2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.13 市内観光にとても便利な”REX HOTEL”は伝統ある高級ホテル〜REX HOTEL宿泊記〜

ホーチミン像
(広告)

今回の宿泊は人民委員会庁舎前の「REX HOTEL」です。

ここは昔からある由緒あるホテルで、若干古さはありますがお部屋も広くて綺麗だし、ロビーも広々でなかなか良いホテルです。

最新式のホテルはここからサイゴン川に行く大通り沿いを中心として高層ホテルが数多くあります。

そんな中でも徒歩圏内でホーチミンのほとんどの名所と呼ばれるところに行くことができますので観光の拠点としてはとても便利なところです。

旅行期間 2018/1月
エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

第一部 「旅の始まりは香港から」の巻こちらからどうぞ。
第三部 「台北に到着してホッとした」の巻こちらからどうぞ。

目次 第二部 「ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻
・Vol.12 3度目のホーチミンに到着!ベトナムSIM事情&乗合バスでも意外と簡単に市内に行けますが、荷物は別料金なので注意
・Vol.13 市内観光にとても便利な”REX HOTEL”は伝統ある高級ホテル〜REX HOTEL宿泊記〜
・Vol.14 REX HOTEL宿泊記 part2 朝食編
・Vol.15 ホーチミンでチップ込みの明朗会計でマッサージが受けられる”健之家”はオススメ
・Vol.16 激安ステーキが食べられる地元の人しか行かない”Steak Nam Son”に行ってみた!確かに安いがお味は微妙
・Vol.17 不覚!白昼堂々と歩道でスマホをスられた!海外で盗難にあったら慌てず3つの手続きを大至急行いましょう
・Vol.18 町のシンボルのベンタイン市場に再来。以前と同様に”チェ”を食べる
・Vol.19 ベトナムといえばバインミー。ホーチミンで一番のお店は”Huynh Hoa Bakery”他のお店より高いけどそれだけの価値はある
・Vol.20 ”Phuc Long Coffee & Tea Express”のミルクティーがめちゃくちゃ美味しい。カフェオレは、、やめた方がよいです
・Vol.21 週末の夜はベンタイン市場横に夜市が出現!少し散策してみた
・Vol.22 洋菓子屋”Banh Su Que”に地元の人に人気という噂のシュークリームを買いに行く
・Vol.23 “PHO HA”で地元の人に混じってとっても美味しい焼きフォーを食べてみよう!
・Vol.24 要注意!”NHU LAN”には絶対行ってはいけません!バインミー販売拒否にあって久しぶりに激怒!
・Vol.25 夜のオベラ座や人民委員会庁舎はライトアップされていてとても綺麗
・Vol.26 ホーチミンのAEONモール Tan Phu Celadonにシャトルバスで行ってみた!ちょっと高めだけど安心して買い物ができる
・Vol.27 “Xôi chè”の”おこわ”が予想外に美味しかった!本当はチェ専門店のようなんだけど
・Vol.28 ホーチミンでフレンチ?”Cocotte”でランチを食べる、美味しいけど若干重い(笑)
・Vol.29 最後の晩餐は小泉元首相や著名人が訪れた高級レストラン「マンダリン」へ。雰囲気良いし料理も美味しいけど、一歩外に出ると、、
・Vol.30 ホーチミン空港 アプリコット(APRICOT)ラウンジ訪問記
・Vol.31 キャセイパシフィック CX766 ホーチミン – 香港搭乗記〜ベトナム脱出!やはり機内食は不味かった(笑)〜

<旅程>
CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


REX HOTELに到着

10年ほど前に来た時にはSPGホテルのシェラトンサイゴンに宿泊しましたが、今回調べるとちょっと高いので一泊一万円ちょっとぐらいでできるだけ良さそうなところ、、と言うことでagodaで今回のホテルにしました。

REX HOTEL

REX HOTEL

(スポンサーリンク)
レックスホテル サイゴンをagodaで見る

大体1万円〜1.5万円ぐらいなので予算内です。

ベトナムにはもう少し安いホテルももちろんあります。ただ、東南アジア圏であまり不慣れば場所ではセキュリティと何かあった時の対応の良さで少し良いところに宿泊することにしています。(この判断がすぐに役に立つとはチェックイン時には予想をしていませんでした)

同じ東南アジア圏でも台湾とかタイは慣れていますのでちょっと安めのホテルでも特に気になりません。

ツアーであれば旅行代理店がなんとかしてくれますが、個人旅行の場合は旅先ではトラブルはつきものですので、多少高くても保険料と考えて何か起こった時に対処できるようにしておくことは必要です。

REX HOTEL

REX HOTEL

高層建築ではなく、5階建のホテルです。

手前の「VIETNAM-JAPAN」の建築現場はここからずっと先まで続いていて、地下鉄の工事現場です。

交通インフラがまだ脆弱ですから早くできて欲しいです。そうすれば少しは快適に移動できるようになるでしょう。

REX HOTEL

REX HOTEL

ちなみに、ちょっと引きの画角にするとこうなります。ホテルと人民委員会庁舎との位置関係はこんな感じです。

まさに目の前です。

夜になるとライトアップされるのでホテルの屋上のラウンジから見るととても綺麗なんです。

ホーチミン像

ホーチミン像

そこにはもちろん建国の父「ホーチミン像」がそびえています。

まさに観光スポットの真ん前のホテルなのです。

ここからこの大通りを逆側に行くとサイゴン川にぶち当たりますので迷うこともありません。

お部屋は広くて快適です。木の風合いがとても良くて過ごしやすい

お部屋は昔の高級ホテルの贅沢な作りだからかもしれませんがめちゃくちゃ広いんです。

REX HOTEL

REX HOTEL

入り口を入ると大きなクローゼットとその横にはセキュリティーボックスとお茶を作れるポットやディーパップなど。

REX HOTEL

REX HOTEL

もちろん無料の水も常に補充してくれます。

REX HOTEL

REX HOTEL

グラスなどは一揃いあります。

REX HOTEL

REX HOTEL

クローゼットも広々

最近の高層ホテルでは少し狭目のところもありますが、ここは長期滞在でも楽々入れられます。

REX HOTEL

REX HOTEL

机も広々です。飾ってあるお花はもちろん生花です。

一つ困るのは、、、やはりコンセントが少ないことでしょうか。

昔の作りですからね。仕方ありません。

REX HOTEL

REX HOTEL

バスルームはちゃんとバスタブ付きです。

バスタブの端にはちゃんと枕もありますからゆっくりとお湯に浸かることができます。

というか、、ゆっくりお湯に浸かる習慣のある国民って日本人ぐらいじゃないかな?(笑)

REX HOTEL

REX HOTEL

シャワーは別々です。というか、この浴室も妙に広いのです。

非常に余裕のある作りです。

REX HOTEL

REX HOTEL

ベッドも適度な硬さで快適です。

ベッドサイドにはソファーもあります。

REX HOTEL

REX HOTEL

この角度から見ると、、、鏡の横が浴室の入り口なのですが、、、、その前の部分がやたらと広くて無駄な空間になっています(笑)

その割にテレビがものすごく小さい(笑)

あまりテレビは見ないので特に気になりませんが、テレビ大好きな人にはちょっと物足りないかも?

この広い無駄な空間には思いっきりスーツケースを広げられます(笑)

もっとも入り口の横にスーツケース置き場があるので、この空間を有効に活用できないのが残念です(笑)

ホテルの館内は若干複雑で迷路のようだがセキュリティは万全?

ホテルの中には高級ブティックなども入っている巨大なホテルなのですが、増築を繰り返して来たと思われる場所が随所に見られます。

そのためフロアーのつなぎに微妙な段差やスロープがあったり、エレベーターの扉が2つあって、ロビー階と客室階で反対側のドアが開いたりとまるでからくり屋敷のようになっています(笑)

初めはちょっと迷いましたが(笑)すぐに慣れます。

その分セキュリティーはしっかりしているようで、客室階にはカードキーがないと入れないようになっているなど意外とセキュリティーはしっかりしています。

何かと物騒なベトナムですからこれぐらいしないとダメなのでしょうね。

窓からの眺望は今ひとつでしたが、部屋は広いし立地も良いので非常に快適に過ごすことができました。

 

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください