台鐵を使って台湾を鉄道で一周してみた / Vol.16 台湾・台北観光 胡椒餅食べ歩き、寧夏路夜市激混み!

福州世祖胡椒餅重慶店 
(広告)

台湾を一周していつもブラブラと歩いている台北に到着しました。

特に行くところもないんですよねぇ、、いつも来ているから(笑)

あ、そうだ!胡椒餅!

台湾ではポピュラーな焼肉まん?のようなものですが、肉餡にネギと胡椒をたっぷり入れて肉まんのような形に成形して石窯で焼いたいわゆるB級グルメです。

お店によって微妙に味付けが違っていて、人気店では長蛇の列!

と言うのも焼き上がりに30分ぐらいかかるので(笑)時間が合わないとものすごく待つことになります。。

せっかくなので胡椒餅の食べ比べもしてみました。

旅行期間 2019/3月

エリア  台湾

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL805 成田 – 台北(桃園) ビジネスクラス搭乗記
・Vol.2 高鉄桃園駅から台湾新幹線に乗って一気に高雄へ!〜iPhoneがなぜか暴走した!〜
・Vol.3 台湾・高雄 カインドネス ホテル カオション メイン ステーション (Kindness Hotel – Kaohsiung Main Station)宿泊記〜めちゃくちゃコスパ高!)
・Vol.4 台湾・高雄観光 六合観光夜市から美麗島駅のイルミネーションを見に行ってきた
・Vol.5 高雄から台東まで鈍行で行こうと思ったけど列車の本数少なすぎ!
・Vol.6 台東駅で念願の駅弁「台鐵弁当」を食べてみた 
・Vol.7 台湾・台東 ザ スイーツ タイトン (The Suites Taitung)宿泊記
・Vol.8 台湾・台東観光 台東観光夜市に行ってみた
・Vol.9 台湾・台東観光 旧台東駅に行ってみた 台東観光は休日がオススメ
・Vol.10 台東から花蓮へ 〜花蓮駅は随分と立派だった〜
・Vol.11 台湾・花蓮 カインドネス ホテル フアリエン (Kindness Hotel Hualien)(康橋大飯店花蓮站前館)宿泊記 〜ここもコスパ高すぎるホテルだった〜 
・Vol.12 台湾・花蓮観光 隈研吾氏監修のインスタ映えするスターバックス花蓮へ行ってみた〜行きは良い良い帰りが困る?〜
・Vol.13 台湾・花蓮観光 花蓮東大門国際観光夜市は今まで見た中でも最大規模の夜市だった
・Vol.14 花蓮から台北へ!バスも良いけど鉄道旅も楽しい
・Vol.15 台湾・台北 ヨミホテル(YOMI HOTEL)(優美飯店)宿泊記
・Vol.16 台湾・台北観光 胡椒餅食べ歩き、寧夏路夜市激混み!
・Vol.17 台湾 桃園空港 日本航空桃園空港ラウンジで朝食をがっつり食べる
・Vol.18 日本航空 JL814 台北(桃園) – 関西 ビジネスクラス搭乗記〜久しぶりのゲートでピンポーン〜日本航空 JAL224 関西 – 羽田 搭乗記

<往路>

JL805 NRT (11:15) – TPE(14:35)

<復路>

JL814 TPE (08:55) – KIX(12:25)
JAL224 KIX (14:30) – HND (15:45)


胡椒餅を色々食べ歩き

日本では冬場にコンビニで「肉まん」が売られていますが、それと同じで台湾でも小腹が空いた時に軽く食べられる「小吃(シャオチー)」があります。

「胡椒餅」はまさにその定番で、台湾では通年食べられます。

味の基本は同じで、豚肉の餡にネギと胡椒がたっぷりの若干スパイシーな味付けになっていますが、その配合はお店で若干違っているので自分の好きな味を食べ歩くのも良いですね。

というわけで台北で有名なお店を訪ねてみました。

一押しの饒河街観光夜市の名店「福州世祖胡椒餅(フーゾウシーズーフージャオビン)」

このお店はMRT松山駅すぐのところにある饒河街観光夜市のお店が有名なのですが、その支店が台北駅からすぐのところにあります。

ちなみに饒河街観光夜市はこんなところです。

基本情報

福州世祖胡椒餅重慶店
台北市重慶南路1段13號(台北駅から徒歩約7分)
電話:02-2311-5098
営業時間:11:30-21:30

台北駅から徒歩7分程。

そういえばこのお店の前はよく通るのですが、いつも大行列を作っていたなぁ〜と思い出しました。

結構昔からあるお店です。

立ち寄った時は丁度出来上がってお客さんもあらかたはけていたので待たずにGETできました。

焼くのに30分ほどかかりますからねぇ、、タイミング次第です。

福州世祖胡椒餅重慶店

福州世祖胡椒餅重慶店

通りの角の小さなお店ですが、結構繁盛しているようですね。

福州世祖胡椒餅重慶店

福州世祖胡椒餅重慶店

裏では店員さんが手を休めることなく肉餡を包んでいます。

福州世祖胡椒餅重慶店

福州世祖胡椒餅重慶店

でもって、この石窯の側面に一つずつ貼り付けて炭火で焼く!焼きあがったらまた側面からはがす!

なんで側面なんだ!というツッコミはさておき、とにかく結構手間がかかります。

福州世祖胡椒餅重慶店 

福州世祖胡椒餅重慶店

というわけで一つゲット!

福州世祖胡椒餅重慶店 

福州世祖胡椒餅重慶店

外は少し硬めのパイ生地。中の豚肉は結構厚切りです。

胡椒の風味がピリッと聞いていて美味しい。

皮は結構硬い。パリパリに仕上がっているのですが、これで肉汁を閉じ込めていますからそれなりに硬いのです。

しかも熱いので食べにくい、、ボロボロこぼれる(笑)

美味しいけど食べるには少しコツがいります。

そういえば台湾のお菓子とかボロボロこぼれるものが多いですねぇ、、関係ないですが(笑)

お店を探すのは一苦労?路地裏の名店 「福州元祖胡椒餅」(フーゾウユェンズーフージャオビン)

昨年来た時に一度このお店を探してやってきたのですが、その時はなぜか臨時休業で今回はそのリベンジにやってきました。

前回店の前まできてがっかりしたのはこの時です。

台湾の小さなお店は一応定休日は決まっているのですが、家族経営だからだと思いますが臨時休業が結構あります(笑)

基本情報

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

アクセス:台北市廣州街109巷5號 (MRT龍山寺駅より徒歩約2分)

電話番号:(02)2308-3075

営業時間:9:30~19:00

福州元祖胡椒餅への行き方詳細

福州元祖胡椒餅への行き方詳細

MRT龍山寺駅下車して1番出口を出たらすぐなのですが、お店に通じる道があまりに狭くて暗いので(笑)ちょっと不安になります。

MRT龍山寺駅の一番出口を出て左を見ると、、

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)への小道

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)への小道

怪しい小道があります。

ここを入るのは勇気がいる(笑)

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

少し進むと看板が見えてきてお店発見です。

雰囲気が怪しすぎです(笑)周りにいるのは胡椒餅を待つお客さんです。

みなさん出来上がりを待っています(笑)

ここの注文の仕方は少し独特です。

なんと予約制(笑)

お店で注文してお金を払うと番号札をくれます。

で、「アト、ニジュップン」(なんとここだけ日本語!)と言われるので、それまで周りを散策して時間になったら戻ってきましょう。

龍山寺がすぐ近くなので、龍山寺に行く前に注文してからお参りに行くと効率的ですね。

というわけで、、

龍山寺

龍山寺

龍山寺にちょこっとお参り!

龍山寺

龍山寺

これはなんでしょうねえ、、、いつもはないものです。

みんな下をくぐってお祈りしてるし。

とりあえず真似をして、、、とブラブラしていると20分なんてあっという間です。

戻ってきたら、番号を呼び出して番号札と交換なのですが、流石にここは中国語。何をしゃべっているのかわかりません(笑)

でも番号順なので、引き換えている番号をチラチラと見ながら自分の番号付近になったらおばちゃんに番号をアピールしておきましょう。

すんなりゲットできます。

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

ようやくGET!

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)

若干色味が悪いですが(笑)ここの胡椒餅も美味。

ただ少し胡椒のパンチが弱いのと甘みが強めに感じました。

同じような味付けですがお店によって少し味付けも異なるので自分好みの味を見つけるのも良いでしょう。

「丞祖胡椒餅(チョンツウフウチャオビン)」はいまだ食べられず

ここも美味しいと評判の胡椒餅屋さんです。

MRT台北駅と西門駅の中間ぐらいなので少し歩きます。

行ってみると、、

丞祖胡椒餅

丞祖胡椒餅

丁度シャッターを閉めるところでした!

おかしいなぁ、、営業終了までまだ1時間ぐらいあるはずなんだけど(笑)

というわけで、ここは次回にお預け!

後日談:

この時から二ヶ月後の5月にもう一度行ったのですが、なんと二週間の長期休暇に入ってしまっていて食べられず!

いつになったら食べられるんでしょうかねぇ〜

寧夏路夜市は激混み!

胡椒餅を食べ歩いて意外とそれだけで満腹なわけです(笑)

でもせっかくなのでホテルの近くの「寧夏路観光夜市」に行ってみることにしました。

寧夏路夜市

寧夏路夜市

なんだこの大混雑は!身動きが取れません!

日曜日はめちゃくちゃ混みあうのですね。

地元の人も観光客もごちゃまぜで通りを歩くのも難しい。

こりゃ無理だなぁ〜ということで途中で引き返して退散です。


(スポンサーリンク)

仕方がないので古早味豆花に豆花を食べに行く

夜市が人で溢れていたのでどっと疲れが出てしまったので、体に優しいお豆腐を食べに行くことにしました。
ここの豆花は味が濃くて美味しいんですよねぇ〜

古早味豆花(ドウホア)

古早味豆花(ドウホア)

寧夏路夜市の入り口にある人気店です。

古早味豆花

古早味豆花

何にしようかなぁ〜ということで、豆乳の豆花!真っ白で何が何だかわからない!(笑)

中にはお豆腐と少し甘く味付けされた豆乳、それとタロイモとタピオカ入りの豆花です。

お豆腐がスイーツになること自体が驚きですが、これが結構美味しい。

まぁ日本で冷奴がスイーツになっちゃったと思えば良いでしょう(笑)

これが結構美味しくて体にしみます。


(スポンサーリンク)
voyaginで台湾で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(台湾)

豆花って日本で流行るかな?

鰹節と醤油をかけるのは「冷奴」。

豆乳シロップをかけると「豆花」(笑)

これ意外と日本で流行ると思うんだけどなぁ〜インスタ映えするようなビジュアルじゃないから無理かな?

冷奴はそんなにたくさん食べれませんがこれなら一丁ぐらいぺろっと、、

日本風にアレンジするとしたら、豆腐半丁に豆の甘露煮と白玉団子と栗きんとんを乗せてシロップと豆乳を混ぜてかければ出来上がり(笑)

未だ試していませんがおためしあれ。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください