JMBダイヤモンド修行を兼ねて日本一周ぐるぐるの旅 / Vol.10 ベッセルホテルカンパーナすすきの 宿泊記 〜サウナ付き大浴場が気持ちよかった〜

石垣島・那覇・福岡・札幌ぐるぐる10
(広告)

一週間の日本一周ぐるぐるの旅の最後は札幌。

梅雨の石垣島はまるでミストサウナにいるような感覚で、那覇、福岡も初夏の暑さで少々バテ気味でしたが札幌は清々しい!というか寒い(笑)

石垣島と同じ服装ではちょっと寒いのですが、これしかないから仕方ない(笑)

今回のお宿は「ベッセルホテルカンパーナすすきの」。

割と新しいホテルなのですが、これがとっても居心地が良い。

立地もほどよく繁華街から離れていて静かだし、便利だしお部屋も快適だしサービスもいいし全て良し。

今回の日本一周で4つのホテルに泊まりましたが、その中でもかなりの高コスパのホテルだと思います。

旅行期間 2021/6月
エリア  石垣島・那覇・福岡・札幌
テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JAL973 羽田 – 新石垣 搭乗記
・Vol.2 ホテルWBF PORTO 石垣島 宿泊記〜ほぼワンルームマンション?長期滞在に最適〜
・Vol.3 竹富島は自転車がおすすめ!自転車で島を一周してみた
・Vol.4 日本トランスオーシャン航空 JTA612 石垣 – 那覇 搭乗記
・Vol.5 できたばかりの星野リゾート OMO5 沖縄那覇 に泊まってみたが残念だった
・Vol.6 初めての瀬長島ウミカジテラス、龍神の湯、ブエノチキン!
・Vol.7 日本トランスオーシャン航空 JTA54 那覇 – 福岡 搭乗記
・Vol.8 アパホテル&リゾート<博多駅東>宿泊記 〜すごいぞアパホテルが進化してる!〜
・Vol.9 日本航空 JAL3515 福岡 – 札幌搭乗記
・Vol.10 ベッセルホテルカンパーナすすきの 宿泊記 〜サウナ付き大浴場が気持ちよかった〜
・Vol.11 札幌の回転寿司「根室花まる」が凄かった!
・Vol.12 日本航空 JAL506 札幌 – 羽田 搭乗記

<行程>
JAL973 HND (14:15) – ISG (17:20)
JTA612 ISG(13:10) – OKA(14:15)
JTA054 OKA(13:15) – FUK(15:00)
JAL3515 FUK(14:20) – CTS(16:35)
JAL506 CTS(11:00) – HND(12:40)


久しぶりの札幌!

空いている快速エアポートで快適に札幌に到着。

インバウンドが消滅して北海道に来る人も少ないからなのか、、時間帯がそういう時間帯だったのかわかりませんが、以前は割と激混みだった普通席もゆったり座ってこれました。

もちろん指定席Uシートは以前は2〜3便後まで満席だったのですが、今では全て空席あり。

ちょっぴり寂しい。

札幌駅

札幌駅

あ、先ほど機内で同じ列に座っていたちょっとぽっちゃりした派手目のお姉さん発見!(笑)

どうやらいく方向が全く同じのようです(笑)

歩いていく方向も、、全く一緒(笑)

まぁそんなこともあります。

ベッセルホテルカンパーナすすきの 宿泊記

さて、今回の札幌でのお宿は初めて宿泊する「ベッセルホテルカンパーナすすきの」。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

地下鉄の駅から徒歩5分ほど。。

場所的にはすすきのまで歩いていけますし、ちょっとお散歩がてら札駅まで行けます。

繁華街のど真ん中というわけでもないのですが、ほどよく離れているので周りは静かですし、コンビニもあるので意外と穴場ですね。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

エントランスが木目調の自動扉。

というか一瞬「入口どこ?」って感じです(笑)

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

エントランスを入ると、、想像以上に豪華。

え、ここビジネスホテルじゃなかったっけ?

おそらくコロナでなければここはバーカウンターなんでしょうね。

今は普通のオブジェになっちゃってます。

ちょっと勿体無い。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

奥には広々としたロビーが、、

ロビーというよりもなんか仕事ができそうな感じの空間です。

でもって、ここも最近のトレンドに沿って無料のカフェスペースがあります。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

コーヒーサーバーとソフトドリンクサーバーがあって飲み放題(笑)

最近この手のサービスが増えた感じがします。

これがあるだけでも印象が一段階以上上がります(笑)

那覇のOMOとは大違い(笑)

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

さて、お部屋はというと、、

入り口を入って洗面台がどーん!

この作りは台北のメトロホテルがそうでしたねぇ。

今見返してみても、、ほぼ同じだ(笑)

最近のトレンドなのでしょうか。

確かにユニットバス形式だとちょっと狭っ苦しいですからね。

初めは違和感ありましたが、非常に快適で合理的な作りだと感じます。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ここはアメニティが充実しています。

ドライヤーとかは引き出しに収納されていますが、温泉旅館でよく見かける室内用のソックスやリラックスウエアもちゃんと常備されています。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

冷蔵庫も扉の中。

小さくてもあったほうが便利。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

今回は少し広めのお部屋にしてくれたようです。

というものの、ベッドも広いのでここなら連泊しても全然窮屈じゃありません。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

テレビが薄型になったので最近は全部壁掛け。

その分お部屋が広く使えますから新しいホテルはなかなか良いです。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

よくみてみると、、確かに広さはビジネスホテルよりちょっと広いぐらいかもしれませんが体感的にはそれ以上に感じます。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

地味ですがベッド脇には備え付けの小さなデスクがあります。

これが意外や意外、、便利で快適なんです。

簡易の椅子かと思いきや座ってみると程よいリクライニング角度で座りやすくてPC作業も楽々。

ベッドサイドなのでPC作業をしなくてもデジモノを置けるのでとっても便利!

これはなかなか良いアイディアです。

何度思い返しても那覇のOMOよりも全然こちらの方が快適です(笑)

こういうところがちゃんと利用者を考え尽くしたホテルとそうでないホテルの違いなんじゃないかと思います。

ベッセルホテルカンパーナすすきの

ベッセルホテルカンパーナすすきの

洗面台を室内に出したからか浴室はまぁ普通の大きさだけど使い勝手は良い感じです。

ただここのホテルにはちゃんと大浴場があります!

しかもサウナ+水風呂付き〜

歩いてすすきのまでご飯を食べに行って、帰りにコンビニによって、、

帰ってきたら夜はサウナで汗を流してそのままお部屋でゆっくりする、、、

なんて極楽なんだ!(笑)

次もここに宿泊しよう!

コスパ最高!

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください