ユナイテッド航空の特典航空券で利尻島と函館に激安で行ってみた! / Vol.3 実は札幌時計台すごい!全日空 ANA4929 新千歳 – 利尻 搭乗記  

RISHIRI_3
(広告)

朝からたっぷりご飯を食べてしまったのでちょっとお散歩をしに出掛けてみました。

行き先は「日本三大がっかり名所」の一つ札幌時計台。

札幌駅にこんなに近いところにあったなんて、、何度も来ているのに気が付かなかった(笑)

確かに外観は確かにこじんまりとしているけど中にはとても興味深いものが!

ずっとみていられる。。。

乗り継ぎ時間19時間40分を使って札幌で美味しいものを食べてちょこっと観光をして最終目的地「利尻島」へ向かいます!

旅行期間 2022/8月
エリア  利尻島、函館 / 北海道
テーマ  観光

・Vol.1 UAの特典航空券はこう使う!え、まさかの窓無しの窓側!全日空 ANA4729 羽田 – 新千歳 搭乗記
・Vol.2 ホテルアベスト札幌宿泊記 〜さっぽろ冬割万歳!(笑)朝食が豪華で感動した〜
・Vol.3 実は札幌時計台すごい!全日空 ANA4929 新千歳 – 利尻 搭乗記
・Vol.4 利尻島内観光1日目 ペシ岬に登って謎の「ミルピス」を飲んでみた
・Vol.5 目の前は海!ご飯が美味しい旅館 雪国 宿泊記
・Vol.6 利尻島内観光 2日目 え、ウニが無い?でもウニ剥き体験があるさ!
・Vol.7 全日空 ANA4930 利尻 – 新千歳 & ANA4857 新千歳 – 函館 分刻みで函館山に登る!
・Vol.8 ホテルの朝食がすごい、ここに住みたい!快適温泉&ご飯激旨 ホテルパコ函館別亭宿泊記
・Vol.9 全日空 ANA554 函館 – 羽田 搭乗記 〜旅の終わりに〜

行程

(1日目)
ANA4729 HND(15:50) – CTS(17:20)

(2日目)
ANA4929 CTS(13:00) – RIS(13:50)

(3日目)
ANA4930 RIS(14:25) – CTS(15:20)

ANA4857 CTS(17:30) – HKD(18:05)

(4日目)
ANA554 HKD(12:00) – HND(13:25)


札幌時計台は日本三大がっかり名所?実は中にすごいものがあった!

諸説ありますがよく札幌の時計台は高知・はりまや橋、長崎オランダ坂と合わせて「日本三大がっかり名所」と言われることもあります。

とっても有名な割にビルの谷間にひっそりとある、、え、これ?っていう感じがするからなのかもしれません。

筆者は何度も札幌には行ったことがあるのですが、、実は時計台ってどこにあるのか知りませんでした(笑)

というわけで朝食ビュッフェで食べすぎたので出発前のお散歩で行ってみることに!

え、札幌駅にこんな近いところにあったの???

意外〜

札幌時計台公式サイト

札幌時計台

札幌時計台

到着!

大草原の丘の上にあったら絵になるんだけどビルの谷間にちょこんとある感じです。

なるほど確かにああ、、これか〜となりそう(笑)

とりあえず写真を取って終了〜

と思ったんだけど、丁度開館時間。

入場料は200円だしちょっと中に入ってみるか。

札幌時計台

札幌時計台

中に入ると、、2Fにどーんとでかい時計が!

札幌時計台

札幌時計台

これ模型じゃなくて実際にちゃんと動いてるんです。

左の四角いところは「重り」。

これ動力なんですね〜

ねじまき式の時計と一緒で動かすにはなにかの動力が必要。

定期的にこの「重り」をギリギリと持ち上げて、、あとは落下の力を利用して時計を動かす。。。

札幌時計台

札幌時計台

歯車と重りの重さだけを使って正確な時を刻む仕組み。。

なんか随分シンプルなんだけど正確に動く様子がなんとも興味をそそる(笑)

これ100年以上ずーーーっと動いてるらしいのです。

これすごいなぁ、、ずっとみてられる(笑)

本当のエコはこれですよこれ!

