機材

全てクアラルンプール経由になります。成田からバンコクへ行く場合、東京からだと成田発MH89,MH71クアラルンプール行きで、帰りはMH88,MH70クアラルンプール発です。それに合わせた接続便でバンコクを往復します。

この便は今年機材が最新のA350-900になりました。

A330に搭載されていた最新型のシートで1-2-1、1-2-2と変則的なシート配置なので、予約時のシート選びは慎重にしないといけません。

基本は座席から直接通路に出ることができますが、窓側の2席並びの席だけ直接出ることができません。ご夫婦やカップル用の席でしょうね。

この機材は一列目にファーストクラスの座席が配置されています。

成田ークアラルンプール線はファーストの設定がないのでここは空席です。。現在流行りのドア付きの個室です。

前回乗った時にちょっと試しに座ってみたのですが、、ドアがバタン!と閉まって出られなくなってしまいました!(笑)

まぁドアノブを操作すればちゃんと開くんですけど(笑)ちょっとびっくりしてしまいました。

昨年の昔のライフラットシートの搭乗記

昨年のMH89便搭乗記

昨年のMH88便搭乗記

新フラットシートの搭乗記

成田ークアラルンプール間は現在全てこのシートに変更になっています。

実は座席によって広さが微妙に違うのですが、以前よりも断然快適になりました。

ラウンジ

クアラルンプール空港のラウンジは流石マレーシア航空のハブ空港だけあって広大で快適です。

私はワンワールドエメラルド会員なのでクアラルンプール空港ではファーストクラスラウンジを使いましたが、その横にあるビジネスクラスラウンジもめちゃくちゃ広くてヌードルバーや食べ物も豊富でものすごく快適でした。

できれば乗り継ぎ時間は少し長めに取ってラウンジでゆっくりすると良いでしょう。

今年初めにクアラルンプール空港のサテライト側の一番大きなラウンジが改装を終了してオープンしました。

配置はそれほど変化はなく大きく変わったというわけでもないのですが、ダイニングが開放的になって少しおしゃれな感じになりました。

まだその旅行記を書いていないので、、逐次ご紹介します。

昨年クアラルンプール空港ファーストクラスラウンジを使った時の様子は下記の投稿をご覧ください。

まとめ

FOP単価約10のマレーシア航空ビジネスクラスですが、約10万円前後で快適にバンコク往復できるのでよく使っています。

座席も成田-クアラルンプール間はフルフラットの最新式のシートに変更になっていますので快適度が増しました。

今年JGCを目指している人でもうちょっとFOP足りないなぁという方にもってこいです。

ただしエコノミークラスは値段が上がってしまってさほどお得感がないので次のセールを待った方が良いかもしれません。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください