毎年年末年始はバンコクで年越し / Vol.5 日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記 

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食

羽田から成田に地上移動して焦りながらもラウンジ巡りをしてゆっくりしている暇なんかありませんでした。

ボーディングもファイナルコールで滑り込みです。

まぁ滑り込みといってもまだ搭乗しているお客さんもいたから普通に間に合いました。

座席ついて荷物をあげてようやく落ち着きました。

ここからはバンコク到着までようやくゆっくりとした時間を過ごせます。

旅行期間 2016/12月
エリア  タイ(バンコク)
テーマ  街歩き。食べ歩き

目次
・Vol.1 年末のフライトはもちろん沖縄行き?日本航空JAL917 羽田- 那覇で沖縄へ
・Vol.2 初A&W 感想は、、微妙。那覇空港飛行機コレクション
・Vol.3 日本航空JAL904 那覇 – 羽田 地上移動で成田空港へ!
・Vol.4 成田空港 JALファーストクラスラウンジをまさに駆け巡る
・Vol.5 日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.6 年末年始の宿泊はThe Westin Bangkok 宿泊記
・Vol.7 The Westin Bangkok の朝食はめちゃくちゃ豪華、、胃もたれしそう(笑)
・Vol.8 The Westin Bangkokの朝食でこれだけ食べてみた
・Vol.9 バンコクで一番込み合うASOK近くで落ち着くカフェと公園の穴場!「BLACK CANYON COFFEE」、「ベンジャキティ公園」(Benjakitti Park)
・Vol.10 年末のバンコクの風景〜どんどん変わって行く町並み〜
・Vol.11 初詣は黄金仏像を見にワット・トライミットへ参拝〜眩いばかりの仏像にびっくり〜
・Vol.12 The Westin Bangkok のニュー・イヤー・タオルデコレーションが可愛い
・Vol.13 バンコク スワンナプーム空港 エバー航空ラウンジはスターアライアンス利用の時の穴場ラウンジ
・Vol.14 全日空 NH850 バンコク- 羽田 ビジネスクラス搭乗記
・Vol.15 全日空 ANA463 羽田 – 那覇 プレミアムクラス搭乗記〜年始は機内食もおせちバージョン〜
・Vol.16 ANA側の展望デッキは閉鎖中、しかたがないので那覇空港ANA SUITE LOUNGEでで寛いで、そのまま引き返す!
・Vol.17 ANA996 沖縄 – 羽田 プレミアムクラス搭乗記

<往路>
JAL917 HND(13:00) – OKA(15:25)
JAL904 OKA(11:45) – HND(13:55) (国際線チケットの国内区間)
JL707 NRT(17:50) – BKK(23:10)

<復路>
NH850 BKK(22:55) – HND(06:30)
ANA463 HND(07:55) – OKA(10:45) (国際線チケットの国内区間)
ANA996 OKA(13:10) – HND(15:25) プレ28


スポンサーリンク

日本航空JL707 成田 - バンコク ボーディング

日本航空JL707 成田 – バンコク ボーディング

ゲートは87番。遠い、、、こんなに時間がなかったのに更にゲートが遠いとは、、まさに修行?

JA825J B787-8 Dreamliner Boeing787-8 Dreamliner 34835/33 2012/3

JA825J B787-8 Dreamliner Boeing787-8 Dreamliner 34835/33 2012/3

今回はの機材は最新鋭のボーイング787−8です。外から見ると若干ずんぐりむっくりした感じの飛行機、、ちょっとバランス的には美しくない(笑)

個人的には昔のDC-8とかBoeing747とかDC-10とか飛行機の造形として綺麗だなぁと思っていました。

今はどれも双発機になっちゃったのでどれもあまり特徴がないのが残念です。

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラスシート

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラスシート

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラスシート

今回は最近入れ替えが進んでいるフルフラットシートではなく、ライフラットのシェルフラットNEOシートです。

昔はこれでも最新式だったんですけどねぇ、、最近はトレンドがフルフラットシートなのでちょっと古く見えてしまいます。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラスシート

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラスシート

背中の真ん中付近にあるマークはマッサージボタン。私は意外とこれが好きなんです。

少しだけ腰のところが動くだけなんですけど、座っている間ずっとスイッチを入れています。楽チンです。

成田空港離陸!

12月ですから夕方18時といっても既に真っ暗です。

しかし、成田空港は欧米路線の出発時刻ですから今がまさにラッシュアワーです。

暗い中飛行機が続々と滑走路に向かっていきます。

真っ暗なのによくこれで滑走路までたどり着くことができますね(笑)

ターミナルを離れて右へ左へ、、もう自分がどこにいるのかわかりません。なんとなくANAの沖留め飛行機が確認できましたので、これって第2ターミナル側に来たのかな?

とりあえず地上の誘導灯が細空のようで綺麗なので、それは好きなんです。

離陸は国内線と違って滑走距離が長くゆっくりと加速して離陸していきます。

離陸直後の成田空港は光でいっぱいですが、すぐに周りは真っ暗になってしまいます(笑)やっぱり成田の周りって本当に何もないんですね。

スポンサーリンク

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食

ここで珍しいハプニングが発生!

配られたメニューは、、

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食メニュー?

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食メニュー?

ん??朝食???

えーっと、今日本時間で19時なんですけど、、、

しばらくすると、「すみません、間違えました!」と回収されて、、、

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食メニュー

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食メニュー

夕食のメニューに変わりました(笑)

どうやら帰り便の方のメニューを出しちゃったようです。こんなことって初めてですがあるんですねぇ、、JALでも(笑)

まぁ、朝食メニューの時点で「あー間違ってるなぁ、、」とは思っていたのですが、回収しにきた際に隣の人と「ですよね〜」とみなさん同様に考えていたらしく、日本人らしくしばらく無言でだーれも指摘しませんでした(笑)

一応オーダー取りに来た時にそっと教えてあげようかとは思っていたんですけどね。

メニュー(夕食)
オードブル
ブランダードのミルフィーユ

メインディッシュ
和牛サーロインステーキ グリーンペッパーソース

メゾンカイザー特製パン
プチナチュールとゆずのプチパン

デザート
山田農園のほうじ茶プリン

メインがステーキだったので迷うことなく洋食にしました。

JALのお肉大好きなので、、

和食の鰻の蒲焼と牛タンシチューも惹かれましたが、、

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食

取り合えずいつもの乾き物と赤ワインを少々。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食

まずは前菜からスタートです。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食 オードブル ブランダードのミルフィーユ

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食
オードブル
ブランダードのミルフィーユ

え、ブランダードって何??(笑)もー難しい料理の名前でなんか高級そうに見せようとして(笑)

わからないことはググるしかありませんね(笑)

ブランダードとは、

どうやらフランス南部のランドック地方の代表料理で、ブランダードという言葉自体には「かき混ぜたもの」という意味があります。

本来は鱈をペースト状にしてジャガイモやニンニクとまぜまぜした料理のようです。

ということで、このいくらがちりばめられているしたにそのペーストがあります。

 

こういう初めて食べるものはどのように美味しいかを表現するのが難しいのですか(笑)口当たりも滑らかで非常に美味しい。とても冷凍食品の解凍品とは思えない(機内食って基本は冷凍食品ですからね〜)美味しさです。

盛り付けは機内でやったんでしょうね。ほとんどレストラン気分です。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食 メインディッシュ 和牛サーロインステーキ グリーンペッパーソース

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食
メインディッシュ
和牛サーロインステーキ グリーンペッパーソース

お待ちかねの和牛サーロインステーキです。

火の入れ方も完璧。柔くてミディアムに仕上がっていて美味しいです。

ソースも別に用意してくれるのは最近の傾向ですが、これも好みに応じて調整できるのですし、付け合わせがソースでひたひたにならなくて良いです。

もちろんこれに合うのは、、

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食 メインディッシュ 和牛サーロインステーキ グリーンペッパーソース &炊きたてご飯

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食
メインディッシュ
和牛サーロインステーキ グリーンペッパーソース
&炊きたてご飯

やっぱりご飯でしょう(笑)

中距離路線は機内でご飯を炊いているので和食用のご飯をお願いすれば持ってきてくれます。

さすがに台北便などの短距離路線では無理でしたが、バンコク線では問題ありません。

そういやいつだったか某青い航空会社で同じようにご飯を頼んだら、プラスチックのお碗にお椀ごとあっちっちーの状態で持ってきたことが最近ありましたねぇ。

もう確実に「これってこのままレンジでチンしただろー」と突っ込みたくなりましたがやめました(笑)

「レンジでチンする」という表現自体古いですけどね(笑)昔の電子レンジはそういう音がしたんです!(笑)

JALさんは炊きたてご飯を陶器のお茶碗に盛ってくれます(笑)

ただ機内って乾燥してるんですよねぇ、、写真を撮っている間に少し乾いてしまいました。

あれ?この飛行機確か787だったはずなのに、、やっぱり乾燥はしてるんですね。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食 デザート 山田農園のほうじ茶プリン

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食
デザート
山田農園のほうじ茶プリン

デザートです。

見た目なんの変哲も無い抹茶プリンなのですが、これがものすごい代物なのです。

日本航空JL707 成田 - バンコク ビジネスクラス 機内食 デザート 山田農園のほうじ茶プリン

日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス 機内食
デザート
山田農園のほうじ茶プリン

実は中に何やら不思議な固めの球が何個か敷き詰められていまして、これを噛むと中には蜜が入っていているんです!

なんの変哲も無いプリンだと思ったら大間違いです。

すごく凝りまくっているデザートです。甘さ控えめで素晴らしく美味しい。

最近はJALのデザートがただ単に甘いだけじゃ無い本格デザートに変貌しています。

で、いつも気になるのはお食事の時間ですが、ここまで来て20:30分ですから、ゲートを離れてから1時間40分程で程よい時間です。

これが某青い航空会社になると、おそらくまだメインも出て来ていないと思います、、あそこのお食事は3時間コースですからね(笑)内容はそんなに変わりません(笑)

何年も前からお願いしていますが一向に改善されませんが、他の航空会社であんなに遅いことはありません。普通の航空会社並みにスピードアップしてもらいたいと切に願っております。

スワンナプーム空港に着陸!

約7時間程のフライトでバンコク スワンナプーム空港に到着しました。

バンコク上空から空港に向けて降下していくとだんだんと窓が曇っていきます。

日本は真冬の寒さでしたが、バンコクは熱帯ですから湿気が多いようです。

その割には夏の東京の暑さはバンコクより酷いので、どれだけ東京の年間の温度差が大きいかが分かります。

着陸前に見える高速道路はまさにスーパーハイウエイですね。日本の高速道路とは規模が違います。若干凸凹は多いですが(笑)今は車の方が性能が良くなっているのでこれでも不都合なく走れます。

日本の高速道路ってお金かけすぎじゃ無いでしょうかね。

スポンサーリンク

バンコク市内へは、、エアポートリンクに間に合いました!

到着予定が23時10分だったので少し微妙かなぁと思っていましたが、なんと間に合いました。

JALはターミナルの一番端っこに駐機させられるのですが、飛行機の到着が10分ほど早かったのと、プライオリティーレーンで入国がサクサクと終わりましたし、そのタイミングで荷物もほどなく出て来ましたので地下鉄の駅に23時15分には到着です。

珍しくスムーズです。

迷うことなくそのままエアポートリンクに乗って市内へ向かいます。

さすがにこの時間ではMRTへの接続はできませんので、マッカサンの駅からはタクシーでサクッとホテルに向かいます。

最近のバンコクのタクシー事情は激変した?

最近タクシーにあまり乗ることがなくなってきました。

以前は来るたびにメーターを使わないタクシーや改造メーターのタクシーなど様々なトラブルがあり、一滞在に一回は必ずどこかでもめていたのですが(笑)最近はどうなんでしょう。

というのも、最近は「Uber」を使うので、そもそもタクシーが必要ないんです(笑)

しかもバンコクは「Uber」と同じような「Grab Taxi」というサービスも開始されていますのでTAXIはあまり必要ありませんね。

一般のタクシーもそろそろボッタクリをやめて真っ当な商売に鞍替えをし味めてるんじゃ無いかなぁと思います。

これからバンコクへ行かれるかたは「Uber」か「Grab」アプリをダウンロードして、現地ではインターネット回線を確保して使った方があちこちで怒りまくらなくて精神衛生上良いですよ(笑)

SIMフリー化されたスマホをもっている場合は、下記のようなSIMが日本国内でも変えますので、入国審査や手荷物を持っている間にインターネットが開通しちゃいますから便利です。

(スポンサーリンク)

2.5GBまで4Gまたが3Gのスピードで接続ができて非常に安価です。2.5GB以上使用すると速度制限がかかって384kbpsに速度落ちしてしまいますが、LINEやマップなどはこれでも十分でしょう。

街中でYouTubeなどの動画を見なければ通常使用でそれほど容量を諸費することはありません。



関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です