個人的にはこれは一見の価値あり!って感じます。

そっか〜時計台の時計ってこんなアナログの最先端だったんだ。

三大がっかりなんて言われているので今まできたことはなかったけど良いものを見れてよかったです。

札幌時計台 マンホール

札幌時計台 マンホール

最近なにかと話題のマンホール。

色々なデザインがあるようですが、ふと足元を見ると、、あった!時計台のマンホール。

こんなところにあったんだ。

北海道でよく見かけるんですよね〜

稚内にはポケモンのマンホールあったし、、

ANAラウンジ@新千歳空港

ホテルの目の前から11時前後のバスに乗って新千歳空港にやってきました。

お土産の買い出しは帰りに時間を取っているのでここではスルー。

ANAラウンジにやってきました。

ANAラウンジ@新千歳空港

ANAラウンジ@新千歳空港

細かい説明を見ていないんだけど、なんかこの苔のような、、オブジェ?

気になります(笑)

ANAラウンジ@新千歳空港

ANAラウンジ@新千歳空港

お菓子をポリポリ。。。

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

あ、どうやらアレに乗るらしい。

乗る飛行機が到着しました。

全日空 ANA4929 新千歳 – 利尻 搭乗記

今回もUAのマイルを使った特典航空券で羽田ー札幌ー利尻の路線を経由地の札幌新千歳空港から最終目的地の利尻へ向かいます。

乗り継ぎの間に札幌で一泊して美味しいものも食べて観光もできたし、時間を十二分に使って最終目的地利尻へ向かいます。

全日空 ANA4929 新千歳 - 利尻 ボーディング

全日空 ANA4929 新千歳 – 利尻 ボーディング

利尻へ出発!

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

さっきラウンジから見た飛行機でした。

行く人は少ないんじゃないかと思っていたけれど、ちゃんとジェット化されているんですね。

予約した時は結構座席は埋まっていたんですが、、乗ってみるとガラガラ(笑)

あれはちょっと拍子抜けです。

新千歳空港を離陸!

新千歳空港周辺はあいにくの雨。。

もっとも、観光している間は晴れていたので特に問題はなかったです。

いつもの通りグラハンの方のお見送り、、

あれ?今日は一人かな?と思ったらその先に数名いらっしゃいました(笑)

雨の中ありがとうございます。

滑走路端に到着して一気に離陸!

離陸と同時に厚い雲の中にズボッ!

程なく雲の上に到達。

当たり前ですが青空が広がっていて快適に利尻へ向けて飛行していきます。

全日空 ANA4929 新千歳 - 利尻

全日空 ANA4929 新千歳 – 利尻

北海道の西の海岸線を北へ、北へ、、ずーーと北へ向かって行きます。

 

利尻空港へ着陸!

北海道の西側を北上して稚内の左側、ぽっかり浮かぶ二つの島が利尻島と礼文島。

空港は利尻島にしかありません。

北海道の西側を飛行してぐっと左旋回。

遠くに島が見えてきたのは礼文島。

そのまま高度を下げていくと突然陸地が(笑) 着陸してちょっと強めのブレーキ!

利尻空港に到着です。

空港の向こう側には独特な頂の利尻山がそびえます。

どこかで見たような、、

あ、映画の初めに出てくるやつ?

それとも有名なお菓子「白い恋人」のパッケージのやつか(笑) 確かにここには「白い恋人の丘」という観光地もあって、まさにこの山がモチーフのようです。

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

JA90AN B737-800 Boeing737-8AL 64878/7327 2018/12〜

バックに見えるのは白い恋人でお馴染みの利尻山。

晴れているとものすごく映えるんだろうな〜

利尻空港

利尻空港

飛行機を降りてターミナルまでは歩きです。

夢の浮島って、、

利尻空港

利尻空港

ターミナルの中は実にコンパクト。

ANAとJALのどちらも就航しています。

利尻空港

利尻空港

結構新しい?なんか綺麗です。

利尻空港

利尻空港

ちょっと期待していたプレミアム観光商品券。

残念ながらお盆の時に全部売り切れてしまったようです。

とっても還元率が良かったのでお土産どっさり買えると思ったんですけどね〜

甘かった!

利尻空港

利尻空港

2階に行くとそこには見学デッキと横に小さいお土産屋さんと簡易的なご飯どころ。

他に商店はないので、お土産は他で買った方が良いです。

礼文島、稚内を往復しているフェリーターミナルのところにはお土産屋さんがずらりと並んでしたのでそこの方が品揃えは豊富です。

利尻空港

利尻空港

さっき乗ってきた飛行機がお客さんを乗せて出発!

利尻空港

さよーなら〜

というわけで飛行機の離陸を見終わったので、予約してあるレンタカーを使って島内観光に向かうとします!

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください