2018年はキャセイパシフィック航空で行く香港・ホーチミン・台湾周遊で幕開け!Vol.5 Ovolo Southside宿泊記Part2〜館内ファシリティ・朝食編〜

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)
(広告)

到着まで若干不安だったホテルですが、到着してみると至れり尽くせりで香港のホテルの中でかなりコストパフォーマンスが高いことがわかりました。

次もここに泊まりたいなぁ〜友人の家も近いので車で迎えに来てもらうには最適ですし(笑)

館内を探検して見ると、そこかしこにアート系のオブジェが飾られています。

どうやら、このホテルはデザインホテルの名前の通り、かなりアートに力を入れているようです。

その為かどうかわかりませんが、宿泊している人が若い人が多い。

熟年の方もどこかオシャレな感じの人が多い気がします。

なかなか居心地の良いホテルです。

旅行期間 2018/1月
エリア  香港、ホーチミン(ベトナム)、台北(台湾)
テーマ  街歩き、食べ歩き

第二部 「ホーチミンは相変わらずうるさい街だった」の巻こちらからどうぞ。
第三部 「台北に到着してホッとした」の巻こちらからどうぞ。

<旅程>
CX509 成田(NRT)(9:00) – 香港(HKG)(13:25)
CX767 香港(HKG)(8:25) – ホーチミン(SGN)(10:20)
CX766 ホーチミン(SGN)(11:25) – 香港(HKG)(15:15)
CX460 香港(HKG) – 台北(TPE)(19:30)
CX450 台北(TPE) – 成田(NRT)(16:55)

今回の周遊旅行の全行程リンクは下記をご参照ください。(頑張って書きます(笑))


”Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)のファシリティも充実

香港のホテルらしく狭い敷地に目一杯高いビルを立てているので、ホテル自体が細長い形をしています。

まぁその為プールがないのは仕方がないところですが、その代わりその他の設備は充実しています。

トレーニングジム

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

マシンは充実しています。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

日頃のストレス解消にちょうど良い?

セルフランドリーも完備!

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

セルフランドリーもあって、これも無料で使えます。

洗剤も自動供給なのでそのままポンっと入れるだけなのですが、、使い方がわからないときはフロントに聞きに行くと丁寧に教えてくれます。

簡単な朝食がついていました

ホテルのビュッフェの朝食は色々あって目移りしてしまって無駄に食べ過ぎてしまうのですが、、ここも簡単な朝食がセットになってましたので行ってみました。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

室内の座席もあるのですが、天気の良い日はテラスに出て朝食も気持ちが良さそうです。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

カップルシート?

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

生憎1月は香港もまだ寒いので、外で朝食を食べる人はいませんでした(笑)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

レセプション横の”ジョンレノン”の絵の横を上に上がって行くと朝食会場です。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

まるでキッチンのようなビュッフェ会場です。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

簡単なハムやサラミ、、、

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

チーズやキッシュなど。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

パンやマフィンはお好みで。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

シリアルは定番ですね。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

ジュース飲み放題?

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

カットフルーツなど。

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

なんと蕎麦!(ただし伸びきってます、、)

タレがほとんど「醤油」でして、、辛くて食べられたものではありませんでした(笑)だれか「麺つゆ」の存在を教えてあげたほうが良いかもしれません(笑)

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

グラスの間から朝食会場を眺める人形などなど(笑)


(スポンサーリンク)
voyaginで香港で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(香港)

本日の朝食

"Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

“Ovolo Southside, Hong Kong”(オヴォロ・サウスサイド)

軽めにこんな感じにしてみました。

オーダーすれば別料金で卵料理などがオーダーできますが、これで十分です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください