旅の持ち物 / 海外旅行の必需品 出国前に現地のSIMを買って行こう!

(広告)

今や海外旅行でもスマホは必需品です。何と言ってもGOOGLE様のgoogle map無しには海外は歩けません。昔は地図を片手に通りの名前を見ながらウロウロしたものですが、今はスマホで現在位置がわかりますし、行きたいところを検索してルート案内までしてくれます。

海外の町歩きもずいぶん様変わりしました。ただしスマホの画面に夢中になって盗難などに合わないように気をつけましょう。

日本ほど安全な国は他には何のですから。

スポンサーリンク


海外で通信手段を確保するには?

そのままドコモやau、ソフトバンクのローミングサービスを使う

これが一番簡単ですが一番料金が高い!

何と言ってもSIMの設定もしなくていいですし、端末をSIMフリー化したり、新しくSIMフリースマホを買ったりする必要もないです。

日本からの電話もそのまま受けることができます。

ただし!それができるのはかなりのお金持ちです。めちゃくちゃ通信料が高いのです。海外ローミングをまともに使うと、帰国した後で数万円の請求が来るかもしれません。

ドコモの「海外1dayパケ」を使ってみましたが、980円で30MBでは地図を少し見ただけですぐに上限になってしまって使い物にならなかったので使わない方が良いでしょう。

また「海外パケホーダイ」2980円/日も高すぎます。値段が2段階で24.4MBまで1980円/日になっていますが、そんなのは瞬間に使い切りますので、なんでそんな実状に合わない条件を誇らしげに書いているのか意味不明です。

「海外パケホーダイ」を3日使えば約1万円です。

アジア圏では3日〜5日ぐらいでも現地のSIMを使えば3日〜5日で1000円前後です。

WiFiルーターも例えば台湾旅行で3日借りて約4千円です。

その差は歴然。

それでもSIMの入れ替えや設定、SIMフリー化やSIMフリースマホを持つよりは面倒臭くなくて良いという人にとってはそれでも良いかもれません。

ただちょっとの手間で格安に通信環境を手に入れることができますから、できれば安く済ませたいですね。

wifiルーターを借りる

以前は空港でWiFiルーターを借りていました。ルーターのスイッチを入れて、スマホにルーターのパスワードを入れれば複数台の通信機器が接続できたので簡単便利です。

ただ結局WiFiルーターの電源も必要なのでスマホの2台持ちと一緒です。

それと空港の受け渡しの必要です。(自宅への配送もしてくれます)

料金的にも1日あたりの料金は安いように見えますが、実は基本料金がかかったりして結果的に少し割高感を感じてきました。

各社時期によって割引がありますので、渡航時期に各社のHPで料金を比較して申し込むのもだんだん面倒になってきました(笑)

スポンサーリンク

自分のスマホをそのまま使う!

SIMフリースマホを持って行って現地でSIMを買う

WiFiルーターの次に使うようになったのはSIMフリースマホを持って行って現地のSIMを使うということです。これは便利でしかも格安です。

SIMの設定が、、、という心配はありません。現地の人がやってくれます。

空港などの携帯電話ショップに行って自分のスマホを渡し、プランを指差しで選んで料金を払えば、あとは現地の人が接続先設定などをしてインターネットを使えるようにしてくれます。

もちろんSIMフリー化したスマホかSIMフリー端末を持って行く必要があります。

問題点といえば、「到着時のカウンターが混む」ということです。

特に到着便が集中したときは悲惨なことになりますので、なかなか空港から出られませんし、ツアーなどだとそもそもそんな時間を取ってくれるかどうかわかりません。

SIMフリースマホを持って行って国内で買ったSIMを使う

最近海外のSIMを国内で販売してくれる業者が増えてきています。その為、あらかじめ日本でSIMを購入して海外で使うようにしています。

これは便利です。料金的にも海外でSIMを買うのとそれほど変わりませんし、設定も日本語の解説用紙が添付されてきますのでほぼ困ることはないでしょう。

最近では台湾、シンガポール、香港などに行く際には下記の投稿のSIMを使っています。

スポンサーリンク
シンガポール・マレーシア・インド・ラオス・カンボジア・台湾・香港・マカオ・韓国 プリペイドSIM 8日間 4G・3Gデータ通信無制限

 

昨年後半から香港、マカオ、台湾、シンガポールに行ったときに使いましたが、やっぱりこれが一番便利です。何と言っても複数の国で使えるので、アジア圏に出かけるときは最強だと思います。期間も8日間なのでだいたいカバーできます。

帰国した後は日本でも使えちゃうので、外出先で最後まで使い切っていました(笑)

ただし、このSIMを使うときは「データローミングON」にすることを忘れずに。

これはタイのSIMで国際ローミングを使っていますのでどの国でも「データローミングON」にする必要があります。一度使えば設定をスマホが覚えているので、次からは設定をせずに入れ替えるだけで使えます。

最近出発が近くなると購入して行くようにしています。ただ、一番初めに買ったときは1200円ぐらいだったのが最近は若干上がって1400円ぐらいになっています。

タイに行くときは、、

上記SIMは「タイ以外のアジア圏」で最強ですが、タイ国内では使えません。タイに行くときはこれです。

スポンサーリンク
AIS タイ プリペイド SIM 7日間データ通信無制限 40分無料通話料つき

 

タイでは通話も付いてきます。

これも便利です。到着時からスマホが使えるようになりますから、現在地検索とかホテルの場所の確認とかすぐにできるようになります。

これでスワンナプーム空港の携帯ショップの長蛇の列に並ばずに済みますので楽々です。

スマホが必需品になってしまって海外旅行も様変わりしました。必要な現地情報は分厚いガイドブックを見なくても検索して道順を調べて簡単に行くことができるようになりました。

これも時代の流れですね。



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください